全粒粉でパンを作ってみよう!気になる味や栄養について!

パン屋さんの前を通ると、焼きたてのパンの良い香りがしてきますよね。

その香りにつられてパン屋さんに寄り道したり・・・。

焼きたてパンを味わうなら、自分で焼くのが一番ですよね。

今回は、食パンみたいに精白された小麦粉を使うのではなく、全粒粉でパンを作ってみましょう。

あまり馴染みのない全粒粉で作ったパンの味って、どんなものなのでしょうか?

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

もち麦と玄米って糖質低いの?実際、糖質量はどれ位なの?

もち麦、玄米両方とも、今、ダイエットや健康に良いと言われており、注目されている食材です。...

美味しい夏野菜!「ズッキーニ」の味噌汁レシピをご紹介!

「ズッキーニ」は、カリウムやビタミンCを含んでいるので、健康のために取り入れたい野菜のひとつ...

体に優しい玄米粥の作り方とは?玄米を使ったスイーツレシピ

玄米とは、収穫したお米からもみがらだけを除いたものです。玄米は高い栄養効果や美容効果が注目され...

豆腐と納豆の意味は逆ではないか?という疑問を徹底調査!

健康的な和食といえば、豆腐や納豆を思い浮かべますね。大豆から作られる、これらの食品は健康食材...

今すぐ始めたい!玄米と白米を同時に炊くときのベストな方法

「健康に良い」というイメージが定着し、積極的に食生活に取り入れる方が増えている玄米。身体に良...

玄米を浸水させると毒がなくなるっていわれてるけれど本当?

健康に良いと評判の玄米ですが、一部で毒があるといわれています。この毒をなくすには、長時間浸水...

肉や野菜や玄米は消化に悪いの?消化が良くなる対処策とは?

私達の生命を維持していくのに欠かせない食べ物。食べ物の中には、消化の悪いものもあり、体調の悪い...

米はご飯になると何グラム?カロリーは?米の種類別にご紹介

毎日の食卓に欠かせないものと言ったらやはりご飯ではないでしょうか。普段何気なく計量カップで米を...

玄米ご飯を上手に冷凍・解凍して美味しさと栄養を保つ方法

玄米は、美容や健康に良く、玄米特有のモサモサとした食感はなく、とても美味しいと感じる人が大多数です...

麦味噌を作ってみよう!試しに2kgを容器に詰めてみよう

麦味噌をご存知ですか?九州や愛媛県、山口県ではメジャーな味噌の一種です。日本では各地でそ...

ご飯1合は何グラムでしょうか?おいしく炊く方法は?

日本人の食生活に欠かせないご飯。炊きたては本当に美味しいですね。ご飯を炊くとき、お米1合で...

味噌の上手な保存方法とは?ジップロックシリーズが便利!

味噌は日本食に欠かせない伝統的な食品です。健康食としても昔から親しまれていますよね。...

パン作りにおけるイースト菌の役割!発酵と温度の関係とは

パン作りでよく耳にする酵母やイースト菌。イースト菌や酵母はパン作りでどのような役割を果たしている...

小麦粉+砂糖+水を混ぜるだけ!簡単シンプルなオヤツレシピ

皆さんの、家庭の台所には「小麦粉」って常備されていませんか?食卓で大活躍している小麦粉・・・...

玄米は粥にした方が消化は良くなるの?美味しい玄米粥って?

健康のために玄米を食べている人も多いですよね。しかし玄米は硬さがあるので、よく噛まないと食べ...

スポンサーリンク

全粒粉とは?

健康を意識している人からの注目度も高く、人気急上昇中なのが全粒粉を使ったパンです。

皆さんは、全粒粉って聞いたことがありますか。
見たこともないし、味わったこともないという方もいらっしゃいますよね。

パン作りによく使われる小麦粉は、表皮と胚芽を除去して精製したものです。

外側の茶色い部分をとった白い粉で、強力粉・中力粉・薄力粉と分類されます。

全粒粉は、表皮と胚芽を除去しないで、そのまま合わせて挽いて粉にしたものです。
少し茶色い色がついていて、多少エグミがあります。

全粒粉100gあたりのカロリーは365kcalで糖質は57g、食物繊維は11.2gです。

全粒粉は、強力粉やライ麦粉と比較しても、カロリーや糖質はほぼ変わりません。

それなのに、なぜ全粒粉が糖質制限ダイエットにも効果的で、さらに健康の維持増進にも良いといわれているのでしょうか。

なぜなら、全粒粉には食物繊維やミネラル、ビタミンなどの体に必要な栄養素が沢山含まれているからです。

栄養豊富な全粒粉を使って作るパンの味に、ワクワク期待しちゃいますよね。

次は、パン作りにオススメな全粒粉についてご紹介します。

全粒粉でパンを作る!パン作りにオススメな全粒粉とは?

全粒粉がどんなものか、少しはイメージできましたでしょうか。

全粒粉にも食感や特性の違う種類があるので、作りたいパンにぴったりの素材を選びましょう。

今回は味はもちろんですが、食感の良い全粒粉パンを作るために、オススメな全粒粉をご紹介します。

☆全粒粉(グラハム)

カナダ産の小麦を、まるごと挽き割りした全粒小麦粉です。
粗いので、そのつぶつぶ感と噛み応えを楽しむことができます。

オススメの使い方は、パンやスコーン作りです。

☆全粒粉(粉)

カナダ産の小麦全てを、そのまま細挽きにした全粒小麦粉です。
粒子が、とても細かいのが特徴です。

小麦まるごと全部の味わいと、なめらかな口当たりを楽しむことができます。

使用する強力粉に対して、20%くらいを目安に加えることで、繊維質・ミネラル・ビタミンなどが豊富で、美味しい全粒粉パンが焼きあがります。

☆全粒粉(スーパーファインハード)

カナダ産の小麦が使われています。
独自の製粉方法により、今までの製品と比較しても、非常にきめが細かいのが特徴です。

レシピの粉の分量を全てスーパーファインハードにしても、よくふくらんで、口当たりの良いパンに仕上がります。

パン作りに最適ですね。

全粒粉で作ったパンの味は?

ここでは、気になっている全粒粉で作ったパンの味についてお話します。

まず、皆さんは全粒粉で作ったパンに、どんな味のイメージを持ちましたか。

人は見た目が100%なんて言いますが、私達が口にする食品の美味しい・まずいの味判定も、多少見た目が関わっているような気がします。

実際、真っ白くてキレイな食パンは、見た目からも美味しいオーラがでていませんか。

それに比べて、全粒粉は皮や胚芽も含まれているので、見た目も茶色っぽくて、パンの中に殻が混じっているのが見てわかります。

全粒粉が100%のパンだと、パサついた食感やおいしさがあんまり・・・という方も多いのも事実です。

そういった声もあり、パン屋さんで売られているものの多くは、小麦粉と混ぜて焼いたパンが売られています。
しかし、全粒粉パンにも大きな魅力があります。
それは、歯ごたえもあり、小麦の香りが感じられ、とても香ばしいことです。

味を例えるなら、玄米フレークといったところでしょうか。
玄米の味が好みの人は、全粒粉パンも美味しいと感じると思います。

味もバッチリ!全粒粉で作るパンの作り方

ここでは、味も見た目もバッチリな「全粒粉とくるみのパン」の作り方をご紹介します。

☆材料(パウンド型 1本分)

・強力粉 150g
・全粒粉 50g
・砂糖 20g
・塩 3g
・イースト 3g
・バター 20g
・牛乳 60g
・水 60g
・くるみ 30g

1)ボウルに強力粉・全粒粉・砂糖・塩を入れて、よく混ぜます。

2)真ん中にイーストを入れ、さらに水と牛乳を入れ、よく混ぜます。

3)水分が吸収されたら、手を使って生地をよくこねます。

4)生地がなめらかになってきたら、バターを入れ、またよくこねます。

5)くるみを加え、生地にしっかりと混ぜこませます。

6)生地を丸めたら、バターを塗ったボウルに入れてラップをしましょう。

7)30度くらいで約1時間、生地が1.5から2倍のサイズにふくらむまで置いておきます。

8)ボウルから出した生地を、手で軽く押さえ、生地のガスを分散させます。

9)丸め直したら、濡れ布巾をかぶせて15分くらい休ませます。

10)生地を細長く伸ばし、生地をねじるようにして形を作ります。

11)型の内側にバターを塗り、生地を入れラップをして、30度くらいで30分から1時間くらい置いておきます。

12)オーブンを45度で5分温め、その後30分くらいそのままにしておきます。

13)オーブンを200度で予熱し、200度で18から25分焼いて完成です。

全粒粉のパンの味が好きな方は玄米の味も好き!?玄米の特徴や栄養について

全粒粉のパンの味は、玄米と同じような香ばしさがあります。
ここでは、玄米の味や栄養についてご紹介します。

玄米は、白米みたいなお米の甘さを感じることはできませんが、玄米特有のうま味や香りを感じることが可能です。

玄米好きになるポイントは、この香りと味みたいですね。
プチプチとした食感も楽しめますよ。

玄米は白米と比べても、食物繊維やビタミン、ミネラルが多く含まれています。

☆食物繊維

食物繊維は、腸の中の老廃物を出したり、糖質吸収抑制やコレステロールを低下させる効果があります。
生活習慣病の予防に効果的といわれています。

☆ビタミンB1

お肉や野菜からも摂取できるビタミンB1は、水溶性のビタミンB群のひとつです。
ビタミンB1には、神経機能を正常に保持したり、疲労回復を促す効果があるといわれています。

☆フィチン酸

玄米の有名な特徴といえば、糖に沢山のフィチン酸を含んでいるということです。
フィチン酸は抗酸化作用があり、食用油の酸化防止などに利用されています。

血液が凝固しにくくなるため、血栓症予防の効果があります。
また、細胞の酸化も防いでくれるので、ガン細胞の発生や増殖を抑制する効果があるとされています。

GOPANを使って玄米と豆乳を使ったパンを作ってみよう

最後に、全粒粉と似たような味で栄養満点の玄米を使ったパンの作り方をご紹介します。

米パンを、お米そのものから作ることができる便利なGOPAN(ゴパン)を使ってみましょう。

材料には、体に良い豆乳も使います。

☆豆乳の主な栄養素について

・大豆たんぱく質は、肥満予防や動脈硬化予防に期待できます。
・イソフラボンは、がん予防や骨粗鬆症予防へ期待できます。
・サポニンは肥満改善や予防、老化防止効果が期待できます。
・レシチンは脳の老化予防やコレステロールを低下させる効果が期待できます。

<100%玄米の豆乳パンの作り方>

■材料
・玄米 300g
・豆乳 180g
・砂糖 10g
・塩 4g
・ドライイースト 5g

1)玄米を計量しておき、一晩水に浸しておきましょう。
もともと300gだった玄米が、給水したことにより410gになりました。

2)他の材料を計量して、GOPANにセットしましょう。

3)GOPANの機能の「米パングルテン無しコース」で焼きます。

豆乳の性質により水を使うよりも、ふくらみがよくありませんが、とってもヘルシーで簡単なので、ぜひ作ってみてください。

滋味あふれる全粒粉パンを食べよう

いかがでしたか。

全粒粉は小麦の成分全てを含んでいるため、よく使われている小麦粉よりも、沢山の栄養が含まれています。
全粒粉は、パンやパスタ、ビスケットなどに使用されています。

滋味あふれる全粒粉パンを作って、美味しく食べてくださいね。