玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

ウーロン茶で食事で摂り過ぎた油を分解させて排出させよう

      2017/11/08

ウーロン茶で食事で摂り過ぎた油を分解させて排出させよう

油っこいものやお肉を食べるときにはウーロン茶を飲めば良い、というのはご存知でしょうか。

ウーロン茶は健康にも良いのですが、脂肪を吸収せず、分解し排出してくれるので、体重を気にする女性の味方です。

ぜひ、ウーロン茶の効果を知りましょう。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

野菜を美味しく!ゴマ味噌炒めのタレ!秘伝のレシピをご紹介

皆さんは味噌炒めはお好きですか? まろやかな甘みとゴマ...

味噌煮込みうどんを冷凍うどんで!お勧めレシピをご紹介!

味噌煮込みうどんは、冬に食べると美味しいですよね。 その...

ヘルシー&ダイエットに有効!味噌ちゃんこ鍋のスープレシピ

寒くなると親しい友人や家族と囲みたくなるのが、鍋ですね。...

鮭の味噌漬けはパスタに合う?味噌漬けパスタのレシピ

そろそろ水が出てきて、今日食べたい鮭の味噌漬け。 そう...

醤油を使いこなそう!料理がうまいと褒められたい

醤油は、和食には欠かせない調味料です。 海外から日本に来...

即席醤油ラーメンの誕生秘話!インスタント麺の栄養価は?

ちょっと食べたいときに、便利なのがインスタントラーメンです...

自家製の麹甘酒の味が薄い?薄くなる原因とその活用法とは?

近年の健康・美容ブームで話題となっている「菌活」の中でも...

美肌・ダイエット等に効果的と昨今世間で話題の甘酒麹レシピ

女性を中心に健やかな肌作りやダイエット、また便秘解消効果...

小麦粉大さじ1杯で何グラム?気になる体積15mlあたりの重さ

粉モノの料理を作ろうと思ってレシピを見ると、小麦粉の分量が...

大豆の力でカロリーオフしてダイエットとボリュームアップ!

ダイエット食品として、豆乳やおからなどの大豆食品は人気で...

夜にお菓子を食べたい人は手作りお菓子でカロリーオフ!

残業した日に、何か甘いお菓子を食べてリラックスしたいと思...

ダイエットではカロリー不足が原因の慢性的な疲れに注意!

ダイエットというと、カロリー計算をして摂取カロリーを控え...

大根のレシピ別に豚肉の部位を使い分けカロリーオフする方法

千切り大根を使った豚しゃぶサラダや、大根と豚肉をコトコト...

30代専業主婦の摂取カロリーの目安は?おすすめダイエット法

専業主婦になって太りやすくなったという女性はいらっしゃいま...

ラーメンの麺300gでもスープやトッピングでカロリーオフ

「ラーメンは大好きだけど、カロリーが高いのでたまにしか食...

カロリーコントロールするために、女性は40代からが大事!

40代になってから体重が落ちにくくなったと感じたことはあ...

シチューのルーは買う?作る?カロリーオフできる方法とは

シチューは、よく食卓に上るメニューの一つかもしれませんね。...

バレンタインに簡単レシピをご紹介!美味しくてカロリーオフ

チョコの美味しさは特別なものです。 濃厚な香りと甘さは...

絶品カレー!美味しくカロリーオフするには市販ルーに頼るな

みなさん、カレーは好きですか? 毎日でも食べたいほど、...

じゃがいもは太りやすい?カロリーオフにする調理法とレシピ

じゃがいもはいろいろな料理に活用できる、他の素材と合わせ...

スポンサーリンク


ウーロン茶の効果

スーパーやコンビニ、自動販売機など、現在では、どこにでも売られているウーロン茶。
お茶が苦手な人でも、ウーロン茶なら飲めるという人もいるほど、美味しいですよね。

ウーロン茶は美味しいだけでなく、リラックス効果、疲労の回復、生活習慣病の予防などにも活躍してくれます。

そしてなにより、ウーロン茶は脂肪を分解し吸収を抑え、ダイエットに効果があると言われ、女性の間では話題になりました。

油ものやお肉をメインとした飲食店にウーロン茶が置かれていることも多く、ウーロン茶とは別に、黒ウーロン茶が置かれているお店も増えています。

中国の人が油っこいものを多く食べているのに、あまり太っている人がいないのは、ウーロン茶を飲んでいる効果とも言われているほど、効果は絶大なのです。

では、なぜ、ウーロン茶は脂肪の吸収を防いでくれるのでしょうか。

ウーロン茶重合ポリフェノールの力

脂肪の吸収を防いでくれているのは、まず、ウーロン茶の作り方によってできる成分のおかげです。

ウーロン茶を作るとき、酵素によって発酵させるのですが、その発酵を途中で止めてしまう『半発酵製法』を用いて作られます。

ウーロン茶は半発酵製法を用いていることによって、ウーロン茶重合ポリフェノールという特殊な成分をもちます。

このウーロン茶重合ポリフェノールが、かなり活躍してくれます。

本来、食事をして体内に入った脂肪は、リパーゼという消化酵素が働き、吸収されます。

しかし、ウーロン茶重合ポリフェノールは、このリパーゼの働きを防ぐ力を持っています。

ですので、油ものやお肉を食べてもウーロン茶を飲むことでリパーゼが上手く機能せず、脂肪は本来より吸収されずに、便となって排出されるのです。

また、ウーロン茶には、ウーロン茶重合ポリフェノール以外にも脂肪を分解したり、燃焼のお手伝いをしてくれる成分が含まれています。

サポニンで油の分解とカフェインで新陳代謝のアップ

ウーロン茶には、油脂肪を分解してくれるサポニンという成分も含まれています。

このサポニンは、炭水化物の糖質が脂肪になるのを防ぐ効果もあり、脂肪や糖分を外へ排出してくれます。

また、ウーロン茶にはカフェインが含まれています。
カフェインは、新陳代謝を良くする力を持っています。

温かいものも代謝を良くする効果がありますので、ホットウーロン茶にして飲むと、さらに脂肪燃焼の効果が得られそうです。

他にも、運動をプラスすれば、脂肪の燃焼を、さらに見込むことができそうですね。

この3つの成分のおかげで、ウーロン茶は脂質を吸収せず分解、排出し、代謝を良くして脂肪を燃焼しやすいカラダへと導いてくれるのです。

ちなみに、ウーロン茶には、すでについている脂肪を分解する力はありません。

ウーロン茶を飲んでも、今ついている脂肪を減らせるわけではありませんので、注意が必要です。
ウーロン茶は、食べた油ものや、お肉の脂質を吸収するのを防ぐために飲みましょう。

黒ウーロン茶の油の分解、排出の力

ところで油ものや、お肉メインのお店でよく見かける黒ウーロン茶ですが、ウーロン茶と何が違うかご存じでしょうか。

黒ウーロン茶は、普通のウーロン茶に比べると、ウーロン茶重合ポリフェノールが多く含まれています。

ですので、ウーロン茶より、さらに脂肪の吸収を抑えることができます。

成分が濃い分、味も普通のウーロン茶よりも濃く、少し苦いので、もしかしたら苦手な人もいるかもしれません。

しかし、かなり脂肪を吸収する力を防ぐことができるのでオススメです。

実は、中性脂肪は食後からだんだん増えていき、4時間を超える頃をピークに増えます。

しかし、黒ウーロン茶を一緒に飲んでおくと、上昇を普段の20パーセントの中性脂肪を抑えてくれると言われています。

20パーセントと聞くと少なく感じるかもしれませんが、油っこいものを食べた後の20パーセントは、なかなか侮れません。

また、大人が黒ウーロン茶を10日間の間、食事中に飲むようにしたところ、排出される脂肪が約2倍増えたという結果も出ています。

油ものやお肉を食べるときは、脂肪の吸収を防いで分解する効果のある黒ウーロン茶を、ぜひ飲んでみましょう。

ウーロン茶の飲み過ぎは危険

ここまでで、ウーロン茶は女性にとっても、とても嬉しい飲みものだということが分かりました。

ウーロン茶は脂肪の吸収を抑え、分解してくれるうえ、ダイエットに良いと聞けば、たくさん飲みたくなりますよね。

しかし、飲み過ぎは良くありません。
ウーロン茶を飲む量の目安としては、成人でコップ3~4杯ほどが良いとされています。

ウーロン茶は分解作用が強いので、油ものやお肉を食べたときには活躍してくれますが、飲み過ぎてしまうと、いらない脂質だけでなく、カラダに必要な栄養素や油分までも排出してしまう可能性があります。

また、ウーロン茶に含まれるカフェインも摂り過ぎるといけません。

カフェインには鉄分の吸収を阻止する力がありますので、女性に必要な鉄分の吸収も抑えてしまう可能性があります。

ですので、貧血になってしまう恐れがあります。

カフェインは眠る前に摂取してはいけないと言われていますが、摂り過ぎると寝不足を引き起こす原因になりかねませんので、夜に飲むときは特に注意した方が良さそうです。

正しく脂肪を分解する、ウーロン茶の飲み方

ウーロン茶は適度な量を飲むようにすれば、カラダに負荷なく効果を得ることができます。

正しい飲み方でウーロン茶を飲むことで、さらに効果を得ましょう。

まず、どのタイミングで飲むようにすれば良いかというと、食事中にウーロン茶を飲むようにしましょう。

食べたものが体内に入ってきて、ウーロン茶の力は発揮します。
油ものや、肉料理と一緒にウーロン茶を飲むことで脂肪を分解し、排出させましょう。

そして、空腹のときは、なるべくウーロン茶を飲むのは避けましょう。

空腹のときに飲むと、分解するものがないのに分解しようとする力が働いてしまうので、胃に負担をかけてしまいます。

少しくらいなら問題ありませんが、飲み過ぎてしまうと危険です。

また、毎食、ウーロン茶をコップ1杯分飲むのが良いです。
飲み過ぎると、先ほど述べたように、カラダへ負担がかかってしまいます。

毎食1杯だと、朝昼晩で3杯になり、適度な1日の摂取量になります。

ウーロン茶は油ものや、肉料理などの料理を食べているときに飲むと、大活躍してくれること間違いなしです。

ぜひ、食事中に1杯のウーロン茶を飲むように心掛けてみてください。

ウーロン茶の効果を利用しよう

いかがでしたでしょうか。

ウーロン茶は、体重を気にする女性にとって、とても心強い味方ですね。

食事に行ったとき、あまり意識せず、いつもジュースや水を飲んでいたという人も、ウーロン茶にしてみるといいかもしれませんよ。

必ず、飲み過ぎないように、適度に飲んでくださいね。

 - 健康的なダイエット