玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

トマトジュースと野菜ジュースどちらが優れているか調査した

      2017/09/20

トマトジュースと野菜ジュースどちらが優れているか調査した

トマトジュースと野菜ジュース。
どちらも健康的な体を手に入れるにはとても役立ちそうです。

でも、どちらを選んだ方がいいのか分からないという方もいるのではないでしょうか。

しかしどちらにもメリット、デメリットがありますのでどちらが一概に良いとは言えません。
そこでメリット、デメリットを知って、どちらが良いのか選んでみてください。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

和風の醤油パスタに合う食材とは?簡単な作り方もご紹介!

醤油に「塩分が高いイメージ」を抱く方もいるかもしれま...

基本の味噌汁の作り方!味わい深い「昆布だし」を簡単に作る

味噌汁にはだしが必要不可欠ですが、普段どのようなだし...

カロリーは意外に低い?!ラーメンに含まれる糖質や塩分は?

醤油に味噌、塩といった定番のものから、個性的なラーメ...

ウェイパーを使った簡単鍋レシピ!味噌鍋の味付けはお手の物

野菜や肉、キノコといったたくさんの食材をバランスよく...

味噌は冷蔵より冷凍!気になるおすすめの味噌保存容器とは?

日本の食卓に欠かせない味噌は、どのご家庭にもたいていある...

うどんは炭水化物の中でも低カロリー?ダイエット効果は?

ダイエット中は炭水化物を控える方が多いですよね。 ...

ヨーグルトのホエーは低カロリー&高栄養!有効活用するには

ヨーグルトの上のほうに、分離した水分が溜まっているの...

「醤油チャーハン」の作り方!パラパラにする方法は?

健康に気を遣っていても、たまには香ばしさが食欲をそそ...

味噌の風味を長く楽しむ保存方法とは?常温でも良いの?

味噌は、ほとんどのご家庭で常備されている食品ですよね...

美味しい夏野菜!「ズッキーニ」の味噌汁レシピをご紹介!

「ズッキーニ」は、カリウムやビタミンCを含んでいるの...

食事改善で健康的にダイエット!大切なのは体脂肪率

ダイエットをしている人はどうしても体重に注目しがちだ...

カロリーゼロ甘味料の魅力とは?人気商品の特徴や用途を探る

1973年にお茶の間に初めて登場した、低カロリー甘味料「シュ...

米麹の甘酒はスーパーで買える!手軽な手作り甘酒もご紹介!

アミノ酸を豊富に含み、健康に良い飲み物として、甘酒は近年ブー...

オーガニックや無添加食品はやっぱり安心!おすすめ5選

現代はたくさんの食品に囲まれ食べることに困らない豊かな時代と...

1人暮らし向け電子レンジとオーブンレンジのおすすめ8選!

これから1人暮らしを始める方、1人暮らしで電子レンジやオーブ...

グルテンフリーなパンなら市販のアレルギー除去米粉パンを!

パン屋さんに並ぶさまざまな種類のおいしそうなパン。 そ...

甘酒や麹は市販の健康食品の中でも大人気!おすすめ理由詳細

今の食生活を改めて見つめてみた時に少し不安を感じることはあり...

味噌鍋にご飯を入れて美味しい雑炊を作るレシピをご紹介

味噌鍋を食べた後のスープを使って、うどんや雑炊を作ると美味し...

冬に食べたい味噌煮込み料理のレシピ!人気の食材は?

味噌煮込みの料理というと、恐らく誰もがイメージするのは愛知県...

味噌と豆腐でメインのおかずになる料理の作り方をご紹介

豆腐をそのまま使うだけでなく、より美味しく食べるために、豆腐...

スポンサーリンク


トマトジュースか野菜ジュースどちらがオススメ?

毎日の健康のためにしっかりと栄養を摂りたいと思えば、手っ取り早く思い浮かぶのは
野菜ジュースやトマトジュースを飲むことが挙げられるのではないでしょうか。

確かにどちらの飲み物もかなり栄養がありそうですが、一体どちらを飲む方がいいのか分からないという人も少なくないでしょう。?

でも毎日飲むものなのだから、しっかり効果のある方を積極的に飲みたいですよね。

事実どちらにもメリット、デメリットがありますのでこれから紹介したいと思います。
これを参考に自身がどちらを飲みたいか考えてみてください。

トマトジュースのメリット、デメリット

トマトジュースは名前の通り、トマトをたくさん使用されて作られた飲み物になります。
一見、野菜ジュースの方が豊富で色々な栄養がたくさん入っていて、体にも良さそうな気がしますよね。
しかし、トマトジュースはトマトジュースで良いところがたくさんあります。

まず、とても有名ですがトマトにはリコピンがたくさん入っています。
このリコピンにはガンなどの生活習慣病やアレルギーの予防にかなり効果があり、健康にとても貢献してくれます。

さらにトマトジュースは健康だけでなく美容にも活躍してくれるのです。
リコピンには抗酸化作用があり、肌の老化現象を抑える力を持っています。
またシミや日焼けの原因を抑えてくれて、美白にも効果がある他、代謝を良くする効果もあるため、太りにくい体にしてくれるのでダイエットにも効果があるのです。

そんなリコピンをしっかり摂りたいなら、どちらかといえばトマトジュースを選ぶべきだということです。

またリコピンは加熱することで体内への吸収率が3倍ほど上がると言われています。
ですのでトマトをそのまま食べるよりもトマトジュースにして飲むことはリコピンを摂るのに最適な摂取の仕方と言えるのです。

しかし、トマトジュースは一般的に飲みにくいです。
苦手な方も多いトマトジュースですが、工夫としてはハチミツを入れるとトマトの青臭さを消すことができる上、甘みも加わって飲みやすくなります。
また塩を少量入れると、こちらも甘みが出て飲みやすくなります。

苦手な方は一度お試しください。

野菜ジュースのメリット、デメリット

一方でどちらかと言えば、たくさんの様々な栄養を満遍なく摂りたいという人には野菜ジュースの方が向いています。
もちろん様々な野菜、果物で作られていますので当たり前ですが、様々な栄養を摂ることができます。

また果物やニンジンの甘みのおかげでトマトジュースに比べてかなり飲みやすくなっているものが多いですし、好みの味を見つけやすく続けやすいのが野菜ジュースの良いところです。

しかし、野菜ジュースは一般的には濃縮還元という方法で作られていますが、その過程で加熱されていますので、熱に弱いビタミンCがかなり失われてしまっています。

また野菜ジュースを飲めば食物繊維を摂ることはできるのですが、こちらは水に溶けやすい食物繊維になります。
食物繊維には水に溶けやすい食物繊維と水に溶けにくい食物繊維があり、片方だけ摂ればいいわけではなく両方とも摂る必要があるのです。
しかし野菜ジュースには水に溶けにくい食物繊維の方はほとんど含まれておりません。
ですので、野菜ジュースさえ飲めば大丈夫というわけではないので注意です。

しかし、毎日1日分の野菜をしっかり摂ることは難しいので、野菜ジュースは日々の助けになることは間違いありません。

トマトジュース、野菜ジュースの選び方

トマトジュース、野菜ジュースどちらも市販で売られているものは種類が豊富です。

どれを選べばいいか分からないとなる人もいると思いますので選ぶコツを紹介します。

まずなるべく野菜100パーセントのものを選びましょう。
果汁入り等のほうが甘く、比較的に美味しく飲めてしまうのですが、栄養価はもちろん下がってしまいます。
なのに、カロリーが高くなってしまうためオススメはできません。

また市販の野菜ジュースやトマトジュースどちらも、味を良くするために塩や砂糖など、添加物が入っているものがあります。
塩分をたくさん摂取すると、むくみや高血圧や脳卒中の原因になります。
また砂糖がたくさん入っていると、カロリーが増えてしまって肥満の原因になります。
なるべく無添加、塩分控えめなどを選ぶ方がいいでしょう。

買う前には必ず、余分なものが入っていないか確認してから、野菜ジュースやトマトジュースを選ぶようにしましょう。

どちらも自家製で作ってみる

もちろん、自分でミキサーを使ってトマトジュース、野菜ジュースを作るのもオススメです。
自分の好みで作ることができますし、添加物など気にすることなく安心して飲むことができます。

どちらも作るにあたって気を付けたいのは、野菜を選ぶ際に必ず新鮮な野菜を使うことです。

新鮮な野菜が良い理由は、古い野菜に比べて新鮮な方がビタミンやミネラルが豊富で栄養価が高いということ。
そして野菜はもちろん新鮮な方が美味しいからです。
また野菜は完熟しているものを選んだ方が美味しいものが飲めます。

また栄養をたくさん摂ろうとして野菜をたくさん入れるのはいいのですが、緑黄色野菜は食物繊維が多く逆に胃に負担をかけてしまう場合もありますので、少なめにした方がよさそうです。

野菜の中だとニンジンは甘みがありどの野菜にも合うのでオススメです。
また果物を入れると飲みやすくなるので果物もオススメです。

どちらも作れば問題なし

トマトジューズはそのままミキサーを使えば誰でも簡単に作れます。
対して迷いやすい野菜ジュースの作り方と注意点も最後に紹介しておきたいと思います。
まず、使用する野菜や果物を一口大くらいの大きさに切ってからミキサーに入れてください。
また野菜の皮は栄養価が高いので捨てずに使うのがオススメですが、使う際は、しっかり洗ってから使用するようにしましょう。

準備が終わればミキサーにかけますが、固いものから順にミキサーでかけていくようにし、後から水を入れます。
また水の代わりに野菜ジュースに相性のいい豆乳を入れてみるのもオススメです。
豆乳は美容にも健康にもいいですし、滑らかになり飲みやすくなるからです。

そして、塊がなくなるまでミキサーにかければ完成です。

家にある野菜で作れてしまうのでコストもそこまで掛からないですし、安心面、新鮮面で考えれば自家製も是非とも挑戦してみて欲しいです。

ぜひ毎日飲んで健康的な体を手に入れましょう。

続けられるものを選ぶ

いかがでしたか。

トマトジュースと野菜ジュース、どちらも買うときには添加物にはしっかりと注意してほしいですね。

どちらを飲むかは人それぞれ、摂りたいもの、飲みやすさなどで変わってくるかと思います。

どちらも身体に良いことは間違いないです。
大事なのは毎日続けるということですので、最終的にはしっかり続けられそうなものを選ぶことが大事になってくるのではないでしょうか。

 - 健康管理