玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

ジャガイモの植え付け方法!自然に降る雨だけで十分育つ!?

      2017/12/17

ジャガイモの植え付け方法!自然に降る雨だけで十分育つ!?

畑やプランターなどで、自家栽培している方が多くいらっしゃいます。

家庭菜園のメリットや、心構えはどういったことなのでしょうか。

また、植え付けてから90日程度で収穫ができて、自然の雨が降れば、頻繁な水やりが必要ないジャガイモの栽培方法をご紹介します。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

毎日飲む味噌汁だから塩分濃度0.8%でおいしく健康的に減塩を

健康を維持するには、減塩もひとつのポイントです。 塩分を...

万能調味料と近ごろ話題の醤油麹の使い方!欲張りレシピです

テレビでも紹介され、いま話題になっている醤油麹。 醤油...

生きた菌が作り出す醤油の微生物と美味しい味の関係とは!?

醤油は古くから親しまれてきた発酵調味料です。 醸造品と...

オーガニックワインに合う料理とは?ワインの種類毎にご紹介

最近では、オーガニックワインが人気を集めているようです。...

オーガニックガムシロップの様々な用途とは?料理もご紹介!

アイスコーヒーやアイスティーのお供として、ガムシロップは...

玄米を精米すると栄養量が減る?玄米のアレコレを学ぼう!

栄養豊富で健康的なことから、いま熱視線を浴びている玄米。...

美味しいお味噌汁が簡単に作れる!便利な味噌玉が今話題!

突然ですが、皆さんは、お味噌汁を食べていますか? お味...

味噌を使ったインスタント食品の作り方!味噌玉って何?

お湯を注ぐだけで、味噌汁が作れるインスタント食品は便利で...

味噌漬けした肉の作り方!安い肉が美味しい肉に変わるかも?

味噌漬けした肉は風味も良く、柔らかいものが多いですが、...

ひと手間加えるだけでワンランクアップ!味噌漬け魚の作り方

外食した際に、西京焼き・味噌漬け焼きというメニューを見か...

材料色々な味噌チゲのレシピ!魅力満載の韓国料理について

日本の和食と同様に、韓国料理も健康食として、世界中から注...

体に優しい発酵食品の味噌と豚肉を使ったレシピのご紹介

豚肉を加熱すると、お肉のタンパク質が固まって、硬くなって...

味噌を手作り!大豆選びから大豆をつぶす道具などをご紹介!

日本食というと、ご飯と味噌汁、お漬物が定番ですね。 こ...

味噌作りは塩が不可欠!おすすめの食材で手作り味噌を作ろう

なにかと手作りがブームのなかで、味噌作りも密かに注目され...

【濃口・減塩・薄口】醤油大さじ1杯の塩分を徹底調査!

今、世界的に塩分を控えることがすすめられています。 ...

オーガニック食品は何から試してみる?おすすめをご紹介

オーガニック食品が体に優しいとは知っているけれど、やはり...

肉の味噌漬けや魚の西京漬けの作り方!冷凍保存もできて便利

たくさんの魚や肉が手に入ったり、使いきれずに余ってしまっ...

味噌ラーメンの具といえば、野菜炒め!その作り方をご紹介!

寒い冬に食べたくなるのが、味噌ラーメンですよね。 そし...

醤油に飽きたら味噌焼きうどん!レシピやお店をご紹介!

焼きうどんというと、醤油味かソース味だと思っていませんか...

必見!日本全国の醤油メーカーの取り組み&海外への展開

醤油は今、国内だけでなく世界中で、大切な調味料として多く...

スポンサーリンク


家庭菜園でジャガイモなどの野菜を育てるメリット

食の安全面や、採りたての野菜の美味しさを味わってみたいなど、家庭菜園に興味を持たれる方が多くなってきました。

比較的育てやすいジャガイモは、家庭菜園を始めたばかりの方に人気の野菜です。

野菜などを自家栽培するメリットは、どんなところにあるのでしょうか。
見ていきましょう。

【家庭菜園のメリット】

●無農薬で野菜が作れる

健康や体のことを想って無農薬の野菜を食べたいと思っても、販売されている無農薬野菜は、少々お値段が高く、なかなか手を出せません。

しかし、家庭菜園なら、こうした無農薬野菜が作れます。

●食費の節約

始めたばかりでは実感しにくいですが、家庭菜園に慣れてくると、様々な野菜が作れるようになります。

降り続く雨などの影響で、野菜の値段が高騰していても、自家栽培なら市場の値段に関係なく、食卓に野菜を使った料理を並べられます。

●自家栽培の野菜は美味しい

家庭菜園の醍醐味と、言えるのではないでしょうか。
採れたての野菜の美味しさに、ビックリすることでしょう。

種をまいて植え付け、丹精込めて育てた野菜は、より美味しく感じますよね。

食べものを育てて食べるということが、どんなに大変なことなのかを実感でき、子供たちにも伝えることもできます。

野菜を植え付けるだけでは、育たない

家庭菜園のメリットについてお話しましたが、楽しいことばかりではありません。

始める前に、家庭菜園で最低限やらなくてはいけないことを見ていきましょう。

●毎日の世話

野菜の種まきをして植え付けるだけでは、美味しく育ちません。
野菜の成長が順調に進んでいるか、害虫などはついていないかなど、毎日のチェックが欠かせません。

肥料は足りているか、雨が長い期間降らないときなどは、水分が不足していないかなども、気に掛ける必要があります。

家庭菜園を始めたばかりの方は、たくさん育てようと無理をせずに、ひとつの野菜に絞りましょう。

●育てる野菜の知識を勉強する

比較的育てやすいジャガイモであっても、育てている間に、何のトラブルも起きないとは言い切れません。

育てる野菜の特徴や、かかりやすい病気や害虫について、あらゆる知識を身に付けてから栽培する必要があります。

●必要なものを準備する

家庭菜園をするにあたって、最低限必要なものは、土・肥料・園芸用の刃物・スコップです。
畑がない場合は、ここにプランターも必要になってきます。

育てる野菜によっては、支柱やビニールなども使う場合もあるので、必要に応じて用意しておきましょう。

ジャガイモの植え付け時期はいつ?

野菜を育てるメリットと、やらなければならないことを理解したうえで、家庭菜園を始めてみましょう。

様々な料理で活躍するジャガイモを育ててみませんか?

【ジャガイモの植え付け時期】

2月下旬~3月の春と、8月下旬~9月中旬の秋とがあります。
新ジャガを味わいたい方は、2月下旬に植え付けましょう。

【土】

土の状態ですが、pH5.0~6.0の土が良いでしょう。
ジャガイモを植え付ける2週間前ぐらいに、苦土石灰と有機肥料をまいて、土を耕しておきます。

すぐに植え付けたいときは、培養土を使って植え付けても構いません。
ジャガイモは湿気に弱いので、水はけの良いものを選びましょう。

【種イモ】

スーパーで販売されているジャガイモではなく、熱処理のされた種イモを購入してください。

春に植え付けする場合は、2日前にジャガイモを半分に切り、その断面を陽の光に当てて乾燥させましょう。

乾燥させるためにも、天気予報を確認して、雨が降らず、晴れの日が続く日を選びましょう。
秋に植える場合は、腐らないようにジャガイモは切らなくて良いです。

自然の雨で育つジャガイモ

植え付け時期に合わせて土を耕し、種イモの準備ができたら、雨の日を避けてジャガイモを植えていきましょう。

ジャガイモを植えるために、土を幅60cmほど、深さ15cmほどに掘っていきます。
種イモの断面を下にして、種イモとの間隔は30cm以上開け、間に元肥を施しておきます。

並び終えたら5cmほど土をかぶせ、たっぷりと水やりをしましょう。

種イモを植え付けてから数日経過し、10cmほどの芽が出たら、「芽かき」作業を行います。
芽かきとは、丈夫そうな芽を1~2本選別して、他の芽は抜いていく作業のことです。

芽かきが終わったら、残した芽の根元に土を寄せていきます。

さらに、この芽が20cmほどになったら、再度、土を寄せましょう。

この「土寄せ」作業が不十分だと、日光が入り込み、ジャガイモが緑色に変色して劣化しやすくなります。
きちんと行いましょう。

畑で育てるジャガイモは、自然に降る雨だけで育つので、頻繁な水やりをしなくてもよい野菜です。

頻度の高い水やりは、種イモの腐敗に繋がり、疫病にかかりやすくなるので、必要最低限の水やりを心掛けましょう。

プランターで育てる場合は、自然の雨が当たるのか否かで、水やりの頻度が変わります。

土の中が乾燥しているか確認し、乾燥しているようなら、プランター容器の底から水が出てくるまで、たっぷりと水やりをしましょう。

雨の日は避けてジャガイモを収穫しよう

ジャガイモは、植え付けてから約90日ほどで収穫ができます。
花が咲いて、咲き終わりごろに、葉っぱや茎が黄色くなってきます。

このタイミングを逃さないようにしてください。

タイミングを逃してしまい、収穫が遅れてしまうと、せっかく植え付けたジャガイモが腐ってしまったり、傷んでしまいます。

また、雨の日が続いているときは、収穫を避けましょう。
雨の日に収穫してしまうと、腐敗しやすく、収穫できたとしても貯蔵面で環境が悪いです。

晴れの日が2~3日続いていて、コンディションの良い日に収穫するようにしましょう。

収穫したら、日光に当てて、ジャガイモの表面を乾燥させます。
半日ほど、乾燥させましょう。

乾かしたら積み重ねないようにして、日光の当たらないところで保管してください。

水やりの少ないジャガイモ栽培ですが、毎日ジャガイモの様子を気にかけましょう。

収穫して美味しく食べるためにも、家庭菜園を成功させるためにも、常に気を配ることが大切です。

なぜ雨の日は植え付けに向かないのか

ジャガイモを植えるときでもお話しましたが、植え付けるときは雨の日を避けなければなりません。

植え付けた後に水やりをするので、雨が降っていたほうが効率的のように感じますが、リスクもあるのです。

では、雨の日の植え付けのリスクについて見ていきましょう。

●地温が低い

雨が降っていると、地温は下がります。
地温が上がっているときと比べると、根づきにくくなり、活着が遅れる原因になります。

●土が固まる

降雨時は土が固まりやすくなるので、根づきが悪くなり、大きく育たないといったリスクが生じます。

また、雨で水分を含んだ土の状態で土いじりをすると、団粒構造がつぶれて、水はけの悪い土になってしまいます。

水はけの良い土を好む野菜にとっては、コンデションが悪いですよね。

●病気になりやすい

土の中にある病原菌が、雨により活発になります。
植え付けときに根を傷つけてしまうと、そこから菌が入り込み、病気にかかりやすくなってしまいます。

こうした雨の日の植え付けリスクがあることを、覚えておきましょう。

観察も大事なプロセス

毎日の水やりが面倒だと感じる方は、ジャガイモの栽培がおすすめです。

しかし、雨が長い期間降らなかったり、プランターなどで育てる場合は、土が乾いていないか注意しましょう。
美味しく食べるためにも放置せず、毎日観察して、その過程も楽しみましょう。

 - その他食材