クセになる濃厚な味!なすとひき肉のおいしい味噌チーズ焼き

夏野菜の代表であるなすとひき肉を用いた味噌チーズ焼きが人気です。

意外に思われるかもしれませんが、ちょっと甘めの和風の味噌と、洋風なチーズの組み合わせが絶妙においしいのです。

なすの肉味噌炒めだけでも十分おいしいですが、そこにチーズが加わることで子どもからおとなまで喜ぶ人気の一品となるのです。

今回は、おいしくて簡単な作り方をご紹介いたします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

グラハムクラッカーってどんなもの?スーパーで売ってるの?

お菓子作りをする人は、「グラハムクラッカー」という名前を見たことがあるかもしれません。一般的...

大根を長期保存出来る方法は畑の中に埋めておくだけ?

みずみずしい大根は、千切りにして生でも美味しく、煮たり、焼いたりすることで甘みがでて、出汁も染み込み...

万能調味料と近ごろ話題の醤油麹の使い方!欲張りレシピです

テレビでも紹介され、いま話題になっている醤油麹。醤油麹は万能調味料ですが、作ったり、買ってみ...

栄養の宝庫!アボカド1玉のカロリーは?どんな栄養がある?

「森のバター」とも言われるアボカドは、健康と美容に良いとされ、特に女性を中心に人気を集めている果...

じゃがいもと片栗粉を使った美味しいレシピを紹介します!

私達に馴染み深い野菜のひとつに「じゃがいも」が挙げられます。保存が効くので、1年中いつでも食...

かぼちゃの収穫期間はどのくらい?かぼちゃを育てる方法は?

甘くて美味しいかぼちゃ。天ぷらやスープ、煮物など料理のアレンジも様々ですよね。また、ハロ...

寒い冬にはユリ根の味噌汁はいかが?意外に豊富なレシピ公開

冬の高級野菜、ユリ根はどんな食べ方が好きですか?とはいうものの、あまり食べないという人が多い...

有名店の味噌ラーメンを家で作る!プロ直伝レシピを極秘公開

家で作るラーメンは、なかなかラーメン屋さんのラーメンのようにはなりませんよね。材料も道具もウ...

家庭でいただく牛もつ鍋レシピは体が温まる味噌仕立てで!

新鮮な牛もつが手に入ったら、家族みんなが楽しめる牛もつ鍋を作ってみませんか。家庭でカンタンに...

青唐辛子と麹でピリッと美味しい「おかず味噌」に!その発祥

唐辛子を使用した味噌と聞くと、皆さんは何を思い浮かべますか?コチュジャンや豆板醤を連想する方...

健康・美容効果満点!ピーマンに含まれる栄養とカロリーは?

独特な香りと苦みのあるピーマン。一般的な緑色のピーマンから、黄色、赤色まで色とりどりで、スー...

ヘルシーな鶏肉!電子レンジで酒蒸しにしてみよう!

クセが少なくカロリーも抑えめなのが魅力の鶏肉を、料理酒で酒蒸しにしてみませんか?酒蒸しは電子...

酒粕と牛筋でカレーは栄養満点!?酒粕と牛筋の効果とは?

酒粕と牛筋のカレーは、美肌カレーとしてご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか。酒粕と牛...

味噌汁の基本の作り方を徹底解説!鰹節を削るポイントまで!

日本の食卓に欠かせないものと言ったらご飯に味噌汁です。毎日当たり前のように口にしていますが、...

卵とお米は相性良!卵を使っても使わなくても美味しい料理!

皆さんは、卵料理が好きですか?卵は栄養満点で、調理方法も多彩で、なくてはならない万能食材です...

スポンサーリンク

なすとひき肉、味噌とチーズは相性バッチリ!

なすはあっさりと淡泊な味わいが人気の低カロリー食材です。

そのまま焼いて焼きなすにしたり、ぬか漬けや塩漬けなど漬物にしてもおいしいですよね。

また、油と好相性なので、炒め物や揚げ物にするとおいしさが引き立ちます。

今回は使い勝手の良いひき肉と炒めることで、油分とともに良質な動物性たんぱく質も加わり、栄養バランスの良い一品になります。

味の決め手は味噌チーズ。

和風の味噌に洋風のチーズの組み合わせが意外にもとても良く合うのです。

チーズはどんな食材と組み合わせても合わないものがないといわれるほど、便利な万能食材です。

いつものおかずにちょっとチーズを加えるだけで、全く違った味わいの別の料理に変身できるため、おかずのリメイク用として常備しておくと重宝します。

また栄養的にも、不足しがちなカルシウムやタンパク質をたっぷり含んでいるため、成長期の子どもや衰えが目立つ高齢者は積極的に摂ったほうが良い食材です。

では、なすとひき肉を味噌チーズでまとめたレシピをいくつかご紹介しましょう。

とろける味噌チーズが絶品!なすとひき肉の味噌炒めチーズ掛けの作り方

先にひき肉となすの味噌炒めを作り、それを耐熱皿に移してとろけるチーズをのせるだけのシンプルなレシピです。

味噌炒めだけでも和風なおかずとして十分おいしいですが、チーズが加わると和でも洋でもない独特な味わいの料理となって特に子どもに喜ばれます。

前日のおかずの残りをリメイクしても良いですね。

●なすとひき肉の味噌炒めチーズ掛け

【材料 2人分】

・なす 2本
・玉ねぎ 1/2個
・万能ねぎ 適量
・合いびき肉 150g
・味噌 大さじ1と1/2杯
・砂糖 大さじ1と1/2杯
・酒 大さじ2杯
・みりん 大さじ1杯
・醤油 小さじ1杯
・サラダ油 大さじ1杯
・とろけるチーズ 適量
・粉チーズ 適量

【作り方】

①玉ねぎはみじん切りに、万能ねぎは小口切りに、なすはいちょう切りにして水にさらしておきます。

②味噌、砂糖、酒、みりん、醤油をあわせておきます

③フライパンにサラダ油を入れてひき肉を炒め、火が通ったら玉ねぎ、万能ねぎも加えて炒めます。

④ ③に水気を切ったなすを入れて炒め、②の調味料を加えてさらに炒めます。

⑤ ④を耐熱皿に移し入れ、とろけるチーズをのせてトースターでチーズに焦げ目がつくまで焼きます。

⑥粉チーズをふって出来あがり。

とろけた味噌チーズがなすのひき肉炒めにうまく絡まり、絶妙な味わいになっています。

おもてなしにも!なすのひき肉味噌チーズ焼き

味噌チーズを絡ませたひき肉をボートに見立てたなすの上にのせた、見た目もおしゃれな一品です。

なすはレンジで加熱し油の使用を極力抑えているためカロリーも低めです。

盛り付けを工夫すればおもてなしにも向く料理です。

●なすのひき肉味噌チーズ焼き

【材料 2人分】

・なす 2本
・アク抜き用の塩 少々
・豚ひき肉 120g
・生姜 1/2片
・ごま油 小さじ2杯
・味噌 大さじ2杯
・甜麺醤 大さじ1杯
・酒 大さじ1杯
・みりん 小さじ2杯
・水 大さじ3杯
・ピザ用チーズ 適量

【作り方】

①なすは縦4つに切り、塩を入れた水につけておきます。

②味噌、甜麺醤、酒、みりん、水をあわせておきます。

③生姜をみじん切りにします。

④ ①の水を切り、濡れたままの状態で皿に並べ、ラップをピッチリかけて電子レンジで3~4分加熱します。

⑤フライパンにごま油、生姜を入れて香りが立って来たらひき肉を入れて炒めます。

⑥火が通ったら余分な脂をキッチンペーパーで拭き取り、②の調味料を回し入れ、水分がなくなるまで弱火で煮詰めます。

⑦ ④のなすの表面に⑥の肉味噌を適量のせ、ピザ用チーズをかけてオーブントースターで焼きます。

⑧チーズがとけたら出来あがり。

本格的な肉味噌の味わいにチーズが絶妙に絡まり、いくらでも食べられるおいしさです。

これだけで満足!なすとひき肉の味噌チーズドリア

なすとひき肉の味噌チーズをごはんの上にのせた豪快な和風ドリア。

これだけでお腹いっぱい、大満足な一品です。

●なすとひき肉の味噌チーズドリア

【材料 2人分】

・なす 2本
・玉ねぎ 1/2個
・万能ねぎ 適量
・豚ひき肉 100g
・味噌 大さじ2と1/2杯
・砂糖 大さじ2と1/2杯
・酒 大さじ2杯
・みりん 大さじ1杯
・醤油 小さじ1杯
・ごはん 適量
・とろけるチーズ 適量

【作り方】

①なすは一口大に切り、水にさらします。

②玉ねぎはみじん切り、万能ねぎは小口切りにします。

③味噌、砂糖、酒、みりん、醤油をあわせておきます。

④フライパンでひき肉を炒め、火が通ったら玉ねぎと万能ねぎを加えて炒めます。

玉ねぎがしんなりしてきたら、水気をよく切ったなすも加え炒めます。

⑤全体に火が通ったら③の調味料を回し入れ、弱火で煮詰めます。

⑥耐熱皿にごはんを入れ、⑤をかけてとろけるチーズをのせ、オーブントースターで6分焼いて出来あがり。

チーズなしにして、ごはんに炒めた具材をのせただけのなすの肉味噌丼としていただいてもおいしいですよ。

さわやかな酸味がたまらない!なすとひき肉の味噌チーズにトマトをプラス!

なすとひき肉の味噌チーズはこってりと濃厚な味わいです。

そこにトマトを加えるとさわやかな酸味が隠し味となり、クセになるおいしさです。

●トマトを加えたなすとひき肉の味噌チーズ

【材料 2人分】

・なす 2本
・豚ひき肉 150g
・トマト 1個
・玉ねぎ 1/2個
・サラダ油 大さじ1杯
・味噌 大さじ2杯
・砂糖  大さじ2杯
・酒 大さじ1杯
・みりん 大さじ1杯
・醤油 小さじ1杯
・ピザ用チーズ 適量

【作り方】

①なすは小さめの半月切りにして水にさらします。

②玉ねぎは薄切りに、トマトは一口大に切ります。

③味噌、砂糖、酒、みりん、醤油を混ぜ合わせておきます。

④フライパンにサラダ油を入れてひき肉を炒め、玉ねぎと水気を切ったなすを加えてさらに炒めます。

⑤全体にしんなりしたら弱火にしてトマトを加えて一混ぜし、③の調味料を回し入れて煮詰めます。

⑥耐熱皿に⑤を移し入れ、ピザ用チーズをかけてオーブントースターで5分焼いたら出来あがり。

トマトの他にピーマンやパプリカを加えても良いですよ。

和風とイタリアンを絶妙なバランスで組み合わせたレシピです。

もっとイタリアン!味噌の代わりにこんなのも合う!

なすとひき肉の味噌チーズは、いったん材料をフライパンで炒め、耐熱皿に移した後チーズをのせて焼くのが、ちょっと面倒に思われるかもしれません。

そこで、なすとひき肉にトマトを重ねただけの簡単チーズ焼きをご紹介いたしましょう。

味噌を使わずシンプルなイタリアンに仕上げたワインに合う一品です。

●なすとトマトのチーズ焼き

【材料2人分】

・なす 3個
・鶏ひき肉 100g
・白ワイン 大さじ1杯
・サラダ油 大さじ1杯
・塩、こしょう 適量
・トマト 小2個
・ホールコーン缶 1/2カップ
・ピザ用チーズ 50g

【作り方】

①なすは斜め8ミリ幅に切り、塩、こしょう、サラダ油大さじ1杯をまぶしてフライパンで焼き色が付くまで焼き、いったん取り出します。

②鶏ひき肉と白ワイン、塩こしょうをよく練り混ぜておきます。

③トマトは8ミリ幅に切ります。

④フライパンになすの半量を並べ、鶏ひき肉の半量、トマトの半量、缶汁を切ったコーン、チーズの半量の順に重ね、残りのなす、トマト、ひき肉、チーズも同様に順に重ねます。

⑤フタをして火にかけ、7~8分蒸し焼きにして出来あがり。

蒸し焼きなのでとてもヘルシーです。

ダイエット中にもおすすめです。

チーズはおかずリメイクの強力なサポーター

いかがでしょうか。

なすとひき肉の味噌炒めにチーズをかけて焼くだけで、子どもに人気のボリューム満点なおかずになることがわかりました。

なすは夏野菜の代表です。

同じ夏野菜のトマトやピーマン、かぼちゃを加えてもおいしくできます。

或いは冷蔵庫にある材料とチーズを重ねて蒸し焼きにするだけでも、お酒に合う立派なおつまみになります。

いつものおかずに飽きたなら、チーズをのせて趣を変えてみましょう。