玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

電子レンジで調理するのに使える・使えない食器、便利な食器

      2018/09/11

電子レンジで調理するのに使える・使えない食器、便利な食器

毎日の食生活に欠かせない電子レンジですが、この食器は使えたかな?

と、不安になることはないですか。

使える食器と、使えない食器を今一度確認しましょう。

そして安全に調理する方法を覚えておくと、安心して電子レンジが使えます。

さらに「ラップをする、しない」のコツや、食器ごと調理して、そのまま食卓に並べられる便利なレシピもご紹介します。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

玄米に小豆を入れて一緒に炊いたご飯にはどんな効果がある?

玄米は体に良いご飯として人気がありますよね。 これに小豆...

味噌を容器に入れるとき、保存に大事なことはなんだろう?

味噌を美味しく保存するためには、容器だけではなく、保存す...

玄米?それとも3分づき米?栄養面ではどちらを食べるべき?

玄米には栄養がたっぷりと含まれているので、体内に栄養素を...

一食700カロリーの食事を目安にカロリーをコントロール!

1回の食事を700カロリーに抑えることを目安にすれば、カロ...

昔なつかしいポン菓子のカロリーは玄米で作るとどれくらい?

スーパーのお菓子コーナーで、ポン菓子を見かけることがあり...

味噌を熟成して3年経ったものこそ、いい効果が得られる!?

「3年味噌」で、パソコンやスマートフォンの検索エンジンに...

硬い玄米に小豆を加えて土鍋で炊くと、ふっくらつやつやに!

体に良い栄養がたくさん含まれているといわれる玄米は、太り...

カロリーが気になる!お菓子対策はざっくり計算して意識する

大好きなお菓子をついつい食べ過ぎてしまって、あとから後悔...

玄米餅の作り方が簡単にできる炊飯器のもち米モードを紹介

普通のお餅は白米のもち米を使いますが、玄米餅はもち玄米を...

ダイエット中に気になるカロリー!一食分の摂取目安とは!?

ダイエットをする時、まず気になるのはカロリーです。 性...

栄養豊富で体に良い酒粕は、カロリーが高くて太るって本当?

飲む点滴と話題になった甘酒の原料である酒粕には、発酵食品...

体に良いと評判の大豆だけどカロリーが高くて太るって本当?

畑の肉と呼ばれ、昔から私たちの食卓には欠かせない存在だっ...

糖質のカロリーをエネルギーに!おにぎりの具で上手に消費

コンビニで簡単にお昼を購入しようと思い、おにぎりかサンド...

1000キロカロリーの一食は多い?摂ったら動いてしっかり消費

私たちが一日に最低限、何もせずに必要とするエネルギーを基...

雑炊のカロリーってどれくらい?ダイエットに向いているの?

冬の寒い日やお酒を飲んだ後にいただく雑炊は、体にしみわた...

アボカド一つの栄養とカロリーは?おすすめの使い方教えます

野菜売場にはアボカドがありますね。 大体一つずつ購入で...

例えばバナナ50gは?人気の果物の気になるカロリー目安!

バナナやりんごなどの果物は、みなさんが好んで食べるフルー...

ご飯2合は茶碗何杯分?カロリーや栄養はどのようなもの?

毎日、日本人の多くが主食として食べている、ご飯。 あな...

栄養の宝庫!アボカド1玉のカロリーは?どんな栄養がある?

「森のバター」とも言われるアボカドは、健康と美容に良いと...

野菜不足を解消する野菜ジュース500mlのカロリーは多い?

皆さんは、テレビのコマーシャルで1日30品目の食品を食べ...

スポンサーリンク


電子レンジで調理するのに使える食器はどれ?

電子レンジの加熱のしくみは、マイクロ波を利用することにあります。

電波の作用により、食品の水分子を衝突させることで摩擦熱が起こります。

その結果、食品があたたまるしくみです。

電波は食品や水分には吸収されますが、陶器やガラスは透過します。

そして金属には反射をします。

この電波の性質から、使える食器と使えない食器が分かれます。

覚えておくと、安心して調理できますね。

具体的に見ていきますと、一番安心な食器はもちろん「耐熱皿」です。

サイズや形も様々なものがありますね。

「陶器」「磁器」も使用できます。

ただし、金や銀の模様が付いたものは使用できません。

パチパチと音を立てて、火花が飛び散ります。

色の絵が付いたものも、剥げることがあるので、要注意です。

あまり高価な食器は、避けた方が良いかも知れません。

「プラスチック容器」も使用可能。

ただし、耐熱140℃以上のものであることを確認してください。

フタには使用不可の物がありますので要注意です。

特に密閉性の高いフタは、使用不可の物が多いのでお気を付けください。

電子レンジ調理に使えない食器は?

電子レンジ調理で使えない食器は「アルミやホーローなどの金属性食器」です。

火花が飛びます。

「漆器」は塗りが剥がれたり、ひび割れがしますので、せっかくの上等な食器が台無しになってしまいます。

「耐熱性のないガラス」は、強化ガラスでも溶けたり割れたりするので注意が必要です。

一見しっかりして見えるガラスの食器でも、耐熱性がなければ割れてしまいます。

ケガのもとですから、気を付けなければなりません。

「紙製品や木、竹製品」は燃えてしまうことがあるので要注意。

電子レンジ使用可能な耐熱食器でも、カラメルなど高温になる料理を作る際には、急熱・急冷に強いものをお使いになることをおすすめします。

耐熱食器だからと過信して、熱い食器を急冷したりすると、割れてしまうことがあります。

この食器はどうかな?

と迷ったときは、間違いなく耐熱性の食器を使用する方が、安心できてさらに安全です。

電子レンジで調理するときのラップをする・しないのコツは?

電子レンジで調理するとき、食器に食品を入れたままであたためてみたり、ラップをかけたりします。

ラップをする・しないの判断のキーワードは「水分」です。

水分を逃したくないのか、水分を飛ばしたいのかを考えてラップを使用します。

水分を逃さずに、しっとり仕上げたいのであれば、ラップをかけてチン。

例えば、冷凍ごはん、蒸し物のシュウマイや肉まんなどです。

フライや、天ぷらなど、じっとりするのが嫌なものは、ラップをかけずにチンします。

また、食品自体に水分が十分あるものは、ラップをかける必要がありません。

しかし、カレーやシチュー、煮魚は水分がはじけることがるので、ふんわりラップをかけた方がいいようです。

ラップなしだと、カレーの具材や煮汁が、高熱になったときに飛び散って電子レンジの庫内が汚れたり、臭いがこびりついてしまいます。

ラップに代る、耐熱性プラスチックでできたフタも販売されていますね。

大小サイズもいろいろ出ていて、こちらも繰り返し使用できて重宝します。

電子レンジで調理してそのまま食器ごと出せるレシピ①

耐熱性の食器は、いまや多種多様。

お洒落なデザインの物がたくさん販売されています。

電子レンジであたためるだけでなく、食器を使って調理して、そのまま食卓へ出すことが出来るので、お鍋の出番なしで、重宝します。

お気に入りの少し深めの耐熱食器があれば、来客時にササっと作ってそのまま食卓へ。

おいしくてお洒落なデザートのレシピをご紹介します。

<プルーンアイスデザート>

【材料】

・ブルーン 150g
・赤ワイン カップ1/4
・水 カップ1/4
・砂糖 大さじ2
・レモン汁 大さじ1

【作り方】

①深めの耐熱性の食器に、プルーン、赤ワイン、水、砂糖をそれぞれ入れて、軽くラップをかけます。

②電子レンジの500wで約1分加熱します。

③レモン汁をかけて、しっかり冷えたバニラアイスをのせていただきます。

あたたかいプルーンと冷たいアイスの組み合わせが絶妙です。

プルーンは、加熱時間を調節してお好みの柔らかさに仕上げてください。

しっかり冷やして、ヨーグルトと合わせてもおいしいデザートになります。

作り置きもできますね。

電子レンジで調理して、そのまま食器ごと保存できるレシピ

フタ付きの耐熱食器があれば、電子レンジで調理したあと、そのまま冷蔵庫に保存して、お食事タイムに食卓へ並べることができます。

常備したくなる、簡単、便利、お洒落なレシピをご紹介します。

<レンジでカラフルピクルス>

【材料】

漬け汁
・ワインビネガーまたは酢 カップ1/2
・砂糖 大さじ2.5
・塩 少々
・コショウ 少々

・好みの野菜

【作り方】

①キュウリやニンジン、セロリなど、お好みの野菜を食べやすい大きさにカットして、ふんわりラップで包んで、電子レンジの500wで30秒加熱します。

②深めの耐熱食器に、漬け汁の材料を入れてラップをかけて、約50秒加熱します。

③漬け汁が冷めたら野菜を入れて、フタをしてそのまま冷蔵庫で冷やします。

電子レンジならではのこのレシピは、耐熱性のガラスの食器を使用すれば、中の野菜が見えて楽しめます。

赤や黄色、オレンジのパプリカなど、カラフルな野菜は、目でも楽しめます。

ワインビネガーの代わりに、果実酢をいろいろ試してもいいですね。

お好みのピクルスを見つけてください。

電子レンジ用食器の最新情報

電子レンジ専用の食器も、さまざまなものが次々と販売されています。

温めるだけでなく、調理もしてくれる優れものや、目的別のものがいろいろと開発されています。

電子レンジでは不可能だと思われた「焦げ目をつける」食器も登場しました。

例えば焼き魚をこの食器にのせて電子レンジで調理すると、しっかり焼き目が付くのです。

その食器のまま食卓でいただける便利なお皿。

有田焼のものもあります。

グリルのお掃除も省けて、お皿1つで焼き魚ができるなんて、うれしいですね。

一人暮らしの人への贈り物にも喜ばれそうです。

パスタ好きならば、パスタを茹でるところから完成まで、全て引き受けてくれるパスタ皿はどうでしょう。

麺と、お水かお湯を入れて電子レンジで加熱。

湯切りをして、ソースをかけてもう一度加熱。

あっという間にお好みのパスタが出来上がります。

お鍋でお湯を沸かして麺を茹でる作業が省略できて楽チンです。

マカロニを茹でれば、マカロニサラダが食器1つで完成。

アイデア次第で、いろいろ楽しめそうです。

時短にもなり、後片付けも簡単です。

電子レンジだけでも便利なのに、専用の食器を使って調理をすれば、さらに快適です。

電子レンジ用の食器をいろいろと試してみてはいかがですか。

電子レンジと相性の良い食器で快適調理

電子レンジを、あたため機能だけで終わらせるのはもったいない。

相性のよい食器を選べば、調理もできてそのまま食卓へ登場させられますし、保存もできます。

時短になり、電気代やガス代の節約にも。

お鍋を出すのも省略できるので、後片付けも簡単です。

電子レンジと便利な専用の食器を使って、快適調理生活をはじめてみませんか。

 - 食文化・食生活