玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

牛乳はアルカリ性!アルカリ性食品を増やすと健康に良い?

      2017/09/21

牛乳はアルカリ性!アルカリ性食品を増やすと健康に良い?

酸性・中性・アルカリ性、理科の授業でやったのを、覚えている人も多いのではないでしょうか。

アルカリ性食品は様々ありますが、その中には牛乳も挙げられます。
このアルカリ性食品は、健康に良いとよく言われています。

それは、なぜなのでしょうか。

アルカリ性食品について、ここで詳しく知っていきましょう。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

マクロビは玄米食がメイン!そこに潜む「危険」とは?

海外のセレブも導入していることで日本にも広まった「マクロビ」...

玄米を土鍋で炊く場合、水の量はどれくらい入れれば良いの?

健康ブームに乗って見直されている玄米ですが、炊飯器ではな...

私たちの生活に馴染深くて体に良い玄米やお茶の歴史を教えて

お米もお茶も、私たちの食生活の根幹をなす大変歴史ある食材で...

玄米の早炊き方法を色々紹介!玄米でいつもの食卓をご馳走に

玄米は精白米よりも、炊き方が面倒、普通の炊き方では固くて...

すごい健康パワー!緑茶や玄米茶に含まれる優れた効能とは?

私たちの食生活に、お茶は切っても切り離せない存在です。 ...

玄米茶の効能はこんなに色々!副作用の少ないお茶で健康に

暑い夏は、水分の補給にとお茶系のドリンクが人気になります...

玄米茶のカフェインはどれくらいあるの?授乳中でも大丈夫?

緑茶のさわやかさに玄米の香ばしさが加わった玄米茶は、近年...

カロリー高めパスタと、ダイエット中もOKな低いものはどれ?

私たち女性が毎日でも食べたいくらい大好きなパスタですが、...

日本にはまだまだあるトランス脂肪酸ゼロの美味しいお菓子

2018年6月に、国外ではトランス脂肪酸の規制が始まりま...

トランス脂肪酸ゼロの商品の有無とその表示についての疑問

トランス脂肪酸が含まれる植物油脂を使った商品に、どれだけ...

忙しくても電子レンジを使って卵を割るだけ簡単調理をご紹介

電子レンジで卵料理をすると、卵の黄身が割れてしまって、う...

電子レンジについてしまった焼き魚のにおいを取る方法とは?

電子レンジは今では時短料理や温めのテクニックが紹介され、...

電子レンジでパスタを茹でると光熱費は安くなる?高くなる?

鍋でパスタを茹でるときは、たっぷりのお湯を沸騰させて麺と...

植物油脂に含まれるトランス脂肪酸の危険性と表示への疑問

植物油脂を使ったマーガリン等には、トランス脂肪酸が含まれ...

正しい食生活ならサラダ油のトランス脂肪酸含有量も怖くない

サラダ油は、どんな油が入っているかをご存知ですか? ...

1日の食事のカロリー配分!朝昼晩の理想的な食べ方とは?

忙しい毎日を送るなかで、何となく済ませがちな食事…。 ...

カロリーの一日の摂取目安は?10代の体作りに必要な事は?

カロリーという言葉を聞いて、皆さんはどのようなイメージを...

玄米を浸水時間あり、なしで炊く時の炊飯器調理について

玄米は浸水時間がありでも、あるいはなしでも、炊飯器で炊け...

玄米を浸水なしで炊飯器で炊きたい!そんな時に気になること

「玄米を浸水なしで炊きたい」と、炊飯器で調理する場合、こ...

毎日食べても飽きない!玄米と雑穀米の美味しい炊き方は?

玄米や雑穀米は栄養豊富で、ヘルシーだと言われていますが、...

スポンサーリンク


アルカリ性食品ってなに?

牛乳はアルカリ性食品だとお伝えしましたが、まずは、その「アルカリ性」について知りましょう。

きっと、アルカリ性食品と聞いても、ピンとこない人がいると思います。

私たちが生きていくためには、食べることが必要不可欠です。

その食べ物ですが、『酸性』と『アルカリ性』に分けることができます。

しかし、多くの食品は、アルカリ性ではなく、酸性になります。
人の体は年月が経つとともに老化してしまいますが、この老化は、身体の「酸化」が進むことが原因です。

酸性食品が多くなってしまうと、この老化の原因である酸化もどんどんと進みます。

酸化が進んでしまうと、老けやすくなってしまうだけでなく、太りやすくなったり、疲れやすくなったりもします。

そのため、老化を防ぐためにも、アルカリ性食品を積極的に食べる必要があります。

先ほどもお伝えましたが、食品のほとんどはアルカリ性食品ではなく、酸性食品です。
なので、自分でアルカリ性食品に分けられている食べ物を、理解しておくことが非常に大切です。

そうすれば、アルカリ性食品を意識して、その食べ物を積極的に食べることができます。

アルカリ性食品ばかりだと体がアルカリ性になる?

食べ物には、アルカリ性や酸性などがあります。

皆さんは牛乳などの、アルカリ性食品に分けられる食品ばかりを摂っていると、体はアルカリ性になってしまうと思いますか?

結論から言うと、それはありません。

ですので、酸性食品ばかりを摂っていると、体が酸性になってしまうということもありません。

どちらかに偏っていたとしても、血液がどちらかに傾いてしまうということも、もちろんないのです。

このことは、多くの人が勘違いしてしまいがちなことです。

また、アルカリ性・酸性に食べ物が分けられるのは、その食べ物自体がアルカリ性だからというわけではありません。

では、どのようにアルカリ性食品か、酸性食品かを判別するのかという言うと、食べ物に含まれる「ミネラル」で判別します。

ナトリウム・カリウム・カルシウム・マグネシウムを含む食べ物は、アルカリ性です。

そして、リン・硫黄を含む食べ物は酸性となります。

牛乳は中性?アルカリ性食品ってどれ?

アルカリ性食品は、積極的に食べたい食べ物です。

このアルカリ性食品に、牛乳も属していると初めにお伝えしました。

しかし、牛乳は中性に近い、アルカリ性食品に分けられます。

ちなみに、牛乳から作るチーズですが、チーズにすると酸性食品となります。

そのほか、酸性食品として挙げられる主なものは、肉類・魚介類・穀物・卵黄などです。

これらが酸性食品だと言うのですから、アルカリ性の食品は多くはないということが分かりますよね。

そして、積極的に食べたいアルカリ性食品ですが、アルカリ性食品に挙げられるのが、野菜類・きのこ類・いも類などです。

海草類と豆類も、アルカリ性食品として挙げられますが、酸性になるものもあります。

また、卵黄は酸性とお伝えしましたが、鶏卵中卵白は、アルカリ性になります。

見ていると、ややこしくなってしまいますが、まずは、アルカリ性食品には野菜類・きのこ類・いも類が挙げられることを覚えておきましょう。

牛乳以外のアルカリ性食品①

牛乳は中性に近いアルカリ性食品とお話ししましたが、その他には、どれがアルカリ性食品なのか、知っておきましょう。

先ほど、野菜類・きのこ類・いも類がアルカリ性食品だとお伝えしました。
また、海草類と豆類もアルカリ性の食べ物であることもお伝えしました。

ここでは、どんな食材がアルカリ性食品なのか、具体的にみていきましょう。

アルカリ性食品に分けられるのは、豆類ですと、大豆・レンズ豆・味噌・納豆・豆腐などです。

納豆は、お手頃にどこでも購入することができるため、アルカリ性食品の中でも、摂り入れやすい食べ物と言えるでしょう。

そして、他には、アーモンド・くるみ、ごま油・ココナッツオイルなども、アルカリ性食品に分けられる食べ物です。

一時期は、ココナッツオイルが、健康にも美容にも良いと流行りましたが、スーパーフードとして流行ったのも、アルカリ性食品ということが大きく関係しているでしょう。

また、オリーブオイルの中でも人気の高い、エキストラバージンオリーブオイルも、アルカリ性食品に分類されます。

牛乳以外のアルカリ性食品②

引き続き、牛乳以外のアルカリ性食品をみていきましょう。

食物繊維やビタミン類が多い果物を、健康や美容を意識して食べる人は非常に多いです。

そんな果物ですが、カリウムが豊富に含まれているものは、アルカリ性食品に分類されます。
しかし、中には酸性食品に分けられるものもあるため、果物全てがアルカリ性食品とは言えません。

そのため、どの果物がアルカリ性なのかを知っておくようにしましょう。

アルカリ性と言える果物は、グレープフルーツ・レモン・ライム・みかん・ベリー類などです。
また、サラダなどによく使われる、女性に人気の高いアボカドもアルカリ性に分類されます。

ほかには、ココナッツ・サワーチェリー・パパイヤも挙げられます。

そして、スーパーでよく見かけるキウイや、フルーツの王様とも言われるパイナップルもアルカリ性食品です。

ちなみに、ベリー類もアルカリ性食品とお伝えしましたが、ラズベリーやブルーベリーなどが該当します。

一方、酸性食品として挙げられるフルーツは、オレンジ・いちごなどです。

酸性食品だからといって食べるのがダメと言うわけではなく、アルカリ性食品を意識して食べたほうが良いということです。

アルカリ性食品も酸性食品もバランスが大切

牛乳や豆類、さらに野菜などは、アルカリ性食品として挙げられます。
そして、酸性食品には、肉類や魚類が挙げられます。

これらの食べ物をどちらかに偏って食べてしまうと、栄養のバランスが悪くなってしまいます。

つまり、アルカリ性食品を積極的に食べようと思い、野菜ばかり食べていては、栄養不足に陥ってしまいます。
肉類や魚介類も、健康的に生活するためには、体に欠かせない食べ物です。

そのため、アルカリ性食品である野菜も、酸性食品である野菜も、どちらも食べることが大切です。

また、野菜を食べずに、肉類ばかりを食べていても、栄養不足となってしまいます。

どれかの食品に偏るのではなく、バランス良く、どの食品も食べることを意識しましょう。

「アルカリ性食品」、「酸性食品」を気にすることは大切です。

なぜなら、バランスが悪いことに気づくことができるからです。

例えば、酸性食品である肉類・魚介類・穀物・卵黄ばかりだと、野菜がないので栄養素が心配になりますね。

ですので、アルカリ性食品である野菜類・きのこ類・いも類も摂る必要性が見えてくると思います。

どちらかに偏ってしまうと、このようにバランスが悪い食事内容になってしまうのです。

アルカリ性食品も酸性食品も食べよう

アルカリ性食品と酸性食品について、分かったかと思います。

バランスの良い食事を摂っていると、アルカリ性も酸性も、どちらの食品も含まれた食事となるはずです。

普段から健康的な食事内容であれば、アルカリ性も酸性も気にすることはないですね。

 - 健康管理