玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

スーパーで買う野菜がいちばん値段が安いのか考える

      2017/07/22

スーパーで買う野菜がいちばん値段が安いのか考える

野菜は、毎日の食事に欠かせないものですね。

皆さんは、野菜をどうやって買っていますか?

スーパーで野菜を買う人が、ほとんどだと思います。
宅配よりも、コンビニよりも、スーパーで野菜を買う方が値段が安いと思いますよね。

今回は、スーパーでの野菜の買い方や、野菜の宅配サービスについて、お話していきたいと思います。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

チューブタイプのバターに含まれるトランス脂肪酸への疑問

チューブタイプのバターと聞くと、いつもは固く感じがちなバ...

自然製法でもトランス脂肪酸フリーのバターは存在しない?

2018年6月にアメリカでは、トランス脂肪酸の使用の規制...

味噌を詰める容器がガラスであるメリットと注意点とは?

味噌というと、スーパーで売られているパック入りの味噌が一...

麦味噌を作ってみよう!試しに2kgを容器に詰めてみよう

麦味噌をご存知ですか? 九州や愛媛県、山口県ではメジャ...

カロリーと脂肪の量がうまく絡む豚肉と部位の深い関係

肉の部位とカロリーは大きく関係します。 多くの人が、精...

カロリーの一日に必要な摂取量はどれくらいなのでしょうか?

飽食の時代と言われて久しい現代、生活習慣病に悩む人々も増...

お茶碗一杯分のカロリー消費にはどんな運動をどれくらい?

秋、食事が美味しくなる季節です。 ついつい箸が進み、食...

枝豆はカロリーが低くてダイエットに最適って本当なの?

夏から秋にかけての旬といえば、枝豆ですよね。 最近は芸能...

おにぎりと大福のカロリーと満足度の比較をしてみた結果…!

お弁当の定番はおにぎりという方も多いのではないでしょうか...

ドライトマトにはどんな栄養がある?カロリーはどれぐらい?

ドライトマトといえば、美容・健康・ダイエットに効果があると...

5kgダイエットするために必要な消費カロリーは?方法は?

年々、付きやすく、落ちにくくなってきました。 これは体...

食事が進まない2歳児!1日に必要とするカロリーの目安は?

かわいい盛りの2歳児は、「魔の2歳児」といわれるぐらいで...

自分のカロリー消費量を知ろう!1日の活動強度ごとに解説

あなたは、自分の体が1日にどれくらいのカロリーを消費して...

玄米の炊き方と、含まれるとされる「毒」との関係性とは?

玄米は健康に良い食品なので注目される分、「毒」を持ってい...

玄米を浸水のために冷蔵庫を使う時の注意点とポイントとは?

冷蔵庫はとても便利な家電で、玄米の保存にも浸水のためにも...

スープジャーで楽しむ!栄養満点な玄米のあたたかいリゾット

健康やダイエットのために、玄米はとても効果的です。 昼...

マクロビは玄米食がメイン!そこに潜む「危険」とは?

海外のセレブも導入していることで日本にも広まった「マクロビ」...

玄米を土鍋で炊く場合、水の量はどれくらい入れれば良いの?

健康ブームに乗って見直されている玄米ですが、炊飯器ではな...

私たちの生活に馴染深くて体に良い玄米やお茶の歴史を教えて

お米もお茶も、私たちの食生活の根幹をなす大変歴史ある食材で...

玄米の早炊き方法を色々紹介!玄米でいつもの食卓をご馳走に

玄米は精白米よりも、炊き方が面倒、普通の炊き方では固くて...

スポンサーリンク


スーパーでの野菜選びのコツ

献立を考えながら、スーパーで買い物するのは大変ですよね。

たくさんある野菜の中から、新鮮な野菜を選んだり、季節に合った野菜を選んだりするのは難しい作業です。

家族の人数によっては食材が余ったり、足りなかったり、いろいろ悩んで迷ってしまいます。

そこで、スーパーでの買い物で少しでもそんな迷いが消えるように、野菜選びのコツをご紹介したいと思います。

●旬ではない野菜は他の野菜で代用

レタスなど、サラダに必需品の野菜は冬には値段が上がってしまい、手が出しにくいですよね。

レタスがどうしても食べたいとき以外は、1年中、値段に変動が少ないサラダ菜やサンチュで代用しましょう。

●キャベツの選び方

おいしいキャベツを見極めるコツは、葉・芯・重さです。
表面の葉が濃い緑色で、葉にツヤのあるものを選びます。

芯の部分は500円玉よりも小さく、色は白いものが新鮮です。
葉が詰まっているずっしり重いものを選びましょう。

●野菜によって野菜庫にしまわない

野菜は、種類によって寒さに弱いものがあります。
ですので、冷蔵保存に不向きなものもあります。

玉ねぎは湿気に弱いので、風通しの良いところに保管しましょう。

トマトは、青いうちは冷蔵庫に入れず、さらに熟れさせます。
完熟していれば、冷蔵庫に入れてOKです。

イモ類も冷蔵庫はNGです。
新聞紙に包んで、冷暗所で保管しましょう。

バナナ・アボカド・パパイヤなどの南国産果物も冷蔵しない方がよいですよ。

スーパーで売っているカット野菜は値段が高い?

スーパーやコンビニなどでも、よく見かけるようになったカット野菜ですが、ご利用になったことがありますか?

カット野菜は値段が少し高いというイメージもありますが、利便性に優れているという一面があります。

まず、1年を通して価格が一定であるということです。
野菜の値段が高騰していても、カット野菜が値上がりすることはありません。

中に入っている野菜の量の比率が変わることはありますが、基本的には値上げしませんよね。

スーパーでも、野菜の高騰時には、「カット野菜がおすすめ!」とカット野菜を推奨していることもあります。
1玉400円のレタスを買うよりも、100円のカットレタスサラダを買った方が良いときもありますので、上手に活用しましょう。

また、カット野菜は食べられる部分だけ入っています。

キャベツを1玉買っても、それが全部食べられる部分ではありませんよね。

芯の部分や傷んだ部分を取り除いたりすると、結局1玉買っても捨ててしまう部分もたくさん出てしまいます。

カット野菜の場合、すべてが食べられる部分ですので、捨てる部分がありません。

こう考えると、捨てる部分がないカット野菜は値段が高いとは言い切れないのではないでしょうか。

カット野菜も、うまく使うことによって、逆にお得になったりします。
使ったことがないという人も、活用してみてはいかがでしょう。

スーパーにない宅配サービスの魅力と値段

上の項では、スーパーでの買い物についてお話してきました。

ここからは、宅配サービスについて、お話していきたいと思います。

野菜は毎日食べなければなりませんが、買い物を毎日するのは大変です。
最近では、食材の宅配サービスを利用している人も増えてきました。

以前は、宅配サービス会社もあまりなくて選択肢も少なかったですが、現在ではいろいろな会社があり、それぞれサービスに独自の色を出してきています。

スーパーで買い物した場合と比べてみますと、やはり宅配サービスは割高です。

宅配サービスの野菜は、有機野菜・減農薬野菜を厳選しているので、割高になってしまいます。
有機野菜の値段は、スーパーの野菜と比べると、50円~100円ほど相場が高くなっているので当然ですね。

しかし、時期によっては宅配サービスの野菜の方が安くなることもあります。

スーパーで売られている野菜のお値段は、気候などに影響を受けて毎日変動します。

しかし宅配サービスは定額のため、野菜が高騰しても、定額で野菜を購入することができます。

豪雨や悪天候など、自然災害の影響で野菜の収穫量に変動があった場合は、宅配サービスの方がお得ということになります。

安心でおいしい野菜が食べたい

有機野菜・減農薬野菜の宅配サービスは、スーパーの野菜よりお値段が高いですが、利用する人が増えている傾向にあります。

それは、価格ではない理由があるのです。

・安心安全を重視

安心な野菜を食べたいと望む人が増えているからです。

以前に比べ、食の安全が重視される社会に変わっているように感じます。

野菜であれば、農薬や化学肥料を使わずに栽培されている有機野菜・減農薬野菜の方が安心です。

家族に食べさせるのであれば、なおさら安心安全を求めるのは当然ですよね。

・おいしい野菜が食べられる

もしかしたら、これが1番大きい理由かもしれません。
一度、有機野菜を食べたら、あまりのおいしさに驚くことでしょう。

みずみずしい味や、濃厚な味は食べてみないとわからないでしょう。
えぐみもないので、野菜が苦手という人も、有機野菜なら食べられると思います。

想像以上のおいしさに、宅配サービスをリピートしている人も多いそうですよ。

宅配野菜のお値段以上の魅力

宅配サービスの魅力は、まだあります。

・家事の短縮

共働きが当たり前になった現代では、家事にかける時間が限られています。

スーパーでの買い物は思ったよりも時間がかかるものですし、お子さんを連れていれば、なおさらです。
スーパーまでの往復時間も、もったいないですよね。

宅配サービスは玄関まで品物を届けてくれますので、重いものを持たずに済みますし、時間の短縮もできます。
買い物の時間を、お子さんを見る時間に充てることもできます。

すでに野菜がカットしてあるサービスもありますので、すぐに調理ができて便利です。

・計画的に買い物ができる

スーパーでの買い物は、さまざまな誘惑にあふれています。

空腹時に買い物をすると、誘惑に負けて余計なものを買ってしまうということありませんか?

お腹が減っていると、目に入ったものが食べたくなってしまい、ついつい手が出てしまいますよね。

これが積み重なると、家計にとってもよくありません。
また、忙しいときに急いで買い物をすると、あれこれ買い忘れが出てしまいますよね。

一番に買おうと思っていたものを忘れてしまうという、痛い失敗もしてしまいがちです。
こういったことを防ぐという意味でも、宅配サービスは有用ですよね。

お値段以上の魅力が、宅配サービスにはあるということです。

野菜の宅配サービスを試してみよう

スーパーでお買い物に比べて、宅配サービスは少しお値段が張るということは、お伝えした通りです。

しかし、よく考えてください。

定期配達にすると、1ヶ月1万円程度です。
全く手が出せないという値段ではないですよね。

宅配サービスを利用することによって、スーパーでの無駄遣いや外食が減ったので、かえって食費が節約できているという意見も聞きます。

有機野菜を食べられるという安心感もあります。

有機野菜はスーパーで買いそろえようと思うと、見つけるのも大変ですし、値段もとっても割高です。

上記のことを考えると、そこまで高い買い物ではないな、という印象です。

どんなものなのか不安に思っている人は、ほとんどの宅配サービスでお試しセットというものがあります。

お試しセットは、お値段もお得に設定されていますので、まずはこちらで試してみてはいかがでしょうか。

野菜のおいしさはもちろん、利便性や送料との兼ね合いなど、いろいろなことが分かると思います。
何社か、お試しセットを試してみて、比べてみるのも良いと思いますよ。

これまでお話してきたのは、有機野菜をメインで扱っている宅配サービスについてでしたが、有機野菜ではない普通の野菜の宅配サービスももちろんあります。

宅配サービスもさまざまですので、いろいろ試してみるのが良いですね。

ライフスタイルに合った野菜の買い方

割高だからと敬遠していたサービスが、逆にお得になるなんて驚きですね。

使い方によっては、本当にお得感があると思います。

また、値段ではなく、食の安全を重視している人にとっても、宅配サービスは魅力的なサービスですね。

それぞれのライフスタイルに合った、野菜の選び方をしていけたら良いですよね。

 - 食文化・食生活