食事改善で症状を緩和!アトピー性皮膚炎や喘息を楽にしよう

アレルギーと呼ばれるものに、アトピー性皮膚炎や喘息があります。

花粉症や蕁麻疹もつらいですが、アトピー性皮膚炎や喘息など、ひどくなると命にかかわるものもあります。

中には、生まれつきではなく食生活や生活内容によって突然なるものもあり、小麦粉アレルギーや空気汚染による喘息は、成人してから発症する人もいます。

しかし、子どものころからアレルギーがある場合は、成長を阻害するものもあるため、できれば改善をしたいですね。

今回は、アトピー体質、アトピー性皮膚炎や喘息を少しでも食事改善できないものか、というお話です。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

1日に必要なカロリーを知って健康女子を目指そう

1日に必要なカロリーを食品摂取基準といいます。男女別、年齢別というのがまず決められていますが...

オーガニックフードで健康体!どんな利点・欠点がある?

「オーガニックフード」と聞くと、なんだか身体に良さそうな気がしませんか?近年では、オーガニック...

米油とトランス脂肪酸にはどんな関係があるの・・??

まず、米油はその名の通りお米から作る油です。お米から出来ているという事は、安心安全で健康に良...

1日の摂取カロリーが低いだけではないバランスの良い食生活

自分の年齢と性別の、1日に必要なカロリーをご存知ですか。毎日摂っている食事のカロリーが、必要...

女性の体調改善に豆乳!イソフラボンで女性パワーをアップ!

女性の体は一生を通じてはもちろん、大変短いサイクルで変わりやすく、とてもデリケートです。女性ホ...

離乳食にはお豆腐がオススメ!毎日違うものに変身する?!

そろそろ、離乳食を始める頃かな?毎日、離乳食をあげているけど、レパートリーがない…なんてお母...

200kcalのカロリーを消費をするためにできることとは?

体型維持には運動が欠かせないといいますが、どのくらいの運動量が必要かご存知ですか。仮に、20...

食事改善で生理痛を和らげ月経の憂鬱さを減らせる方法とは?

月経は将来の妊娠や出産をするため、女性にとっては必要なものではありますが、毎月のことなので憂鬱に...

糖分を取りすぎると頭痛がしてくる!?玄米食でよく出来る?

###糖分を取りすぎると体がおかしくなるかもしれないというお話。特に頭痛が引き起こされる可能...

塩少々って何g?レシピの調味料の表記を理解しよう

お料理を始めると、レシピの読み方が難しく感じるかもしれません。塩少々、ひとつまみ、適宜、適量....

体に良い植物油、体に良くない植物油脂、両方に付いて学ぼう

「油」というと、ネガティブなイメージを持っている人もいるでしょう。ダイエットや、健康の敵のよ...

離乳食の進め方!9ヶ月の赤ちゃんにはおにぎりがおすすめ!

今回は、9ヶ月以降の赤ちゃんの離乳食についてお伝えします。離乳食をどう進めていけばいいのかや...

体に良い玄米のカロリーは茶碗1杯分でどれくらいあるの?

玄米は、体に良いといわれています。そのため、カロリーは低いのではないかというイメージが強いです...

離乳食にバナナを!バナナの黒い斑点が意味していることは?

皆さんの可愛い赤ちゃんも、離乳食開始のサインを出していませんか?離乳食開始のタイミングはいつなの...

豆乳と野菜ジュース、どっちを選ぶべき?栄養面から比較する

スーパーやコンビニエンスストアで手軽に購入できる豆乳や野菜ジュース。健康やダイエットにはどっちを...

スポンサーリンク

アトピーや喘息の人の原因と食事改善

まず、子どもがアレルギー体質かもと思った時に一番に行うのは、どんなものに対してアレルギーを起こしているかを知ることです。

むやみやたらとあれもこれもと除去してしまうと、肝心の栄養が摂れずに、子ども自身が弱くなってしまうこともあります。

そこで、医師の指導の下、しっかりと何が危険なのかを検査しておきましょう。

アトピーや喘息の人に共通の原因には、食事・心理的なストレス・化学物質や医薬品・有害金属・環境ホルモンといったものがあげられています。

アトピー性皮膚炎というのは、身体の中にため込んだ不要な老廃物を、体内を守るために皮膚から排泄するために起こります。

一般的に老廃物というものは、尿や便、汗という形で排泄します。

しかし、本来は安全である食材や身につけるものでも、ずっと摂りすぎが続いたり、その中に毎回含まれる食品添加物などの人工的なもの、摂ったときに身体のどこかにダメージがあったときなどの影響で「アレルギー」というものになります。

それは卵であったり、小麦粉であったりと人それぞれです。

特に免疫や抵抗力が少ない子どもは、たまたま体調不良の時に食べたことが原因で、アレルギーになってしまうこともあります。

髪を染めたときに、地肌に傷があるとそこから異物が混入し、アトピー性皮膚炎を起こすこともあります。

しかし、実際にはアレルギーの原因がはっきりとわかっていないのが現実です。

食材が原因の場合は、まずはその食材を口にしないという食事改善や、肌に触れないようにするといった生活改善で緩和することができます。

洗剤や染髪料を使わない、添加物を含まないものに変えるといった生活改善で緩和することもできます。

しかし、完全な除去というのは、なかなか難しいようです。

アトピーや喘息の原因と考えられる化学肥料や農薬

食事で問題になるのは、農薬や化学肥料、合成添加物ですね。

特に、合成着色料は原料そのものがタール系色素というものです。

生まれつき何を食べても全く影響がない、という子どももいます。

しかし、成長の段階の食事改善でこういったものをむやみやたらと摂らないことで、アレルギー体質になりにくいといった身体を作ることもできます。

乳幼児期は、敏感な肌の子どもたちの離乳食だけでなく、母乳を与える母親自身も自然な食材、天然の食材をバランスよく食べることが大切です。

母親があまりにも偏ったものばかりを食べていると、摂りすぎた食材に対してアレルギー体質になってしまうこともあります。

また、母親が毎日食べる米や小麦粉に含まれる化学肥料や農薬が原因で、米のアレルギーや小麦粉アレルギーの引き金になってしまうことがあるかもしれません。

母乳を与える母親が、毎日化学肥料を使った小麦粉と添加物が含まれた原料を使った菓子パンを食べていると、飲んでいる乳児には、それが影響してしまうのかもしれません。

米や小麦粉が無農薬や、昔ながらの自然の肥料を使っている食材を食べていると、アレルギーになりにくいとも言われますね。

アレルギーという病気は、昭和の中期まではここまで問題になっていなかった病気です。

昔は、化学肥料や添加物などがほとんど使われていませんでした。

農家の人たちは、自分たちが食べるものにはほとんど農薬を使っていなかったといいます。

アトピーや喘息の子どもたちが増えたのは、昭和の後半からです。

忙しいからとレトルト食品やインスタント食品に頼っている人は、自然に近い食材を使って食事をする、という食事改善をしてみてはいかがでしょうか。

小麦粉が原因のアトピーや喘息アレルギーの食事改善

大人になって小麦粉アレルギーになる人は、パンやピザ職人、家庭の人によくあらわれたりします。

また、パンが大好きという人にも、小麦粉アレルギーになる人がいるようです。

小麦アレルギーは子どものころからの人と、大人になって突然なる人がいます。

子どもの時からの小麦粉アレルギーは、胃腸の成長によって徐々に良くなっていくというのもあります。

これは、小麦アレルギーの多くは、食べ物を消化、分解、吸収する時の胃腸の機能が不十分であることが原因であるからだと言われています。

そのため、大人になってなる人は、毎日の小麦摂取とストレスや体調不良が重なって起こる人が多いようです。

子どもは成長し、胃腸の機能が十分になると、徐々に緩和されることもあります。

大人の場合も、体調が良い時に少しづつ慣れさせると、また食べられるようになる人もいるそうです。

小麦粉が原因の病気には、小麦アレルギーの他に「グルテンアレルギー」「セリアック病」というものがあります。

日本と比較し、欧米では珍しくない病気と言われています。

グルテンアレルギーも小麦アレルギーと同じように、小麦粉が原因でアトピー性皮膚炎になったり、喘息、呼吸困難になるそうです。

セリアック病は、小麦粉のグルテンで下痢や嘔吐、アトピー性皮膚炎になる病気です。

主食の小麦粉でアレルギーというのは、本当につらいですね。

卵アレルギーの食事改善

食材のアレルギーは、小麦粉や米だけではありません。

私たちが毎日食べる卵も、親鶏が食べる餌に添加物などが入っていることもあります。

卵は格安で販売していることがあります。

しかし、それほど安い卵は、いったいどんな餌を食べているのか気になりませんか。

卵の価格は販売している店によって違います。

この違いは何でしょうか。

昔、卵はとても高価なものでした。

昭和30年代までは、4人家族で1個の卵を分け合って食べるということも珍しくありませんでした。

しかし、今では安い餌を食べた親鶏から生まれた卵のおかげで、格安で手に入ります。

それは、卵が決して自然で安全なものだけではない可能性が高いということです。

健康な大人が食べるには、ほとんど影響がなくても、小さい子どもや妊産婦が食べるには、危険な可能性もあるということですね。

せっかく格安で摂れるたんぱく質食品の卵ですが、化学合成で作られた餌を食べた親鶏が生んだ卵は、化学合成物質の塊です。

アトピー性皮膚炎や喘息の原因に卵がある場合、病院で経口減感作療法というのを行うことがあります。

こういった場合は、もちろん安全な自然な卵を選んで食事改善に取り組んで行くことと思われます。

経口減感作療法は、専門医の指導の下、入院した状態で子どもの様子を見ながら、徐々に卵を食べられるようにしていく方法です。

こちらは素人ではできませんので、必ず専門医と相談の上行ってください。

もちろん、子どもを卵が原因のアレルギーにしないためにも、妊産婦や乳幼児には自然の餌を使って育てられた親鶏から生まれた卵を使いましょう。

アトピーや喘息の緩和には食事改善と生活改善

アトピー性皮膚炎には、食は何ともないのに、肌に触れる衣類や洗剤でなってしまうことがあります。

合わないシャンプーや洗剤を使っているうちに、頭皮や腕、首回りなどの弱いところがかぶれ始めて、全身に湿疹が広がるということもあります。

始めは、シャンプーや洗剤だった人が、そのまま食材にも反応してしまうアレルギーの連鎖を起こしてしまうこともあります。

特に、汚れた空気が原因の喘息は、喘息だけでなく鼻炎やダニによる湿疹などにもつながっていきます。

アレルギーに一度なると、ますますひどくなる人と、何かがきっかけで徐々に良くなる人がいます。

シャンプーや洗剤が原因の時は、まず無添加のシャンプーや洗剤を使うようにします。

そして、一緒に食事改善もしましょう。

食が原因ではないと言っても、食によって色々な健康状態にも影響はあります。

しっかりとバランスの良い食生活で、抵抗力の高い身体作りや、不要なものを溜めない腸内環境、そして丈夫な胃腸を作ることが大切です。

胃腸の働きがしっかりとしていれば、食べ物を十分に消化吸収しますので、正しい排泄にもつながりますね。

食が原因でなくても、正しい食生活で基本的に健康な身体を作ることは、何よりも大切です。

そのためにも、偏食の人やレトルト食品ばかりの人は、食事改善から始めてみましょう。

睡眠不足も抵抗力が弱くなり、アレルギーの原因になります。

ストレスもアレルギーの原因です。

いつもストレスが溜まるような生活をしている人は、ほんのちょっとだけのんびり過ごす時間を作ってみませんか。

食事改善と同様に生活改善にも取り組みましょう。

アトピー性皮膚炎や喘息の治療!減感作療法の時にも食事改善を

よく、花粉症の人が花粉の季節は青汁を飲むと良い、グレープフルーツを食べると良いと言いますが、全く改善されていないという人はいませんか。

青汁もグレープフルーツも、食物繊維とビタミンCをたくさん摂ることができますね。

食物繊維は整腸作用があり、胃腸の働気を高めます。

ビタミンCは抵抗力を高めたり、毛細血管を丈夫にして血流を良くします。

抗酸化作用も高いため、不要なものを排泄し、新しい細胞を作りやすくします。

花粉症の人だけでなく、アトピーや喘息の人も、食物繊維やビタミンCをたくさん摂るのはとても良いことです。

アトピー性皮膚炎のために、皮膚が乾燥してカサカサになってしまっても、しっかりと野菜や果物からビタミンCをたくさん摂ることで、新しい健康な皮膚を作る効果があります。

毛細血管を丈夫にすることで、血流も促します。

アレルギーや喘息の原因がわかっている時に、今徐々に浸透している治療法が「減感作療法」です。

減感作療法は、アレル源となるものを体内に徐々に加えることで、異物と反応しないようにします。

アレルギーは、摂ったものを異物と考えるために起こる症状です。

徐々に身体に摂り入れることで、異物ではないものになります。

これは卵や小麦粉といった食だけでなく、ダニや花粉といったものもあります。

減感作療法を始める人も、合わせて食事改善をして、肥料や農薬、添加物に頼らない食生活にしましょう。

アトピーや喘息を食事改善で少しでも緩和を!

アトピー性皮膚炎や喘息は、簡単に治る病気ではありません。

しかし、長期に渡って薬を飲み続けるよりも、少しでも症状を緩和して強い薬を飲まないようにしたいですね。

そのためにも、抵抗力を高めたり腸内環境をよくするなど、食事改善でできることをやって症状を楽にするのはとても大切なことです。

そして、まだアレルギーに悩んでいない人は、いつも食生活のバランスを考えて、できるだけ安全な食品を摂るようにして下さい。