家庭菜園初心者におすすめ!6月に植える育てやすい野菜

プランターひとつ、小さなお庭があれば始められるのが家庭菜園です。

もし、少しでも興味があるのであれば、始めてみませんか。

何も育てたことがないという初心者でも、育てられる野菜はたくさんあります。

家庭菜園には、メリットがたくさんありますよ。
暑くなる夏の前、6月から始めてみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

レモン+砂糖でレモンシロップを!保存方法や美味しい活用法

黄色くて、酸っぱくて、爽やかな香りがするビタミンCが豊富な果物といったら?やっぱりレモンです...

ミニトマトの発芽までに掛かる日数と、上手な栽培のコツは?

みなさんは、野菜を育てることに興味を持ったことがありますか?小学生のときに、一度は必ず育てた...

味噌汁レシピ×旬の野菜!手軽に季節を感じる味噌汁のススメ

日本のソウルフードとも言える味噌汁は毎日の食卓に欠かせない一品ですよね。味噌汁は地域や作る人...

名古屋名物!「味噌カツ丼」と「たれ」の作り方!

カツ丼といったら、卵でとじた「卵とじカツ丼」か、ソースがかかった「ソースカツ丼」が一般的ですね。...

家庭菜園などで大量に大根を収穫したときの保存方法

家庭菜園や貰いもので、大量に大根を手に入れたときに悩むのが、その保存方法です。大量の大根を、...

もつ鍋に向いているのは、大腸?小腸?食べられる部位は?

暑い夏はビール、寒い冬は熱燗と。ご飯と一緒に食べるもつ鍋も美味しいですが、お酒との相性も抜群...

トウモロコシ栽培の天敵!アワノメイガの防除と対策について

トウモロコシを栽培するのであれば、アワノメイガを知っておかなければなりません。アワノメイガは...

かぼちゃの収穫後はどうすればいい?知って得する保存方法。

かぼちゃは収穫後すぐ食べる事はしないのをご存じでしょうか?かぼちゃは「採れたてが新鮮で美味しい...

必見!黒糖を使ったレシピは?簡単手作りお菓子を楽しもう!

さとうきびを煮詰めてろ過し凝縮して作られた、自然な甘さが人気の黒糖。栄養価も高く、カルシウムやリ...

味噌汁に合うねぎの切り方は?味や食感も変わるの?

ねぎは味噌汁の材料に欠かせない存在だと思う人も多いのではないでしょうか。炒め物や煮物、汁物、...

家庭菜園のきゅうりの収穫量を増やす!摘芯の方法をご紹介!

家庭菜園では初心者向けで育てやすいため、きゅうりの栽培が人気です。夏野菜の代表格なので、育てて...

味噌煮込みうどんを冷凍うどんで!お勧めレシピをご紹介!

味噌煮込みうどんは、冬に食べると美味しいですよね。その味噌煮込みうどんを、自分のお家でも手軽に...

野菜たっぷり!具だくさんのパスタは600g食べても低カロリー

パスタとは、イタリア語で、スパゲッティ、ペンネ、ラザニアなどを含む日本語で言う「麺類」を指します...

甘酒には酒粕と米麹の2種があります!その違いをご紹介!

甘酒は飲む点滴と呼ばれるほど、栄養価のある飲みものです。その甘酒は酒粕から作られるものと、米...

ぶりの味噌焼きで美味しく健康に!味噌焼きレシピもご紹介

ぶりの味噌焼きはごはんにもお酒にもよく合いますね。味噌焼きにすることで、味噌のこってりと...

スポンサーリンク

メリットたくさんの家庭菜園を始めよう!

近年、食の安全や、健康などへの関心が高まりつつありますね。
自分や家族が口にするのですから、安心安全なものを食べたいという思いがあるのは当然です。

そのような傾向からか、自分で野菜が育てられる家庭菜園にも注目が集まっています。
家庭菜園でしたら、自分で育てるのですから、安心安全ですよね。

家庭菜園のメリットは、無農薬の野菜を育てられるということです。

何が使われているのかわからないものを食べる不安がなく、安心です。

無農薬で栽培したハーブなら、豊かな香りそのまま、料理に使うこともできますよ。

また、家庭菜園は食費を助けるというメリットもあります。

プランターや庭で上手に育てられれば大量に収穫できるので、そのぶん食費が助かりますよね。

種は園芸店などで安く手に入りますから、うまくいけば無農薬のおいしい野菜が、安くたくさん手に入るということです。

家庭菜園をすることは、健康にもつながります。

土いじりをする、庭で作業をするということは、その分だけ運動する、体を動かす、ということです。

体の健康にも良く、しかも収穫すると食の安心にもなる家庭菜園を、ぜひ始めてみませんか。

初心者でも育てやすい野菜は、たくさんあります。

夏が始まる前の6月から始めてみましょう。

家庭菜園初心者はどんな野菜を選べば良い?

家庭菜園をこれから始めようというとき、初心者が悩むのが、何を育てたらよいのかという問題ですよね。

好きな野菜が育てられれば一番良いのですが、難易度が高かったり、環境が整わなかったりして、簡単にはいきません。

この野菜選びは、家庭菜園初心者にとっては大切なことです。
あまり難しい野菜を選んでしまうと、失敗する可能性が高くなります。

はじめての家庭菜園で失敗してしまうと、続ける気持ちもなんだか萎えてしまいますよね。
はじめは、育てやすい野菜から始めると良いですよ。

6月に植える育てやすい野菜についてお話ししますね。

家庭菜園を失敗しないためには、まず種まきの最適期をしっかり守ることです。

種まきの適期を守らないと、うまく育たず、収穫できないこともあります。

6月に植える野菜は、夏野菜の最後の植え付け期です。

特に6月は梅雨の真っただ中ですから、雨や湿度の影響を受けやすく、植え付ける野菜の選び方には注意が必要です。

季節に合わせた野菜を植えて、しっかり育てて収穫までたどり着きましょう。

6月の家庭菜園で気を付けること

6月に植え付ける野菜で、注意しなければならないことは、水やりです。

5月を過ぎると、30℃近い高温になる日も増えてきます。
6月になると、さらに気温が高くなってきます。

暑い日には、水やりに気を使わなければなりません。
早朝か、夕方以降に水やりを行いましょう。

日中に水やりをするのは、厳禁です。
一部例外の野菜もありますが、多くの野菜で日中の水やりはNGと言われています。

日中の高い気温の中で水やりをすると、水がすぐに温まってしまいます。
これでは、お湯をまいているのと同じです。

お湯は根に良くありませんし、土の中に染み込んだお湯は、サウナのような状態を作ってしまいます。

これでは、根腐れを起こしてしまいます。

かといって、冷たい水を与えるのもNGです。
暑い気温の中、冷たい水を与えられると、根の活動が止まってしまいます。

家庭菜園初心者が、犯しがちな間違いは、水のやりすぎです。

暑いから水をやりたいと思うかもしれませんが、我慢して、涼しい早朝か、気温が落ち着いた夕方に行うようにしましょう。

6月に植える初心者向け野菜【サツマイモ】

【サツマイモ】
6月に植える野菜でおすすめなのが、サツマイモです。
難易度が低く、丈夫で初心者向けの野菜です。

植え付けは、6月中旬までに行います。

焼きイモ・大学イモ・スイートポテトなど、甘くておいしいサツマイモは、収穫時期には子どもも大喜びですね。

焼きイモのイメージからか、冬の野菜というイメージがありますが、6月が植え付け時期になります。

育てる手間がほとんどなく、病害虫や暑さにも強いので、家庭菜園初心者でも失敗が少ない野菜です。

育て方は簡単ですが、土の養分を控え目にするのがポイントです。
養分が多いと、蔓ボケ(蔓や葉が育ちすぎて実が育たない状態)になってしまいます。

肥料は、控えめにしましょう。
酸性よりの土壌を好みますので、苦土石灰は控えめ、もしくは入れなくてもかまいません。

定期的に蔓を持ち上げて、不定根が張らないようにします。

収穫の時期は、試し掘りをして決めます。
収穫は、天気の良い日に行ってくださいね。

子どもと一緒に収穫すると、良い経験になりますね。

霜が降りると、イモが腐ってしまいます。
それまでに収穫は終わらせましょう。

6月に植える初心者向け野菜【小松菜・ルッコラ】

【小松菜】
小松菜の植え付けは6月に行いますが、生長が早く、種まきから1ヶ月程度で収穫できますので、1年中楽しめる野菜です。

育てるのも簡単で、家庭菜園初心者向けです。

青い野菜は、食卓に1品あると、うれしいですよね。
お浸し、味噌汁の具など、使い道が広い小松菜はコスパにも優れていて、ぜひ育ててほしい野菜のひとつです。

栽培のポイントは、肥料を控え目にすることです。
肥料が効きすぎてしまうと、食味が悪くなってしまいます。

小松菜は間引きが必要です。
8cm程度の間隔になるまで、株を間引きします。

間引きしすぎるともったいないので、たくさん育てたい場合は、1週間から2週間くらいずらして、種をまくのが良いですよ。

虫が付きやすいので、防虫ネットを使いましょう。

【ルッコラ】
ルッコラは、サラダなどによく使われるハーブのひとつです。
植え付けは6月に行い、長く収穫できるのでコスパの良い野菜です。

サラダだけでなく炒めものにも使えて、栄養も豊富、初心者にも育てやすい、うれしい野菜です。

栽培のポイントですが、連作障害を起こすので、続けて同じ場所に植えるのは避けてください。
1年以上あけて、植え付けましょう。

水不足、強い日差しに当たると、ルッコラの苦みが強くなってしまいます。
夏は、遮光ネットなどを使ってください。

草丈が15cm以上になったら収穫します。

丸ごと食べる場合は、株ごと引き抜きますが、外側の葉から摘み取ると長く収穫できます。

摘み取ったら、追肥をすると良いですよ。

6月から始める野菜は初心者におすすめばかり!

6月に植える初心者向け野菜は、他にもあります。

簡単にご紹介しますね。

◇ゴーヤ

5~6月が植え付け時期です。

夏のグリーンカーテンとして人気ですね。
育てやすいので、初心者にもおすすめです。

◇シシトウ

6月上旬までに植え付けます。
栽培が簡単で、1株でも大量に収穫できます。

◇水菜

小さなプランターでも育てやすい葉野菜です。

◇ミツバ

6月までに植え付けます。
プランターや植木鉢でも育てられます。

◇アイスプランツ

食べるとプチプチした食感の不思議な野菜で、最近人気です。

管理が楽で、育てやすい野菜です。
植え付け時期は年2回ありますが、春まきは6月中旬までに行います。

◇モロヘイヤ

5~6月に植え付けます。

生長が早く、7月には収穫できます。
うまく栽培できれば、11月くらいまで収穫できます。

◇落花生

植え付けは5~6月です。

収穫は10月頃と長い栽培になりますが、それほど手間がかからず、栽培しやすい野菜です。

家庭菜園では、まず手を出しやすいプランター栽培の野菜から始めると良いですよ。

初心者でもおいしい野菜が育てられる

家庭菜園初心者にとっては、野菜を育てるのはわからないことばかりだと思います。

しかし、それを乗り越えて収穫にたどり着いたときには、喜びは一段と大きくなるでしょう。

しっかり育てて、おいしい野菜が収穫できるよう頑張りましょう。