玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

牛乳を味噌汁に使ったレシピや牛乳と味噌の相乗効果をご紹介

      2018/03/22

牛乳を味噌汁に使ったレシピや牛乳と味噌の相乗効果をご紹介

味噌汁といえば、味噌以外に何を入れているでしょうか。

鰹や昆布からダシを取ったり、顆粒ダシを入れる方もいるでしょう。

みりんを入れるのもおいしくなるのでいいですね。

では、味噌汁に牛乳はいかがでしょうか。

意外な組み合わせに見えますが、実は合うのです。

今回は、味噌汁に牛乳を使ったレシピをご紹介します。

牛乳を使ったおかずや、味噌と牛乳の相乗効果などについてもご紹介していきます。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

自然製法でもトランス脂肪酸フリーのバターは存在しない?

2018年6月にアメリカでは、トランス脂肪酸の使用の規制...

味噌を詰める容器がガラスであるメリットと注意点とは?

味噌というと、スーパーで売られているパック入りの味噌が一...

麦味噌を作ってみよう!試しに2kgを容器に詰めてみよう

麦味噌をご存知ですか? 九州や愛媛県、山口県ではメジャ...

カロリーと脂肪の量がうまく絡む豚肉と部位の深い関係

肉の部位とカロリーは大きく関係します。 多くの人が、精...

カロリーの一日に必要な摂取量はどれくらいなのでしょうか?

飽食の時代と言われて久しい現代、生活習慣病に悩む人々も増...

お茶碗一杯分のカロリー消費にはどんな運動をどれくらい?

秋、食事が美味しくなる季節です。 ついつい箸が進み、食...

枝豆はカロリーが低くてダイエットに最適って本当なの?

夏から秋にかけての旬といえば、枝豆ですよね。 最近は芸能...

おにぎりと大福のカロリーと満足度の比較をしてみた結果…!

お弁当の定番はおにぎりという方も多いのではないでしょうか...

ドライトマトにはどんな栄養がある?カロリーはどれぐらい?

ドライトマトといえば、美容・健康・ダイエットに効果があると...

5kgダイエットするために必要な消費カロリーは?方法は?

年々、付きやすく、落ちにくくなってきました。 これは体...

食事が進まない2歳児!1日に必要とするカロリーの目安は?

かわいい盛りの2歳児は、「魔の2歳児」といわれるぐらいで...

自分のカロリー消費量を知ろう!1日の活動強度ごとに解説

あなたは、自分の体が1日にどれくらいのカロリーを消費して...

玄米の炊き方と、含まれるとされる「毒」との関係性とは?

玄米は健康に良い食品なので注目される分、「毒」を持ってい...

玄米を浸水のために冷蔵庫を使う時の注意点とポイントとは?

冷蔵庫はとても便利な家電で、玄米の保存にも浸水のためにも...

スープジャーで楽しむ!栄養満点な玄米のあたたかいリゾット

健康やダイエットのために、玄米はとても効果的です。 昼...

マクロビは玄米食がメイン!そこに潜む「危険」とは?

海外のセレブも導入していることで日本にも広まった「マクロビ」...

玄米を土鍋で炊く場合、水の量はどれくらい入れれば良いの?

健康ブームに乗って見直されている玄米ですが、炊飯器ではな...

私たちの生活に馴染深くて体に良い玄米やお茶の歴史を教えて

お米もお茶も、私たちの食生活の根幹をなす大変歴史ある食材で...

玄米の早炊き方法を色々紹介!玄米でいつもの食卓をご馳走に

玄米は精白米よりも、炊き方が面倒、普通の炊き方では固くて...

すごい健康パワー!緑茶や玄米茶に含まれる優れた効能とは?

私たちの食生活に、お茶は切っても切り離せない存在です。 ...

スポンサーリンク


具だくさん牛乳味噌汁のレシピ

牛乳を使った味噌汁のレシピをご紹介します。

≪具だくさん味噌汁≫

【材料 2人分】

・ジャガイモ    1個(140g)
・玉ネギ      1/4個
・人参       20g
・ウインナー    1本(15g)
☆水        1カップ
☆和風ダシ顆粒   小さじ1/2
・牛乳       3/4カップ
・味噌       大さじ1/2
・醤油       小さじ1/2
・粗びき黒コショウ 少々

【作り方】

①皮をむいたジャガイモはひと口大に切ります。

玉ネギは薄切りにして、人参は5mm幅のいちょう切り、ウインナーは5mm幅に切ります。

②鍋に☆、ジャガイモ、人参を入れ火にかけます。

柔らかくなったら玉ネギ、ウインナーを加え、5分程煮ます。

③牛乳を加え、煮立ったら味噌を溶き入れます。

醤油で味を調えます。

④お椀に盛り、黒コショウを振って完成。

まろやかな味わいの味噌汁になります。

牛乳嫌いにも!ゴマを使った牛乳味噌汁

もうひとつ牛乳を使った味噌汁のレシピをご紹介します。

≪牛乳ゴマ味噌汁≫

【材料 2人分】

・白菜    60g
・もやし   30g
・コーン缶  20g
・ショウガ  1/4かけ
・ダシ汁   300ml
・牛乳    60ml
・味噌    大さじ1弱
・練りゴマ  小さじ2
・七味唐辛子 適量

【作り方】

①ショウガは細切りにして、白菜は食べやすい大きさに切ります。

②鍋にダシ汁を入れ、火にかけます。

白菜、もやしを入れて柔らかくなるまで煮ます。

③ショウガとコーンを加えて、ひと煮立ちさせます。

④牛乳を入れて、味噌と練りゴマを溶き入れたら火を止めます。

⑤お椀に盛り、お好みで七味唐辛子を振りかけ完成。

ショウガはチューブのものでもいいですが、生のショウガを使うと、風味が際立ちます。

牛乳を入れてからは沸騰させないように気をつけましょう。

マイルドな味わいに仕上がり、牛乳が苦手な方も飲みやすくなります。

味噌汁の代わりに!あったか牛乳スープのレシピ

味噌汁の代わりに牛乳で作ったスープはいかがでしょうか。

具だくさんで体も温まるレシピをご紹介します。

≪ホタテとカリフラワーのスープ≫

【材料 4人分】

・カリフラワー    250g
・ホタテ貝缶詰     210g
・ほうれん草     60g
・玉ネギ       1/4個
・塩コショウ     少量
・牛乳        2カップ
・バター       30g
☆固形チキンブイヨン 1個
☆水         1と1/2カップ

【作り方】

①カリフラワーは粗みじん切りにし、玉ネギはみじん切りにします。

②ほうれん草はさっと茹でて水切りし、小口切りにし、固く絞っておきます。

③ホタテ貝は身を粗くほぐして缶汁はとっておきます。

④バターを入れたフライパンを熱し、①をしんなりするまで炒めます。

⑤④に☆と③と缶汁を入れ、5~6分弱火で煮ます。

⑥⑤に牛乳と②を加え、煮立てたら塩コショウで味を調えたら完成。

バターで炒めるときは火は弱めにしましょう。

よく混ぜながらスープを炒めると、きれいな白い色になります。

牛乳はご飯のおかずにもなる!和食のレシピ

牛乳を使った和食のレシピをご紹介します。

牛乳は和食に合わなそうですが、煮物との相性がいいのです。

≪鶏とジャガイモのミルク煮≫

【材料 2人分】

・鶏モモ肉   1枚(260g)
・塩      小さじ1/2
・ほうれん草  1/4束
・レンコン   150g
・ジャガイモ  1個(150g)
・サラダ油   小さじ2
・ダシ汁    100ml
・牛乳     150ml
・酒      大さじ2
・砂糖     大さじ1
・味噌     大さじ1
・醤油     大さじ2

【作り方】

①鶏肉はひと口大に切り、塩を振っておき、水分が出てきたらふき取ります。

ほうれん草は茹でて冷水にとり、4cmの長さに切ります。

レンコン、ジャガイモは乱切りにして水にさらします。

②フライパンにサラダ油を熱し、鶏肉を表面に焼き色がつくまで焼いたら、取り出しておきます。

③鍋にレンコン、ジャガイモを入れ、ダシ汁と牛乳を入れます。

沸騰したら灰汁を取り、鶏肉を入れて、酒、砂糖を加えます。

④味噌を溶き入れ、半量の醤油を入れて野菜に火が通るまで煮ます。

⑤味をみながら仕上げに残りの醤油を入れ、ほうれん草を入れて温めたら火を止めて完成。

味噌味が濃い目が好みなら醤油の量を減らしてください。

牛乳の優しい味わいが味噌と馴染んでご飯によく合います。

これに味噌汁があれば、ご飯も進みます。

牛乳だけじゃない!味噌汁に合うちょい足しとは

牛乳を使ったレシピをいくつかご紹介しましたが、味噌汁に合うのは牛乳だけではありません。

牛乳の他にも少量足すことでおいしくなるものをご紹介します。

・バター

バターは味噌汁との相性がいいのです。

ベーコンを入れれば、洋風になってとてもおいしくなります。

具材はジャガイモと玉ネギがおすすめです。

・ショウガ

味噌汁の身体を温める効果を、さらに高めてくれるショウガもおすすめ。

冷え性の改善や、ダイエット効果も期待できます。

具材は根菜類が合います。

・すりゴマ

入れれば味噌汁が香ばしくなります。

ゴマは骨粗しょう症の予防や、貧血に効果が期待できます。

・キムチ

スタミナ増進効果のあるキムチは、元気をつけたいときにいいですね。

ピリ辛で寒い日にも合います。

豆腐やエノキとキムチの辛みがマッチします。

味噌汁と牛乳の相乗効果とは?ダイエットにもおすすめ

では、味噌汁と牛乳にはどんな相乗効果があるでしょう。

牛乳を入れることによって、口当たりも柔らかくなり、マイルドなコクが生まれて、味噌の風味とよく合います。

大豆に含まれるイソフラボンは女性ホルモンと同じ働きをし、女性らしい体を作ったり、美肌、美髪効果も期待できます。

女性ホルモンが不足すると、体内からカルシウムが溶けだしてしまいます。

すると、骨密度も下がってしまいます。

牛乳を摂取すると、そのカルシウムが補われるため、女性ホルモンの量が増えてカルシウムが溶けだすという事態を防いでくれるのです。

また、食事のときに、味噌汁から食べ始めると血糖値の上昇を抑え、代謝も上がります。

そして、牛乳は栄養が豊富で、空腹感をやわらげ、カルシウムは体脂肪を燃えやすくしてくれます。

ですから、ダイエット効果としても、味噌汁と牛乳の組み合わせはとてもいいといえるでしょう。

ダイエットに、具材をたくさん入れてバランスの取れた味噌汁を、置き換えダイエットとして食べるのも効果的でしょう。

本格的にダイエットを考えているなら、取り入れてみるのもいいかもしれません。

レシピの注意点として、ヘルシーな具材をたくさん使いましょう。

味噌汁の塩分を排出するカリウムを含んだ食材もおすすめです。

置き換えといっても食べ過ぎないよう気を付けてください。

メリットたくさん!味噌汁と牛乳を一緒に食べる!

牛乳というと洋風と思いがちですが、和食にも味噌汁にもよく合うことが分かりました。

また、栄養面でも一緒に摂取するメリットがたくさんありましたね。

レシピも簡単で、ダイエットにもおすすめの組み合わせ、また、いろいろな相乗効果も期待できます。

ですから、普段別々に摂取している味噌汁と牛乳を、ぜひ一緒に取り入れてみてはいかがでしょうか。

 - その他食材