痩せる人もいるコーヒー。ブラックが飲めない人は玄米甘酒を

コーヒーが好きな方は世界中に沢山いますよね。

味の好みは人それぞれで、コーヒーのブラックが苦くて飲めない人や、逆にブラックしか飲めない人もいます。

ブラックコーヒーには、ダイエット効果があると聞きますが、ダイエットをしたくてブラックコーヒーが飲めない人に試して頂きたい飲み物があります。

それは玄米甘酒です!

今回は、ブラックコーヒーの健康効果などについてと、玄米甘酒ダイエットについてご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

夏場は特に傷みやすい!味噌汁の保存方法と賞味期限とは!?

夏の暑い日が続く中、前の晩に作っておいた料理が、朝になったら傷んでいた!なんて経験ありませんか?...

精製塩は本当に危険なのか、摂取基準から考察してみた

健康ブームの昨今、天然素材が注目されています。その煽りを受け精製塩の危険性を投げかける記事が...

食生活改善を行うときは断食とファスティングを活用しよう!

ダイエットに限らず、食生活は健康にとっても大切な要素です。普段の食事内容だけではなく、食べる時...

とうもろこしはカロリーが高いの?太るって本当!?

とうもろこしはコロッケやスープ、サラダにも使われ、食卓の脇役的な存在ですよね。とうもろこしは...

トランス脂肪酸は体に悪い?含有量の少ないお菓子はあるの?

子どもから大人まで好きなお菓子ですが、トランス脂肪酸という言葉を聞いたことはありませんか?...

様々な食べものに含まれている植物油脂とは一体何者!?

原材料表示を見ると、よく見かけるであろう植物油脂。皆さん、植物油脂が一体何なのかご存知でしょう...

体に良い植物油、体に良くない植物油脂、両方に付いて学ぼう

「油」というと、ネガティブなイメージを持っている人もいるでしょう。ダイエットや、健康の敵のよ...

500kcalのカロリーを消費するのに必要な運動時間は!?

「1日500kcal分運動する」場合、どんなことをすればよいのかご存知でしょうか?ご飯2杯分...

食べものと運動の両方でカロリーコントロールを心がけよう!

痩せるために、一度はダイエットを試みたことがあるかたは多いのではないでしょうか。一度といわず、...

健康のためにヨーグルトを食べる人は砂糖の量に気を付けよう

健康のために、毎日ヨーグルトを食べている人は多いですね。お腹の調子を整えるために食べている人...

安心で安全?オーガニック食品を選んで食べるメリットとは?

毎日食べるものだからこそ、安心で安全な食べものを選びたいですよね。農薬や遺伝子組み換え技術が...

賞味期限と消費期限の違いとは?!記載なしの商品もある!?

みなさんは、食品の期限表示に「賞味期限」と「消費期限」の2種類があることをご存じでしょうか?実...

生後3ヶ月の赤ちゃんの平均体重は?体重の増加有無の原因!

生後3ヶ月の赤ちゃんは、生まれた時のほぼ2倍の体重にまで成長して、首もすわりはじめます。ぷっ...

必要不可欠なナイアシンやビタミンcが多く含まれている食品

私達が健康的に生きていくために、必要不可欠な栄養素ってありますよね。皆さんは、ナイアシンやビ...

朝ごはんを食べれない人に、おすすめな朝のメニューは?

寝起き食欲がなく、朝ごはんを食べれないという方も中にはいるでしょう。食欲がない原因はあるのでしょ...

スポンサーリンク

ブラックコーヒーが飲めない!コーヒーに健康効果はある?

まず始めにコーヒーに含まれる主な成分と作用を説明します。

★カフェイン
覚醒作用・利尿作用・集中力アップ・脂肪の分解促進

★ポリフェノール(クロロゲン酸)
抗酸化作用・血圧抑制・がん予防

★コーヒーオリゴ糖
整腸・体脂肪低減

上記の様にコーヒーは様々な作用を働かせてくれます。

またそれによりどんな効果、効能を得られるのでしょうか?

◎美肌効果
女性に見逃せない効果として、ポリフェノールの抗酸化作用から、メラニン色素の生成を抑える事が出来るので、シミ・そばかすを防ぎます。

◎ダイエット効果
コーヒーには代謝を上げる働きがある為、脂肪を燃焼させやすくする効果があります。
運動などをする30分~1時間前にコーヒーを飲むと、何も飲まない場合と比べカロリ-消費が多くなります。

ただしミルクや砂糖は脂肪燃焼効果を下げるので、飲めない方は別としてブラックで飲むのがオススメです。

◎利尿効果
利尿作用により体内の余分な水分や老廃物を出してくれるので、むくみなどを取ることができます。

◎リラックス効果
コーヒーの香りにはリラックス効果があるので、ストレスの軽減なども期待できます。
ゆっくりと香りも楽しみたいですね。

◎糖尿病予防
コーヒーを1日3~4杯飲む人と全く飲まない人を比較すると、飲んでいる人の方が糖尿病になる確率が下がります。

 

コーヒーのブラックは飲めないけど、コーヒーに害ってあるの?

さてコーヒーの効果を色々と説明してきましたが、コーヒーは全く無害なのかというと、残念ながらそういうわけにはいきません。
ブラックであろうが無かろうがです。

◎胃への影響
コーヒーは胃にやさしい飲み物として、ドイツなどでは開腹手術をした患者さんが、まず始めに口にする飲み物として、勧める病院もある位です。

健胃効果のあるコーヒーですが、反面胃液の分泌を促進させる効果もある為、消化性の胃潰瘍を助長させてしまう事もあります。
ですから以前に胃潰瘍を発症した事のある方や、もしコーヒーを飲むと胃が痛くなるような方は、飲むのを控えた方が良いでしょう。

◎貧血
コーヒーに含まれるタンニン等の成分は、鉄イオンと結びつき難溶性の物質に変わります。
この為、鉄分が吸収しづらくなり、貧血の原因となる事があります。

貧血気味の方は、食後の30分程度コーヒーを控えましょう。
ただし良質なコーヒー豆を使い、適切な淹れ方をすれば、この影響は少ないと言われています。

◎発がん性
昔からコーヒーとがんの発生についての因果関係が様々取りだたされてきましたが、実際のところはどうなのでしょうか?

細かく言えば、成分の中に発がん性の疑いがある物質が、少なからず含まれているのは事実です。
2002年に話題になったアクリルアミドという物質がその代表例です。

アミノ酸の1つであるアスパラギンとブドウ糖が高温で反応する事で生成される為、加熱調理した多くの食品に含まれています。

ブラックコーヒーが苦手で飲めない方でも、ミルクや砂糖を入れたら飲めるのなら上記のような影響は受けるということは知っておくべきです。

 

ブラックコーヒーのカロリーは?コーヒーがダイエットに効果があるかも知れない理由とは?

ダイエット効果があると言われてもまず気になるのは、コーヒーに含まれるカロリーですよね。

コーヒーはお茶と同じ様に、そのものにカロリーはほとんどありません。
1杯あたり約4キロカロリー程度ですので、ダイエット中はもちろん、毎日飲んでも気にならないレベルと言えるでしょう。

またダイエットの為にコーヒーを活用するのに、飲めないことはないのであればなるべくブラックが良いでしょう。

さてそれでは、なぜコーヒーがダイエットに適しているかのを説明します。

コーヒーに含まれているカフェインやクロロゲン酸には、脂肪を燃焼させやすくする効果があり、代謝を促進して、痩せやすい状態を作ってくれます。
また成分だけでなく、香りや味にもダイエットを促してくれる効果があります。

コーヒーの香り成分や苦味には、身体の中で自律神経を活発化させて、代謝を促しやすくしてくれる効果があるのです。
その為コーヒーは、成分、香り、味の3点から、痩せやすい環境を整えてくれて、ダイエットを促進してくれるのです。

 

痩せるかもしれないブラックコーヒーが飲めない方は必見!玄米甘酒ダイエットの効果は?

さてここまでコーヒーについて様々な効果、効能を説明してきましたが、それでもブラックコーヒーはやっぱり苦手で飲めないという方もいるでしょう。

そんな方にはダイエット効果のある、玄米甘酒をオススメします。

発酵させた玄米を甘酒へと加工した、人工甘味料はほとんど使わないほんのリ甘い飲み物です。
腸内環境を整えてくれる効果があるので、スムーズなお通じが期待出来ます。

また胃腸をしっかり休ませられるので、翌日からまた再び活発に活動してくれるようになるので、消化効率が上がり、自然に痩せやすい体質に変わることが出来るのです。

更に忙しくても手軽で毎日続けられるので、冷え症に悩んでいる方などにも、体をしっかり温めて血行の促進に繋げることが出来ます。

玄米甘酒にはその他にも、ブドウ糖を筆頭に、ビタミンB1やビタミンB2、ビタミンB6、食物繊維、オリゴ糖などが含まれているので、栄養バランスが良く、肌荒れ防止にも効果があります。
強い抗酸化成分が含まれている為、シミの原因となるメラニンの生成を抑制する事ができ、肌の美白効果も得られるのです。

更にはアルブチンやフェルラ酸といった成分も含まれている為、老化の原因となる活性酸素を除去し、アンチエイジング効果を得られます。

 

ブラックコーヒーが飲めない人はやってみよう!玄米甘酒ダイエットの方法

ここからはブラックコーヒーが苦手で飲めない方に玄米甘酒を使ったダイエット方法について説明していきます。

やり方は至って簡単です。
夕食を食べ始めようとした時間が、就寝時間から逆算して3時間を切ってしまった場合にのみ、食事を摂らずに甘酒だけを飲むというプチ断食ダイエットです。
毎日続けるわけではありませんので、この様な状況になった時に一度お試し下さい。

またダイエットを急ぎたいという方は、週に2~3日程度、玄米甘酒を夜の食事に置き換えて挑戦してみましょう。
その際朝、昼に関しては普段と変わらない様なバランスの取れた食事をしてください。

またダイエットに使用する玄米甘酒は原料を選び、酒粕から作られているものと間違えないように注意してください。

1週間に1回程度の置き換えで1か月後には平均で4キロ程度の減量が可能になるとのことです。

玄米甘酒は腸の働きを活発にして、宿便を排泄する事も出来ますし、ビタミン類の働きで肌もきれいになります。

しっかりと胃腸を休めながら代謝を高めて、ダイエットにつなげる様にしましょう。

 

ブラックコーヒーが飲めない人で玄米甘酒ダイエットする上での注意点

最後に甘酒ダイエットを成功させるにはいくつか注意点がありますので把握しておきましょう。

◎玄米甘酒選び
甘酒にも添加物たっぷりで酵素が減ってしまっているタイプと、活きた酵素が丸ごと摂れる生タイプがあります。
出来るだけダイエットに、より効果のある生のタイプを選びましよう。
そしてくれぐれも酒粕が原料で添加物が入った物を選ばないでくださいね。

◎朝に飲もう!
体が芯から温まり燃焼しやすくなる事と、ビタミン補給がしっかり出来る事で、脂質や糖質を代謝しやすくしてくれるので、1日のスタートである朝に飲めばしっかりと基礎を作れるのです。

◎ホットにし過ぎない
温めて飲む事で酵素が活発に働くようになり、内臓を温める作用も高まります。
しかしくれぐれも温め過ぎには注意して下さい。
60度以上の高温にしてしまうとせっかくの酵素や乳酸菌が死んでしまいます。

◎適度な運動で更なる甘酒パワーを引き出しましょう
甘酒を1食に置き換える方法は紹介しましたが、リバウンド防止の為、合わせて適度な運動もしましょう。

甘酒効果によって代謝が上がりやすくなっており、脂肪の燃焼が期待できるので、軽いランニングやウォーキングがオススメです!

ブラックコーヒーが苦手で飲めなくても玄米甘酒なら飲みやすいですから、上記の点に注意して飲んでみていただきたいです。

 

玄米甘酒で健康的にダイエットしよう

玄米甘酒を飲むことで、身体が温まり、沢山の栄養を摂取できます。

身体に必要以上の負担をかけないので、ダイエットにも効果がある人もいます。

ブラックコーヒーよりも高いダイエット効果を見込める玄米甘酒。
自分に合ったペースや量を見極めて、玄米甘酒ダイエットにチャレンジしてみてはいかがですか。