生卵・半熟卵・ゆで卵の賞味期限の平均ってどのくらいなの?

日々の調理に、よく使用される食材のひとつに「卵」があります。

卵は、スーパーなどでパック詰めされて売られていますよね。
10個入りのものを買うと、たまに使い切れなくて、賞味期限が過ぎてしまうことがあります。

ですが、すぐに廃棄してしまうなんてもったいない!

今回は、生卵・半熟卵・ゆで卵の賞味期限の平均日数について調べてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

必見!黒糖を使ったレシピは?簡単手作りお菓子を楽しもう!

さとうきびを煮詰めてろ過し凝縮して作られた、自然な甘さが人気の黒糖。栄養価も高く、カルシウムやリ...

チョコレートのパウンドケーキ!気になるカロリーをご紹介

小麦粉1ポンド、砂糖1ポンド、バター1ポンド、卵1ポンドと材料をすべて1ポンドずつ使うケーキをパ...

味噌汁の作り方を工夫してあさりを美味しくいただこう!

あさりの味噌汁は、あさりの旨味と味噌のコクが一緒に味わえる一品です。より美味しいあさりの味噌...

水筒に入れたお茶がしばらくするとまずくなる理由と対処法

職場や学校、ピクニック中、水筒に入っているお茶を飲もうとしたら、『あれ、なんとなくお茶がまずくなっ...

カレーに野菜をすりおろすならこの野菜!その野菜が良い理由

すりおろした野菜をカレーに入れるという人は、とっても多いです。すりおろすことによって、子供が...

きのこの旨味を引き出しおいしくパスタを作ってカロリーオフ

カロリー低めのパスタを作るために、きのこを入れて作るという人は多いのではないでしょうか?ただ...

ハンバーグに味噌?隠し味やソース、アレンジレシピをご紹介

好きなおかずといえばハンバーグ、という方も多いのではないでしょうか。肉汁たっぷりのハンバ...

オーガニックハーブティーの種類やカモミールティーの効果

みなさんは普段、どんな飲み物を飲んでいますか?今回は、オーガニックハーブティーとカモミール...

捨てるのは勿体無い!余った味噌鍋で簡単美味しいリメイク!

冬の定番というと、温かい味噌鍋ですね。家族で鍋を囲む団欒の時間は心までも温めてくれます。...

おいしい味噌カツを作ろう!八丁味噌で作る味噌だれの作り方

日本各地では、名物となる食べ物が数多く存在します。そのなかでも人気なのが、甘い味噌だれのかか...

身体もポカポカ美味しい味噌仕立ての鍋焼きうどんのレシピ

夏が過ぎ秋になると、あっという間に寒さが堪える季節になります。寒い時にはやはり、温かいうどん...

余ったご飯を活用したパンケーキ!おすすめレシピを3つ公開

みなさんの主食は、ご飯ですか?パンですか?パン党の勢いに押されながらも、私達日本人は、まだま...

野菜を美味しく!ゴマ味噌炒めのタレ!秘伝のレシピをご紹介

皆さんは味噌炒めはお好きですか?まろやかな甘みとゴマの風味が食欲をそそって、野菜を美味しく食...

オクラを栽培しよう!夏バテの人に相性抜群の和風レシピは?

この夏は、家庭菜園をしてみたいな…でも、どの野菜がいいんだろう?なんて思っている人はいません...

オーガニックティーをおすすめする驚愕のメリットとは!?

みなさんは、オーガニックティーをご存知でしょうか。栄養価も高く、ダイエット効果も期待できる飲...

スポンサーリンク

卵の栄養

今回の記事では、卵の賞味期限の平均日数について調べていきます。

まずは、卵に含まれる栄養と効能についてお話します。

卵には、レシチンという成分が含まれています。
さらに、このレシチンには「コリン」という名の成分も含まれています。

コリンの脳を活性化させる効果によって、脳の老化防止が期待できるそうです。

また、コリンには中性脂肪量を調節する働きや、高血圧の予防と改善にも効果があると言われています。

ほかにも、卵には、メチオニンという名前の必須アミノ酸が沢山含まれています。

このメチオニンは、体の中の老廃物や毒素などを、体外に排出してくれます。

また、ビタミンA・B6・Eなどのビタミン群は、優れた抗酸化作用によって、活性酸素の発生を抑制・除去する働きがあります。

卵の白身には、リゾチームが含まれています。

このリゾチームには、体調不良を引き起こす原因のひとつでもある細菌などを、溶かす働きがあります。

昔から、風邪をひくと「卵酒」を飲むように言われてきましたが、それは理にかなったものなのですね。

生卵の賞味期限の平均ってどのくらい?

卵を毎日使っているつもりでも、気付いたら、あっという間に賞味期限が切れていたことはありませんか。

なかなか賞味期限以内に使い切れなくて、もったいないと思いながらも、泣く泣く捨ててしまうこともしばしば…。

賞味期限が切れた卵は、食べられないのでしょうか。

いいえ、そんなことはありません。
誤解されがちですが、卵に記載されている賞味期限は、卵を生で食べられる期限を示しているのです。

その期限は、卵の保存温度によっても異なります。
以下に、賞味期限の平均日数を記載します。

・7~9月の夏期…採卵した後、16日以内です。

・4~6月、10~11月の春秋期…採卵した後、25日以内です。

・12~3月の冬期…採卵した後、57日以内です。

パック詰めされた後、2週間(14日)くらいが賞味期限とされています。

賞味期限が切れた卵は、生で食べないほうが安心です。

たとえ賞味期限内であっても、卵の殻にヒビがある場合は、通常の状態のものよりも早く傷んでしまうので、生で食べないようにしましょう。

詳しくは、日卵協ホームページの「表示とタマゴの安心」をチェックしてみてください。

半熟卵・ゆで卵の賞味期限の平均は?

半熟状態の卵は、トロッとした黄身が美味しいですよね。

では、半熟卵の賞味期限についてお話します。

卵は加熱殺菌が可能ですが、半熟のようにしっかりと全てに加熱されていない状態では、菌が生存し続けてしまうことがあります。

前述したように、賞味期限は生で安全に食べられる保証期間です。
ですので、半熟卵も賞味期限以内に食べきるのがよいでしょう。

以下のような卵料理を作る際は、賞味期限に気を付けましょう。

・半熟状態の目玉焼き
・温泉卵
・とろーりオムレツ
・親子丼

次に、ゆで卵についてお話しましょう。

ゆで卵の賞味期限の平均は、冷蔵保存した場合、12時間から3日くらいです。

殻をむいた状態のゆで卵の賞味期限の平均は、同じく冷蔵保存した場合、12時間くらいとなります。

ゆで卵の賞味期限は、生たまごの鮮度の良し悪しに影響されます。

ゆでる前から食べられる限界スレスレの場合は、たとえ加熱したゆで卵にしても、食べないほうがよいでしょう。

劣化しやすいゆで卵の場合は、賞味期限ではなく、消費期限が表示されます。

つまり、冷蔵庫保存でのゆで卵の消費期限は、およそ3日となります。

賞味期限が切れた卵。加熱したら平均していつまで食べられる?

卵は古くなってしまうと、サルモネラ菌などが増殖してきますが、加熱することで菌を死滅させることが可能です。

卵は生で食べても、加熱して食べても、それぞれ美味しいですよね。
ですので、賞味期限切れの卵を食べるときは、必ず加熱してください。

簡単に作れる卵焼きやホットケーキ、パン作りへの使用がおすすめです。

賞味期限が切れた卵を加熱したら、平均していつまで食べることができるのだろう?
ふと、そんな疑問がわきますよね。

では、お答えしましょう。

冷蔵庫保存していた場合、賞味期限が過ぎてから、およそ10日を目安として考えておきましょう。

いくら加熱をしているからといっても、早めに食べ切ることに、越したことはないのです。

また、料理を作るとしたら、安全のためにも卵に完全に火が通っていて、生の部分が全くないものにしましょう。

賞味期限が切れた卵を使っての半熟卵・半熟の目玉焼き・手作りのマヨネーズ・親子丼・オムレツなどは避けた方が良いですね。

賞味期限が切れた卵も加熱すれば安心!美味しい親子丼のレシピ

何度もお伝えしますが、卵の賞味期限は安心して生食できる期間のことで、賞味期限が切れた卵も、加熱すれば食べることが可能です。

70℃で1分以上、他の食材も混ざっている場合は、75℃で1分以上加熱することが大切です。

ここでは、卵料理の定番で、どの年代からでも平均して人気のある「親子丼」の作り方をご紹介します。

【材料 4人分】

・鶏モモ肉 120g
・ご飯 4杯分
・卵 4個
・みつば 4本
・たまねぎ 1個
・だし 250ml
・みりん 大さじ4
・しょうゆ 大さじ2
・塩 小さじ1/2

【作り方】

①鶏肉は皮と脂肪を切り取り、ひと口サイズにそぎ切りします。
たまねぎは、芯を取ったら薄切りします。

みつ葉は、3cmの長さに切ります。
卵は、軽く溶きほぐしておきます。

丼ぶりに、ご飯を平たくよそって、準備しておきましょう。

②鍋に、みりんを入れて煮きります。
そこに、しょうゆ・だし汁・塩を加え入れて煮立てます。

③ ②が煮立ったら、たまねぎと鶏肉を加え入れます。
材料が柔らかくなるまで、中火で煮ましょう。

④丼鍋などに③を一人前取り分けて、それを弱火にかけます。
煮立ったら、溶き卵を箸に伝わらせながら流し入れます。

⑤みつばを散らして、卵が半熟っぽくなったら、火を消しましょう。

⑥丼ぶりに、滑らせるようにのせたら出来上がりです。

卵が使用されている食品例

ここまで読んで、卵の賞味期限の平均がお分かりいただけたと思います。

卵は、どんな料理とも相性バッチリで、実に沢山の料理法がありますよね。
しかし、残念ながら卵アレルギーを持っている方は、卵を食べてはいけません。

参考までに、卵が含まれている食品例を挙げておきますので、ご参考にしてみてください。

☆卵が微量に含まれている食品

・酢、果実酢の一部
・メープルシロップや蜂蜜
・豚肉を切ったり、ミンチにする機械が共用な市販の豚肉

<気をつけなければいけない他の食品との加工品>

・鴨、合鴨の肉
・コンソメスープ

☆中程度、卵が含まれている食品

・鳥肉や鳥肉を使用した手料理
・卵を少し使用している場合の手料理やお菓子
・チキンコンソメ
・卵つなぎ麺
・ふりかけ
・卵ボーロ
・インスタントスープの素
・かまぼこなどの練り製品

☆多量の卵が使用されている食品

・卵焼き、目玉焼き、オムレツ
・茶碗蒸し
・魚の卵(イクラ、タラコ、スジコ)
・インスタントラーメンなど卵の入ったインスタント食品
・マヨネーズ
・アイスクリーム
・プリン
・ケーキやカステラ
・卵をつなぎに使っている生そば

以上は、ほんの一例なので、卵が使用されていないかどうか、しっかりと確認してくださいね。

賞味期限切れの卵は加熱調理しよう

いかがでしたか。

賞味期限が切れた卵を、すぐに廃棄してしまっていた方もいるでしょう。

食の安全第一を優先すると、賞味期限が切れた卵を使用するのが怖いという方も、いらっしゃいますよね。

ですが、正しく保存されていて、しっかり加熱調理すれば、少しくらいなら賞味期限が過ぎても平気です。

卵を無駄にしないためにも、思い切って使用してみてはいかがですか。