玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

3ヶ月で体重を減らしたい!1日の食事内容と運動量を見直そう

      2017/12/27

3ヶ月で体重を減らしたい!1日の食事内容と運動量を見直そう

ダイエットの成功の鍵は、「まず3ヶ月は続けましょう」と言われますが、これがなかなか難しいです。

無理なく続けられるダイエット方法は、あるのでしょうか。

そこで、1日に、どのくらいの食事や運動をすれば良いかなどをご紹介します。

また、目指す体重は、健康的な体重ですか?

痩せすぎは、注意が必要です。
健康的に美しくなるダイエットをしましょう。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

自分に必要な1日のカロリーを勉強して健康な体を目指そう

みなさんは、1日にどれだけカロリーが必要かを勉強してみよ...

麦ご飯・雑穀米・玄米の違いは?どんな効果があるの?

近年のヘルシーブームにより、麦ご飯・雑穀米・玄米を食事に...

もち麦と玄米って糖質低いの?実際、糖質量はどれ位なの?

もち麦、玄米両方とも、今、ダイエットや健康に良いと言われ...

玄米を食べると血糖値は上がるのか?それとも下がるのか?

玄米が身体にいいことはよく知られています。 では、...

トランス脂肪酸を含むマーガリンと含まないマーガリンの種類

植物性の油を原料とするマーガリンは、加工の過程で部分水素...

沖縄定番の油味噌!ごはんやおにぎりの具におすすめの常備菜

一般的に味噌というと味噌汁や料理の味付けに使用する調味料...

ダイエットに最適!玄米を使ったお粥の炊き方

白米よりも多くのビタミンや食物繊維を含み、栄養価が高い玄...

ヘルシーな玄米の優れた効果は花粉症にも効果的なの!?

お正月が過ぎ、1年で最も寒い時期も終わろうとする頃から気...

玄米を食べるとどうして下痢してしまうのか原因を調べてみた

体に良いと広く認知されている玄米ご飯ですが、食べると下痢をす...

電子レンジでスチーム料理をラップを使って簡単に美味しく

電子レンジでスチーム料理をするときに必要なアイテムがラッ...

トランス脂肪酸が多いとされるマーガリンの含有量について

健康を守りたい世間の風潮の中で、トランス脂肪酸は「悪者」...

玄米で作る毎日食べても飽きない炊き込みご飯の人気レシピ

玄米が身体に良いというイメージは、誰もが持っていますよね。 ...

玄米は粥にした方が消化は良くなるの?美味しい玄米粥って?

健康のために玄米を食べている人も多いですよね。 しかし...

玄米雑炊がダイエットに効果があるって本当なの!?

玄米や雑炊は、それぞれダイエットに効果があると言われています...

もち米と玄米を合わせたもち米玄米とは?栄養価は高いの?

玄米は栄養価が高く、身体にとってもいいといわれていますが、「...

超便利!マイヤー電子レンジ圧力鍋で簡単に手早く玄米料理

知る人ぞ知るマイヤー電子レンジ圧力鍋は時短料理の味方です。 ...

玄米や押し麦でご飯の量を減らす?自然食ダイエットの方法

近年「糖質制限」などのダイエットが一大ブームとなり、すっかり...

玄米ご飯にしようとしての失敗!アレンジでどうにかできる?

玄米ご飯がよく健康に良いと話題にあがっているため、試してみた...

身体に良いといわれる玄米と白米の栄養価を徹底比較!

近年、健康志向が高まり、玄米も摂る人が増えてきましたよね。 ...

玄米のお粥の栄養と、体にもたらす優れたその効果を知りたい

栄養がたっぷり詰まっていると言われている玄米は、健康を第一に...

スポンサーリンク


平均身長から見る標準体重は?

3ヶ月続けやすいダイエット方法と、1日の食事取量や運動量も気になりますが、まず、ご自身の標準体重を知りましょう。

日本の平均身長は、男性170cm、女性158cmと言われています。

もちろん平均ですから、この身長よりも低い人、高い人がいるかと思います。
今回は、この平均と言われている身長をもとに、お伝えします。

平均身長に対して、標準体重はどのくらいなのでしょうか。

標準体重とは、キープするように心掛けることで健康的に生活ができて、病気になりにくいと統計的に証明がされている数値です。

「身長(m)×身長(m)×22」で男女問わず、計算ができます。

☆女性平均158cmの場合
・1.58×1.58×22=54.92kg

☆男性平均170cmの場合
・1.70×1.70×22=63.58kg

この数値は、健康面を考えてのことなので、見た目は考慮されていません。

もしかしたら、理想体重よりも多いと感じる人も、中には、いるかもしれませんね。

体重の他にもBMIや体脂肪率に目を向けよう

標準体重の計算式と同じく、健康的な体型キープの目安になるのが、BMI(BodyMassIndex)です。

身長と体重で、肥満かどうかを表す体格の基準になっています。

「体重(kg)÷(身長m×身長m)」で、BMI指数を算出します。

日本肥満学会は発表している基準値は、女性で21.0、男性は22.0です。

BMIが18.5以下は痩せすぎ、25.0以上は肥満ぎみとされ、健康面を見ても、どちらも支障が出やすい数値となります。

また、体脂肪率も重要です。

肥満を表すBMIに対して、体脂肪率は体重に対して、どのくらいの脂肪があるのかを算出することができるからです。

体脂肪率は「体脂肪の重さ(kg)÷体重(kg)×100」で分かります。

体脂肪は、体脂肪が測れる体重計などで測ってみてください。

標準数値は、女性で20~29%、男性で10~19%です。

おおよその体型を、ご自身のBMIと体脂肪率を見て、あてはめてみましょう。

☆BMI・体脂肪率とも低い=痩せ型
見た目も内側から見ても痩せすぎ体型

☆BMI・体脂肪率ともに標準=標準型
バランスのとれた、とても良い状態で、キープしたい体型

☆BMIは低~標準だが、体脂肪率が高い=隠れ肥満型
見た目では分かりにくいが、内臓脂肪がついている可能性のある体型

☆BMIが高く、体脂肪率は標準=筋肉太り型
筋肉量の多い元スポーツ選手などや、女性だと下半身太りになりやすい体型

☆BMI・体脂肪率ともに高い=肥満型
生活習慣の見直しが必要な体型

BMIと体脂肪率を知って、「1日でも早く改善したい」「3ヶ月で確実に痩せたい」と思う人もいるかと思います。

しかし、3ヶ月で痩せることはリスクも伴います。

まずは、3ヶ月で痩せるリスクを知ったうえで、短期間ダイエットに挑みましょう。

3ヶ月で体重を落とすリスクとは

BMIと体脂肪率の結果を見て、ダイエットを始めようと決意した人や、
「結婚式が3ヶ月後にある」
「久しぶりの同窓会が3ヶ月後」
という理由がある人などは、1日も早く結果が出したいと思いますよね。

しかし、短期間のダイエットには、リスクもあります。

【リバウンド】

3ヶ月と短い期間で、一気に体重を減らすことができたとしても、最大のリスクとして、リバウンドがあります。

ダイエットをスタートさせて落ちた数kgは、体内の水分や老廃物が減っただけで、実際には脂肪細胞が減ったとは言い難いのです。

そのため、普通の暮らしに戻した瞬間に、リバウンドしてしまいます。
脂肪細胞が減っていないのでは、確実に痩せたとは言えません。

【体型が崩れる】

食事の量を極端に減らすダイエットをすると、体内から脂肪消費をせずに、外側から減っていく現象が起こるので、女性ですとバストから減っていきます。

このことから、食事制限のダイエットだけでは、「お腹の脂肪を減らそうとしたら、バストも小さくなってしまった」というリスクも出てきてしまうのです。

【怪我】

短期間で結果を出そうと、一生懸命運動してしまいがちですが、激しい運動や過剰な回数を目標にしてしまうと、足腰に負担が掛かります。

普段、運動をしていない人が急に運動をしたら、当然のことながら、怪我をしてしまうリスクが出てきます。

怪我をしてしまっては、ダイエットどころではなくなってしまいます。

1日3食の食事内容を見直して3ヶ月続けてみよう

ダイエットの要となるのが食事です。

3ヶ月で体重を減らしたいからと、食事制限をし過ぎると、かえって太るリバウンドのリスクが増えてしまいます。

では、1日3食の食事内容は、どのようなものにすれば良いのでしょうか。

食事から摂るカロリーが、私たちが消費できるカロリーを上回ってしまうと、消費できなかったカロリーが、脂肪となって体に蓄積されていきます。

そのため、基礎代謝が低い人は、脂肪を蓄えやすい傾向があります。

基礎代謝とは、何もしていなくても臓器を動かし、生命維持をするためのエネルギーです。

また、カロリーを、単に少なくすれば良いかと言いますと、そうではありません。

五大栄養素と言われる、タンパク質・脂質・糖質・ミネラル・ビタミンをバランス良く食事で摂ることで、健康的に痩せられます。

この五大栄養素のうち、どれかひとつでも欠けてしまうと、私たちの体は満足感が得られません。

そのため、他の栄養素で補おうとしてしまい、つい大量に食べてしまうのです。

このことを逆にとらえれば、毎回の食事の量が少なくても、五大栄養素を摂取すれば、体は満腹感を得ることができるのです。

例を出すと、具のないカレーライスは、1杯では満腹にならず、2杯~3杯とおかわりしてしまうこともあります。

脂質や糖質は補えていますが、他の三大栄養素が足りていないからです。

ご飯やカレーのルーを減らし、代わりに豚肉のカツでタンパク質、つけ合わせのサラダでミネラルとビタミンを補ってみましょう。

栄養のバランスのとれた食事を摂ることで、食べ過ぎを防ぐことができます。

ダイエット中の1日の摂取カロリーは?

食事制限だけで大幅に体重を落とすのは、リバウンドのリスクがあることを、お伝えしました。

では、無理なく健康的に痩せるための摂取カロリーは、どのくらいなのでしょうか。

それは、『体重×25(~30)Kcal』の計算式で知ることができます。

体重が60kgの場合は、60(kg)×25(~30)で、1日の摂取カロリーは1,500~1,800Kcalとなります。

1日の摂取カロリーが1,200Kcal以下になると、飢餓状態にあると体が判断してしまいます。

そうなると、摂取した脂質・糖質を脂肪に代えて、どんどん蓄えるようになってしまいます。

食べないダイエットは痩せるのではなく、やつれて、脂肪を溜め込む体になってしまうのです。

また、タンパク質や糖質の慢性的な不足は、免疫力を低下させ、筋力や思考の低下も招きます。

「3ヶ月間だけ」「すぐに痩せたい」などのダイエット目的で、摂取カロリーを1,200Kcal以下にすることは避けましょう。

【正しいダイエット中の食事】

体重と同時に、体脂肪も減らすことを、心掛けましょう。

☆1日3食摂る

朝と昼は、しっかりと食べて、エネルギーの消費の少ない夕食は控えめにしてみましょう。

☆タンパク質・脂質・糖質の三大栄養素をバランス良く摂る

理想は糖質60%、脂質25%、たんぱく質15%です。
ここに、ミネラル・ビタミンの栄養素も補えれば、バランスの摂れた食事になります。

☆食べる順番

血糖値の上昇は、肥満との関わりがあるので、食べる順番もポイントです。

緩やかに血糖値を上げるためには、糖質であるご飯やパンなどの主食を最後に食べましょう。

順番からすると、食物繊維→タンパク質→炭水化物の順番です。
食物繊維の多い野菜を使ったサラダや、味噌汁などから食べ始めてみましょう。

努力は1日にしてならず!3ヶ月続けたい運動

ダイエット中の食事内容は、見直せたでしょうか。

続いて、難関の運動です。

バランスの摂れた1日3食の食事も大切ですが、脂肪を燃焼させるために、運動して消費しなければなりません。

すぐに結果が出て欲しいと、無理な運動をすることは、怪我のリスクがあるとお伝えしました。

3ヶ月続けられて、なおかつ結果の出る運動は、有酸素運動であるウォーキングが効果的です。

ジョギングと違い、足腰に負担も少なく、動きやすい洋服に運動靴さえあれば、気軽に始めることができます。

コストもかからずに、ダイエットができるのは、嬉しいですよね。

脂肪は、有酸素運動をスタートさせてから、20分後に燃焼し始めると言われています。

運動を普段やっていなかった人は、いきなり20分ウォーキングをすると、長続きしなくなってしまいます。

まずは5分から始めて、慣れたら10分~15分、最終的には20分~30分と、ご自身のペースを大切にしてウォーキングをしましょう。

長く続けることができれば、体重や体脂肪に変化が見られ、筋力も付き、健康的にダイエットを成功させることができるはずです。

短期間でも結果は出せる

リバウンドしにくい減量は、1ヶ月あたり体重に対して5%までとされています。

60kgの人なら、1ヶ月で3kgは落とせる計算です。

途中に体重が落ちにくくなる停滞期や、体調にもよりますが、3ヶ月で9kgまではリバウンドをしない減量と言えます。

目標は数字だけでなく、「続ける」といった強い意思も、ダイエットを成功させる秘訣です。

なお、体調のすぐれない日や、疲れが残っているときは、無理をせずに行ってください。

 - 健康的なダイエット