メタボリックシンドロームなら食事改善で糖尿病を防ごう!

メタボリックシンドロームで悩んでいる人たちの数は、毎年のように増え続けています。

そして、その背景には、栄養過多になりがちな、片寄った食生活の乱れがあると指摘されています。

メタボリックシンドロームの人たちが糖尿病を防ぐためには、食事改善が欠かせません。

では、糖尿病の予防には、どのような食事改善方法が有効なのでしょうか。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

「精製塩」は体に悪いは本当!?その作り方と成分

海に囲まれた日本では、塩は身近な食品と言えます。「塩はミネラルが豊富な海からの贈り物」として...

水を飲むとトイレが近くなるのって変なの?理由を教えて!

水を飲むと、トイレが近くなるという方は多いはずです。なかには、「こんなにトイレに行って大丈夫...

カロリー消費になる簡単な運動を毎日の家事の中に取り入れて

カロリー消費をするために運動をしなければ、とわかっていてもなかなか外に出て運動ができませんよね。...

うちの子落ち着きがない?赤ちゃんが食事用椅子に座らない!

離乳食を始めた頃、まだお座りするのがやっとで、1日1回の食事の時間を楽しみにしていた方も多いのでは...

体に優しい食事改善メニューを作るための献立作成の基本

「好きなメニューを選び、好きなだけ食べたい。」このように、食に対する欲求を強く持つ方は多いか...

人生90年!60代の女性の食事はカロリーよりもバランスが大切

日本人の食事摂取基準というのをご存知ですか?食事摂取基準では男女別、年代別のエネルギー必要量...

ヨーグルトの賞味期限が過ぎたけど食べても大丈夫?

冷蔵庫に入っているヨーグルトを見たら、賞味期限が切れていた。そんな経験をしたことがありませんか...

白砂糖と黒糖と、はちみつの栄養面の違いってどんなもの!?

料理が好きで、力をいれている方は、作る料理によって、白砂糖と黒糖を使い分けている方も多いと思いま...

体が水を吸収する時間と排出するまでの時間はどのくらい?

あなたは体の「水分吸収」について、どのくらい知っていますか?ほとんどの人が、この水分吸収につ...

低身長をうまく生かそう!女性の理想体重の算出の方法とは?

低身長であることがコンプレックスだという人は、男女ともにいらっしゃるのではないでしょうか。テ...

パンの耳の上手な活用法!気になるカロリーはどのくらい!?

サンドイッチを作る時にパンの耳を切り落として余ってしまったり、もしくは、パンの耳が苦手だから残してし...

乾麺うどんは塩分が多い?どのようにうどんの減塩を目指すか

うどんは食べやすくて、どのような世代の人にも人気の食材ですね。乾麺になっているものは保存性も...

カロリーよりもバランスが大切!?うどんやパンが主食の食事

ご飯、麺、パンの中でご飯が一番ダイエットには良いと言われています。うどんやパンの好きな人は、...

植物油と植物油脂の違いって?体にいい油と悪い油の見分け方

油は体に良くないとよく聞きますが、本当にそうなのでしょうか。今回は油の必要性から、植物油と動...

必要不可欠なナイアシンやビタミンcが多く含まれている食品

私達が健康的に生きていくために、必要不可欠な栄養素ってありますよね。皆さんは、ナイアシンやビ...

スポンサーリンク

メタボリックシンドロームになると糖尿病を発症しやすい

メタボリックシンドロームになると糖尿病になりやすいとはよく聞く言葉ですが、メタボリックシンドロームと糖尿病にはどんな因果関係があるのでしょうか。

メタボリックシンドロームについて簡単なおさらいをする場合、まず内臓肥満について知る必要があります。

内臓肥満とは、お腹周りがポッコリしている肥満状態のことで、ウエストサイズで判定をします。

具体的なウエストのサイズは、男性が85cm以上、女性が90cm以上となっています。

このウエストサイズであり、さらに血圧、血糖値、脂質の3項目のうち、2つ以上が基準値以上である場合に、メタボリックシンドロームと診断されるのです。

さて、メタボリックシンドロームではインスリン抵抗性になることが多くなり、高血糖の状態が長く続いてしまうようになります。

高血糖は身体中の血管をボロボロにしてしまい、結果的に糖尿病の合併症と呼ばれる「網膜症」や「腎症」、神経障害を引き起こす可能性を高めます。

なぜウエストサイズがこれらの現象に関係をしているかというと、増え過ぎた内臓脂肪が悪さをしているからなんですね。

つまり、内臓脂肪を減らす=ウエストの減少が、インスリンの働きを高めるということになるわけです。

そして、ウエストサイズを縮めるには、食事改善が欠かせません。

これがメタボリックシンドロームになりやすい食事の仕方!

糖尿病になる前に、メタボリックシンドロームから脱却するためには、適切な運動と食事改善が必要になります。

この運動と食事改善の両方が揃ってこそ、効果的なメタボリックシンドローム対策になるのです。

さて、運動と食事改善について見ていく前に、なぜメタボリックシンドロームになったのか、その原因を探ってみましょう。

まず、運動不足だということは間違いありません。

そのうえに、メタボリックシンドロームになりやすい食事の仕方が重なり、ウエストが増えてしまったというわけです。

では、メタボリックシンドロームになりやすい食事の仕方の特徴を、4つピックアップしてみましょう。

1.食事の時にあまり噛まないで食べる。

2.寝る直前まで食べている。

3.ジュースをよく飲み、間食が多い。

4.お腹がいっぱいになるまで食べる。

食事の時にあまり噛まないで、飲み込むように食べる人がいますが、これではなかなか満腹感を得ることができません。

そのため、ついつい食べ過ぎてしまいます。

また、眠る前に物を食べると、そのエネルギーは消費されずに蓄えられてしまいます。

ジュースやお菓子は糖分が多い食べ物ですし、お腹いっぱいまで食べると、食べ過ぎになりやすいのです。

これらの食べ方に、心当たりはありませんか?

運動と食事改善でメタボリックシンドロームから脱却しよう!

メタボリックシンドロームのまま生活を続けると、糖尿病や他の生活習慣病になる危険性が高まってしまいます。

そのため、メタボリックシンドロームから脱却することが、とても大事になってくるのです。

メタボリックシンドロームは、内臓肥満かどうか、具体的にはウエストのサイズをチェックして判定します。

もちろん、さらに詳しい検査が必要になることもありますが、一般的な目安としては、ウエストサイズが男性で85cm、女性で90cm以下になるような運動と食事改善が、メタボリックシンドロームから脱却するためには不可欠です。

まず運動ですが、メタボリックシンドロームを改善するための運動は、特に激しいものでなくても構いません。

ある研究結果では、毎日30分の散歩の方が、同じ30分行うジョギングよりも、メタボリックシンドロームの改善に効果があったそうです。

肥満体質の人は、ジョギングを行うだけでも大変なので、散歩の方が効果的という結果はとてもありがたいことですね。

とにかく30分の散歩で良いので、毎日続けてみましょう。

また、食事改善に関しては先ほどお伝えした、メタボリックシンドロームになりやすい食事の、逆の食べ方を行えばよいのです。

つまり、良く噛んで食べ、寝る直前には食べないで、間食を無くし、腹八分目で食事を終えるということですね。

糖尿病になるとこんなに大変

メタボリックシンドロームを放置して、運動や食事改善を怠っていると、糖尿病になってしまう可能性が高まります。

では、糖尿病になると、生活にどんな支障をきたしてしまうのでしょうか。

糖尿病の初期の段階では、ほとんど自覚症状が出ないものです。

ある程度糖尿病が進行すると、次のような症状が現れてきます。

・疲労感

・足裏の違和感

・頻尿

・性機能の低下(ED)

・のどの渇き

これらの症状を自覚するようになったら、かかりつけの医者に相談することをお勧めします。

もちろん、これらの症状が出る前に、定期的な健康診断を受けることが大事です。

糖尿病であることが診断されたら、医者の指示に従い、少しでも血糖値を下げるような食事を取るようにしましょう。

糖尿病を放置しておくと、様々な合併症が出る危険性があります。

特に注意が必要な合併症には、糖尿病神経障害、糖尿病網膜症、糖尿病腎症があります。

神経障害で怖いのは、足先のケガを放置することで起こる足先の壊死です。

足先が壊死してしまうと、最悪の場合、脚を切断しなければならなくなります。

また、糖尿病網膜症を放っておくと、失明のリスクが高まります。

糖尿病腎症が悪化すると、人工透析を受けなければならなくなります。

どれをとっても、日常生活に大きな支障をきたすことになるのです。

糖尿病を防ぐために有効な食事改善とは

糖尿病を防ぐために有効な食事改善とは、メタボリックシンドロームから脱却するための食事の仕方を、さらに徹底して行うということです。

食事の時には、水を飲まないようにしましょう。

なぜかというと、食事中に水を飲むことで、あまり噛まなくなるからです。

噛まないまま飲み込むような食事をしていると、なかなか満腹感が得られません。

そうすると、ついつい食べ過ぎてしまうものです。

また、胃腸の負担が増え、内臓がいつも疲れた状態になってしまいます。

内臓が疲れるとやる気が出なくなるもので、ますます運動不足になります。

夕食は遅くとも、眠る3時間前には済ませるようにします。

というのは、消化にはそれぐらいの時間がかかるからです。

特に遅い時間の食事は、内臓脂肪を増やす要因となっているので注意が必要です。

おやつなどの間食は、できるだけ控えましょう。

特に、菓子パンは糖質のかたまりです。

もしどうしても食べたくなったら、少しでもカロリーの低いものを食べるようにします。

甘いジュースも控え、コーヒーや紅茶もブラックで飲む習慣をつけましょう。

食べる量は特に大事です。

腹八分目でもいいですが、意識的に七分目あたりで食事を終えるようにすることを、お勧めします。

糖尿病と診断をされた場合にはまず食事改善から始めよう!

もしもメタボリックシンドロームのまま改善せずに糖尿病と診断された場合には、糖尿病の悪化を少しでも避けなければなりません。

糖尿病を放置すると、様々な合併症を引き起こし、満足な日常生活を送れなくなる可能性が出てきます。

幸い、糖尿病に向いた食事を取り、運動を生活に取り入れていれば、一般の人たちとほとんど同じ生活を送ることができます。

運動に関しては毎日行うことが一番大事なので、日常生活に取り入れやすいバランスボールを使用した運動がお勧めとなります。

バランスボールを椅子代わりに使用することで、毎日手軽に楽しみながら運動を行うことができます。

また、食事に関しては糖尿病食を導入するのが一番ですが、金銭的な負担もあるので、まずは食事改善から取り組んでみましょう。

糖尿病と診断をされた場合には、カロリーが控えめな食べ物を、バランスよく食べることが大事です。

いきなり糖質制限などを行うと、低血糖などの危険な症状を起こすことがあるので注意しましょう。

また、極端な断食は命の危険を伴うので、避けた方が賢明です。

1日のカロリーの必要量は年齢と生活の仕方で変わってくるので、栄養士などの専門家に相談をしてみましょう。

健康を維持するためには食事を見直そう!

人間は食べ物を取らないと死んでしまいます。

かといって、食べ過ぎるのもよくありません。

食べ過ぎはメタボリックシンドロームを引き起こし、はては糖尿病になるリスクを高めます。

もし、現在健康で何も問題が無いとしても、加齢によって影響が徐々に出てくるかもしれません。

メタボリックシンドロームを防ぎ、今の健康をそのまま維持する為にも、今一度食事の仕方を見直してみようではありませんか。