牛乳はアルカリ性!アルカリ性食品を増やすと健康に良い?

酸性・中性・アルカリ性、理科の授業でやったのを、覚えている人も多いのではないでしょうか。

アルカリ性食品は様々ありますが、その中には牛乳も挙げられます。
このアルカリ性食品は、健康に良いとよく言われています。

それは、なぜなのでしょうか。

アルカリ性食品について、ここで詳しく知っていきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

甘酒は、優れた健康効果のある酒粕300gを煮溶かして作ろう

子供の頃、母がよく作ってくれた甘酒は、1袋に酒粕300g入ったものを、砂糖をたっぷり入れて煮溶か...

健康増進を望むなら玉ねぎサラダを食べるべし!人気の理由

玉ねぎは、和食にも洋食、中華料理にも使われている人気の野菜ですね。玉ねぎを生のままサラダなど...

子供の栄養ドリンク。何を飲ませれば良いのか悪いのか?

子供の成長には、栄養が必要です。そんな子供に栄養がある飲み物として何を飲ませれば良いのでしょう...

食生活改善でニキビ0に!ホルモンバランスを安定させるコツ

ニキビができると「肉中心の生活になってる?」や「チョコレートなどのお菓子の食べ過ぎ?」と考えがち...

乾麺うどんは塩分が多い?どのようにうどんの減塩を目指すか

うどんは食べやすくて、どのような世代の人にも人気の食材ですね。乾麺になっているものは保存性も...

カロリー消費は毎日の活動で!摂取エネルギーの限界まで利用

人は生きているだけでカロリーを消費します。究極のダイエットは、何も食べないことだという人...

ブドウ糖と砂糖の違い!カロリー換算でエネルギー量を比較

ヒトにとって大切なエネルギーとなるものが炭水化物です。炭水化物は炭素と水素・酸素の化合物で、...

糖分を取りすぎてしまった時の対策法は?糖分過多の危険性

ついつい甘いものを食べ過ぎてしまったときってありますよね?食べているときは至福の時間ですが、...

食事改善で便秘を解消するために食物繊維を積極的にとろう!

食事改善で便秘を解消するなら、食物繊維を積極的にとっていきましょう。なぜなら、便をスムーズに...

知っていますか?身長162センチの方の美容体重と平均体重

身長162センチというと、日本人女性の平均とされている身長より、少し高いくらいですが、その平均体重...

食生活改善で痩せる体質に変身!健康にもいい食べ方を伝授!

今やダイエットは、老若男女を問わず、永遠の課題です。どうしたら痩せられるのかを誰もが模索してい...

オーガニック野菜は体に良いの?メリットと問題点とは?

健康に関心のある方は、オーガニック野菜に注目したことがあるかもしれませんね。オーガニック野菜...

食事改善で健康的にダイエット!大切なのは体脂肪率

ダイエットをしている人はどうしても体重に注目しがちだと思いますが、同じ体重でも体脂肪率によっ...

離乳食にはお豆腐がオススメ!毎日違うものに変身する?!

そろそろ、離乳食を始める頃かな?毎日、離乳食をあげているけど、レパートリーがない…なんてお母...

白砂糖と黒糖と、はちみつの栄養面の違いってどんなもの!?

料理が好きで、力をいれている方は、作る料理によって、白砂糖と黒糖を使い分けている方も多いと思いま...

スポンサーリンク

アルカリ性食品ってなに?

牛乳はアルカリ性食品だとお伝えしましたが、まずは、その「アルカリ性」について知りましょう。

きっと、アルカリ性食品と聞いても、ピンとこない人がいると思います。

私たちが生きていくためには、食べることが必要不可欠です。

その食べ物ですが、『酸性』と『アルカリ性』に分けることができます。

しかし、多くの食品は、アルカリ性ではなく、酸性になります。
人の体は年月が経つとともに老化してしまいますが、この老化は、身体の「酸化」が進むことが原因です。

酸性食品が多くなってしまうと、この老化の原因である酸化もどんどんと進みます。

酸化が進んでしまうと、老けやすくなってしまうだけでなく、太りやすくなったり、疲れやすくなったりもします。

そのため、老化を防ぐためにも、アルカリ性食品を積極的に食べる必要があります。

先ほどもお伝えましたが、食品のほとんどはアルカリ性食品ではなく、酸性食品です。
なので、自分でアルカリ性食品に分けられている食べ物を、理解しておくことが非常に大切です。

そうすれば、アルカリ性食品を意識して、その食べ物を積極的に食べることができます。

アルカリ性食品ばかりだと体がアルカリ性になる?

食べ物には、アルカリ性や酸性などがあります。

皆さんは牛乳などの、アルカリ性食品に分けられる食品ばかりを摂っていると、体はアルカリ性になってしまうと思いますか?

結論から言うと、それはありません。

ですので、酸性食品ばかりを摂っていると、体が酸性になってしまうということもありません。

どちらかに偏っていたとしても、血液がどちらかに傾いてしまうということも、もちろんないのです。

このことは、多くの人が勘違いしてしまいがちなことです。

また、アルカリ性・酸性に食べ物が分けられるのは、その食べ物自体がアルカリ性だからというわけではありません。

では、どのようにアルカリ性食品か、酸性食品かを判別するのかという言うと、食べ物に含まれる「ミネラル」で判別します。

ナトリウム・カリウム・カルシウム・マグネシウムを含む食べ物は、アルカリ性です。

そして、リン・硫黄を含む食べ物は酸性となります。

牛乳は中性?アルカリ性食品ってどれ?

アルカリ性食品は、積極的に食べたい食べ物です。

このアルカリ性食品に、牛乳も属していると初めにお伝えしました。

しかし、牛乳は中性に近い、アルカリ性食品に分けられます。

ちなみに、牛乳から作るチーズですが、チーズにすると酸性食品となります。

そのほか、酸性食品として挙げられる主なものは、肉類・魚介類・穀物・卵黄などです。

これらが酸性食品だと言うのですから、アルカリ性の食品は多くはないということが分かりますよね。

そして、積極的に食べたいアルカリ性食品ですが、アルカリ性食品に挙げられるのが、野菜類・きのこ類・いも類などです。

海草類と豆類も、アルカリ性食品として挙げられますが、酸性になるものもあります。

また、卵黄は酸性とお伝えしましたが、鶏卵中卵白は、アルカリ性になります。

見ていると、ややこしくなってしまいますが、まずは、アルカリ性食品には野菜類・きのこ類・いも類が挙げられることを覚えておきましょう。

牛乳以外のアルカリ性食品①

牛乳は中性に近いアルカリ性食品とお話ししましたが、その他には、どれがアルカリ性食品なのか、知っておきましょう。

先ほど、野菜類・きのこ類・いも類がアルカリ性食品だとお伝えしました。
また、海草類と豆類もアルカリ性の食べ物であることもお伝えしました。

ここでは、どんな食材がアルカリ性食品なのか、具体的にみていきましょう。

アルカリ性食品に分けられるのは、豆類ですと、大豆・レンズ豆・味噌・納豆・豆腐などです。

納豆は、お手頃にどこでも購入することができるため、アルカリ性食品の中でも、摂り入れやすい食べ物と言えるでしょう。

そして、他には、アーモンド・くるみ、ごま油・ココナッツオイルなども、アルカリ性食品に分けられる食べ物です。

一時期は、ココナッツオイルが、健康にも美容にも良いと流行りましたが、スーパーフードとして流行ったのも、アルカリ性食品ということが大きく関係しているでしょう。

また、オリーブオイルの中でも人気の高い、エキストラバージンオリーブオイルも、アルカリ性食品に分類されます。

牛乳以外のアルカリ性食品②

引き続き、牛乳以外のアルカリ性食品をみていきましょう。

食物繊維やビタミン類が多い果物を、健康や美容を意識して食べる人は非常に多いです。

そんな果物ですが、カリウムが豊富に含まれているものは、アルカリ性食品に分類されます。
しかし、中には酸性食品に分けられるものもあるため、果物全てがアルカリ性食品とは言えません。

そのため、どの果物がアルカリ性なのかを知っておくようにしましょう。

アルカリ性と言える果物は、グレープフルーツ・レモン・ライム・みかん・ベリー類などです。
また、サラダなどによく使われる、女性に人気の高いアボカドもアルカリ性に分類されます。

ほかには、ココナッツ・サワーチェリー・パパイヤも挙げられます。

そして、スーパーでよく見かけるキウイや、フルーツの王様とも言われるパイナップルもアルカリ性食品です。

ちなみに、ベリー類もアルカリ性食品とお伝えしましたが、ラズベリーやブルーベリーなどが該当します。

一方、酸性食品として挙げられるフルーツは、オレンジ・いちごなどです。

酸性食品だからといって食べるのがダメと言うわけではなく、アルカリ性食品を意識して食べたほうが良いということです。

アルカリ性食品も酸性食品もバランスが大切

牛乳や豆類、さらに野菜などは、アルカリ性食品として挙げられます。
そして、酸性食品には、肉類や魚類が挙げられます。

これらの食べ物をどちらかに偏って食べてしまうと、栄養のバランスが悪くなってしまいます。

つまり、アルカリ性食品を積極的に食べようと思い、野菜ばかり食べていては、栄養不足に陥ってしまいます。
肉類や魚介類も、健康的に生活するためには、体に欠かせない食べ物です。

そのため、アルカリ性食品である野菜も、酸性食品である野菜も、どちらも食べることが大切です。

また、野菜を食べずに、肉類ばかりを食べていても、栄養不足となってしまいます。

どれかの食品に偏るのではなく、バランス良く、どの食品も食べることを意識しましょう。

「アルカリ性食品」、「酸性食品」を気にすることは大切です。

なぜなら、バランスが悪いことに気づくことができるからです。

例えば、酸性食品である肉類・魚介類・穀物・卵黄ばかりだと、野菜がないので栄養素が心配になりますね。

ですので、アルカリ性食品である野菜類・きのこ類・いも類も摂る必要性が見えてくると思います。

どちらかに偏ってしまうと、このようにバランスが悪い食事内容になってしまうのです。

アルカリ性食品も酸性食品も食べよう

アルカリ性食品と酸性食品について、分かったかと思います。

バランスの良い食事を摂っていると、アルカリ性も酸性も、どちらの食品も含まれた食事となるはずです。

普段から健康的な食事内容であれば、アルカリ性も酸性も気にすることはないですね。