夜にお菓子を食べたい人は手作りお菓子でカロリーオフ!

残業した日に、何か甘いお菓子を食べてリラックスしたいと思う日はありませんか?

近頃はコンビニで売っているローカロリーの夜用お菓子が、大人の間で浸透していますね。

子どもの頃からの習慣で、夜にお菓子を食べる人は意外にも多いようです。

そんな人におすすめな、カロリー低めの手作りお菓子レシピをご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

離乳食を作ってみよう!朝食は簡単に!食べない日も焦らない

生まれてからミルクや母乳で育ってきた赤ちゃんも、成長に合わせて離乳食に移行させていきます。離...

外食メニューはバナナ5本のカロリーより高い?低い?

暑い夏ですが、水着を着るためにカロリーを抑えたダイエットを検討されている方も多いのではないでしょう...

夏も冬も食べたい鍋レシピ!生姜と味噌の驚くべき効能とは?

暑い夏でも、冷房の効いた部屋にいると身体が冷えてしまいますよね。冬場は手足が冷え込み、冷え性...

ミキサーを使ってフルーツジュース作り!オレンジの栄養効能

形は丸くて、果皮の色が鮮やかなオレンジ色な果物といったら?もちろんそれは、小さい時からジュースや...

痩せる人もいるコーヒー。ブラックが飲めない人は玄米甘酒を

コーヒーが好きな方は世界中に沢山いますよね。味の好みは人それぞれで、コーヒーのブラックが...

毎日ラーメンを食べる人必見!ラーメン生活で体に起こること

日本人なら、みんな大好きなラーメン。ラーメン巡りが趣味という人も多く、毎日ラーメンを食べるとい...

トランス脂肪酸を含むマーガリンと含まないマーガリンの種類

植物性の油を原料とするマーガリンは、加工の過程で部分水素添加油というものを添加します。こ...

菓子パンは危険?安全?嘘の情報に惑わされないためには!?

菓子パンには、添加物が多く含まれているので危険だという情報が流れています。ですが、コンビニなど...

油もので体調が悪くなる?脂肪を分解してくれる食品を知ろう

油っこい料理で胃がもたれてしまう…そんな経験をしたことがある人は多いはずです。朝起きた時に...

甘酒は2種類、酒粕と米麹の特長を知って効果別に飲み分ける

健康や美容に良い発酵食品・スーパーフードとして人気の甘酒。販売している会社が多く、スーパーでよ...

糖質のカロリーをエネルギーに!おにぎりの具で上手に消費

コンビニで簡単にお昼を購入しようと思い、おにぎりかサンドイッチか迷ったということはありませんか?...

食生活改善で便秘の解消!腸内運動は身体の内側と外側から

デスクワークが増える近年、頑固な便秘に悩む人が増えています。色々な方法を試しても改善が見られ...

安心で安全?オーガニック食品を選んで食べるメリットとは?

毎日食べるものだからこそ、安心で安全な食べものを選びたいですよね。農薬や遺伝子組み換え技術が...

酵母って何をしてくれるの?発酵とフルクトースの関係

「健康にいい食べ物」といった話題の中で度々登場する「酵母」というワード。きっと一度や二度、それ以...

糖質と脂質の違いってなに?糖質・脂質制限は効果があるの?

ダイエットをしている方などは、糖質や脂質という言葉をよく耳にしますよね。皆さんは、それぞれの...

スポンサーリンク

夜におすすめするお菓子の共通点

今回は、夜にお菓子を食べたい人におすすめする低カロリーレシピです。

全てのお菓子に共通する点は次の通りです。

☆100kcal前後

砂糖やバターを使うよりも、弾力やサクサクとした食感を重視して、食べ応えのあるお菓子を作ります。

あっという間に食べ終わってしまうよりも、コーヒーや牛乳を飲みながらゆっくり食べられるものばかりです。

ゆっくり食べると満腹感が得やすく、食べ過ぎを防げます。

☆消化がよい

夜はカロリー消費が低いのは、睡眠中は胃腸がほとんど動かないからです。

寒天やゼリーなど、消化がよくカロリーを消費しやすいお菓子を作ります。

今回のお菓子はすべて消化がよいものばかりですが、寝る3時間前には食べ終わるようにしましょう。

☆油で揚げずに砂糖も控えめ

油で揚げたドーナツやポテトチップスは、カロリーが高めで夜には避けたいお菓子です。

代わりに、オーブンやフライパンで焼いてお菓子を作ります。

砂糖もなるべく使わずカロリーを抑えます。

砂糖の代わりに甘酒を使って作ります。

夜でも食べられる低カロリークッキー

プロテインバーやプロテインパンケーキなど、プロテインを使ったお菓子が人気ですね。

プロテインは、夜のトレーニング後に摂ると効率よくタンパク質を吸収できます。

ソイプロテインは特に大豆由来で炭水化物が少ないので、カロリーオフできます。

このお菓子のカロリーは、1枚約40kcalです。

【材料 20枚分】

・ソイプロテイン ココア味 30g
・アーモンドプードル 50g
・豆乳 20ml

【作り方】

①ボウルに材料全てを入れて練り、生地を作ります。

②生地をちぎって丸めて、20個程の団子状の生地を、クッキングシートをのせたオーブントレーに置きます。

フォークで押しつぶして、平たくします。

③200℃に余熱したオーブンで15分焼いたら完成です。

プロテインの味の種類をいくつか揃えたら、色々な味のクッキーを作れます。

アーモンドプードルを入れるので、低カロリーなのにほんのり甘い香りでサクサクに仕上がります。

トレーニング後ではなくても、枚数を調整すれば夜ご飯後にお菓子として食べられます。

タンパク質は美肌、美髪の源ですので、夜の習慣にしてみましょう。

夜テレビのお供のカロリーオフポップコーン

ポップコーンのカロリーがそれほど高くないことは、あまり知られていません。

このオリーブオイルポップコーンのレシピのカロリーは1人25gで、約120kcalです。

食物繊維が豊富で、消化もよいので夜のお菓子にピッタリです。

一方で食物繊維が豊富なので、食べ過ぎると下痢になる恐れがあります。

1日に50gを限度にしましょう。

【材料 2人前】

・ポップコーンの種 50g
・オリーブオイル 大さじ1
・塩、コショウ 少々

【作り方】

①強火で熱したフライパンに、ポップコーンの種を入れて蓋をします。

フライパンをゆすってポップコーンの種を動かし、弾ける音がしたら弱火にします。

②弾ける音がしなくなったら火を止め、蓋を開けます。

熱いうちにオリーブオイルを垂らして、塩、コショウで味を整えて完成です。

塩分があるので、夜のお菓子という印象が余りありませんが、欧米では夜のテレビのお供として一般的です。

理想的な夜のお菓子は低カロリーでサッパリとした甘みのもの、と思われがちです。

たまには塩気のあるお菓子を食べたい、という時にいかがでしょうか。

夜にも朝にもおすすめお菓子の甘酒バニラアイス

夜のお菓子は、砂糖をなるべく入れない方が理想的です。

米麹の甘酒を使えば、砂糖を使わずに低カロリーのお菓子が作れます。

米麹の甘酒は、米麹を発酵してデンプンが糖化しているので甘いのです。

それぞれのカロリーです。

・米麹甘酒 100ml 82kcal
・砂糖 100g 380kcal

これほどカロリーが違うにもかかわらず甘味が同じであれば、夜のお菓子には甘酒を積極的に使いたいですね。

【材料 2人前】

・米麹甘酒 60ml
・豆乳 100ml
・カロリーオフバニラアイス 1個
・黒糖 50g
・ショウガの搾り汁 小さじ1

【作り方】

①室温で少し柔らかくしたバニラアイスを含めた材料全部を混ぜ合わせて、カップ2つに流し入れます。

② ①を冷凍庫で2時間凍らせて完成です。

甘酒はエネルギーの源のブドウ糖を多く含んでいます。

元気よく一日を過ごすために、朝飲むのもよいです。

コップ1杯分(200ml)のカロリーが多少高めですが、朝なら抵抗のない範囲内です。

朝はコップ1杯の甘酒を飲み、少し残しておいた甘酒でこのお菓子を作っておいて、夜に食べるのはいかがでしょうか?

夜ご飯前に食べるとよい豆乳寒天

夜にこそおすすめのカロリーオフお菓子は寒天です。

次のお菓子は豆乳寒天のレシピです。

寒天は、100gで約3kcalとほとんどカロリーがありません。

食物繊維が多く、脂や糖の吸収を穏やかにするので、夜ご飯の前に食べるのもおすすめです。

ただし体質によって、寒天の過剰摂取は下痢になる恐れがあります。

1人分の寒天(溶く前)の量は1日5g前後に留めましょう。

【材料 2人前】

・寒天 5g
・水 200ml
・調製豆乳 200ml
・黒蜜 適量

【作り方】

①鍋に水と寒天を入れて溶かします。

寒天が完全に溶けたら、豆乳を入れます。

②バットに粗熱をとった①を流し入れて、冷蔵庫で1時間冷やし固めます。

③ ②をひと口大に切り分けます。

④2つの器に③を盛って、黒糖をかけたら完成です。

この基本のレシピを覚えておけば、フルーツを入れたり、小豆を入れたりアレンジができます。

小豆を適量入れたとしても、豆乳寒天の1人分のカロリーは約100kcalです。

意外に夜に必要なのは水分で、一晩にコップ1杯分の汗をかきます。

低カロリーで小腹も満たせて、水分も取れる夜のお菓子です。

ホッとしたい夜のお菓子に低カロリーホロ苦コーヒーゼリー

寒天と同様に、ゼリーも夜に食べるお菓子としてピッタリです。

このコーヒーゼリーのカロリーは、1人分約110kcalです。

カロリーオフお菓子の条件のひとつに、砂糖を最小限にすることですが、今回ゼリーには砂糖を使いません。

最後に入れるガムシロップの量で甘さを調整できます。

【材料 2人前】

・水 300ml
・インスタントコーヒー 大さじ2
・ゼラチン 5g
・ゼラチン用お湯 大さじ1
・牛乳 100ml
・ガムシロップ 大さじ1

【作り方】

①ゼラチンをお湯で溶きます。

②鍋に水を入れて沸騰させて、インスタントコーヒー、①を入れて混ぜます。

③バットに粗熱をとった②を入れて、冷蔵庫で1時間冷やし固めます。

④ ③をスプーンで粗く崩します。

⑤ ④を2つの器に盛り、牛乳、ガムシロップを入れたら出来上がりです。

ゼリー自体のカロリーが少ないのはもちろん、コーヒーフレッシュを使わないのでカロリーオフできます。

ゼリーと牛乳がほとんど水分なので、夜のお菓子にはおすすめです。

ゼラチンを多くしてゼリーを固めにしても、夜に心配な消化に影響しません。

基本を押さえて低カロリーお菓子のバリエーションを増やす

今回ご紹介したレシピはアレンジが可能で、色々な味を楽しめます。

ポップコーンのフレーバーを変えたり、豆乳寒天に小豆を入れたりしてみましょう。

学習塾や仕事が忙しい人など、世代を問わず夜型生活の人が多くなっています。

カロリーの低いお菓子で、上手に息抜きをしましょう。