味噌を保存する入れ物に100均の商品が注目されるその理由

100均の商品は以前から人気がありますが、商品はどんどん進化し、使いやすさを考えられたものが発売されています。

そのため人気が高く、味噌の入れ物としても魅力のある100均の商品が、SNSなどでも注目されているようです。

今回は、100均の入れ物の中で味噌の保存に適しているものや、選ぶときに注意をすることなど、おいしく保存するための方法について見ていきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

新しい未来化農業が作るオーガニック野菜のメリットを応援

野菜は好きですか。野菜はビタミンやミネラルを摂取するために、なくてはならないものです。中...

夫婦二人世帯の食費の平均は?ランチ代の節約にはお弁当を!

夫婦の食費の月平均、気になりますよね!世の中の夫婦二人世帯では、どのくらいが平均なのか見てみまし...

オーガニック食品の輸入ものと国産はどう違う?安全性は?

食の安全にこだわる方が増えた今日この頃、オーガニックが人気です。オーガニック食品を手に取られ...

野菜をどこで買いますか?時代と共に変わりつつある販売方法

農業従事者の高齢化が進む一方で、新規で就農する若者を応援するという動きがあります。新規就農す...

韓国と日本の違いは食べ物や食事のマナーにも現れている!

突然ですが、皆さんは韓国の食べ物は好きですか?日本とは違って、とても辛いけれど病みつきになる!...

たまにはズボラ飯もいいんじゃない?醤油マヨネーズご飯

大好物は醤油マヨネーズご飯、そう聞いたらどう思いますか?「ガサツな人だなあ」と思って呆れる人...

トランス脂肪酸の含有量にこだわった日本のマーガリン

みなさんは、トランス脂肪酸をご存知ですか?トランス脂肪酸は天然の食品に含まれているものと、油...

食用色素について!どんなもので黒は作れる?作り方教えます

皆さんは、食用色素って聞いたことがありますか?お菓子作りを趣味としている方は、特によくご存知だ...

畑への石灰のまき方を詳しく解説!量は?タイミングは?

日本の畑は酸性雨によって、ほとんどの土が酸性化しているってご存知でしょうか。もちろん、酸性の...

味噌を保存する容器として陶器を選ぶ場合の利点や注意点は?

味噌は長期保存をする調味料となるため、風味が変わらないように容器選びにもこだわりたいものです。...

よくある疑問!今川焼きと大判焼きの違いをご存知ですか?

縁日の出店やおみやげもので、よく見かける今川焼き。大判焼きとも呼ばれ、とても親しまれているお菓子...

江戸時代の人々の食生活とは?現代との食生活の違いについて

江戸時代の人々は、どのような食生活を送っていたのでしょうか?現代と比べて何が違うのかお話した...

現代農業に掲載されたメリット豊富な里芋の逆さ植えについて

免疫力を高め、健康増進に効果が期待できる食べ物のひとつが里芋です。里芋の煮っころがしの料理名が有...

韓国と日本の違い。食文化の違い、習慣やマナーの違いとは?

韓国と日本は割と近いので旅行で行かれる方も多いのではないでしょうか。主食がお米ということもあり...

試験対策!いくつかある食物繊維の成分の覚え方は語呂合わせ

食物繊維と言えば、思い浮かぶダイエットやデトックス、便秘解消。食物繊維は、腸内の環境をきれいにし...

スポンサーリンク

100均では味噌の入れ物になる容器はどんな種類がある?

100均には、便利で使いやすい入れ物が多いため、利用をしている方も多いことでしょう。

例えば、パックの容器に入っている味噌を使っている方も、乾燥から守り、風味が落ちないようにする場合に、100均にはよい商品があります。

その商品とは、取っ手やフタ付きの入れ物の味噌ストッカーになります。

大きさも、大(750g用)と小(500g用)があるので、味噌の容器によって使い分けができます。

また、袋入りの味噌をそのまま使っている場合にぴったりの、縦長の専用のタッパーも販売されています。

そして、袋入りの味噌を購入したものを移し替える時や、手作り味噌を容器で保存する時にぴったりの商品も見つかります。

耐熱ガラスの入れ物は高価なイメージがありますが、100均でも色々なサイズで用意されており、価格は通常よりは高めな場合もあります。

また、気軽に使えるタッパー、酸や塩分の影響を受けず、ニオイ移りもしないホーローの入れ物など、100均には豊富な種類が揃っているようです。

味噌の入れ物を見つける時に注意をしたいこととは?

100均のお店に行くと、ついつい衝動買いをしがちですが、購入した後に「この点がいまいちだな…」と感じることがありますよね。

味噌の入れ物を見つける時には、まず洗う時のことを考えて購入商品を選ぶとよいでしょう。

味噌は長く保存するので、洗う機会は多くはないかもしれませんが、使いやすいものの方が後悔がありません。

その場合のチェックポイントは、入れ物のフタの部分に深い溝がなく、フラットなフタのタイプが洗いやすくなります。

そして、味噌の保存をしている中で、色や味に変化が起こることは、空気に触れることと関係があります。

洗うことが困難なほど入れ物の口が小さいと困りますが、小さめの方が空気に触れる範囲が少なくてすむでしょう。

ラップを使えば空気に触れることを避けられますが、密閉性の高いものを選ぶ方がいいので、開け閉めを試してみてよくチェックしましょう。

また、味噌は冷凍をすることでおいしさが長持ちするため、耐冷温度もぜひ確認しておきたいことです。

家庭用の冷凍庫は約-20℃となるため、その温度に耐えられる入れ物を選ぶと便利に使えます。

味噌をおいしく保存するためには100均の入れ物はおすすめ?

近頃は100均で見つかる味噌の入れ物も、安いばかりではなく、使いやすい商品となっているものも多いようです。

例えばタッパーでも、洗う時のこともきちんと考えられ、フタと本体を重ねる部分の溝がないタイプの商品も販売されています。

もちろん冷凍にも対応できて、味噌を使い終わっても、その後の使用の上で便利に使えそうなものがあります。

また、電子レンジでも蓋をしたまま使えるなど、工夫をされている商品が見つかります。

入れ物は通販でも購入できますが、手に取ってフタの開け閉めを確認できるのは、100均で購入する場合のメリットでもあるでしょう。

ホームセンターでも入れ物は見つかりますが、味噌の入れ物であれば、100均の商品でも十分対応ができておすすめです。

味噌は主に冷蔵庫で保存することになるので、あとは空気に触れないようにすれば、おいしく保存できます。

高価なイメージのガラスの入れ物もあるので、味噌の色やカビ対策にもぴったりの商品が見つかります。

SNSでも注目されている!?100均の味噌の入れ物の使い方とは?

インスタなどのSNSを使って、便利グッズを知ることができる世の中です。

近頃は、100均の味噌の入れ物として人気の、味噌ストッカーがSNSで注目をされています。

もちろん購入した味噌をパックごと入れられるのは便利な使い方ですが、他の使用方法でもユニークなアイデアが見られます。

食品用ではパン粉や小麦粉、お茶やだしのパックを入れて使用し、広い冷蔵庫では重ねられる点も利用されています。

また、使いかけの豆腐などの保存には、大きめの入れ物なので便利に使え、取っ手も付いているのもよい点です。

そして、耐冷温度を見ると冷凍庫でも使えるため、氷を入れてフタをしておくのも便利な使い方です。

袋入りのペンネやマカロニなどのショートパスタの保存にも、味噌ストッカーの大きさはぴったりとなります。

その他にも卵の保存も、味噌ストッカーには高さがあるので、卵ケースに入りきらない場合に、うまく保存できる方法です。

味噌の入れ物にはタッパーがぴったり!それホント?

味噌のおいしさを保つには、空気に触れないことが大切です。

そうなると、タッパーは味噌の入れ物としてぴったりかというと、酸素を通してしまいやすい性質からは、そうとは言い切れないようです。

タッパーは材質がポリプロピレンのものが多いのですが、このプラスチックは酸素を通しやすい特徴があります。

そのため、冷蔵庫で保存をしていると言っても、長期にわたって保存をしようと思わない方がいいでしょう。

また、味噌に空気が触れないようにするため、ラップを表面につけておくといいと言われています。

例えば、100均のラップは材質が「ポリエチレン」の商品も多く、酸素を通しやすいため、味噌の保存にぴったりとは言えません。

また、材質がポリ塩化ビニリデンのものでも、長く使うと劣化してくるため、酸素を通さないようにするには、保存が長くなれば交換しましょう。

それならばステンレスの入れ物であれば、酸素を通さないので保存によいかというと、塩分に弱い特徴を持つため、味噌の保存は避けたいです。

おいしく食べるためには、タッパーに入れたりラップをすることで安心しすぎずに、早めに食べることがおすすめです。

100均の入れ物でも十分!味噌をおいしく保存する方法とは?

味噌は少量でも風味が付くため、一度購入すると、急スピードで無くなるなるような調味料ではありません。

そのため、開封時の味噌のおいしさを保とうとすると、保存方法が大切になり、高温多湿の場所を避けて、冷蔵庫に入れておくことが望ましいです。

その時に気を配りたいのが味噌の入れ物選びになりますが、100均の商品にもぴったりのものが色々と見られます。

味噌の保存に一番適しているのはガラス容器で、透明な部分は中身のチェックができるのがとても便利です。

カビは表面や、容器と味噌の境目に生えやすいですが、ガラス容器ならよく分かることになります。

そして、味噌のおいしさを守るためには、できるだけ空気に触れないことが大切ですが、ガラス容器やホーローならその点が最小限ですむでしょう。

また、味噌は冷凍しても凍ることなくすぐに使えるため、保存にも向くことになります。

その際は、入れ物の耐冷温度を確認して使用することで、おいしく味噌を保存できるでしょう。

今後も100均の入れ物には注目です!

100均で味噌用の入れ物として販売されている商品でも、それ以外にも便利に使えるものもあり、今後も新商品に期待できそうです。

現在の商品は、安さだけではなく使う人の立場になって、洗ったり使ったりしやすいようになっていることがわかりました。

味噌は長持ちするものではあっても、色や風味に変化がないうちに、早めに食べきることが、おいしく食べられるポイントになります。