着色料は色々な食品に使われている?食品例から種類もご紹介

着色料とはどんなもので、どんな役割がありどんな種類があるのでしょうか。

着色料があることによって見た目が綺麗で食欲を増進させることができるという見かたもありますが、安全なものなのかなどの疑問わいてきますよね。

今回は、食品の例や着色料の作り方などを中心にご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

甘酒や麹は市販の健康食品の中でも大人気!おすすめ理由詳細

今の食生活を改めて見つめてみた時に少し不安を感じることはありませんか?「食生活を改善し健康に...

1歳半の子が食事を噛まずに丸飲み?噛まない原因と改善方法

生後5か月頃にスタートした”離乳食”も1歳半過ぎには卒業を迎えます。食材を柔らかくしたり裏ごし...

おいしい味噌を保存したい!タッパーを使う時の注意点とは?

味噌を保存する場合には、100均でも購入できて、手軽に使えるタッパーが便利ですが、保存容器として...

外国で栽培されているお米とオススメのお米料理の作り方!

日本の主食の米は、日本以外の外国でも栽培されています。そこで世界の米と日本で食べられている米...

江戸時代の食事事情!江戸の武士・庶民は何を食べていた?

江戸時代の食事は、現代と大きく異なっています。しかし、米が主食であったことは現在と変わりなく...

友達を家に呼んでホームパーティー!準備や食事はどうする?

仲の良い友達を家に呼んで楽しむホームパーティー。最近では、そんなホームパーティーを楽しむ方も...

醤油の違いは古来の製造方法をアレンジメントして生まれた

醤油には本醸造方式・混合醸造方式・混合方式の、主に3つの製造方法があります。また濃口・薄口な...

カロリーオフのお菓子は買う派?手作り派?どっちがお勧め?

食事制限やダイエットしてる方にとって、カロリーオフのお菓子は罪悪感がなく食べられるお菓子だと思い...

食生活改善でニキビ対策?ストレスとの関係も考えよう!

大人になったら吹き出物と呼ばれるニキビ。吹き出物もニキビとほぼ同じものですが、できると痛いし...

意外と多い、甘いものが苦手な女性。プレゼントは何が喜ぶ?

女性というのは、甘いものが大好きなように思われがちです。逆に、男性は甘いものが苦手と思われる場...

日本の調味料の代表!醤油の歴史を詳しく解説!

日本の調味料の代表とも言える「醤油」ですが、毎日のように口にしている方も多いのではないでしょうか...

トランス脂肪酸の量を0に!日本のマーガリンの現状と課題

マーガリンやショートニング、マヨネーズに入っているトランス脂肪酸が問題になっています。トラン...

醤油に飽きたら味噌焼きうどん!レシピやお店をご紹介!

焼きうどんというと、醤油味かソース味だと思っていませんか。いま、味噌焼きうどんがアツいんです...

畑での野菜作りには石灰と肥料が必要?土作りの基本を知ろう

最近は、節約や食育のために家庭で野菜を育てている方も多いですよね。今回は、これから畑で野菜を...

話題のemで肥料を作ろう!そのメリットと肥料の作り方とは?

『em』という単語を聞いたことはあるでしょうか。化学肥料や農薬を使わないで野菜を育ててみたい...

スポンサーリンク

着色料とは何?何のために使われているの?

着色料とは、食品や医薬品や化粧品などに使われている色をつけるためのものです。

天然着色料と合成着色料の2種類があり、天然着色料は食物・植物・動物などを利用して作られています。

それに対して合成着色料は、石油を利用して作られています。

着色料ときくと「体に悪そう」「安全性は?」という心配や疑問も挙がるかと思います。

しかし、着色料が許可されるにはいくつかの試験を行い、使用できるものだと確認が取れたものだけが使われています。

実際にどのような試験があるのか、具体的に例を見ていきましょう。

・反復毒性試験
マウスやラットを使用し、複数回投与して中毒を起こす量を調べるものです。

・発がん性試験
マウスやラットを使用し、発がん性があるかを調べるものです。

・変異原性試験
菌を使用して遺伝子に変異が起こるのかを調べるものです。

これだけの試験が行われています。

しかし、現時点では使用されていても、危険性が発見された場合は使用禁止になることもあるので、注意が必要です。

着色料を使った食品の例

では、実際にどんな食品に着色料が使われているのかを見ていきましょう。

天然着色料が使われている食品の例をいくつかご紹介します。

●クチナシ色素
たくあんや中華麺などに使われています。

クチナシの果実やサフランの花を使った黄色の色素です。

●コチニール色素
ジャムや清涼飲料などに使われています。

サボテンに寄生しているエンジ虫を使った赤紫色の色素です。

●カラメル色素
コーラやカレーやコーヒーなどに使われていて、ブドウ糖や水あめなどを使った茶色い色素です。

●クルクミン(ターメリック)色素
カレー粉やウインナーなどに使われていて、うこんの根茎を使った黄色の色素です。

次は、合成着色料が使われている食品の例をいくつかご紹介します。

●赤色102号
紅しょうがや福神漬けなどに使われている、赤色の色素です。

●赤色106号
かばぼこやソーセージなどに使われている、こちらも赤色の色素です。

●黄色4号
かき氷のシロップや数の子やウニなどに使われている、黄色の色素です。

食品に使われている着色料で気をつけたい着色料の例をご紹介!

着色料には天然着色料と合成着色料がありましたが、合成着色料の方が体に害があるという報告もあります。

ですが、天然だから安全という保障はありませんので、体に害があり気をつけたい着色料についてと着色料が入っている食品の例もご紹介していきます。

▽赤色102号
アレルギーを起こす可能性が高く、子供の蕁麻疹を増やす可能性があると医師の間ではいわれており、アメリカやカナダなどでは使用が禁止されています。

▽赤色104号
実験により遺伝子の突然変異が起こり、日本以外の国では使用が禁止されています。

日本では使用可能となってはいるものの、あまり使われていないのが現状です。

▽赤色105号
動物実験の結果では毒性は弱いという報告がありますが、慢性の毒性はあり、甲状腺や肝臓にダメージが起こる可能性もあるため、使用を禁止している国もあります。

▽赤色106号
発がん性や肝機能障害を起こす可能性があるとされており、日本以外の国では使用が認められていません。

▽黄色4号
毒性は弱いですが、食べると蕁麻疹が出るという報告や、動物実験の結果では体重減少や胃炎や下痢などをおこす異常があったという報告もあります。

▽黄色5号
動物実験により異常がでたという報告があり、ヨーロッパでも使用は認められているのですが、子供に悪影響があるかもしれないという注意書きが義務付けられています。

▽青色1号・2号
かき氷のブルーハワイのシロップなどに使用されています。

発がん性の疑いがあり、EU諸国では使用が禁止されています。

▽緑色3号
かき氷シロップのメロン味等で使用されており、動物実験では発がん性と染色体異常が認められ、EU諸国では使用が禁止されています。

この食品には着色料が入っている?確かめ方の例

手に取った食品が妙に赤い・黄色いと感じることはありませんか。

こういった場合、着色料が使われているかもしれません。

気になるようであれば、原材料表示のところを見てみてください。

上記でご紹介したような着色料が入っているのかを確認することができます。

しかし、なかには表示名が若干違うこともあります。

例えば、赤色2号の着色料を赤2とだけ記載されていることもあるので、見逃さないようにしてください。

また、食品のパッケージを見てみると、「着色料は使用していません」と書かれているものもあります。

パッケージに書かれてあると分かりやすいですよね。

原材料表示をチェックしなくてもすみます。

反対に、パッケージに何も書かれていないようであれば、原材料をチェックして確認することをおすすめします。

体に害があるかもしれないといわれているものはなるべく避けたいですが、大量にとらなければ問題はないとされているので、確認して納得して食することが大切ですね。

着色料は食品なら何にでも入っているの?例外のものはある?

着色料という言葉を知ると、何にでも入っているような気がしてきませんか。

赤いウインナーや美味しそうなケーキ、お肉もきれいな赤色をしていると、もしかしてお肉にも着色料が使われているのかと感じてしまいますよね。

実は、着色料を使ってはいけない食品もあります。

それは、魚や貝類・食肉・野菜類には着色料の使用が禁止されているのです。

理由は、魚や肉や野菜に着色料を使ってしまうと品質や鮮度が分からなくなり、私たち消費者が新鮮かどうかを判断できなくなるため禁止されています。

ほかにも、こんぶ・茶・のり・豆類も使用が禁止されています。

魚や肉や野菜など例外として禁止されているものもあるのですね。

しかし、着色料を使っていても表示しなくても良い場合もあります。

それは、「キャリーオーバー」といって。製造時にだけ使用され、出来上がり時にその成分が残ってない場合は表示する必要はないとなっています。

着色料を使わずに食品に色をつける方法

ご家庭で料理をするときに、色をつけたいときもありますよね。

例えば、桜餅やアイシングクッキー、紅白まんじゅうなどは色がきれいで可愛くできていたりしますよね。

着色料が入っている食品を使わず、美味しくてきれいな色のものを作ることができます。

色ごとに見てみましょう。

・青色にするには、紫芋パウダー
・ピンク色にするには。紫芋パウダーにレモン汁を加える(もしくは赤ワインを使用)
・赤色にするには、スイカやいちご
・黄色にするには、ターメリックやかぼちゃ
・茶色にするには、ココアパウダー
・緑色にするには、抹茶パウダー

これらを使用することで色々な色を出せますね。

また、もう少し本格的な、添加物が入っていない赤色の着色料の作り方をご紹介します。

ビートルートを使った赤い着色料の作り方です。

【材料】
・ビートルート 1個
・ドライクランベリー 1/2カップ
・レモン 1個
・水 200ml

【作り方】
①ビートルートは皮をむき細かく切り、ドライクランベリーも細かく切ります。

②全ての材料をミキサーに入れよく混ぜてください。

③裏ごしをしたら、冷蔵庫で保存します。

甘さを抜きたい場合はクランベリー抜きにすると良いですよ。

気になったら確認をしよう

着色料は使用できるものであるか試験が行われていて、使用できるものだけが認められています。

しかし、海外では禁止されているものでも日本では使用が認められているものもあるので、自己判断・自己責任という部分もあるのが現状です。

着色料が使われているかどうかを意識するだけでも、食への関心が高まり、健康な体を維持することに繋がるのではないでしょうか。