玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

オーガニックオイルを使ってみよう!食用オイルのおすすめは

      2017/12/28

オーガニックオイルを使ってみよう!食用オイルのおすすめは

『オーガニック』という言葉が、よく使われるようになりましたね。

体に良さそうなイメージはあるけれど、どこがどう良いのか詳しくはわからないという人もいると思います。

そこで今回は、オーガニックとは何か、特に食用のオーガニックオイルを取り上げて、おすすめや使い方についてご紹介します。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

家庭での味噌の作り方!大豆1kgの作りやすい分量でご紹介!

最近は発酵食が美容と健康に良い効果を与えると見直され、味...

田楽の味噌レシピをご紹介!残ったときのアレンジも

囲炉裏端で田楽を食べたことはありますか? 田楽は豆腐や...

豚肉の味噌焼きは驚きのカロリー控えめなダイエット料理

豚肉の味噌焼きは美味しくて、それだけでご飯がいくらでも食...

味噌汁の塩分濃度は何パーセントなのか?計算方法もご紹介

日本の食卓に欠かせない味噌汁。 しかし、塩分が高くて高...

手前味噌の作り方のコツは?初めてならビニール袋がおすすめ

最近、手作りの味噌が話題になっています。 手前味噌とも...

絶品!本格味噌鍋がカンタンに3ステップで完成!レシピ6選

鍋といえば、鍋つゆが命です。 後は好きな具材を入れるだ...

味噌汁の簡単レシピをご紹介!一人分を作る便利な方法は?

一口すするとホッとする味噌汁は、食卓の一品として欲しくなり...

別茹でなし!味噌煮込みうどんのレシピ!乾麺使用で時間短縮

うどん料理を作るとき、皆さんは市販の茹でうどんを使います...

美味しい味噌ラーメンの作り方は?簡単・本格両方紹介!

ラーメンは、とんこつや鶏を煮て、時間がかかるイメージです...

味噌入り鍋はおいしいうえに栄養満点!人気レシピの作り方

味噌入り鍋は体が温まりますし、野菜の甘味と味噌のコクが一...

手作り味噌の容器の大きさは?口の広さや大きい方がよい理由

近頃は、手作り味噌の材料や、容器がネット通販で買いやすく...

簡単な味噌汁のレシピ!栄養豊富なオクラを食べてみましょう

意外に知られていませんが、オクラは栄養が豊富です。 特...

焼きおにぎりに味噌を塗ってシソを添えると味と香りがアップ

焼きおにぎりには、味噌と醤油味があります。 こんがり焼...

ズッキーニを相性の良い味噌とチーズで美味しく食べよう!

みなさんは、ズッキーニを食べたことはありますか? ラタト...

手軽でおいしい味噌汁の作り方!なすの定番・斬新レシピ

なすの味噌汁と言えば定番の味噌汁の具のうちの一つかと思い...

毎年味噌を手作りするならホーロー。おすすめする5つの理由

手作り味噌のおいしさを一度知ったら、やみつきになってしま...

寒い冬にはユリ根の味噌汁はいかが?意外に豊富なレシピ公開

冬の高級野菜、ユリ根はどんな食べ方が好きですか? とは...

自家製味噌の製造販売の許可を取る方法と必要な資格の取り方

味噌は材料があれば、誰でも製造をすることができます。 ...

味噌鍋、旬の食材や冷蔵庫のもの全てをおいしく食べる作り方

冬と言えば鍋、鍋の定番のひとつは味噌鍋ですね! 味噌は...

発酵食品パワーをおかず味噌で手軽に!6つの作り方をご紹介

味噌は古くから「医者いらず」と言われるほどの発酵食品で、...

スポンサーリンク


オーガニックとは

オーガニックのものが体に良いと、よく聞きますよね。

では、オーガニックの意味はご存知でしょうか?

オーガニックとは、『有機』という意味です。

農薬や化学肥料に頼ることなく、自然の恵みを活かした有機肥料によって生産された、農産物を指します。

そのため、水・大気・土を汚染から守ることができ、食の安全も確保できます。

大きく言えば、自然の動植物を守ることができます。

このような点が、オーガニックの数ある利点の一部です。

日本では、オーガニックを名乗るのに、さまざまな条件が設けられています。

・その土壌で2~3年前から化学肥料を使っていないこと
・遺伝子組み換えの種は使わないこと
・畜産物の場合、飼料も有機であること

などの基準を、クリアしなければいけません。

オーガニックの認定は農林水産省が行い、認定されると有機JASマークを付けて販売することができます。

食品に関しては、このマークがないものは、「有機」「オーガニック」などの表現をすることが禁止されています。

そんな、オーガニック食品のひとつである、食用オーガニックオイルのメリットについて、みていきましょう。

食用オーガニックオイルを使うメリット

食用オーガニックオイルを使うメリットを簡単に言うと、一般のオイルより安全性が高いということです。

オーガニックは、畑で使う資材から加工の際の添加物まで、可能な限り、化学的なものを排除しています。

それゆえに、化学的なリスクは、一般の食べ物に比べて、低くなっているのです。

そんなオーガニックオイルを、どこで手に入れることができるのでしょうか。

オーガニック食品は、一般のスーパーでも販売されています。

有機JASマークが目印になりますので、探してみてください。

また、ネットショップでも販売されています。

ネットショップなら、様々な種類のオーガニックオイルを確認して、購入することができます。

色々見比べてみて、よさそうなものを探す時間も楽しいものですね。

食用オーガニックオイルの価格は高い?

オーガニック食品は高いというイメージがありますが、実際はどうなのでしょうか。

アメリカの農務省の報告によると、一般的な食品に比べると、卵・牛乳・葉物野菜の値段は60%高く、りんご・にんじんなどは7~30%高くなっています。

やはり、一般的な食品と比べると高くなっています。

では、なぜ値段が高くなってしまうのでしょうか。

オーガニック食品は栽培から加工において、普通のものに比べて、手間が掛かります。

そのため、消費者の手元に届くまでに、値段が上がってしまうのです。

さらに、日本のオーガニック商品は、欧米に比べて値段が高いです。

理由として、農業人口が少ないことや、厳しい基準が設けられていることにあります。

そして、これをクリアして、初めてオーガニックを名乗れるので、それだけ手間とコストが掛かっているのです。

値段はさておき、オーガニックは環境にもやさしく、健康にも良いので、生活に取り入れていきたいですよね。

前述しましたが、食用のオーガニックオイルは、種類がたくさんあります。

有名なのはオリーブオイルですが、それ以外にも黒クミンから採れたもの、ココナッツオイル、亜麻から採れたものなどがあります。

詳細は次の項で、ご紹介します。

食用オーガニックオイルの種類やおすすめ

オーガニックオイルと言っても、いろいろな植物からオイルが採れます。

いくつか、オーガニックオイルをご紹介します。

【ALCENERO(アルチェネロ) 有機エキストラ・ヴァージン・オリーブオイル ドルチェ 500ml】

2,000円前後で購入でき、有機JAS認証、EU有機認証が付いています。

低温圧搾法を用いて作られています。

【ブラッククミンシードオイル 250ml】

4,000円ほどの価格です。

『聖なるオイル』と呼ばれるオーガニック食用油です。

ミネラル・ビタミン・必須アミノ酸を豊富に含んでいます。

また、コレステロールや血圧の改善に効くと言われている、チモキノンも豊富に含みます。

【オーガニックココナッツバター 200g】

1,500円ほどで購入できます。

なめらかな口当たり、やさしい甘さ、豊かなコクが特徴です。

添加物は一切使用していません。

【CRUDIGNO イタリア産 有機アマニ油 229g】

1,700円ほどで購入できます。

アマニ油は、成熟した亜麻という植物の種子を圧搾、または潰したものを溶媒で抽出することで得られる、黄金色の油です。

こちらの商品は、主にイタリア産・EU産の亜麻の種子だけでできたアマニ油になります。

低温圧搾により抽出された、まろやかで風味豊かなオイルです。

亜麻仁油は、健康やダイエットに良いと注目されています。

オーガニックココナッツオイルは美容にも使える!

オーガニックの食用ココナッツオイルは、食事にも美容にも使えます。

食事として摂る場合、身体の巡りを良くしたり、水分や塩分が原因のむくみにも効果があります。

熱に強いため、200℃までは成分が壊れないです。

そのため、加熱調理の油として使用することもできます。

ココナッツの風味を楽しむため、コーヒーや紅茶に入れて飲むこともできるのです。

また、ヨーグルトやアイスにトッピングしてもおいしいですし、パンに塗って、ココナッツの香りを楽しむこともおすすめです。

ちなみに、食用なので、スキンケアにも安心して使えます。

ココナッツオイルは25℃以上で、液体になりますので、もし美容のために使うのでしたら、液体にすると使いやすいですよ。

顔に使う場合は、化粧水をつける前にココナッツオイルを1~2滴塗ります。

その後、化粧水などの普段のお手入れをします。

ボディオイルとして使うときも同様に、ボディクリームなどを塗る前に、オイルをボディになじませます。

ヘアトリートメントとしても、ココナッツオイルが役立ちます。

使い方は、シャンプーする前、髪を濡らした後に、大さじ1~3のオイルを髪につけ、10分放置します。

その後、洗い流し、通常通りのシャンプー・リンスをしてください。

こうすることにより、髪のパサつきがなくなり、まとまりやすくなります。

食用オーガニックオイルを使ったレシピ

食用にも美容にも使える、万能なオーガニックオイルですが、せっかく食用なのですから料理に使って、おいしく食べましょう。

●簡単!トマトサラダ オリーブオイルかけ

【材料】

・トマト 2個
・玉ねぎ 1/2
・バジルの葉 少々
・オーガニックオリーブオイル たっぷりとお好みで
・食用酢もしくはバルサミコ酢 少々
・塩 少々

【作り方】

①トマトは薄切りの輪切りにします。

お皿にきれいに並べましょう。

②玉ねぎはみじん切りにして、トマトの上にきれいにかけます。

③刻んだバジルを散らします。

④塩をかけ、オリーブオイルと酢をまわしかけます。

●オーガニックアマニ油で作ろう!ドレッシング

【材料】

・玉ねぎ 1個
・小ネギ お好みで適量
・オーガニックアマニ油 大さじ3
・醤油 大さじ2
・酢 大さじ2
・塩 少々
・砂糖 小さじ2
・いりごま 少々

【作り方】

①玉ねぎは、みじん切りにします。

もしくは、すりおろしてもOKです。

小ネギも、みじん切りにしましょう。

②玉ねぎを電子レンジに2分かけて、熱を通します。

その後、しっかり冷ましましょう。

他の材料と混ぜる前に、しっかり冷ますことがポイントです。

③すべての材料を混ぜ合わせます。

出来上がりです。

サラダに、豆腐に、かけてお召し上がりください。

オーガニック食用オイルは、ドレッシング以外にも、さまざまな料理に使えます。

いろいろな料理に使ってみてください。

オーガニックを生活に取り入れ健康的な食を楽しもう

いかがでしたか?

自然や環境にも、私たちの健康にも良いオーガニック。

値段が普通のものより、少し高く感じるかもしれませんが、私たちの手元に届くまでの、手間やコストを考えると、当然ですよね。

オーガニックを生活に取り入れ、健康や自然を守っていきたいという人は、たくさんいます。

ぜひ、身近な食生活から、少しずつオーガニックを取り入れていってみてください。

 - その他食材