玄米を食べよう!オススメのおにぎりの具やレシピは?

玄米は、その茶色い見た目や独特の風味からか、白米よりも食べる方が少ないように思います。
また、少し硬い触感も玄米の特徴ですよね。

しかし、玄米は栄養価が高く、優れた美容効果があります。

そんな玄米を、具と共におにぎりにして食べてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

全粒粉でパンを作ってみよう!気になる味や栄養について!

パン屋さんの前を通ると、焼きたてのパンの良い香りがしてきますよね。その香りにつられてパン屋さ...

食物繊維たっぷりのオートミールは一食あたり何カロリー?

欧米では、朝食メニューのラインナップに必ず上がるオートミール。関心はあるものの、どんなメ...

体に良い玄米なのに毒があるなんて!正しい炊き方を教えて!

体に良いとされる玄米なのに、毒があるといわれていることをご存知ですか。何が毒なのか、毒とはい...

お米は保存方法と環境によっては賞味期限が半年以上になる

お米の賞味期限は、保存方法や環境によって、大きく変わってきます。保存方法をしっかりしていれば...

玄米を精米すると栄養量が減る?玄米のアレコレを学ぼう!

栄養豊富で健康的なことから、いま熱視線を浴びている玄米。白米に精米すると、栄養の量も減ってし...

味噌や納豆は優れた発酵食品!菌の力とその活用方法を解説!

私たち日本人は、優れた発酵食品に恵まれた食生活をしています。その代表的なものとして挙げられる...

豆腐デザートを作ってみよう!簡単お手軽レシピを教えます!

豆腐は大豆から作った栄養満点で様々な料理に使える万能食材です。私たち日本人の健康の維持に欠か...

小麦粉にはいろいろある?グラハム粉と全粒粉の違いとは?

一般的に、小麦粉といっても薄力粉や強力粉などの種類が分かれていますし、最近では小麦粉売り場に行っ...

お米とパンだとどちらが安い?色々な面から比較してみよう

毎日食べる主食と言えば、お米とパンですよね。毎日食べるからこそ、お米やパンの値段が安い、高い...

畑の肥料に米ぬかって使えるの!?米ぬか肥料の作り方

精米所でたくさん出る、米ぬかですが、実はこの米ぬかって、いろいろなものに有効活用できるのです!...

もち米と白米の違いが知りたい!それぞれの栄養&レシピ紹介

お餅やお赤飯、おこわの原料となるもち米は、もちもちとした食感が特徴で、とても美味しいですよね。...

お米とパンに含まれる栄養とは?栄養アップする方法について

朝食は、お米かパンが多いと思いますが、皆さんはどちら派ですか?ところでお米とパンにはそれぞれ...

パンとお米の栄養などの違いについて&和食をすすめる理由!

私達日本人の食生活で、身近な存在と言えば「お米」ですよね。しかし、最近では「主食がパン派」...

味噌鍋のレシピで八丁味噌を利用してみたらこんなに便利

八丁味噌は見た目が濃いのに、味が塩辛くなくコクがあります。この話がメディアで取り上げられてか...

玄米は炒る方が良いと聞いた!すぐに炊くよりなぜ良いのか?

発芽玄米は、そのまま炊くことをしても大丈夫です。しかし、玄米は、健康に良さそうで、実は手間暇...

スポンサーリンク

玄米を食べよう!

私たちは毎日白米を食べていますが、実は白米は、精製される過程で重要な栄養分が取り除かれてしまっているとても残念な状態なのです。

お米から籾殻をとって玄米にされ精製されるときに糠や胚が取り除かれます。

しかし実は、この糠や胚には食物繊維やビタミン、カリウムなど身体の健康を維持するのに大事な栄養素がたくさん詰まっているのです。

ですから、白米を玄米に替えることで、栄養のバランスがぐんとアップすることが容易にできるということですね。

玄米には、食物繊維が豊富に含まれていますから、便秘を防ぎ快便をもたらします。
また、ビタミンEは、活性酸素を抑制して、血液をサラサラにし、体がさびるのを防ぎます。
ですから、アンチエイジングの効果もあるのです。

さらに、カリウムは、体の中の余分な塩分を排出させて、体がむくむのを抑制してくれます。

このように玄米には健康を維持する為の栄養素が豊富に含まれていますから、おにぎりなどにして、中に具もつめて、お昼にたくさん食べる習慣にしてみませんか?

おにぎりなら食べやすい

玄米が白米よりも栄養価が高いということをすでに知っている人も多いとは思いますが、実際の味を比べた場合に、玄米は硬くて、白米の方が食べやすいので、なかなか玄米に手が伸びないという人もいるかもしれません。

そういう人は、玄米でおにぎりを作ることを試してみてください。
おにぎりにすると、玄米を手軽に食べることができます。

特別玄米のおにぎりだからといってどうこうしようと考えなくても、普通の三角のおにぎりにするだけでいいです。
一気に玄米を炊いて、おにぎりをたくさん作っておいて、冷凍しておくのも良いですよね。

あと、おにぎりの中には梅やおかかなどの具を入れることが多いですが、玄米によって作るおにぎりには具はとくに必要ありません。
というのも、玄米自体に味が付いているので、具がなくても食べやすいと思います。

ですから、ふりかけなどでも良いですよ。
ゴマをふりかけると、栄養も増すので、良いですね。

ですから、玄米が炊けたら、塩とゴマだけかけておにぎりにするのがオススメです。

玄米おにぎりの具には、肉味噌と梅おかか

玄米を炊くのは、水に浸したりして結構手がかかりますので、一度にたくさん炊いてしまって、おにぎりを作り、冷凍しておくのがとても便利です。

また、作った玄米おにぎりですが、中に具を入れるとしたら、肉みそと梅おかかがオススメです。

これらの具をおにぎりに入れることによって、栄養がさらにアップしますから。

さらに、梅干しには殺菌作用もあり、長く保存することが可能なので玄米おにぎりの具に適していると言えます。

白米と玄米を一緒に研いだ後に水を1.2合ほど入れて15分ほどそのまま放置した後に玄米モードで炊きます。

大体1合のごはんで4つほどのおにぎりができるでしょう。

ですから、おにぎりの具も4つ分作る必要があります。

肉みそは、フライパンにごま油をひき、豚ひき肉、みょうが、にんにく、しょうがを一緒に炒めます。
その後、しょうゆ、みそ、砂糖を加えて味を整えます。
その後、しそも刻んで横に用意しておきます。

おにぎりを作ったら、真ん中に具材を乗せ、包み込んでおにぎりを作ります。
その上にしそを散らすと出来上がり。

絶対美味しいと思いますよ。

具だくさんの玄米おにぎりもオススメ

玄米のおにぎりは何も具がなくても気軽に栄養を補給できるので、オススメだとお話しました。

成形されたおにぎりを冷凍庫にスタンバイしておけば、お腹がすいた時などにすぐに食べることができて便利です。

玄米を炊く時には、ぜひ雑穀なども一緒に混ぜて炊いてください。
栄養価がますます上がりますので。

また、最初から冷凍保存などを考えている場合には、気持ち硬めに炊いた方が良いでしょう。

おにぎりの具は何にしようかといろいろ迷ってしまいますが、迷う時はいろいろ全て入れてしまいましょう。

乾燥しらす・わかめ・桜エビ・青じそ・金胡麻・白黒胡麻・梅干し。
これらの具材をすべておにぎりの具として入れると、何と一日に必要な栄養素がほとんどこのおにぎりで補給することができるのです。
ですから、一日2個ほど食べると、最適ですね。

これらの具材がない場合でも、最低でも、小魚、海藻、胡麻、青菜はできれば入れていただきたい具材です。

これらによって、不足しがちな食物繊維やミネラルを効果的に摂取することができるからです。

冷凍保存したおにぎりはできるだけ早く、2週間以内で食べきってくださいね。

賛否両論?ちょっと変わった玄米おにぎりの具①

少し普通では玄米おにぎりの具としては珍しい具材を紹介いたします。

好みだという人と好みではないという真っ二つに分かれてしまうことが予想されますが。
まず一つは、アボカドみそ焼きおにぎりです。

これは、アボカドとみそ、そして粉チーズを使った焼きおにぎりなのですが、酒のつまみとしてオススメです。

おにぎりの片面にあらかじめ作っておいたアボカドみそを塗っていきます。
これなら、おにぎりの中に具を入れこむ必要もありませんね。

もう一つは、天かすとねぎのおにぎりです。

天かすとねぎとご飯をまぜた上に少々めんつゆをかけて出来上がりです。
揚げ物をした時にできた天かすを取っておいて、翌日おにぎりの具材に再利用すれば一石二鳥ですね。

最後はスマートチーズと鰹節の焼きおにぎりです。
これは、子供にも人気の焼きおにぎりですよ。

チーズはとろけるチーズを使っておにぎりの中に入れこみます。
ご飯は、事前に鰹節としょうゆで味付けしておいてください。

このように、おにぎりの具材は、梅干し、おかかと決めつけずに、冷蔵庫などに残っているものなどを積極的におにぎりの具材として使っていけば、バラエティーに富んだおにぎりができますね。

賛否両論?ちょっと変わった玄米おにぎりの具②

さらにユニークな玄米おにぎりの具を紹介いたします。

春になると出てくるふきを使った具です。

ゆでたふきにゴマとみそ、さらに砂糖かみりんをかけて炒めたものです。
少し大人の苦味もあり季節感も出て、良いと思いませんか?

その他、クリームチーズとスモークサーモンと卵焼きを混ぜた具です。
具材を混ぜる際にぜひ、にんにくもすりおろして入れてくださいね。
ボリューム満点で育ち盛りの男の子でも満足してくれるひと品です。

あとは、ゴーヤとスパムとかぼちゃが入ったおにぎりはいかがですか?
それぞれの具材を角切りにして、少々炒め、ご飯と混ぜます。
これで出来上がりです。

こちらもボリュームもあり、沖縄の味わいが出ているおにぎりが出来ましたね。

あとは、ごま油おにぎりです。
こちらは、おにぎり表面に少量のごま油を塗るのです。
そんなのおいいしの?と疑っている人は、ぜひ一度試してみてくださいね。

さらには、切干大根に梅を混ぜたものを具にしているおにぎりはいかがですか?
切干大根にはすでに味がしみしみになっている上に、梅によって、味がぐっと引き締まります。

これらの変わり種具材をぜひお試しください。

いろいろな具を試してみては

いかがでしたか?

玄米であっても、おにぎりにはいろいろな具が合います。

先ほど紹介したように、一般的ではなくても美味しく自分に合う具というのはあると思います。

いろいろな具を試してみて、自分好みのおにぎりを作りましょう。