玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

ダイエット中でもOKなカロリーが低いチーズはどんなチーズ?

   

ダイエット中でもOKなカロリーが低いチーズはどんなチーズ?

チーズはカロリーが高いせいか、太ると思っているかたが多くいらっしゃいます。

しかし、チーズの中にはカロリーの低いものもあり、一概に太るとはいえません。

むしろ、ダイエットに適した太りにくい食材といえそうです。

なぜダイエットに向いているのか、どうしたら太らずに食べることができるのでしょうか。

また、カロリーは実際どれくらいあるのかなど、チーズについていろいろお伝えしていきます。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

味噌を熟成して3年経ったものこそ、いい効果が得られる!?

「3年味噌」で、パソコンやスマートフォンの検索エンジンに...

硬い玄米に小豆を加えて土鍋で炊くと、ふっくらつやつやに!

体に良い栄養がたくさん含まれているといわれる玄米は、太り...

カロリーが気になる!お菓子対策はざっくり計算して意識する

大好きなお菓子をついつい食べ過ぎてしまって、あとから後悔...

玄米餅の作り方が簡単にできる炊飯器のもち米モードを紹介

普通のお餅は白米のもち米を使いますが、玄米餅はもち玄米を...

ダイエット中に気になるカロリー!一食分の摂取目安とは!?

ダイエットをする時、まず気になるのはカロリーです。 性...

栄養豊富で体に良い酒粕は、カロリーが高くて太るって本当?

飲む点滴と話題になった甘酒の原料である酒粕には、発酵食品...

体に良いと評判の大豆だけどカロリーが高くて太るって本当?

畑の肉と呼ばれ、昔から私たちの食卓には欠かせない存在だっ...

糖質のカロリーをエネルギーに!おにぎりの具で上手に消費

コンビニで簡単にお昼を購入しようと思い、おにぎりかサンド...

1000キロカロリーの一食は多い?摂ったら動いてしっかり消費

私たちが一日に最低限、何もせずに必要とするエネルギーを基...

雑炊のカロリーってどれくらい?ダイエットに向いているの?

冬の寒い日やお酒を飲んだ後にいただく雑炊は、体にしみわた...

アボカド一つの栄養とカロリーは?おすすめの使い方教えます

野菜売場にはアボカドがありますね。 大体一つずつ購入で...

例えばバナナ50gは?人気の果物の気になるカロリー目安!

バナナやりんごなどの果物は、みなさんが好んで食べるフルー...

ご飯2合は茶碗何杯分?カロリーや栄養はどのようなもの?

毎日、日本人の多くが主食として食べている、ご飯。 あな...

栄養の宝庫!アボカド1玉のカロリーは?どんな栄養がある?

「森のバター」とも言われるアボカドは、健康と美容に良いと...

野菜不足を解消する野菜ジュース500mlのカロリーは多い?

皆さんは、テレビのコマーシャルで1日30品目の食品を食べ...

玄米は消化に時間がかかる食品!消化を良くする工夫を知ろう

玄米は、栄養バランスが良く、体に良いイメージが強い食品な...

玄米のタンパク質の特徴や含有量と健康面との関係性とは?

タンパク質、脂質、炭水化物は三大栄養素と呼ばれる、人の体...

低いのはどちら?玄米と白米ご飯の茶碗一杯分のカロリー比較

ご飯を食べるとき、私たちは茶碗を使います。 カロリーや栄...

玄米餅の作り方を紹介!ホームベーカリーの上手な活用法

餅を作る方法といえば餅米を用意し、一晩吸水させて蒸しあげて...

今話題になっている玄米7号食ダイエットのやり方はこれ!

ダイエットに関心がある人たちのあいだで、玄米7号食ダイエ...

スポンサーリンク


カロリーは高いけれど糖質が低いチーズの優れた栄養とは?

チーズはご存知のように、牛乳やヤギ乳などから作られるため、脂肪分が30~50%もあり、カロリーが高い食品です。

しかし、同じく乳製品であるヨーグルトと比較すると糖質が低いため、一概に「チーズ=太る」とはいえません。

チーズには体に良い栄養素が豊富に含まれているため、食べ方や調理の仕方を工夫すればダイエットに向いた食材となるのです。

では、チーズに含まれる優れた栄養素をご紹介しましょう。

・豊富なタンパク質

チーズは高タンパク食品です。

タンパク質は体の基本である筋肉を作り出します。

筋肉がしっかり形成されると基礎代謝がアップするため、太りにくい体になります。

・ビタミンB群がたっぷり

ビタミンB群は代謝をアップさせ、脂肪を付きにくくさせる働きがあります。

また、疲労を回復させ、細胞を活性化します。

・乳製品ならではのカルシウム

乳製品に多く含まれるカルシウムは丈夫な骨を作ると共に、穏やかな精神作用をもたらします。

ストレスの多い現代社会において、イライラを抑制する効果があるといえます。

・ビタミンA

チーズには肌荒れを抑制し、美肌効果があるといわれるビタミンAも含まれています。

女性にはうれしい食材ですね。

しかし、チーズにはビタミンCや食物繊維、鉄分が不足しています。

野菜や果物などでこれらの栄養素を補うようにするとバランスがとれ、ダイエット中でもOKな食材となるでしょう。

栄養価が高いチーズはどんな種類があるの?

チーズといってもさまざまな種類があり、大きく分けると次の二つに分かれます。

①プロセスチーズ

製造過程で加熱処理を加えているため、乳酸菌は死滅しているチーズです。

しかし保存期間が長く、品質の劣化もないため手軽に手に入れられます。

スライスチーズやキャンディーチーズ、スティックチーズ、アルミ個装されたチーズなど、成形されたチーズが該当します。

②ナチュラルチーズ

生乳から水分を取り除き、固めて発酵させたのがナチュラルチーズといわれるもので、プロセスチーズはナチュラルチーズを加工して作られたものです。

ナチュラルチーズは製法や産地などにより、下記の通りいくつかの種類に分けられます。

・フレッシュチーズ

生乳から水分を取り除いた後、ほとんど熟成させていない、文字通りフレッシュなチーズです。

カッテージチーズ、モッツアレラチーズ、クリームチーズなどが該当します。

・白カビチーズ

白カビを使ったチーズです。

代表的なのがカマンベールチーズです。

・青カビチーズ

青カビを使ったチーズで、ゴルゴンゾーラチーズなどが該当します。

・セミハードチーズ

固めた生乳を刻んで成形して熟成させたチーズで、ゴーダチーズやチェダーチーズが代表です。

・ハードチーズ

セミハードチーズよりも熟成期間が長いチーズで、パルミジャーノレッジャーノなどがあります。

ナチュラルチーズにはこれらのほかに、ヤギ乳から作られるチーズ(シェーブルチーズ)や、塩水やお酒で洗いながら熟成させるチーズ(ウォッシャブルチーズ)といった種類もありますよ。

いずれもカロリーが低いとはいえませんが、次項でチーズの中でカロリーが低いといえるものをご紹介しましょう。

カロリーが低いチーズはどれ?

それでは、100g中のカロリーと糖質量を、カロリーの低いチーズの種類と共に併せてご紹介します。

①カッテージチーズ:100kcal 1.9g

フレッシュチーズのひとつで、サラダやサンドイッチといった料理や、お菓子に使われることの多いチーズです。

②リコッタチーズ:162kcal 6.7g

生乳の水分である乳清(ホエイ)から作られたチーズで、ほんのりとした甘みと豆腐のような食感が特徴です。

③モッツアレラチーズ:280kcal 4.2g

ピザなどにのっている、溶けると糸を引いたように伸びる弾力性のあるチーズです。

クセがないため子供から大人まで、万人に愛されています。

④マスカルポーネチーズ:293kcal 4.3g

ティラミスの原料としてお馴染みの、クリーム状のコクのあるチーズです。

⑤シェーブルチーズ:296kcal 2.7g

ヤギ乳から作られるチーズで、チーズ好きなかたに好まれています。

⑥カマンベールチーズ:310kcal 0.9g

ナチュラルチーズのひとつで、表面は白カビ、中はトロリとしており、そのまま食べるのに最もおすすめなチーズです。

この後、プロセスチーズ、クリームチーズ、ブルーチーズと続いていき、最もカロリーの高いチーズが、パスタにふりかけるパルメザンチーズ(475kcal)となっています。

やってはいけない!ダイエット効果の低いチーズの食べ方とは?

いくらカロリーの低いものを選んでも、チーズは食べ方に気を付けないと太る元となってしまいます。

ダイエット中ならなおさらです。

下記のような点に注意して、上手に栄養を摂りこむようにしましょう。

・食べ過ぎない

ダイエット中なら一日に小分けをひとつと決め、それ以上は食べないようにしましょう。

少量をそのままいただくのがコツです。

加熱して溶かすと、ついつい食べ過ぎてしまうからです。

チーズはカロリーだけでなく、塩分も多いために食べ過ぎは控えましょう。

・組み合わせ

パンやクラッカーなど、炭水化物にのせて食べるとカロリーも糖質も高くなります。

チーズに不足しているビタミンCや食物繊維を補うためにも、野菜や海藻と一緒にいただきましょう。

キムチや納豆といった発酵食品と組み合わせてもいいですね。

栄養価が高いうえに、意外なおいしさに病みつきになりますよ。

カロリーの低いチーズを使ったおいしい食べ方とは?

チーズの中でもカロリーが低いのが、カッテージチーズやリコッタチーズです。

どちらもフレッシュチーズであり、加熱すると栄養価が下がってしまうため、生のままアレンジしましょう。

トマトやバジルと一緒にいただく、カプレーゼはいかがでしょうか。

オリーブオイルと塩コショウのみのシンプルな味付けのため、素材の持つうまみが引き立ちます。

バジルもトマトもカロリーが低いうえにビタミンCが豊富で抗酸化作用が高く、血液をサラサラにして生活習慣病を予防します。

チーズの高タンパクと共に、太りにくい体へと体質を改善してくれることでしょう。

カッテージチーズはカロリーだけでなく糖質も低いため、果物と一緒にサラダにしてもいいですね。

あっさりとした味わいでクセがないため、いろいろな食材と合わせやすいチーズです。

意外な組み合わせを試してみてはいかがでしょうか。

間食にもチーズはおすすめ

チーズはカロリーが高めですが、タンパク質と脂肪分がバランス良く含まれていて糖質が低いため、間食にピッタリです。

少量のチーズにナッツを加えればビタミンEも補え、女性に嬉しい太りにくいおやつになります。

ただし、チーズを単品でつまむとどうしても食べ過ぎてしまうため、野菜スティックやナッツなどと併せていただくのがいいでしょう。

おいしいからと、チーズたっぷりのピザにしてしまうとカロリーがアップしてしまいます。

どうしてもピザを食べたいときは、トマトとバジルがのったシンプルなマルゲリータにしましょう。

つい食べ過ぎてしまいがちなので、くれぐれも量に注意してください。

ダイエット中なら今日はここまでと決め、それ以上は口にしない強い気持ちをもつことが大切ですよ。

食べ過ぎなければチーズはダイエットの味方

カロリーが高いといわれるチーズですが、カッテージチーズやリコッタチーズなどカロリーの低いものもあります。

こうしたチーズは野菜や果物と一緒にいただくことでチーズにはない栄養素が摂れ、バランスが良くなります。

チーズには太りにくい体作りに欠かせないタンパク質やビタミンB群、カルシウムが豊富です。

食べ過ぎなければダイエットに有効と食材といえるでしょう。

 - 健康的なダイエット