玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

チョコレートケーキは高カロリー?太らないためには?

      2018/07/30

チョコレートケーキは高カロリー?太らないためには?

チョコレートの甘さが際立つチョコレートケーキは絶品ですよね。

チョコレートケーキをはじめ、ケーキはカロリーが高いという印象がありダイエット中には我慢している方も多いでしょう。

しかし、ケーキを食べても太りにくくするためにできる工夫がいくつか存在します。

この記事では、種類別のケーキのカロリーや太らないためのコツについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

美味しい味噌の作り方は大豆1kgで甘くてコクがたっぷりです

味噌は大豆、麹、塩だけを原料としたシンプルな食材です。 ...

柚子を使った味噌鍋は絶品!柚子の効果や活用法もご紹介

冬の柑橘類といえば柚子ではないでしょうか。 香りもよく...

味噌汁に最適な塩分濃度は?簡単な作り方もご紹介

日本人の食卓に欠かせないものといえば、味噌汁ですよね。 ...

おからを電子レンジで簡単おやつに!蒸しパンをおいしく作る

電子レンジおやつとして人気なのが蒸しパンです。 材料を...

電子レンジで手軽に作れるお菓子!カップケーキのレシピ集!

小さな子どもがいる家庭では、おやつのお菓子を用意するのも...

電子レンジでもトーストは作れる?!オーブンがなくてもOK!

ほとんどの方がトーストを作るのに、トースターやオーブンを使...

味噌作りの容器はどんな材質が最適?プラスチックでもいい?

日本人にとって欠かせない調味料の味噌。 食の欧米化が進...

醤油を刷毛で料理に塗りたい!おすすめの商品や使い方は?

近頃は健康に気を使う人が増え、醤油や味噌なども「減塩」のも...

カロリーゼロは万能ではない!どんな食品でも摂りすぎに注意

カロリーゼロの食品を利用したことがありますか。 小腹が...

カロリーは1日に摂って使って!健康で綺麗な女性を目指そう

皆さんはダイエットをしたことがありますか? 女性であれ...

カロリーはダイエットとは全く関係ないの?多面的に解説

カロリーを抑えればダイエットできるという話をよく耳にしま...

必要カロリーはそれぞれ違う?女性の一日に必要なカロリー

暑い日が続き、今年はいわゆる「酷暑」といわれています。 ...

カロリーが気になるなら牛乳とヨーグルトどちらがおすすめ?

カロリー制限中やダイエット中でも必要な栄養素はバランスよ...

豚肉は高カロリーそうだが、ダイエットに向いているのか

豚肉のダイエットが注目されているそうです。 しかし、豚...

外で食べるカロリーが高いご飯メニューとメリットデメリット

一食で最もカロリーが高いご飯と聞かれたら、それはビュッフ...

若人こそ一食のカロリーが大切!おかずだけで500kcal以上を

1日に必要なカロリーを推定必要エネルギー量と言います。 ...

栄養満点の味噌汁の作り方!ほうれん草の下茹での必要性は?

ほうれん草は、お野菜の中でも特に栄養価が高いと言われてい...

味噌汁の具にもやしを使うとこんなに良いことがあります

暑かったり寒かったり、天候の関係で価格の変動が激しくなっ...

冬が旬のぶり!ぶりの風味豊かな味噌汁のレシピとは?

お料理のメインになるぶりですが、味噌汁の具材にしてもとっ...

納豆に味噌や砂糖を加えると美味しい?!色々な納豆の食べ方

食卓に加えると、食べ応えも栄養も十分に発揮してくれる納豆...

スポンサーリンク


一般的なチョコレートケーキのカロリー

チョコレートとクリームの甘みと、とろけるようなくちどけで大人気のチョコレートケーキ。

誕生日などの記念日や自分へのご褒美などで購入する人もいれば、お手製のチョコレートケーキを手作りするのが楽しいという人もいらっしゃるでしょう。

特にチョコレート好きにはたまらない美味しさで子供から大人まで安定した人気を誇っています。

ですが、ここで気になるのがカロリー面ではないでしょうか?

甘さが最大の魅力であるのがチョコレートケーキですから、当然カロリーは高そうですよね。

チョコレートケーキの種類や材料によっても変わってきますが、こちらでは一般的なチョコレートケーキのカロリーについて考えてみましょう。

●1人分(ホールケーキを8等分にした場合) およそ438kcal

●100gあたり およそ369kcal

このようになっています。

結構カロリーが高めなことが分かりますよね。

ちなみに100gあたりの白米はおよそ168kcal、お茶碗1杯分ではおよそ269kcalです。

ご飯と比較すると違いがよく分かりやすいですね。

チョコレートケーキの中でもザッハトルテが一番高カロリー

さて、一般的なチョコレートケーキのカロリーが分かったところで、今度はさらに細かく分類したうえでカロリーを比較してみましょう。

果たしてどのタイプのチョコレートケーキが一番カロリーが高いのでしょうか?

反対に、一番カロリーが低いのはどのチョコレートケーキなのでしょうか?

以下にいくつかのチョコレートケーキのカロリーを挙げてみました。

◆フォンダンショコラのカロリー

・1人分(ホールケーキを8等分にした場合) およそ314kcal

・100gあたり およそ413kcal

◆ガトーショコラのカロリー

・1人分(ホールケーキを8等分にした場合) およそ273kcal

・100gあたり およそ356kcal

◆チョコレートタルトのカロリー

・1人分(ホールケーキを8等分にした場合) およそ366kcal

・100gあたり およそ474kcal

◆ザッハトルテのカロリー

・1人分(ホールケーキを8等分にした場合) およそ513kcal

・100gあたり およそ352kcal

上記で確認すると、1人分のカロリーとしてはザッハトルテが一番高く、ガトーショコラが一番低いことが判明しました。

いろいろな味のケーキのカロリーをみてみよう

チョコレートケーキは全体的に高カロリーです。

一般的なものは1人分(ホールケーキを8等分にした場合)でおよそ438kcal、100gあたりでおよそ369kcalでしたね。

では、他の味のケーキのカロリーはどのような感じになっているのでしょうか?

以下にいくつかの種類を記載しておきます。

カロリー計算をしている方はぜひ参考にしてくださいね。

◆ショートケーキのカロリー

・1人分(ホールケーキを8等分にした場合) およそ366kcal

・100gあたり およそ308kcal

◆チーズケーキのカロリー

・1人分(ホールケーキを8等分にした場合) およそ315kcal

・100gあたり およそ358kcal

◆モンブランのカロリー

・1人分(1個分) およそ425kcal

・100gあたり およそ358kcal

◆シフォンケーキのカロリー

・1人分(ホールケーキを8等分にした場合) およそ144kcal

・100gあたり およそ290kcal

このようになっています。

僅差のものもありますが、チョコレートケーキのカロリーの高さを実感できますね。

ダイエット中でもケーキを我慢したくない場合

ダイエット中は比較的高カロリーと考えられているケーキなどのおやつやデザートを我慢して過ごしている方も多くいらっしゃいますよね。

もともと甘いものが好きな方ですと、どうしてもケーキが食べたくなってしまうときもあるでしょう。

我慢のしすぎはストレスの種にもなりかねますし、ケーキを食べながらダイエットを行えたら嬉しいですよね。

実は、ダイエット中に食べても平気なケーキは存在します。

食べ過ぎには注意する必要はありますが、ストレスを溜めずにダイエットを行えるはずです。

どのようなケーキが挙げられるのでしょうか?

まずはスフレチーズケーキです。

スフレチーズケーキはトッピングがなく砂糖の分量が少ない傾向があるので、カロリー量の摂取のしずぎにはなりづらいでしょう。

シフォンケーキもダイエット中にはおすすめです。

主に栄養価が優れている卵を材料としているので、卵の栄養も摂取できるのが評価できる点です。

一般的なレシピでは、生クリームやバターといったダイエット中には控えたい材料も活用していません。

他には、ロールケーキも良いでしょう。

生クリームの分量が抑えられていて健康や美容にも良い果物が入っているものが最適ですね。

反対に高カロリーになりがちなチョコレートケーキやモンブラン、ティラミスケーキ、ミルフィーユ、タルトなどは控えた方が賢明です。

どうしてもチョコレートケーキが食べたい!カロリーを抑えるには?

前項ではダイエット中におすすめなケーキと控えたいケーキについてお話ししました。

チョコレートケーキは高カロリーですので、やはりダイエットを行っている場合には不適切な種類のケーキです。

とはいっても、たまには濃厚なチョコレートの味を楽しめるチョコレートケーキを食べたい日があるかもしれません。

そこでおすすめなのが、カロリーが抑えられるお手製のチョコレートケーキを作るということ。

カロリーを抑えるコツとしてはいくつか挙げられます。

まず、薄力粉の代用としておからを活用することです。

食感に違和感を与えないためにも分量に注意して使用し、カロリーカットを狙います。

次におすすめなのが、砂糖はきび糖やてんさい糖を使うことです。

これらは上白糖よりもミネラルの含有量が多いという特徴をもっているので、ダイエット中でも気兼ねなく使える砂糖ともいえるでしょう。

味わいはさっぱりした優しい甘さに仕上がります。

最後に、チョコレートをココアパウダー、バターをココナッツオイルなどに変えて手作りするのも良いでしょう。

チョコレートもバターも総カロリーを高める要因となります。

上手に代用できるものを活用して、カロリーを抑えてあげるのが大切です。

太らないためにはケーキを食べる時間帯や分量に注意するのが大切

太りにくいケーキの種類を選ぶことや上手にカロリーカットしてお手製のケーキを作ることの他にも、工夫できることがあります。

それは摂取時間と食べる分量に配慮するということです。

まず、時間帯についてお話ししていきます。

チョコレートケーキなどのカロリーが気になりがちなものを摂取するときのおすすめな時間帯は14時~18時の間です。

この時間帯は代謝が良くなっており、エネルギーの消費量が高まっている傾向があります。

ですから、比較的エネルギーが消費されやすいこの時間帯は太りにくく痩せやすい体質になっているので、ケーキを食べるには向いているといえます。

反対に、夕食後のデザートや夜食としてケーキを食べるのはNGです。

摂取したものは脂肪として蓄えられてしまいがちな時間帯なので、ダイエット中の方や太りにくい体質にしたいという方にはおすすめしません。

次に、ケーキを食べる分量ですが1日あたりおよそ200kcalまでのカロリー量にとどめましょう。

この分量が適量だと考えられています。

カロリーの過剰摂取をしてしまうことは太る要因になってしまうことはいうまでもありませんよね。

高カロリーになりがちなケーキでも我慢しない!

ストレスはダイエットの妨げにもなりますし、なにより心と体の健康に良くありません。

なるべくストレスフリーでダイエットをしたい場合には、太りにくくするためのコツをおさえてケーキを摂取してみてはいかがでしょう。

ケーキの種類やレシピの材料、時間帯、摂取量に配慮できれば、ダイエット中でも無理にケーキを我慢してストレスを溜めてしまうなんてことは避けられます。

 - その他食材