玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

塩や砂糖の適した収納場所は!?片付け上手になれる収納術

      2017/10/31

塩や砂糖の適した収納場所は!?片付け上手になれる収納術

毎日の調理にかかせない調味料に、塩と砂糖があります。

使用頻度が高い塩と砂糖ですが、どこに、どのように保存していますか?

今回は、塩と砂糖の適した収納場所と、キッチンアイテムの上手な収納術についてご紹介します。

整理整頓されているキッチンで、食事作りを快適に行いましょう。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

カロリーゼロは万能ではない!どんな食品でも摂りすぎに注意

カロリーゼロの食品を利用したことがありますか。 小腹が...

カロリーは1日に摂って使って!健康で綺麗な女性を目指そう

皆さんはダイエットをしたことがありますか? 女性であれ...

カロリーはダイエットとは全く関係ないの?多面的に解説

カロリーを抑えればダイエットできるという話をよく耳にしま...

必要カロリーはそれぞれ違う?女性の一日に必要なカロリー

暑い日が続き、今年はいわゆる「酷暑」といわれています。 ...

カロリーが気になるなら牛乳とヨーグルトどちらがおすすめ?

カロリー制限中やダイエット中でも必要な栄養素はバランスよ...

豚肉は高カロリーそうだが、ダイエットに向いているのか

豚肉のダイエットが注目されているそうです。 しかし、豚...

外で食べるカロリーが高いご飯メニューとメリットデメリット

一食で最もカロリーが高いご飯と聞かれたら、それはビュッフ...

若人こそ一食のカロリーが大切!おかずだけで500kcal以上を

1日に必要なカロリーを推定必要エネルギー量と言います。 ...

栄養満点の味噌汁の作り方!ほうれん草の下茹での必要性は?

ほうれん草は、お野菜の中でも特に栄養価が高いと言われてい...

味噌汁の具にもやしを使うとこんなに良いことがあります

暑かったり寒かったり、天候の関係で価格の変動が激しくなっ...

冬が旬のぶり!ぶりの風味豊かな味噌汁のレシピとは?

お料理のメインになるぶりですが、味噌汁の具材にしてもとっ...

納豆に味噌や砂糖を加えると美味しい?!色々な納豆の食べ方

食卓に加えると、食べ応えも栄養も十分に発揮してくれる納豆...

牡丹鍋は味噌味が最強!その歴史と分布・作り方をご紹介

近年はジビエが流行したりと、ちょっと変わったお肉を食べるの...

離乳食の味噌汁はいつからOK?作り方と注意すべきポイント

生後5ヶ月頃から始まる離乳食、赤ちゃんが食べる練習をする...

実はおでんに味噌をつけるのが密かな人気!実際に食べてみた

肌寒くなってくると恋しくなってくるのがおでん。 近年、コ...

ふきのとうで作る「ばっけ味噌」が美味しい!保存のコツとは

山菜がスーパーに出回り始めると「春」を感じますね。 春...

文明開化の味?牛鍋のレシピ!醤油味も味噌味も簡単に!

牛鍋を食べられるお店は、現在減りつつあるようです。 そん...

自然薯はとろろ以外にもレシピが豊富!味噌汁にしても美味!

自然薯は、一般的にはとろろにして食べることが多いですよね...

トランス脂肪酸は危険?マーガリンに多いって本当?

近年、マーガリンはトランス脂肪酸が多いから体に悪いという...

トランス脂肪酸を含まない油を選んで健康生活を送りましょう

心血管系疾患リスクや、その他の健康被害に影響を及ぼすこと...

スポンサーリンク


塩と砂糖の賞味期限について

私達に身近な調味料の塩や砂糖は、体にも必要不可欠なものです。
健康的に生活するためには、適量を摂取しなければいけませんね。

どのご家庭にも、常備されている塩と砂糖ですが、賞味期限って気になりませんか。

まず最初に、塩の賞味期限についてお話します。
塩は腐敗しないので、法令などで賞味期限や保存方法が省略できる食品となっています。

確かに、塩が入っている袋には、賞味期限は記載されていませんよね。
しかし、温度や湿度の影響で固まったり、においを吸着しやすい性質があります。

収納場所は、高温多湿を避けて、においの強いものと一緒に保管しないように気をつけましょう。
上手に保管すれば、何年でも使用することが可能です。

次に、砂糖の賞味期限についてお話します。

砂糖も、塩と同様に品質の変化がなく、賞味期限はありません。

法令などでも、賞味期限の表示は省略できることになっています。

しかしながら、長期間保存していると、白砂糖は黄色く変色したり、黒砂糖は色が濃くなったり風味が変わってしまう場合があります。

変色などをあまり気にされない場合は、使うことに問題はないので、何年でも使用可能です。

塩・砂糖の保存方法

賞味期限がない『塩と砂糖』。
ここでは、多くの方が日頃しているであろう「常温保存」の正しいやり方について、詳しくお伝えします。

☆塩

前項でも少し触れましたが、塩は温度と湿度の影響を受けやすい食品です。
湿気を吸収すると固まってしまうので、収納場所は高温多湿を避けましょう。

タッパーなどの、密封力の高い容器に入れると良いでしょう。

塩の固まり防止には、以下のような方法もあります。

適量の生の米粒を、フライパンなどで炒ります。
炒った米粒を茶袋やガーゼに入れてから、塩の中に入れておきましょう。

米粒が湿気を吸収してくれるので、固まりにくくなりますよ。

他にも、塩の中に爪楊枝や炒ったピーナッツを入れても、水分を吸収してくれるので効果が期待できます。

☆砂糖

・袋が未開封の場合

基本的に砂糖は、常温保存です。
タッパーなどに入れて、冷暗所に保存しましょう。

・開封した場合

砂糖は乾燥に弱く、乾燥してしまうと固まってしまいます。
密閉できる容器に入れて、冷暗所で保存しましょう。

・袋に残っている場合

容器に移し替えても、全て入りきらなくて、袋に残ってしまうこともありますよね。
その場合は、ジップ付きの袋に入れ、しっかりと空気を抜いてから冷暗所で保存しましょう。

固まってしまった塩や砂糖の解消方法

塩や砂糖は、保存方法や収納場所が適切でないと、あっという間に固まってしまいますよね。

どのご家庭でも、きっとよくあることだと思います。

そんなときのために、固まってしまった塩や砂糖をサラサラに戻す方法をご紹介します。
覚えておくと、今すぐにでも活用できて便利ですよ。

☆塩

固まってしまったのは、水分を吸収したことが原因です。
ですので、塩の水分を取り除いてあげることで、サラサラな状態に戻ります。

フライパンに油などしかずに、塩を炒って水分を蒸発させましょう。

または、手軽に電子レンジで加熱しても、水分を飛ばすことができます。
大さじ1杯くらいの塊の大きさは、500wで30秒くらいを目安に加熱してみましょう。

☆砂糖

固まってしまったのは、乾燥が原因です。
ですので、水分を補ってあげれば、サラサラな状態に戻ります。

固まった砂糖は全体に、霧吹きでなどで湿気を与えて密閉しておきましょう。

このときに、水分をかけすぎると、砂糖がベタベタになってしまいます。
必ず様子を見ながら、少しずつかけましょう。

ちぎった食パンを砂糖に入れて、フタをして5~6時間くらい待ちましょう。
食パンの水分が砂糖に吸収されて、サラサラに復活します。

砂糖1kgに対して、食パンは1枚くらいで大丈夫です。

また、キャベツの葉も効果的です。
砂糖1カップ分に、キャベツを約1/3枚くらい入れましょう。

塩や砂糖などの収納場所はどこが良い?

ここからは、キッチン周りに置いてある調味料や、キッチンアイテムの最適な収納場所について、ご紹介していきます。

☆塩・砂糖・スパイスなどの調味料

調味料を入れる容器は、たくさんのデザインのものが売られていますよね。

毎日使うものなので、自分が使いやすいデザインの容器に移し替えて、手の届きやすい場所に置いておきましょう。

開封したものは、しっかりと密封して冷暗所に収納しましょう。

コンロの隣に出しておく人も多いと思いますが、ホコリや油で汚れてしまうので、やめたほうがよいでしょう。

☆粉類

小麦粉や片栗粉などは、使用する分だけを密閉容器に移し替えておきましょう。

袋のままの場合は、必ず密閉容器に入れて、冷暗所に収納してください。

調理台の引き出しなどの、取り出しやすい場所に置くのがおすすめです。
シンク下は、湿気がこもりやすいのでやめましょう。

粉類の中でもパン粉は傷みやすいので、冷凍庫で保存しましょう。

☆まな板

ほとんどの方が、まな板スタンドや、水きりラックに置いていると思います。

食材を切る場所なので、衛生面を保つためにも、収納する際は以下の点に気をつけましょう。

調理後は除菌できる洗剤でよく洗い、漂白剤につけるなどして、こまめに除菌しましょう。
必ず『乾いた状態』で収納しましょう。

キッチンアイテム別の適した収納場所について

塩や砂糖などの調味料の他にも、キッチンには沢山のアイテムが揃っています。
快適に使用できるように、収納場所をどこにするべきか、考えておくことが大切です。

☆ふきん

使用済みのふきんは、毎日洗って取り替えていますか。
ふきんは、いつでも清潔にしておきたいアイテムですよね。

予備のふきんは、キッチンの食器棚などの、すぐに取り出せる引き出しに入れておきます。
2つ折りか3つ折にして、重ねて収納するのがおすすめです。

☆保存容器

保存容器の収納場所は、すぐに手にとれる場所でなくても構いません。
本体とフタは別々ではなく、フタをした状態で収納しておくと良いでしょう。

食器棚の引き出しを専用の置き場にしておくか、カゴの中に入れてシンク下や吊戸棚にまとめて収納しておいても、取り出しやすくて便利ですよ。

☆ホットプレートやカセットコンロ

ホットプレートやカセットコンロは、フライパンや鍋に比べて、使用頻度が低いですよね。
ですので、シンクの下や納戸などに保管しておきましょう。

また、ホットプレートやカセットコンロが入っていた箱は、すぐに捨てないようにしましょう。
立てたまま収納する際に使えます。

キッチンアイテムの収納場所をキレイに整理できる便利グッズ

最後に、キッチンアイテムの収納場所を、キレイに整理できる便利グッズをご紹介します。
どれも、手軽に手に入るものばかりです。

☆つっぱり棒

置き場所に困ってしまうのが、キッチン小物や鍋のフタ。
それらの収納には、つっぱり棒を利用しましょう。

つっぱり棒は、棚の仕切りにも使用できて便利です。
また、鍋のフタをすっきりと収納するには、タオルハンガーの活用もおすすめです。

☆茶わんや、どんぶりの収納ケース

これがあれば、食器棚の使い勝手が、かなり良くなります。
筒状のケースに、そのまま茶わんや、どんぶりを重ねて入れるだけで収納できます。

出し入れも簡単です。

☆ジョイントプレートラック

ジョイントプレートラックを活用することで、食器棚の収納力アップやスペースの有効活用ができます。
食器の出し入れもしやすいですし、棚の掃除も簡単にできるようになります。

☆プラスチックカゴ

ストック品を吊り戸棚に収納するには、取っ手付きのプラスチックカゴを使うと、高い位置にあるものを取り出しやすくなります。

奥の方にストック品を置き、手前に塩や砂糖などの調味料で日常使いのものを置くと、わざわざカゴを引き出さなくても取り出すことができます。

収納場所のポイントを押さえておこう

いかがでしたか。

塩や砂糖の保存で大切なことは、温度や湿度の管理なのですね。

賞味期限を気にする必要がないのは、ありがたいですね。

また、散らかりがちなキッチンに便利グッズを活用し、整理整頓して、快適に使用できるようにしましょう。

 - 食文化・食生活