ダイエット中!300キロカロリーを消費するのに何が必要!?

ダイエットを行う上で重要なことはカロリー消費です。

しかし、カロリー制限したり、運動をすることは、なかなか難しいものです。

まずは、急に厳しいカロリー制限は行わず、1日300キロカロリー消費を目指してダイエットを行いましょう。

ダイエットを行う上でのポイントなどダイエットに役立つ情報を解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

うつ病には食事改善が有効?感情をコントロールする食べ方!

近年、その患者数が増え続けているうつ病は、感情をコントロールできないというつらい症状を伴う、現代...

野菜は食べずにサプリだけで健康でいられるのか?

「1日分の野菜が摂取できるサプリメント」。よく耳にしたり、見かけたりしますよね。では、野...

1日に摂取するカロリー量ではなく消費するカロリーを300に!

1日にわずか300キロカロリーしか食べない過激なダイエットで、3か月に10キロ以上痩せられると話...

醤油も原因?アレルギーの発生メカニズムと症状、対応方法

日本人の実に10人中、3人がなんらかのアレルギーを持っていると言われています。また、赤ちゃん...

冷凍した食品を自然解凍することによる食中毒の危険性

お弁当作りには、冷凍食品の存在は本当にありがたいものです。中には、余ったおかずを冷凍しておい...

水を飲むとトイレが近くなるのって変なの?理由を教えて!

水を飲むと、トイレが近くなるという方は多いはずです。なかには、「こんなにトイレに行って大丈夫...

乾麺うどんは塩分が多い?どのようにうどんの減塩を目指すか

うどんは食べやすくて、どのような世代の人にも人気の食材ですね。乾麺になっているものは保存性も...

醤油1リットルについての雑学。一気飲みは危険って本当?

醤油は万能調味料であり、日本の食卓には欠かせないものです。身近な調味料である醤油ですが、使い...

砂糖大さじ1杯は何gあるの?気になるカロリーは?糖質は?

私たちに身近な調味料である砂糖には、上白糖、グラニュー糖など様々な種類があることをご存知ですか?...

アボカド1個で2食分作るとカロリーオフと栄養のダブル効果

「森のバター」とも表現されるのが、メキシコ原産の果物「アボカド」です。栄養満点なのですが、1...

食事のカロリーをゼロにしなくても太らない食生活と生活習慣

カロリーが高いものは太る、低いものは太らないというイメージがあります。しかし、人間はカロリー...

ウィンナーの添加物を自宅で簡単に除去する3つの方法

突然ですが、あなたはウィンナーが好きですか?では、ウィンナーが好きという方にもうひとつ質問しま...

スーパーの惣菜で消費期限が切れたものって食べられるの!?

スーパーで売られている惣菜は種類も豊富にあり、美味しくて便利なので人気がありますよね。特に一人暮...

カロリー摂取!1日で高齢者はどれくらいのカロリーが必要?

意外と高齢者のカロリーはどれくらい必要かわからないものです。何を重点的に食べた方がいいのか、...

一日のカロリーはどれくらい?男性と女性の摂取量は?

ダイエット中の方や体重制限中の方は、カロリーを気にしておられると思います。一日あたりや一食あた...

スポンサーリンク

300キロカロリー消費するということについて

みなさんは、1㎏体重を減らすのに何キロカロリーの消費が必要がご存知でしょうか。

正解は、7000キロカロリーの消費が必要なのです。

そんなの無理じゃない?と思う方がほとんどかと思いますが、1日200~300キロカロリー消費すれば、約1カ月程で1㎏痩せることが出来ます。

仕事で忙しかったり、子育て中だったりすると、なかなか運動やカロリー制限をすることは難しいかもしれません。

しかし、食べ物のカロリーや運動で消費出来るカロリーを知っておけばダイエットの第一歩となります。

ダイエットはカロリー制限だけ、運動をするだけではうまくいきません。

両方適度に行うことで、ダイエットは初めて成功します。

食事をコントロールするだけでは、筋肉ばかりが落ちて、基礎代謝が低下し、体調を崩しやすくなってしまいます。

一緒に少しの運動を取り入れれば、適度に筋肉が付き、代謝が落ちずに体重を落としやすくなるのです。

まずは1日300キロカロリー消費するのにどうすればよいのか、一緒に勉強しましょう。

300キロカロリーの食べ物って?

ダイエットを行う上で、まず知っていて欲しいのは、食べ物のカロリーです。

食べ物のカロリーを知っていないと、カロリーの消費は出来ません。

普段自分が良く食べる物のカロリーを知っておけば、食事内容を見直すことが出来ると思います。

ぜひ参考にしてみて下さい。(300キロカロリー前後の物をご紹介します)

・チョココロネ 1個

・クリームパン 1個

・ごはん 1杯(150g)

・食パン 6枚切り1枚

・うどん 1玉

・バナナ 2本

・あんまん 1個

・肉まん 1個

・アメリカンドッグ 1本

・板チョコ 1枚

間食や食事で良く出てくるであろう食べ物を挙げましたが、身の回りの食べ物は意外とカロリーが高いことがわかりますよね。

例えば、間食にチョココロネを食べていたとすれば、その間食をなくせば1日の消費カロリーの目標は達成するということです。

間食が多い人は、まず間食を控えることから始めると良いですね。

300カロリー消費出来る運動は?

次に、運動についてです。

運動は先ほども解説した通り、ダイエットにおいてとても重要なことです。

運動せずにカロリーの摂取制限ばかり行っていると、身体はどんどん悪い方へと傾いてしまいます。

「食事も気を付けながら、運動もする」これが基本となります。

では、実際にどんな運動をすれば、300キロカロリー消費出来るのかご紹介します。

・早歩きでウォーキング 60分

・縄跳び 30分

・ジョギング 30分

・エアロビ 60分

・水泳(クロール)30分

ほんの一例ですが、以上が一般的に行いやすい運動を挙げました。

例えば、

・通勤に電車を使っている人は、最寄の駅の1~2つ前で降りて自宅まで歩く

・犬の散歩をいつもより長めに行う

など、自分のライフスタイルに合った方法で、少しずつ運動を取り入れるのが理想的な運動の方法となります。

運動は無理しないことが大切です。

無理をしてストレスが溜まってしまっては意味がありませんので、自分の出来る範囲で行うようにしましょう。

カロリー消費するには他の方法もある?

食事制限も運動も苦手という人に耳より情報です。

お風呂で簡単に300キロカロリー消費が出来るのです。

身体を動かすこともなく、お風呂に入るだけで痩せられるのかと思うと嬉しいですよね。

その方法とは、「高温反復浴」というものです。

入浴方法を少し変えるだけでカロリー消費が出来ますよ。

具体的にどのような方法かご紹介します。

①お湯の温度を熱めの40~43℃にしてお風呂を沸かします。

②身体にお湯をかけます。

③5分間湯舟に肩までつかります。

④シャンプーをします。

⑤再び5分間湯舟につかります。

⑥リンスをします。

⑦再び5分間湯舟につかります。

⑧身体を洗います。

⑨再び5分間湯舟につかります。

この方法で入浴すると、汗が沢山出てきます。

汗をかくということはデトックスにもなりますので、普段汗をかくことが少ない人には効果的な方法と言えるでしょう。

だたし、この入浴方法で注意が必要なのは、水分をしっかり補給しながら行うということです。

大量の汗をかくので、必ず水分補給を行って下さい。

また、体調が悪い日には行わないようにして下さいね。

カロリー消費を効果的に行うためには

基礎代謝が落ちると、太りやすくなると解説しましたが、では、基礎代謝とは一体何でしょうか。

基礎代謝とは、何もしなくても消費されるカロリーのことを言います。

呼吸をしたり、心臓などの臓器が動くなど、意識しなくても体内で行われている動作によって自然にエネルギーが使われているのです。

基礎代謝は1日に消費されるカロリーのうち、約6割を占めていると言われています。

基礎代謝が高いほど、運動をしなくてもカロリーの消費が活発になるので、太りにくい身体になります。

この基礎代謝を上げるためには、筋肉を増やすことが必須です。

300キロカロリー消費する為に通勤時にいつもより歩き、お風呂に入った後にストレッチを行うだけでも効果が出てきます。

また、基礎代謝を上げたければ、過剰なカロリー制限をしないことが重要です。

身体にとって摂取エネルギーが少なすぎると、人の身体は自分の体内で蓄えていたものを分解してエネルギーにします。

エネルギーの分解段階としては、肝臓に蓄えられていたエネルギーが使われます→それが枯渇すると筋肉を分解してエネルギーにします→それでも足りなければ、脂肪を分解します。

ダイエットの目的である、脂肪燃焼は一番最後の段階で行われることなので、そこまで行くと身体は不健康な状態になってしまっていることが多いです。

筋肉が少なくなると、基礎代謝が落ちてしまうので、適度なカロリー制限をすることが大切になります。

基礎代謝を上げたらどんなメリットがある?

・太りづらい身体になります。

基礎代謝が上がるとテレビを見ているだけでもカロリーが消費されるので、運動が苦手な人は激しく運動をしなくても太りづらい身体になることが出来るのです。

・冷え性が改善されます。

代謝が上がると基礎体温も上がり、血液の循環が良くなるので、冷え性の改善も期待出来ます。

・むくみが改善されます。

血行が良くなると、リンパの流れも良くなり、体内の余分な水分が排出され、むくみにくくなります。

・肩こり、腰痛が改善されます。

老廃物が排出しやすくなるので、慢性的な肩こりや腰痛も改善されると言われています。

・風邪を引きにくくなります。

風邪を引きやすかったり、疲れやすい人は基礎代謝が低いことが多いようです。

基礎代謝が上がれば、健康的になれるのです。

・肌が綺麗になります

代謝が良くなると肌のターンオーバーが正しく行われ、シミが薄くなったりニキビが減ったりする可能性が高くなります。

常に新しい状態の肌だと、ハリやうるおいが保たれるので美肌になれるのです。

300キロカロリー消費することも大切ですが、基礎代謝も上げるということを頭に入れて、ダイエットを行って行くとより効果が出るでしょう。

無理をせず、カロリー消費!

普段から運動習慣がなかった人にとっては、1日300キロカロリー消費をするのは少し難しいことかもしれません。

しかし、ほんの少し間食を減らしたり、お風呂の入り方を変えたりするだけで、簡単にカロリーは消費出来ます。

まずは、基礎代謝を上げることから始めて、身体の調子を整えてから本格的なダイエットに挑戦すると、効率良く痩せることが出来ますよ。