カロリーオフの飲料品は糖尿病を招く可能性がある?

生活習慣病の1つに、糖尿病という病気が存在していることは、多くの人がご存知だとおもいます。

糖尿病は主に食生活や、運動不足から発症するといわれていて、糖尿病の人は甘いものをたくさん食べられないとも耳にします。

では、糖質ゼロと呼ばれる飲料や、カロリーオフといわれる食品などは摂取しても健康や、糖尿病の悪化や発症はないのでしょうか?

糖尿病を防ぐ生活習慣や、糖尿病の人にもオススメできるスムージーまでご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

お茶碗一杯分のカロリー消費にはどんな運動をどれくらい?

秋、食事が美味しくなる季節です。ついつい箸が進み、食べ過ぎてしまうこともありますね。そん...

赤ちゃんがはじめて食べる離乳食はオーガニックを使うべき?

赤ちゃんが産まれたら、はじめてのことがいっぱいです。はじめは寝ている時間が多いですが、気付け...

1日の食事のカロリー配分!朝昼晩の理想的な食べ方とは?

忙しい毎日を送るなかで、何となく済ませがちな食事…。しかし、朝昼晩の食事の食べ方を工夫するこ...

食生活改善でニキビをなくす!そのため摂りたいビタミンは?

ニキビをなくすためには肌に合ったスキンケア用品を使うことと一緒に、いつもの食生活改善も必要のよう...

食事改善とは、時間を見直して自己改善をするということ

食事改善というと、食事内容に気が向きがちです。食べる時間や食べてから寝るまで、朝の時間確保と、...

野菜ジュースを飲んでとりたい栄養素でおすすめのものは!?

野菜ジュースには沢山の野菜と、果物の栄養が入っていて手軽にとれて便利ですよね。野菜ジュー...

自由研究はこれで決まり!ジュースに含まれる砂糖の量を研究

小学校や中学校が長い休みに入る夏休みや冬休みなど、自由研究という宿題を課せられますよね。今年...

離乳食の朝食はコレに決まり!パンを使ったオススメメニュー

赤ちゃんの成長に欠かせない離乳食は、生活リズムの観点や栄養面でとても大切です。できるだけ楽しく、...

炭水化物の効果は野菜の種類によってどれくらい違いがある?

炭水化物と聞くと、お米やパンなどの主食を思い浮かべる人が多いと思いますが、野菜にもお米に負けないく...

カロリー消費につながる野菜の色々な特性とレシピをご紹介

野菜の中にはお腹いっぱいに食べても、マイナスカロリーになるものがあると言われています。しかし...

オーガニックフードを使った健康に良いレシピ集です

最近よく聞くオーガニックフード。健康に良く、美味しいと評判です。オーガニックフードを使っ...

体に良い玄米のカロリーは茶碗1杯分でどれくらいあるの?

玄米は、体に良いといわれています。そのため、カロリーは低いのではないかというイメージが強いです...

カロリー不足が招いてしまう、筋肉の減少と脂肪の増加

スッキリと細身の体形は、洋服の着こなしも素敵に決まりそうで、憧れてしまいますよね。しかし、無...

ビタミンcの飲料水はここが優れている!積極的に摂取すべき

体になくてはならないビタミンcですが、肌を綺麗にしてくれるとか、風邪にはビタミンcが良いとよく聞い...

豆乳と野菜ジュース、どっちを選ぶべき?栄養面から比較する

スーパーやコンビニエンスストアで手軽に購入できる豆乳や野菜ジュース。健康やダイエットにはどっちを...

スポンサーリンク

甘い飲料や糖質の高いものに注意!糖尿病とインスリン

通常、私達の体は食品を摂取すると、その食品に含まれるブドウ糖に反応したインスリンがエネルギーに変え、体を動かしたりすることができるようにしてくれています。

糖尿病の人はインスリン生成に問題があり、正しくエネルギーへ変換することができないため、注射や飲み薬でインスリンを体に中に注入して調整しています。

一度、糖尿病になってしまうと、糖質の制限をすることが多く、主食と呼ばれるパン・麺・ごはんを制限しなければならなくなることもあります。

もちろん、甘い飲料やお菓子にも糖分は含まれていますが、最近よく見かけるようになった、カロリーオフ・糖質ゼロなどの食品なら、食べても糖尿病には問題ないと選ぶ人もいるのではないでしょうか?

では、カロリーオフの食品と糖尿病の繋がりを見ていきましょう。

カロリーオフの食品や飲料摂取は糖尿病に繋がるのか

はたして、カロリーオフの食品や飲料なら、糖尿病を患っている人でも制限なくいただくことができるのでしょうか?

カロリーオフの食品や飲料に、必ずといってよいほど使用されているのが、合成甘味料です。

先程ご説明した通り、食品を摂取すると、ブドウ糖に反応したインスリンがエネルギー変換します。

合成甘味料にはブドウ糖は含まれていませんが、きちんとインスリンは放出されます。

ただし、過剰に摂取するとエネルギーに変えることができなくなり、脂肪として蓄えられます。

しかも、合成甘味料の甘さは依存性がとても強く、合成甘味料を摂取し続けることによって、脳が甘味に依存しやすく、さらに強い甘味を求めるようになることがあります。

そうなることで、糖尿病になる可能性が上昇したり、病気を悪化させてしまうかもしれないのです。

カロリーオフ飲料に含まれる合成甘味料とは

先ほど、合成甘味料の甘さには依存性が高く、多少の甘味でも満足できなくなることが、糖分の過剰摂取に繋がり、糖尿病や他の病気を招く恐れがあるとお伝えしました。

合成甘味料には、ネオテーム・スクラロース・アセスルファムカリウム・アドバンテームなどがあり、それぞれの特徴は以下のようになっています。

●ネオテーム

アルコールによく溶けて、水には溶けにくい性質をもっています。

●スクラロース

一番飲料に使われることが多い合成甘味料で、そのほかにもお菓子や乳酸菌飲料にも使われています。

●アセスルファムカリウム

低カロリーを売りにしている飲料によく使われていて、スクラロースと一緒に入っていることが多いです。

●アドバンテーム

合成甘味料の中で最も少量で甘味を感じられるので、製造コストを大幅に削減でき、今後多くの食品に使われると期待されています。

このように、カロリーオフの商品に多く使用される合成甘味料ですが、実は、体に害があるかもしれないと懸念される声もあります。

カロリーオフ飲料は体に害がある可能性あり?

先ほど合成甘味料の特徴をご紹介しましたが、それぞれの合成甘味料は体にどんな影響があるのか見ていきましょう。

●ネオテーム

砂糖のおおよそ7,000~13,000倍の甘さをもっています。

動物実験を行なった際、体重の減少と発がん性をもつといわれています。

●スクラロース

砂糖のおおよそ600倍の甘さをもっています。

138度を超える加熱をした場合、人体に影響のある塩素系ガスが出る可能性があるといわれている。

●アセスルファムカリウム

砂糖のおおよそ130~200倍の甘さをもっています。

製造過程に塩化メチレンとが溶媒として使われるため、「アセスルファムカリウムに残留していることはないのか」と懸念されています。

塩化メチレンは皮膚に付くことで、アレルギー反応が起こり得ます。

●アドバンテーム

砂糖のおおよそ14,000~48,000倍の甘さをもっています。

アドバンテームをコーラのような炭酸飲料に使用し試作したところ、26ヶ月の歳月の後、全体の52%が違う物質の変化したそうです。

このように、カロリーオフの食品に使われている合成甘味料は、糖尿病を引き起こす可能性だけでなく、体に大きな悪影響を及ばす可能性があるのです。

糖尿病を予防するには

糖尿病やその他の病気にならないためにも、きちんと生活習慣を見直してみましょう。

●食習慣を変えてみましょう。

通常、1日の男性が摂取してもよいカロリーは「1,600~2,000キロカロリー」で、女性は「1,400~1,800キロカロリー」といわれています。

そこで、食事をとる際は、カロリーを意識してみるとよいでしょう。

その際にカロリーオフの食品や飲料などに頼らず、きちんと栄養のバランスを考えて食事をすることが大切です。

それから、先に野菜や汁物を食べてから、主食を食べるようにしてください。

先に野菜や、汁物を食べると、体への糖の吸収も穏やかにできるといわれています。

●適度な運動をしましょう。

食品でエネルギーを得たらきちんと使っていきましょう。

ただし、普段全く運動していない人は「今日から1時間毎日ウォーキングする」等決めてしまわずに、30分からスタートするなどウォーミングアップから始めましょう。

無理をすることで、思わぬ怪我に繋がってしまう場合もあります。

健康な生活を送るためにも、自分にできることから実践してみませんか?

糖尿病でも飲めるジュースレシピ

糖尿病の人や、健康に気を使っている人まで、美味しく飲めてしまう野菜スムージーと豆乳シチューのレシピをご紹介していきます。

食前に飲むことでサラダ代わりにもなり、血糖値の上昇を穏やかするといわれています。

健康野菜スムージー

【材料】

・ほうれん草 1握り
・セロリ 1/3本
・ニンジン 1/3本
・リンゴ 1個

①ほうれん草とセロリはみじん切りにし、リンゴとニンジンは角切りにします。

②ミキサーにかけたら完成です。

豆乳シチュー

【材料】

・シーフードミックス 180g
・長いも 8cm
・ニンジン 1/3本
・豆乳 200ml
・ブイヨン 1個
・水 200ml
・水 大さじ2
・片栗粉 大さじ2
・塩コショウ 適量

①長いも・ニンジンは1cm角に切ります。

②片栗粉を水大さじ2に溶いておきます。

③水200ml、ブイヨン、豆乳、ニンジン、長いも、シーフードミックスと一緒に煮込んでひと煮立ちさせます。

④塩コショウで味を調えたら、火を止めて水溶き片栗粉でとろみをつけます。

長いもに含まれるぬるぬるはムチンと呼ばれ、消化を助け、胃粘膜を守る働きがあります。

ニンジンは高血圧の人にもよいとされ、カリウムが豊富な野菜です。

ほうれん草には血糖の減少を助ける、βカロチン、ビタミンA・Cが含まれていて、リンゴに含まれる酸にもまた血糖値を下げる働きがあり、セロリは血管に対してよい働きをします。

食前などによく噛んで飲むことで、カロリーオフ飲料で得られないといわれていた満腹感をしっかり感じることができ、過食の予防にもなるかもしれませんね。

正しい知識で食生活を見直し、健康的に過ごそう

カロリーオフ飲料を摂取すると、糖尿病を悪化するわけではないですが、暴飲暴食に大きく繋がる恐れがあることが解りました。

健康的に生きていくためにも、きちんとした知識で食事をし、正しく栄養を摂取するというのはとても大切ですね。

適度な運動を取り入れるなどして、日常から病気にならない生活を送りましょう。