玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

インスタントラーメンにも野菜を!入れるタイミングが重要?

      2017/11/01

インスタントラーメンにも野菜を!入れるタイミングが重要?

インスタントラーメンが好きな人は、意外にも多いですよね。

外食で食べるよりは安く済みますし、なんといっても手軽に作って食べられるのが魅力ですよね。

しかし、気になるのが栄養面です。
そこで、栄養を補うためにも野菜を入れる人も多いはず…。

野菜を入れるタイミングを知って、野菜たっぷりの美味しいラーメンを作ってみましょう。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

トランス脂肪酸の含有量にこだわった日本のマーガリン

みなさんは、トランス脂肪酸をご存知ですか? トランス脂...

トランス脂肪酸が含まれたマーガリンの代用となるものは何?

パンに塗るのに欠かせないマーガリン。 そのマーガリンに...

野菜ジュースに頼りたいけど、どれくらいの栄養がとれるの?

野菜ジュースの種類は沢山ありますが、種類によってとれる栄...

家庭での味噌の作り方!大豆1kgの作りやすい分量でご紹介!

最近は発酵食が美容と健康に良い効果を与えると見直され、味...

田楽の味噌レシピをご紹介!残ったときのアレンジも

囲炉裏端で田楽を食べたことはありますか? 田楽は豆腐や...

豚肉の味噌焼きは驚きのカロリー控えめなダイエット料理

豚肉の味噌焼きは美味しくて、それだけでご飯がいくらでも食...

味噌汁の塩分濃度は何パーセントなのか?計算方法もご紹介

日本の食卓に欠かせない味噌汁。 しかし、塩分が高くて高...

手前味噌の作り方のコツは?初めてならビニール袋がおすすめ

最近、手作りの味噌が話題になっています。 手前味噌とも...

絶品!本格味噌鍋がカンタンに3ステップで完成!レシピ6選

鍋といえば、鍋つゆが命です。 後は好きな具材を入れるだ...

味噌汁の簡単レシピをご紹介!一人分を作る便利な方法は?

一口すするとホッとする味噌汁は、食卓の一品として欲しくなり...

別茹でなし!味噌煮込みうどんのレシピ!乾麺使用で時間短縮

うどん料理を作るとき、皆さんは市販の茹でうどんを使います...

美味しい味噌ラーメンの作り方は?簡単・本格両方紹介!

ラーメンは、とんこつや鶏を煮て、時間がかかるイメージです...

味噌入り鍋はおいしいうえに栄養満点!人気レシピの作り方

味噌入り鍋は体が温まりますし、野菜の甘味と味噌のコクが一...

手作り味噌の容器の大きさは?口の広さや大きい方がよい理由

近頃は、手作り味噌の材料や、容器がネット通販で買いやすく...

簡単な味噌汁のレシピ!栄養豊富なオクラを食べてみましょう

意外に知られていませんが、オクラは栄養が豊富です。 特...

焼きおにぎりに味噌を塗ってシソを添えると味と香りがアップ

焼きおにぎりには、味噌と醤油味があります。 こんがり焼...

ズッキーニを相性の良い味噌とチーズで美味しく食べよう!

みなさんは、ズッキーニを食べたことはありますか? ラタト...

手軽でおいしい味噌汁の作り方!なすの定番・斬新レシピ

なすの味噌汁と言えば定番の味噌汁の具のうちの一つかと思い...

毎年味噌を手作りするならホーロー。おすすめする5つの理由

手作り味噌のおいしさを一度知ったら、やみつきになってしま...

寒い冬にはユリ根の味噌汁はいかが?意外に豊富なレシピ公開

冬の高級野菜、ユリ根はどんな食べ方が好きですか? とは...

スポンサーリンク


ラーメンのトッピング…人気ランキングを発表!

皆さん、ラーメンは好きですか。

「ラーメンが嫌いです」という人を聞いたことがないくらいに、老若男女に人気がありますよね。

ラーメン店も、全国に数え切れないほどあります。

有名な人気店においては、お昼時などの入店時間のタイミングが悪いと、長時間待たされることもありますよね。

さて、そんな不動の人気を誇るラーメンですが、麺とスープの基本材料のほかに、肉や野菜などが必ずトッピングされています。

自分好みの食材を、オプションで付け加えることが可能なラーメン店も多く、自分独自のラーメンを楽しめるのも魅力的です。

「ラーメンのトッピング」の人気ランキングを調べてみました。

☆1位 チャーシュー

チャーシューが入っていないラーメンは、ラーメンではない!というくらい、もはやトッピングではなくラーメンの一部と言えるくらい必要度は高く、人気があります。

☆2位 ねぎ

野菜の中では、一番の人気を誇っています。

ねぎのシャキシャキ感が好まれ、ねぎの辛味と刺激によって、ラーメンの口直しができることでも人気があります。

ラーメンのトッピング!人気ランキングの続き

引き続き、ラーメンのトッピングの人気ランキングを発表します。

☆3位 味付けたまご

味付けたまごも、根強い人気がありますね。

個人的にも、ラーメンを食べるときは、必ず味付けたまごをトッピングします。

味付けたまごは、お店によっても味や仕上がりが、それぞれ違いますよね。
味付けたまごによって、各店舗の個性を感じたりもできます。

面白いことに、味付けたまごの出来によって、そのお店が熱意を持ってラーメンを作っているかの、判断材料にしている人もいるようです。

☆4位は定番のメンマ、5位は野菜のもやし、6位は肉の角煮がランクインしています。

みなさんが、いつもトッピングしていた食材は何位でしたか。

1位から6位のランキングの傾向からすると、やはり定番の食材が、上位にきていましたね。

ラーメン自体は、油そば・つけ麺・冷やし麺など、どんどん新しい食べ方が受け入れられている今日ですが、トッピングにおいては、昔からの定番が好まれていることがわかりました。

次は、生麺の正しい茹で方をご紹介します。

鍋から、麺を引き上げるタイミングが重要ですよ。

生麺の正しい茹で方…鍋から引き上げるタイミングがポイント

ラーメンなどの中華麺には、生麺と乾麺があります。

ここでは、生麺を美味しく食べるための、正しい茹で方をご紹介します。

①たっぷりの量の、沸騰したお湯を使って茹でましょう。

茹でるお湯が汚れすぎると、沸点が低くなってしまいます。
その結果、麺を蒸す感じになってしまい、麺の表面がザラザラして、ネチネチとした食感になってしまいます。

②麺を茹でる前に、手でほぐしておきましょう。

麺をほぐしておくことで、麺の表面が空気に触れ、麺のコシが強くなります。
縮れ麺の場合は、さらに縮れを強くすることができます。

③大人数でラーメンを食べるときは、人数分の麺を、一斉に茹でてしまいたいですよね。

しかし、そこはグッと我慢して、1玉~2玉ずつ茹でましょう。
また、麺をお湯に入れたら、すぐに麺をほぐすようにして、かき混ぜましょう。

④お好みの麺の食感よりも、少し固めに茹でるのがポイントです。

キッチンタイマーを使えば、良いタイミングで鍋から麺を引き上げることができ、茹で過ぎを防止できますよ。

⑤麺が茹であがったら、ザルをお湯から持ち上げて、お湯がよく切れるまで待ちます。

⑥ラーメンの器にスープを入れてから、麺を入れましょう。

先に麺を入れてからでは、スープの油が麺に付きにくいので、ラーメンの味が微妙に変化してしまいます。

次は、ラーメンに野菜を入れるタイミングについてお話します。

ラーメンと野菜は相性バッチリ!野菜を入れるタイミングとは?

最初にお話したように、お店で食べるラーメンには、チャーシューや野菜などが気軽にトッピングできますよね。

しかし、いくらラーメンが好きでも、外食が多いと、食費に大きな負担となってしまいます。

そこで、自宅でも袋ラーメンなどの、インスタントラーメンを食べている人も多いと思います。

しかし、具が何もないのは、栄養バランス的にも良くありません。
ですので、ご自宅でラーメンを作るときは、野菜をたくさん使いましょう。

ここでは、ラーメンを美味しく食べるための、野菜を入れるタイミングについてお話します。

野菜によって、鍋に入れる時間を変えましょう。
例えば、キャベツだったら火を止める1分前、にんじんや玉ねぎは2分前が良いでしょう。

トッピングとして人気なねぎは、細かく刻んでラーメンが出来上がってから上に乗せたり、具として大きめにカットして麺と一緒に煮ても良いです。

もやしをラーメンに加える際には、以下のポイントを押さえておけば、美味しく食べることができます。

もやしは水分が多く、少しクセがあります。

実は、インスタントラーメンは、具を入れないスープが最も美味しいように作られています。
そこに、もやしの水分やクセが加わると、美味しさが減ってしまうのです。

もやしを加えるのなら、麺とは別に下茹ですると良いでしょう。

お湯に塩と油を少し加えてから、もやしを茹でると、水分が抜けて独特のにおいがなくなります。

このように下茹でしたもやしなら、どの味のインスタントラーメンにも合いますよ。

もやし以外の野菜も、塩とサラダ油を加えた油で茹でると、野菜の余分な水分やにおいが抜けるので、やってみてくださいね。

野菜を載せるタイミングは?美味しいキャベツ味噌ラーメンの作り方

『キャベツ味噌ラーメン』の作り方をご紹介する前に、キャベツの栄養について知っておきましょう。

キャベツの栄養面で見てみると、ビタミンCが100g中44mgと、特に豊富に含まれています。
緑色の濃い外側の葉が一番多くのビタミンCを含んでいて、次は芯の周りです。

ビタミンUという、あまり聞きなれない成分を含んでいるのも、キャベツの特徴のひとつです。

このビタミンUは、キャベジンと言われる成分で、胃腸薬の名前にも使われています。

潰瘍の改善に、効果が高いと言われています。

その他にも、ビタミンK、カロチン、カルシウムなどが含まれています。

キャベツの栄養がわかったところで、さっそくキャベツ味噌ラーメンを作ってみましょう。

【材料 1人分】

・インスタントラーメン(味噌) 1袋
・キャベツの葉 5枚程度
・玉ねぎ 1/4個
・ウィンナー 2本
・しょうゆ 小さじ2
・砂糖 小さじ1
・酒 小さじ1
・塩こしょう 少々
・ごま油 小さじ1

【作り方】

①キャベツ・玉ねぎ・ウィンナーを食べやすい大きさにカットしましょう。

②麺を、袋の表示どおりに作ります。

③調味料を混ぜておきましょう。

④野菜を炒め、タイミングを見計らい、火が通ったと思ったら調味料を加えます。

⑤最後に、ごま油で香りをつけましょう。

⑥完成したラーメンの上に野菜をのせて、召し上がれ。

味噌ラーメンみたいな野菜炒めもおすすめ

ラーメンを自分で作るときには、野菜を入れるタイミングが、美味しく食べるための重要なポイントになることが、お分かりいただけたと思います。

最後に、女性に人気の甘酒を使った『味噌ラーメンみたいな野菜炒め』の作り方をご紹介します。

甘酒がなぜ人気なのか、その効果について少しお話しますね。

☆肌を健やかにする

麹(コウジ)には、美肌成分のコウジ酸がたくさん含まれています。

さらに、皮膚や粘膜を保護してくれるビタミンB2も豊富に含まれているので、皮膚を活性化してくれる効果が期待できます。

☆ダイエット

ビタミンB群には、脂肪の燃焼を促進する効果があります。

その他にも、疲労回復や滋養強壮、便秘の解消にも効果があると言われています。

それでは、味噌ラーメンみたいな野菜炒めのレシピをご紹介します。

【材料 2人分】

・キャベツ 4~5枚
・まいたけ 1/2パック
・ピーマン 1個
・豚ひき肉 50g
・ニンニク 1片
・鷹の爪 1本
・オリーブオイル 適量

■タレ
・酒 大さじ1
・味噌 大さじ1
・甘酒 大さじ1

■ブラックペッパー

【作り方】

①野菜を食べやすいサイズにカットし、ニンニクは潰しておきます。

②タレの材料を合わせます。

③オリーブオイルとニンニク、鷹の爪を熱し、豚ひき肉を炒めます。

④まいたけ・キャベツ・ピーマンを炒め、油が回ったら、タレを加えて、さらに炒めましょう。

⑤ブラックペッパーをふったら完成です。

甘酒と味噌が合わさることによって、味噌ラーメンのような風味が楽しめますよ。

健康の維持増進のためには、毎日の食事において、色々な野菜を摂取することが大切ですね。

インスタントラーメンには野菜をたくさん入れよう

いかがでしたか。

手軽に食べられるインスタントラーメンですが、食べ過ぎは栄養も偏り、体のために良くありません。

ですが、忙しい毎日の中で、たまにはインスタントラーメンのお世話になりたいですよね。

そんなときは、良いタイミングで野菜を入れ、足りない栄養を補いながら美味しく食べましょう。

 - 健康管理