食生活改善の中で出る好転反応の理由と改善のための方法は?

今の世の中にある食材を使い食事として体内に摂り入れると、栄養素と共に望まない有害物質も摂り入れてしまうことがあります。

その物質は目に見えないものなので、毎日の食生活改善やプチ断食の中で、毒素となる有害物質を体外に排出し、健康を守っていくべきです。

そうすると好転反応による症状がでることがありますが、今回はその理由についてや、好転反応の症状への対策、改善方法などをご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

カロリーは意外に低い?!ラーメンに含まれる糖質や塩分は?

醤油に味噌、塩といった定番のものから、個性的なラーメンがたくさんあります。人気ラーメ...

カロリー摂りすぎが太るのはなぜ?太る仕組みの改善方法とは

カロリーを摂りすぎると太る、という言葉が一般的になったのは昭和50年代に入ってからです。それ...

甘酒のもと米麹と酒粕の違いは?栄養満点で便秘解消にも!

最近の甘酒ブームで、季節問わずスーパーでも甘酒を見かけるようになりましたね。甘酒は米麹と酒粕の...

カロリー消費は毎日の活動で!摂取エネルギーの限界まで利用

人は生きているだけでカロリーを消費します。究極のダイエットは、何も食べないことだという人...

人間が栄養を吸収するには「3つの時間帯」が存在する!?

人間の体が栄養を吸収するには、「3つの時間帯」が存在するってご存知ですか?「3つの時間帯」を...

200kcalのカロリーを消費をするためにできることとは?

体型維持には運動が欠かせないといいますが、どのくらいの運動量が必要かご存知ですか。仮に、20...

卵と小麦粉にアレルギーがあっても食べられるおやつを紹介

食物アレルギーを持つ子供が増えていますが、自分や自分の子供にアレルギーがないと、あまりピンとこな...

1日に摂取するカロリー量ではなく消費するカロリーを300に!

1日にわずか300キロカロリーしか食べない過激なダイエットで、3か月に10キロ以上痩せられると話...

一人暮らしでもお米を食べたい!上手な消費には冷凍保存を!

皆さんは、一人暮らしをしたことがありますか?これをご覧になっている方の中には、これから始められ...

夏も冬も食べたい鍋レシピ!生姜と味噌の驚くべき効能とは?

暑い夏でも、冷房の効いた部屋にいると身体が冷えてしまいますよね。冬場は手足が冷え込み、冷え性...

はじめての離乳食!味噌や醤油など調味料の量が知りたい

離乳食期間は、それまで母乳やミルクばかり飲んでいた赤ちゃんが、いろいろな食べ物に慣れていく準備を...

一歳半の食事内容は?食べ過ぎていることはあるの?

各自治体で検診が行われるのが一歳半頃で、周りの子供との成長に差が出てくる頃でもあります。特に毎...

食生活改善方法はこれ!便秘予防をしたい女性にお勧めレシピ

食生活改善によって体質が改善されることがあります。肥満体型の悩みを抱えている人が、他にも抱え...

アボカドは高カロリー?毎日食べるとコレステロール下がる?

アボカドは栄養価が非常に高いことで知られ、そのクリーミーな食感と豊富に含まれる脂肪分から「森のバ...

トランス脂肪酸を含まないマヨネーズについて知りたいこと

健康志向の世の中には、食べない方がよいものについて、いろいろな噂や情報があふれています。中で...

スポンサーリンク

好転反応が改善するとは?

「好転反応」という言葉を聞くと「それって何?どんなことが起こるの?」と思いませんか。

好転反応とは、体に良いと言われるものを取り入れようとする時に、一時的に起こる体の反応のことを言います。

例えば鍼を使った治療をすることは体に良いはずなのですが、その後に老廃物や毒素を体外に排出しようとします。

他にも、今まで悪いものを食べていた時に、食生活改善として体に良いとされる食品を食べる習慣をつけていく中でも起こることがあります。

最初は体が反応し始めて眠気や倦怠感を感じ、その後便秘や下痢などの症状が起こり、毒素を排出することとなります。

その良さを体が実感し始めると、だんだんと症状は治まっていくことになります。

ただし好転反応が出る場合は、個人差により感じ方が違うため、症状が重いのであれば医師に相談することも必要です。

好転反応が改善するというのは、食生活改善などにより、一時的に起こった体の不調がなくなって、体調が良好となることを言います。

食生活改善するぞ!でも何を食べると好転反応が起こるの?

健康食品や体に良いと言われる生野菜を食べた場合も、好転反応が出るという話を聞くことがあります。

ところが健康食品については、国の対応を見ていると、それが事実なのかどうかは不明のようです。

例えばスーパーフードと呼ばれ、40種類もの栄養素が含まれる玄米を食べ始めると、好転反応が起こる場合があります。

今の世の中の食生活は、食品添加物が色々と食べ物の中に含まれており、空気中からも有害な物質を体に摂り入れてしまっています。

その他、体に有害な化学物質や、銀や鉛といったものも、魚や缶詰などを食べる時に、一緒に体内に入れています。

そのような食生活の中で、デトックス効果のある食品を食べると体が反応を起こすことがあります。

玄米もそのひとつです。

今まで白米を食べているとすると、玄米の栄養豊富な面というのは、体は異質なものと感じることになります。

今までにはなかった成分を利用し内臓が活発に働くことで、体外に余分なものを排出しようとし、好転反応が出るのでしょう。

他にもクロレラやパクチー、身近な食材ではアスパラガスやブロッコリーを食べても、好転反応は出るといわれています。

食生活改善をする中でデトックス効果を得ようとすると好転反応が出ますが、長引くことなく症状は改善することが多いようです。

好転反応で出た症状を改善させるには?

マッサージを受けても好転反応が出ることがありますが、症状は人それぞれのようです。

それと同じように食生活改善をする中で、体に良い食材を摂り入れた場合、それによる好転反応の出方も様々となります。

例えば便秘がちで肌荒れが気になる人は、体の中にも毒素が多く溜まっていることでしょう。

日頃から毒素が溜まりがちな人は、好転反応として出る症状も重くなることが考えられます。

出てくる症状は下痢や便秘として、また汗や尿としても出てくることもあります。

まず日頃から毒素がスムーズに体外に排出されるように、水分はたっぷり摂るようにして、1~1.5リットルは飲む習慣をつけましょう。

便秘になると有害物質が体の中に留まる時間が増えるため、食物繊維の入った野菜、例えばごぼうやレタスなどをたっぷり食べましょう。

例えばトマトやオクラには水溶性食物繊維のペクチンが含まれますが、腸の中にある有害物質を吸着することで排出してくれます。

他には軽いストレッチをして体を動かしたり、入浴時はシャワーだけでなく湯船につかりましょう。

このように気分転換も取り入れることで、食生活改善の中で現れる好転反応の症状は改善されることになります。

食生活改善でプチ断食をしたい!好転反応は出る?

健康を意識する女性の間でよく話題になるプチ断食があります。

プチ断食をすると体内に溜まった毒素を体外に排出して、腸内フローラを良くしてデトックス効果が期待できます。

このデトックスの方法は週末を利用してできるため女性の中でも人気があります。

プチ断食をすると数日で症状が出始め、下痢、発汗を始めとして頭痛や吐き気が起こる人もあるようです。

例えば1日だけプチ断食をする人は、当日は朝から夜まで基本は水だけで過ごすことになります。

前日は20時までに和食中心の夕食を済ませ、デトックスしやすいように1リットル以上の水を飲んでおきます。

またプチ断食の翌日もおかゆや豆腐の味噌汁など、消化の良いものを食べるようにします。

食生活改善として、正しい方法でプチ断食をした場合は、好転反応が出ても自然と改善されます。

重い場合には油断をせずに断食をやめ、病院で診察を受けるようにしましょう。

肝臓を労わる食生活改善をするためのコツとは?

肝臓は老廃物や有害物質を分解し無毒化ができる大切な臓器です。

もしも肝臓で解毒できない物質は副腎が後処理を負担し、慢性的に臓器が疲れると不眠や疲れやすさなどの症状が出てしまいます。

食生活改善で肝臓を労わるため、日々の生活の中で体内に毒素を溜めないように、水分は1日1.5リットルは飲む習慣をつけるのが理想です。

肝臓の働きを高めるために食べることがおすすめの食材をご紹介します。

例えばショウガ、ネギ、ミョウガなどの香味野菜、玉ねぎやニンニクなども肝臓の元気を取り戻すものです。

お酒をよく飲む人や脂肪分が多い食事をとる人など、肝臓を酷使している方も多いかもしれません。

例えば食品添加物を摂るのにも注意をしたり、トランス脂肪酸や体に悪い物質を避ける人は、好転反応も出にくくなります。

肝臓に元気を取り戻す食材は、日本人が日頃よく食べるものとなっています。

毎日の生活で食べるものに注意をすれば、もしも好転反応で下痢などの症状が出ても、体調が改善されるのも早いでしょう。

アトピーも食生活改善で症状は改善する?

今の世の中はアトピー性皮膚炎で悩んでいる方達が多いのですが、原因ははっきりしたことが分かっていません。

ただし有害金属や環境ホルモンなどが、影響していると考えられています。

そのため環境汚染物質の溜まりやすい、脂身の多い動物性食品を避けるようにしましょう。

体内に毒素が多く溜まると、好転反応の症状も重くなるため、アトピーの症状を改善するために、少しずつ注意をしていくことが必要です。

また体内に食事として摂り込んでしまう場合もあるため、排出するように食生活改善をしましょう。

例えば野菜は旬のものを選ぶ方が、農薬の汚染がされていない可能性が高くなります。

またアトピー性皮膚炎の方が注意すべきことに、腸内環境を整え便秘にならないようにすることがあります。

例えば便秘にならないためには乳酸菌を摂りたいですが、ヨーグルトなどの動物性のものは控えましょう。

そして味噌や醤油の中に含まれる乳酸菌に頼る方が、アトピーの症状を改善するには良い方法といわれています。

ごはんを中心に和食の献立を立てて、体に合う新鮮な食材を使って、症状の改善を目指しましょう。

日頃から水をたっぷり飲み体内に毒素を溜めにくい体質にしましょう

好転反応は特別な食品で出る症状ではなく、日頃から栄養豊富な野菜を摂り入れる中でも、毒素が体外に排出され症状が出ていると考えられます。

食生活改善をしても、食材の中から有害物質を摂ってしまうのは仕方がないので、スムーズに排出できる体にしておきたいですね。

そのためには便秘にならないようにしながら、水分を毎日1~1.5リットル飲むようにして、症状が出ても重くならないようにしましょう。