玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

一人暮らしで食事を作るのはめんどくさい!解決する方法は?

      2017/11/04

一人暮らしで食事を作るのはめんどくさい!解決する方法は?

実家にいるときは、何も言わないでもご飯の準備ができていましたよね。

しかし、実家を離れて一人暮らししてみると、食事の用意が、こんなにも大変なことだったのかと気付かされます。

めんどくさい食事の準備を、無理なく簡単にする方法はあるのでしょうか。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

トランス脂肪酸の含有量にこだわった日本のマーガリン

みなさんは、トランス脂肪酸をご存知ですか? トランス脂...

トランス脂肪酸が含まれたマーガリンの代用となるものは何?

パンに塗るのに欠かせないマーガリン。 そのマーガリンに...

野菜ジュースに頼りたいけど、どれくらいの栄養がとれるの?

野菜ジュースの種類は沢山ありますが、種類によってとれる栄...

家庭での味噌の作り方!大豆1kgの作りやすい分量でご紹介!

最近は発酵食が美容と健康に良い効果を与えると見直され、味...

田楽の味噌レシピをご紹介!残ったときのアレンジも

囲炉裏端で田楽を食べたことはありますか? 田楽は豆腐や...

豚肉の味噌焼きは驚きのカロリー控えめなダイエット料理

豚肉の味噌焼きは美味しくて、それだけでご飯がいくらでも食...

味噌汁の塩分濃度は何パーセントなのか?計算方法もご紹介

日本の食卓に欠かせない味噌汁。 しかし、塩分が高くて高...

手前味噌の作り方のコツは?初めてならビニール袋がおすすめ

最近、手作りの味噌が話題になっています。 手前味噌とも...

絶品!本格味噌鍋がカンタンに3ステップで完成!レシピ6選

鍋といえば、鍋つゆが命です。 後は好きな具材を入れるだ...

味噌汁の簡単レシピをご紹介!一人分を作る便利な方法は?

一口すするとホッとする味噌汁は、食卓の一品として欲しくなり...

別茹でなし!味噌煮込みうどんのレシピ!乾麺使用で時間短縮

うどん料理を作るとき、皆さんは市販の茹でうどんを使います...

美味しい味噌ラーメンの作り方は?簡単・本格両方紹介!

ラーメンは、とんこつや鶏を煮て、時間がかかるイメージです...

味噌入り鍋はおいしいうえに栄養満点!人気レシピの作り方

味噌入り鍋は体が温まりますし、野菜の甘味と味噌のコクが一...

手作り味噌の容器の大きさは?口の広さや大きい方がよい理由

近頃は、手作り味噌の材料や、容器がネット通販で買いやすく...

簡単な味噌汁のレシピ!栄養豊富なオクラを食べてみましょう

意外に知られていませんが、オクラは栄養が豊富です。 特...

焼きおにぎりに味噌を塗ってシソを添えると味と香りがアップ

焼きおにぎりには、味噌と醤油味があります。 こんがり焼...

ズッキーニを相性の良い味噌とチーズで美味しく食べよう!

みなさんは、ズッキーニを食べたことはありますか? ラタト...

手軽でおいしい味噌汁の作り方!なすの定番・斬新レシピ

なすの味噌汁と言えば定番の味噌汁の具のうちの一つかと思い...

毎年味噌を手作りするならホーロー。おすすめする5つの理由

手作り味噌のおいしさを一度知ったら、やみつきになってしま...

寒い冬にはユリ根の味噌汁はいかが?意外に豊富なレシピ公開

冬の高級野菜、ユリ根はどんな食べ方が好きですか? とは...

スポンサーリンク


一人暮らしの食事を助ける、おつとめ品

実家と違い、家賃・食費・光熱費など、生活するためにかかる費用を、全て自分でどうにかしないといけなくなります。

洋服や遊びに行くのにも、お金はかかりますから、なるべく節約したいですよね。

そこで、節約のしやすい食費から、見直してみましょう。

食事にかかる費用を抑えるためには、スーパーの値引きシールの張られたおつとめ品を狙ってみましょう。

一人暮らしの人や、お年寄りの人向けに、少量パックに詰められている惣菜もありますよ。
料理するのが、めんどくさいときも、惣菜やお弁当は便利ですよね。

そんな便利なおつとめ品の狙い目は、閉店する1~2時間前です。
賞味期限が迫っている商品から、値引きシールが貼られていきます。

閉店ギリギリになれば、もっとお得に買えますが、商品が残っていなかったり、食べたいものがないこともあるので気を付けましょう。

惣菜だけでは、偏った食事になってしまい、体調を崩しやすくなってしまいます。

一人暮らしで体調を崩してしまっては、困りますよね。
肉や魚、野菜など、栄養のバランスも考えて買い物しましょう。

めんどくさいときは一人鍋!

食費の最大の節約と言えば、自炊することです。

先ほどご紹介したスーパーの惣菜は、いつでも安く買えるとは限らないし、毎日食べるとなると、やはり栄養面が心配です。

しかし、一人暮らしで自炊することは、めんどくさいと感じてしまいますよね。

そんなときは、鍋にしませんか?
一人用の土鍋も販売されていますし、食事の栄養バランスも抜群です。

土鍋で作って食べれば、洗いものも少なく済みます。

★さっぱり塩鍋

【材料 1人分】

・豚バラ肉(鶏もも肉でも)
・野菜
(白菜、ニラ、もやし、春菊など)
・キノコ
(シイタケ、シメジ、エノキなど)
・豆腐

※具材や分量は、お好みでどうぞ

<スープ>
・水 1カップ
・鶏ガラスープの素 4.5g
・塩 小さじ1/2

【作り方】

①肉と野菜を、食べやすい大きさに切ります。

②土鍋に、スープの材料を入れて火にかけます。
沸騰したら、固い野菜から入れていき、肉も入れましょう。

③蓋をして、野菜に火が通ったら、完成です。

シメにうどんを入れたり、ご飯と溶き卵を入れて、おじやにすれば、お腹いっぱい食べられます。

冷蔵庫に余っている食材も、鍋に入れてしまえば、無駄なく消費できます。

めんどくさい下ごしらえをして、冷凍保存

一人暮らしだと、1食分の食事を作るのは、めんどくさいですよね。
料理本を見ても、2人分からと、作りづらいこともあります。

そんなときは、作れるときにまとめて作って、冷凍保存してみましょう。

では、おかずを冷凍するポイントを見ていきましょう。

◎肉と野菜は交互に入れる

肉と野菜を交互に重なるように保存袋入れると、肉が固まるのを防いでくれます。
味付けである調味料を入れたら、袋を傾けながら、調味料を全体に行き渡るようになじませましょう。

袋は、お使いのフライパンに入るくらいの大きさを用意してください。

◎空気を抜く

保存袋のチャックを半分閉め、水をはったボウルに入れます。

袋の中の空気を、押し出すようにして空気を抜き、密閉します。
水圧を使うことで、しっかり空気を抜くことができます。

◎平らにならす

調理の際、均一に加熱できるように、平らにならしてから冷凍しましょう。

金属製のバットをお持ちの方は、バットの上に保存袋を乗せると、急速に冷凍することができるので、試してみてください。

◎そのまま調理する

使うときに、保存袋の表面を水でぬらすと、中身が取り出しやすくなります。
フライパンなどに、袋から取り出した凍ったままの、おかずを入れて蓋をして解凍していきましょう。

◎保存期間

冷凍する前に、作った日付を袋に書いておきましょう。
そして、2週間以内を目安に食べきりましょう。

一人暮らしでもバランスの良い食事を心がけよう

では、冷凍できるおかずを、作っていきましょう。

一人暮らしだと、食事のバランスを考えるのはめんどくさいですが、このレシピなら肉も野菜も食べられます。

1食分に分けて、袋に入れておくと便利です。

★プルコギ

【材料 2人分】

・牛薄切り肉 120g
・ピーマン 1個
・玉ねぎ 60g
・キャベツ 100g
・鶏がらスープ 小さじ1

◎砂糖 小さじ1
◎醤油 小さじ2
◎ゴマ油 小さじ2
◎ニンニクのすりおろし 1/2片分
◎すり白ゴマ 小さじ1
◎コショウ 少々

【作り方】

①牛肉は長さ5cmに切り、キャベツは5cmの長さで幅2cmに切ります。
ピーマンと玉ねぎは1.5cmに切ります。

②ボウルに、鶏がらスープと◎を入れて混ぜ合わせます。

③冷凍保存用袋に、野菜と牛肉を交互に重ねていくように入れて、②を加えます。

④袋の中の空気を抜いて閉じ、味をなじませて、冷凍庫で冷凍します。

【食べるとき】

①フライパンに冷凍のままのプルコギをあけて、蓋をして中火にかけます。

②1分半経過したら、裏返して、さらに1分半加熱しましょう。

③ほぐれてきたら蓋を取って、全体に火が通るまでほぐしながら、中火で炒めれば完成です。

一人暮らしの食事を助ける冷凍食品

ご自宅の冷凍庫に余裕がありそうなら、冷凍食品を活用してみてはいかがでしょうか。

冷凍食品は保存もききますし、半額セールをしているスーパーなども多いので、節約にもなりますよ。

★冷凍唐揚げチキンライス

フライパンを使わないので、めんどくさい洗いものが少ないです。
また、一人暮らしの食事で不足になりがちな野菜も、ミックスベジタブルで解消です。

【材料 1人分】

・ご飯 150g
・冷凍唐揚げ 2個
・冷凍ミックスベジタブル 1/2カップ
・バターorオリーブオイル 4g
・トマトケチャップ 大さじ1
・塩コショウ 少々

【作り方】

①大きめの耐熱ボウルに、鶏の唐揚げ、ミックスベジタブルを入れます。
袋の表記にしたがって、解凍しましょう。

②解凍したら、唐揚げは4等分に切っておきましょう。

③ ①に、ご飯とトマトケチャップ、塩コショウを混ぜ合わせれば完成です。

茹でたり切ったり、めんどくさいときは、冷凍野菜

もう一品、冷凍食品を使ったレシピをご紹介します。

★冷凍ポテトとナゲットのチーズ焼き

もちろん、そのまま食べても美味しいですが、ミネラルやビタミンである、ほうれん草とチーズを合わせれば、バランスの良い食事に変身します。

ほうれん草は、一度茹でなくてはならないのでめんどくさいですが、冷凍のほうれん草を使えば、茹でる必要がないので便利です。

また、使う分だけ使えるので、一人暮らしに便利です。

【材料 1人分】

・冷凍チキンナゲット 3個
・冷凍皮付きポテト 6本
・冷凍ほうれん草 1/2カップ
・ピザ用チーズ 1/4カップ
・サラダ油 小さじ1
・塩コショウ 少々

【作り方】

①袋の表記にしたがって、冷凍チキンナゲットを解凍して、半分に切っておきます。

②フライパンに油を引き、凍ったままのポテトと、ほうれん草を入れて炒め、塩コショウで味を整えてください。

③ ②に①を加えたら、グラタン皿に盛り付けます。
チーズを乗せて、電子レンジで1分温めて、チーズが溶けていれば出来上がりです。

めんどうなことも、工夫次第

いかがでしょうか。

少し工夫するだけで、食事の栄養バランスが良くなり、おまけに節約もできます。

仕事で帰りが遅く、作るのがめんどうなときと感じたら、休みの日に作り置きしておくことをオススメします。

 - 健康管理