スーパーの惣菜をアレンジ!子供にも大人にも大人気の料理に

ご飯を作るのが面倒だと感じた時の救世主ともいえる、スーパーの惣菜。
温めるだけで食べられるので、とても助かりますよね。

しかし、食卓に出すと、家族から「また、惣菜?」とブーイングされることも。

スーパーの惣菜を少しアレンジして、大人気になってくれること間違いなしの料理に変身させましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

野菜の種類とは?さらに緑黄色野菜と淡色野菜の違いとは?

緑黄色野菜や淡色野菜と聞いたことありますよね?栄養があるもの、栄養が少ないものという違いかな?...

バニラビーンズとバニラエッセンスの分量の違いと量り方紹介

お菓子には欠かせないバニラですが、よく見かけるのはバニラビーンズとバニラエッセンスです。同じバ...

味噌汁に合うじゃがいもの切り方とは?じゃがいもの特徴は?

日本の食卓に欠かすことのできない味噌汁。そんな味噌汁の王道の具材の一つに、じゃがいもがあ...

味噌汁の具材になすを入れよう!上手に作るコツを解説

身体を冷ましてくれる夏野菜のなすを、味噌汁の具材として取り入れてみませんか?実は、なすの味噌...

おすすめ味噌田楽のレシピとは?なす田楽のアレンジレシピも

味噌田楽と聞くと、実家でおばあちゃんが作ってくれる懐かしいイメージがあります。ただ、実際...

青唐辛子と麹でピリッと美味しい「おかず味噌」に!その発祥

唐辛子を使用した味噌と聞くと、皆さんは何を思い浮かべますか?コチュジャンや豆板醤を連想する方...

味噌漬けレシピ!野菜の味噌漬けの作り方のコツと保存法は?

野菜の味噌漬けが好きな方は、ぜひご注目してください。ごはんがすすむ野菜の味噌漬けは、ご家庭で...

ヨーグルトのホエーは低カロリー&高栄養!有効活用するには

ヨーグルトの上のほうに、分離した水分が溜まっているのを見たことがないでしょうか。この...

カロリーが気になる!豚肉100gのカロリーとそのほかの栄養

肉類の中でも脂っこいイメージの豚肉ですが、カロリーが本当に高いのか、どこの部位のカロリーが高いの...

味噌汁の具の組み合わせ色々!大根と美味しい具で健康促進

味噌汁が美味しい季節ですね。皆さんは味噌汁の具といったら、どんなものが好きですか?味噌と...

味噌汁の基本的なレシピ!いりこだしってどうやって使うの?

日本人であるなら、毎日の食卓に欠かせないのが味噌汁。だしのひき方や具材の組み合わせなどのレシ...

美味しいハンバーグのレシピと献立のつけ合わせのスープ

洋食の中でも定番で人気のハンバーグ!ハンバーグ専門店からパンに挟んでハンバーガーにしたりと、幅広...

小麦粉・砂糖・バターだけで?少ない材料で作れる簡単レシピ

お腹が空いたけれど、冷蔵庫に何もない。子供のおやつを作ってみたい。少ない材料で、できるレシピ...

プロテインを選ぶなら無添加でオーガニックなものがお勧め!

皆さんはプロテインと聞いて何を連想するでしょうか?プロテインを使用している人というと、筋肉ム...

味噌ラーメンの具といえば、野菜炒め!その作り方をご紹介!

寒い冬に食べたくなるのが、味噌ラーメンですよね。そして、味噌ラーメンによく合う具材といえば、...

スポンサーリンク

スーパーで人気の惣菜は?

忙しいときや、疲れているときは夕食の支度が大変ですよね。

そんな時に大助かりなのが、スーパーの惣菜です。

夕食のおかずにテッパンの、ご飯に合う人気の惣菜を調べてみました。

★唐揚げ
子どものおやつからビールのおつまみと、幅広い人気です。

★餃子
お酒のおつまみにもなるので、唐揚げに続く人気です。

★トンカツ、コロッケ、メンチカツ
揚げ物をご家庭で作るのは、なにかと面倒なので、惣菜を利用されることが多いです。

★天ぷら
こちらも、揚げ物と同様の理由です。

★肉じゃが
作ると時間の掛かる煮込み料理も人気です。

★中華料理
エビチリや酢豚など、一度油で揚げる中華料理も、手軽な惣菜を買う人が多いです。

このように、ご家庭で作ると時間が掛かったり、手間の掛かる食べ物が多くラインナップされていますね。

食事は毎日のことですから、惣菜を活用して、たまには手を抜くことも大切ですよ。

最近では、惣菜に力を入れているスーパーもありますし、唐揚げと言ってもお店によって違いが出るので、そんなところも楽しみながら利用してみてくださいね。

スーパーの惣菜を安く手に入れるには?

スーパーに買い物へ行くと、値引きシールが貼られている惣菜を見かけますよね。
少しでも安く買えると、家計が助かります。

今日、すぐに食べるのであれば、値引きシールの惣菜を手に入れたいですよね。

スーパーの惣菜に値引きシールが貼られるのは、どんな時なのでしょうか。

スーパーによって値引きの時間帯はさまざまですが、賞味期限が当日であることが多い惣菜は、お店側は売り切りたいので、閉店の1~3時間前に貼ることが多いようです。

値引きシールを貼る時間が決まっているお店もありますから、何時くらいに貼られるのか調査してみると、確実に安く買えますよ。

反対に、その他のパンやうどんなどの加工食品は、開店した直後が狙い時です。

半額シールが貼られている惣菜は、とても魅力的ですが、買いすぎてしまうと無駄使いになってしまうので、気を付けましょう。

また、賞味期限や消費期限もあるので、食べられる分だけを購入しましょうね。

では、スーパーで人気の高い惣菜をアレンジしてみましょう。

スーパーで人気No.1の唐揚げをアレンジ

スーパーで買う惣菜の人気No.1は、唐揚げですよね。

唐揚げをそのまま食べても、もちろん美味しいですが、ソースを手作りしてアレンジしてみませんか。

ソースを添えたり、かけるだけで、スーパーで買った惣菜とは思えない料理に変身します。

【鶏の唐揚げにプラス】

★バーベキューソース
・ケチャップ 大さじ2
・ソース 大さじ1
・醤油 小さじ1
・ハチミツ 小さじ1
・砂糖 小さじ1/2
・カレー粉 小さじ1/2
・コショウ 少々

★マヨチリソース
・マヨネーズ 大さじ1/2
・スイートチリソース 大さじ2
・レモン汁 少々

★油淋鶏ソース
・醤油 大さじ2
・砂糖 大さじ2
・水 大さじ2
・酢 大さじ2
・ごま油 大さじ1
・長ねぎのみじん切り 大さじ2
・生姜のみじん切り 小さじ1
・ニンニクのみじん切り 小さじ1

★ゆかりおろしソース
・大根おろし 3cm分(汁気を絞る)
・ゆかり 小さじ1/3
・酢 小さじ1
・醤油 少々

それぞれのソースの材料を全て混ぜ合わせれば、簡単に唐揚げに合うソースの出来上がりです。

唐揚げを温めて、キャベツやレタスと一緒にソースを添えれば、豪華な料理に見えますよ。

揚げ物の惣菜をアレンジする方法

【トンカツにプラス】

唐揚げに続く、スーパーで人気のトンカツを卵でとじた、ご飯が進む一品です。

★カツとじ

【材料】

・惣菜トンカツ 1枚
・玉ねぎスライス 少々
・卵 1個
・三つ葉 お好み

◎水 150ml
◎めんつゆ 50ml
◎酒 大さじ1/2
◎砂糖 小さじ1/2

【作り方】

①フライパンに、◎と玉ねぎを入れて、ひと煮立ちさせます。

②トンカツを食べやすく切って①に入れ、つゆをすくい、カツにかけながら味を染み込ませていきます。

③溶いた卵を②に入れて、三つ葉を散らし、フタをします。

④卵が半熟になるまで蒸し焼きにすれば、出来上がりです。

【コロッケにプラス】

惣菜コロッケで軽食にピッタリの、ボリュームたっぷりサンドイッチです。

★コロッケサンド

【材料】

・惣菜コロッケ 1個
・食パン 2枚
・千切りキャベツ 適量
・ソース お好み
・マヨネーズ お好み

【作り方】

①食パンにマヨネーズを塗って、キャベツとコロッケをパンの上にのせます。

②ソースをかけて、パンで挟んでから、食べやすいように包丁で半分にカットすれば出来上がりです。

子どもに大人気の惣菜アレンジ

【ハンバーグにプラス】

子どもから大人まで、人気のあるハンバーグを使って、ハワイ料理を作ってみましょう。

ワンプレートでできるので、洗い物も少なく済みますよ。

★ロコモコ

【材料 2人分】

・惣菜ハンバーグ 2個
・バター 大1/2
・小麦粉 小1/2
・ウスターソース 大1.5
・ケチャップ 大1
・塩コショウ 少々
・卵 2個
・レタス、ミニトマト、アボカドなど お好み

【作り方】

①フライパンで目玉焼きを作っておきます。

②グレイビーソースを作ります。
フライパンにバターを入れて火にかけ、小麦粉を入れて軽く混ぜます。
そこにソース・ケチャップ・塩コショウを加え、とろみがつくまで混ぜましょう。

③盛り付ける野菜を洗い、食べやすい大きさにカットしておきます。

④大きめのお皿に、ご飯・ハンバーグ・野菜・目玉焼きをのせたら、グレイビーソースをかけて出来上がりです。

少し手間をかけるだけで、スーパーの惣菜が、おしゃれなハワイ料理になりました。

見た目も豪華になりますので、休日のランチなどに作ってみてはいかがでしょうか。

冷めた惣菜をサクサクに温める方法とは?

スーパーの惣菜で人気の高い唐揚げやコロッケ、かき揚げやイカ天などの揚げ物や天ぷらは、冷めてしまうと食感が悪くなってしまいます。

揚げたてを買ったとしても、自宅で食べる時には、冷めてしまっていますよね。

温めようと電子レンジで加熱すると、フニャフニャになってしまい、サクサクの食感が楽しめません。

そこで、そんな冷えた揚げ物を、サクサクに温める方法をご紹介します。

①電子レンジで温める

冷えた食材を温めるのには、電子レンジを使うことは、間違いではありません。
しかし、この時点で食べると、先ほどもお話した通り、衣がフニャフニャです。

②温めたらオーブントースターに

アルミホイルや、オーブン専用のクッキングシートをオーブントースターに敷き、電子レンジで温めた食材を置いて焼いていきます。

焦げやすいので、目を離さないよう、しっかり見ていてください。
両面焼けば、サクサクの揚げたて食感が復活します。

お使いの電子レンジで、揚げ物フライを温める機能があれば、同じくサクサク食感になります。

惣菜を活用して、少しでも楽に

ご飯を作る身としては、365日「今日のご飯は何にしよう」と献立を考えるのは一苦労ですよね。

そんな時は、スーパーの惣菜に頼りましょう。

惣菜に飽きた時は、少し手を加えてみれば、新たな料理として生まれかわりますよ。