玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

ウーロン茶で食事で摂り過ぎた油を分解させて排出させよう

      2017/11/08

ウーロン茶で食事で摂り過ぎた油を分解させて排出させよう

油っこいものやお肉を食べるときにはウーロン茶を飲めば良い、というのはご存知でしょうか。

ウーロン茶は健康にも良いのですが、脂肪を吸収せず、分解し排出してくれるので、体重を気にする女性の味方です。

ぜひ、ウーロン茶の効果を知りましょう。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

甘酒を麹から作るには?便利な電子レンジを使った作り方

甘酒を麹で作ってみたいと思われませんか? 麹で作る甘酒...

甘酒を麹から手作りしたい!市販の麹はどこで手に入る?

甘酒には、酒粕でできたアルコール入りのものと、麹で作られ...

甘酒は米麹を使ったものがおすすめ!健康&美をゲットしよう

飲み物は何が好き?という問いかけに「甘酒です!」と答える...

甘酒を麹から作るにはどうするの?スープジャーでも作れる?

麹で作る甘酒は、自然な甘みで私たちをホッとさせてくれます...

甘酒を麹で作るには?ご飯を使う方法とご飯を使わない方法

甘酒は美味しいだけでなく、健康づくりや体力回復のために飲...

ミニトマトの栽培には連作障害がつきもの?その対策法とは

ミニトマトは、見た目もかわいくて、栄養満点ですから、家庭...

自由研究はこれで決まり!ジュースに含まれる砂糖の量を研究

小学校や中学校が長い休みに入る夏休みや冬休みなど、自由研...

お弁当にもおすすめ!果物の缶詰の冷凍デザートの作り方

お弁当で、主食の楽しみのほかに、もうひとつのお楽しみとい...

ビタミンcは酸化を防ぐ?食品が酸化すると変色する理由とは

私たちは食事を摂って、必要な栄養素を体内に摂り入れていま...

米ぬかを肥料として使う方法は?虫がわいてしまったら?

米ぬかはコイン精米所などで、無料で手に入りますね。 ぬ...

お米の浸水は一晩置いても問題なし?美味しい炊き方とは

お米はちょっとのひと手間で美味しくなる食材です。 主食...

お米にカビが生えて臭い!その原因と対策を探ろう!

お米にカビが生えて、嫌な臭いがしたらショックですよね。 ...

ご飯を冷蔵庫に入れたときの保存期間と美味しく食べる方法

冷蔵庫に入れたご飯は味が落ちて、パサパサとした食感になりま...

卵の栄養は黄身と白身で違うの?安心で安全な卵の選び方とは

卵は、昔から栄養価が高いとされている食材ですよね。 黄...

米粉を使ったレシピに唐揚げがある!レパートリーを増やそう

米粉は、小麦アレルギーの方も食べられることから、現在注目...

お米に茶色の虫がいる!予防の仕方と対処法を教えて!

米びつの中に茶色い虫が湧いていたら、衝撃ですよね。 し...

栄養価の高い発芽玄米の作り方!ヨーグルトメーカーで作れる

皆さんは、発芽玄米をご存知でしょうか。 身体にとても良...

納豆やレンコンのネバネバ食材を使ってサラダ作りをしよう!

ネバネバ食材の代表とも言える「納豆」。 ひと口に納豆と...

大根の保存方法は?干す方法以外もあるの?

秋から冬にかけてが旬の大根。 つい買いすぎてしまった、...

キッチンのお悩み解決!炊飯器から出る蒸気の対策方法

炊飯器から出る蒸気が、棚に直接当たっているのを見ると、ふ...

スポンサーリンク


ウーロン茶の効果

スーパーやコンビニ、自動販売機など、現在では、どこにでも売られているウーロン茶。
お茶が苦手な人でも、ウーロン茶なら飲めるという人もいるほど、美味しいですよね。

ウーロン茶は美味しいだけでなく、リラックス効果、疲労の回復、生活習慣病の予防などにも活躍してくれます。

そしてなにより、ウーロン茶は脂肪を分解し吸収を抑え、ダイエットに効果があると言われ、女性の間では話題になりました。

油ものやお肉をメインとした飲食店にウーロン茶が置かれていることも多く、ウーロン茶とは別に、黒ウーロン茶が置かれているお店も増えています。

中国の人が油っこいものを多く食べているのに、あまり太っている人がいないのは、ウーロン茶を飲んでいる効果とも言われているほど、効果は絶大なのです。

では、なぜ、ウーロン茶は脂肪の吸収を防いでくれるのでしょうか。

ウーロン茶重合ポリフェノールの力

脂肪の吸収を防いでくれているのは、まず、ウーロン茶の作り方によってできる成分のおかげです。

ウーロン茶を作るとき、酵素によって発酵させるのですが、その発酵を途中で止めてしまう『半発酵製法』を用いて作られます。

ウーロン茶は半発酵製法を用いていることによって、ウーロン茶重合ポリフェノールという特殊な成分をもちます。

このウーロン茶重合ポリフェノールが、かなり活躍してくれます。

本来、食事をして体内に入った脂肪は、リパーゼという消化酵素が働き、吸収されます。

しかし、ウーロン茶重合ポリフェノールは、このリパーゼの働きを防ぐ力を持っています。

ですので、油ものやお肉を食べてもウーロン茶を飲むことでリパーゼが上手く機能せず、脂肪は本来より吸収されずに、便となって排出されるのです。

また、ウーロン茶には、ウーロン茶重合ポリフェノール以外にも脂肪を分解したり、燃焼のお手伝いをしてくれる成分が含まれています。

サポニンで油の分解とカフェインで新陳代謝のアップ

ウーロン茶には、油脂肪を分解してくれるサポニンという成分も含まれています。

このサポニンは、炭水化物の糖質が脂肪になるのを防ぐ効果もあり、脂肪や糖分を外へ排出してくれます。

また、ウーロン茶にはカフェインが含まれています。
カフェインは、新陳代謝を良くする力を持っています。

温かいものも代謝を良くする効果がありますので、ホットウーロン茶にして飲むと、さらに脂肪燃焼の効果が得られそうです。

他にも、運動をプラスすれば、脂肪の燃焼を、さらに見込むことができそうですね。

この3つの成分のおかげで、ウーロン茶は脂質を吸収せず分解、排出し、代謝を良くして脂肪を燃焼しやすいカラダへと導いてくれるのです。

ちなみに、ウーロン茶には、すでについている脂肪を分解する力はありません。

ウーロン茶を飲んでも、今ついている脂肪を減らせるわけではありませんので、注意が必要です。
ウーロン茶は、食べた油ものや、お肉の脂質を吸収するのを防ぐために飲みましょう。

黒ウーロン茶の油の分解、排出の力

ところで油ものや、お肉メインのお店でよく見かける黒ウーロン茶ですが、ウーロン茶と何が違うかご存じでしょうか。

黒ウーロン茶は、普通のウーロン茶に比べると、ウーロン茶重合ポリフェノールが多く含まれています。

ですので、ウーロン茶より、さらに脂肪の吸収を抑えることができます。

成分が濃い分、味も普通のウーロン茶よりも濃く、少し苦いので、もしかしたら苦手な人もいるかもしれません。

しかし、かなり脂肪を吸収する力を防ぐことができるのでオススメです。

実は、中性脂肪は食後からだんだん増えていき、4時間を超える頃をピークに増えます。

しかし、黒ウーロン茶を一緒に飲んでおくと、上昇を普段の20パーセントの中性脂肪を抑えてくれると言われています。

20パーセントと聞くと少なく感じるかもしれませんが、油っこいものを食べた後の20パーセントは、なかなか侮れません。

また、大人が黒ウーロン茶を10日間の間、食事中に飲むようにしたところ、排出される脂肪が約2倍増えたという結果も出ています。

油ものやお肉を食べるときは、脂肪の吸収を防いで分解する効果のある黒ウーロン茶を、ぜひ飲んでみましょう。

ウーロン茶の飲み過ぎは危険

ここまでで、ウーロン茶は女性にとっても、とても嬉しい飲みものだということが分かりました。

ウーロン茶は脂肪の吸収を抑え、分解してくれるうえ、ダイエットに良いと聞けば、たくさん飲みたくなりますよね。

しかし、飲み過ぎは良くありません。
ウーロン茶を飲む量の目安としては、成人でコップ3~4杯ほどが良いとされています。

ウーロン茶は分解作用が強いので、油ものやお肉を食べたときには活躍してくれますが、飲み過ぎてしまうと、いらない脂質だけでなく、カラダに必要な栄養素や油分までも排出してしまう可能性があります。

また、ウーロン茶に含まれるカフェインも摂り過ぎるといけません。

カフェインには鉄分の吸収を阻止する力がありますので、女性に必要な鉄分の吸収も抑えてしまう可能性があります。

ですので、貧血になってしまう恐れがあります。

カフェインは眠る前に摂取してはいけないと言われていますが、摂り過ぎると寝不足を引き起こす原因になりかねませんので、夜に飲むときは特に注意した方が良さそうです。

正しく脂肪を分解する、ウーロン茶の飲み方

ウーロン茶は適度な量を飲むようにすれば、カラダに負荷なく効果を得ることができます。

正しい飲み方でウーロン茶を飲むことで、さらに効果を得ましょう。

まず、どのタイミングで飲むようにすれば良いかというと、食事中にウーロン茶を飲むようにしましょう。

食べたものが体内に入ってきて、ウーロン茶の力は発揮します。
油ものや、肉料理と一緒にウーロン茶を飲むことで脂肪を分解し、排出させましょう。

そして、空腹のときは、なるべくウーロン茶を飲むのは避けましょう。

空腹のときに飲むと、分解するものがないのに分解しようとする力が働いてしまうので、胃に負担をかけてしまいます。

少しくらいなら問題ありませんが、飲み過ぎてしまうと危険です。

また、毎食、ウーロン茶をコップ1杯分飲むのが良いです。
飲み過ぎると、先ほど述べたように、カラダへ負担がかかってしまいます。

毎食1杯だと、朝昼晩で3杯になり、適度な1日の摂取量になります。

ウーロン茶は油ものや、肉料理などの料理を食べているときに飲むと、大活躍してくれること間違いなしです。

ぜひ、食事中に1杯のウーロン茶を飲むように心掛けてみてください。

ウーロン茶の効果を利用しよう

いかがでしたでしょうか。

ウーロン茶は、体重を気にする女性にとって、とても心強い味方ですね。

食事に行ったとき、あまり意識せず、いつもジュースや水を飲んでいたという人も、ウーロン茶にしてみるといいかもしれませんよ。

必ず、飲み過ぎないように、適度に飲んでくださいね。

 - 健康的なダイエット