玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

牡蠣をおいしく料理しよう!味噌とバターで作れる料理は?

      2018/04/04

牡蠣をおいしく料理しよう!味噌とバターで作れる料理は?

『海のミルク』と呼ばれる牡蠣。

身が白く、また牛乳と同じく栄養がたっぷりなので、そう呼ばれるようになったといわれています。

牡蠣はどんな栄養を含み、どんな効果があるのでしょうか。

さらに、牡蠣ととても合うといわれている味噌とバターを使ったさまざまなレシピをご紹介します。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

美味しい玄米ご飯のカロリーは炊く前と炊いた後でどう違う?

お米は玄米でも精白米でも、炊く前と炊いた後では、水の量が...

「トランス脂肪酸フリー」のマヨネーズについて知りたいこと

「トランス脂肪酸フリーのマヨネーズ」と聞くと、体にいいマ...

電子レンジでパンを温めるときにアルミホイルは使えるの?

私たちの生活のなかで、もはや電子レンジはなくてはならない...

濃厚とろとろ茶碗蒸しを電子レンジで作る秘訣はチーズにあり

みなさんは、茶碗蒸しは好きですか? お店で出される茶碗...

電子レンジのターンテーブルにケーキ型をのせて手作りケーキ

小さい子どものため、ケーキを焼きたいという人のために、便利...

チューブタイプのバターに含まれるトランス脂肪酸への疑問

チューブタイプのバターと聞くと、いつもは固く感じがちなバ...

自然製法でもトランス脂肪酸フリーのバターは存在しない?

2018年6月にアメリカでは、トランス脂肪酸の使用の規制...

味噌を詰める容器がガラスであるメリットと注意点とは?

味噌というと、スーパーで売られているパック入りの味噌が一...

麦味噌を作ってみよう!試しに2kgを容器に詰めてみよう

麦味噌をご存知ですか? 九州や愛媛県、山口県ではメジャ...

カロリーと脂肪の量がうまく絡む豚肉と部位の深い関係

肉の部位とカロリーは大きく関係します。 多くの人が、精...

カロリーの一日に必要な摂取量はどれくらいなのでしょうか?

飽食の時代と言われて久しい現代、生活習慣病に悩む人々も増...

お茶碗一杯分のカロリー消費にはどんな運動をどれくらい?

秋、食事が美味しくなる季節です。 ついつい箸が進み、食...

枝豆はカロリーが低くてダイエットに最適って本当なの?

夏から秋にかけての旬といえば、枝豆ですよね。 最近は芸能...

おにぎりと大福のカロリーと満足度の比較をしてみた結果…!

お弁当の定番はおにぎりという方も多いのではないでしょうか...

ドライトマトにはどんな栄養がある?カロリーはどれぐらい?

ドライトマトといえば、美容・健康・ダイエットに効果があると...

5kgダイエットするために必要な消費カロリーは?方法は?

年々、付きやすく、落ちにくくなってきました。 これは体...

食事が進まない2歳児!1日に必要とするカロリーの目安は?

かわいい盛りの2歳児は、「魔の2歳児」といわれるぐらいで...

自分のカロリー消費量を知ろう!1日の活動強度ごとに解説

あなたは、自分の体が1日にどれくらいのカロリーを消費して...

玄米の炊き方と、含まれるとされる「毒」との関係性とは?

玄米は健康に良い食品なので注目される分、「毒」を持ってい...

玄米を浸水のために冷蔵庫を使う時の注意点とポイントとは?

冷蔵庫はとても便利な家電で、玄米の保存にも浸水のためにも...

スポンサーリンク


牡蠣とは?牡蠣の栄養と効果について知ろう

牡蠣は、浅い海の岩につく二枚貝の一種です。

古くから世界中の沿岸地方で食用にされてきました。

日本で最も多く流通しているのが真牡蠣で、冬が旬です。

日本海側で養殖されている岩牡蠣は、夏が旬となります。

牡蠣にはどんな栄養があるのでしょうか?

牡蠣は低脂肪・高タンパクの優れた食品です。

ビタミン類、鉄、亜鉛、タウリン(アミノ酸の一種)、カルシウム、グリコーゲン(ブドウ糖)を含んでいます。

含まれるビタミンB12や鉄は貧血予防や慢性疲労予防の効果があります。

牡蠣の亜鉛の含有量は食品の中でも特に優れていて、免疫力アップや疲労回復、生活習慣病の予防効果もあります。

亜鉛には美肌効果や新陳代謝促進、体を生き生きと保つ効果などもあります。

タウリンは、乳酸が増えるのを防止し、スタミナを増やさせ、疲労回復、ストレス解消などの効果があります。

牡蠣の旨味のもとといわれるグリコーゲンは、肝臓の機能を高め、筋肉や脳の働きを高めます。

また、疲労回復にも即効性がありますよ。

こんなにも栄養に富んだ牡蠣をおいしく料理したいものですね。

次項からは、牡蠣と相性がピッタリの味噌とバターを使って、牡蠣をおいしく料理するレシピをご紹介します。

牡蠣の下処理方法をご紹介!牡蠣の味噌漬けを作ろう!

まずは牡蠣を下処理して、味噌漬けにしてみましょう。

味噌の味と牡蠣の風味のハーモニーをお楽しみください。

生ものなので、3日で食べきるようにしましょう。

【材料】

・生牡蠣 10個
・塩 小さじ2
・片栗粉 小さじ3
・水 600㏄
・味噌 50g
・みりんもしくは砂糖 大さじ2
・酒 小さじ2

【作り方】

①牡蠣の下処理をします。

牡蠣をボウルに入れ、塩、片栗粉を加えて軽く混ぜます。

揉んではいけません。

② ①に水を入れて、優しく混ぜて汚れを落とします。

水を捨て、きれいな水で何度かすすいだのち、水気をふき取ります。

③分量外の片栗粉を牡蠣にまぶし、沸騰したお湯で10秒ゆで、冷水にとります。

④味噌、みりん、酒を混ぜて容器に入れ、牡蠣を漬けます。

1日で漬かります。

食べるときは味噌を落として、食べましょう。

そのままでも、トースターで焼いてもおいしいですよ。

味噌漬け牡蠣はバターと相性が良いので、次項はバターを使ったアレンジレシピをご紹介します。

牡蠣の味噌漬けアレンジ!クリームソースパスタ

上の項で作った味噌漬け牡蠣のアレンジレシピです。

牡蠣でクリームパスタを作ってみましょう。

【材料 1人分】

・スパゲティ 100g
・味噌漬け牡蠣 4個
・玉ねぎ 半分
・しめじ 半袋 
・にんにく ひとかけ
・小麦粉 大さじ1
・牛乳(生クリームでも) 100cc
・塩コショウ 少々
・万能ねぎ 少々
・バター 大さじ1

【作り方】

①玉ねぎは薄切り、にんにくはみじん切り、しめじは石突を取って、ほぐします。

万能ねぎはみじん切りにします。

②スパゲティをゆでます。

たっぷりの水に少量の塩を入れて沸騰させ、袋に表示されている時間より短めにゆでます。

ゆであがったら、お湯を捨てます。

③フライパンにバターを熱し、にんにくを入れて香りを出し、玉ねぎを弱火でじっくり炒めます。

しめじも一緒に炒め合わせ、小麦粉をふりかけて全体を混ぜ、牛乳と味噌漬け牡蠣を加え、弱火で煮詰めてとろみを出します。

塩コショウで味を整えます。

④スパゲティを入れて、クリームソースと絡め、皿に盛りつけます。

最後に万能ねぎを散らします。

牡蠣と言えば鍋!味噌バター牡蠣鍋レシピをご紹介

コクがあるうえにあっさりして食べやすい牡蠣鍋レシピです。

味噌とバターの風味とともに牡蠣を楽しみましょう。

牡蠣はしっかり下処理をすると、プリプリ度が違います。

前の項でご紹介した牡蠣の味噌漬けレシピの下処理①~③までを参考にしてみてください。

【材料 2人分】

・だし汁 1L
・味噌 15g
・白菜 4枚
・春菊 適量
・ネギ 1本
・豆腐 半丁
・牡蠣(加熱用) 200g
・バター 15g

【作り方】

①白菜や春菊はよく洗って、食べやすい大きさに切ります。

ネギは斜めに切り、豆腐は8等分に切ります。

牡蠣を下処理します。

②鍋にだし汁と味噌を入れ、火にかけて味噌を溶かします。

白菜、ネギ、豆腐をきれいに並べながら入れます。

ある程度煮えたら、春菊、牡蠣の順に入れ、牡蠣の上にバターを落とします。

牡蠣がふっくらしたら、出来上がりです。

牡蠣入りグラタン!味噌バター風味で豪華に

牡蠣グラタンには味噌が合います。

味噌とバター風味の牡蠣グラタンで、至福の時をお楽しみください。

家族がうなることまちがいなしです。

このレシピは里芋入りですが、里芋にはカリウムやビタミンCや食物繊維が含まれています。

里芋独特のヌメリはガラクタンという粘性物質によるもので、ガラクタンは免疫力を高めてくれるので、ガンや潰瘍の予防に効果があるといわれています。

また、里芋は肝臓や腎臓が弱るのを防いでくれますし、老化防止の効果も期待できます。

グラタンに里芋は意外かもしれませんが、おいしいので試してみてください。

【材料】

・牡蠣 100g
・里芋 5個
・玉ねぎ 半分
・菜の花 4本
・塩コショウ 適量
・小麦粉 大さじ2
・牛乳 220cc
・バター 30g
・味噌 大さじ1
・とけるチーズ 適量

【作り方】

①里芋は皮をむいて、食べやすい大きさにきり、柔らかくなるまでゆでます。

玉ねぎは薄切りにします。

②菜の花はさっと塩ゆでし、水にさらして水気を絞り3cmの長さにカットします。

③バターで玉ねぎと小麦粉を炒め、塩コショウと味噌を入れます。

牛乳を加え、味噌を溶かしながら牡蠣と里芋を加え、弱火で1分煮ます。

④牡蠣に火が通ったら、グラタン皿に移し、菜の花をきれいに盛り、とけるチーズをかけます。

⑤220℃のオーブンで5分ほど焼き、チーズがとけたら出来上がりです。

プリプリがたまらない!牡蠣のバターソテー味噌風味

味噌だれが牡蠣によく絡む、バターソテーです。

ご飯がすすみますよ。

おつまみにもどうぞ。

調理の時は牡蠣をそっと扱い、破れないようにしましょう。

【材料】

・牡蠣 200g
・味噌 大さじ1
・みりん 大さじ1
・酒 少々
・顆粒の和風だし 小さじ2分の1
・薄力粉 大さじ1
・片栗粉 大さじ1
・サラダ油 大さじ1
・バター 大さじ1

【作り方】

①ボウルに分量外の塩少々を入れ、牡蠣をその中で優しく振り洗いします。

そして、きれいな水でもう一度すすいで、ざるに上げておきましょう。

②皿に味噌とみりん、酒、和風だしを入れ、よく混ぜます。

③薄力粉と片栗粉を混ぜたものに、牡蠣をいれ、粉をよくまぶします。

ビニール袋の中に粉を入れて、牡蠣を入れて粉をまぶしてもいいですね。

④フライパンでサラダ油を熱し、弱火で牡蠣の表面をうっすらきつね色になるまで焼き、いったん皿に取り出しておきます。

⑤フライパンに、②を入れて中火にかけ、沸騰したら④の牡蠣を入れ、味噌だれを絡めます。

⑥水分が飛んだら、弱火にして牡蠣の両面を少し焦げ目がつくまで焼きます。

⑦火を止めた後、バターを入れ、バターを牡蠣に絡ませます。

お皿に盛って、出来上がりです。

牡蠣を味噌とバターでおいしく料理しよう

いかがでしたか?

牡蠣をおいしく食べるレシピをご紹介しました。

牡蠣は、鍋に入れたり、ソテーにしたり、味噌漬けにしたり、いろんな料理に変化することがわかりましたね。

ぜひ今回の記事を参考に、牡蠣をおいしく料理してくださいね。

 - その他食材