夏は冷蔵庫内の温度が高い!冷えにくい原因を知って節電を!

冷蔵庫は、必ずキッチンにある家電ですよね。

普段、あまり気にしたことがないかも知れませんが、冷蔵庫内の温度は季節や状態によって変わっています。

冷蔵庫の温度が高い状態になってしまう原因は、何なのでしょうか。
原因を知って、節電に繋げましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ゴーヤのグリーンカーテンの作り方!土の再生利用方法とは?

近年において、プランターなどでガーデニングを楽しみつつ、省エネにも役立つグリーンカーテンが人気で...

トランス脂肪酸って何?禁止されている国とその理由とは?

「アメリカでトランス脂肪酸の食品への添加を禁止」というニュースが、2018年に流れました。ト...

なぜトランス脂肪酸はアメリカで禁止なの?日本での対応は?

トランス脂肪酸の食品への添加がアメリカで禁止になったことを受け、日本でも禁止にすべき、規制を設け...

炊飯器の保温は暑い夏にはする必要がない?それともある?

炊飯器の保温は、暑い夏の季節でもする必要があるのでしょうか?この答えを知っている人もいますが...

醤油の人気はアメリカだけではない!世界に広がる和食文化

平成25年12月に、和食がユネスコ無形文化遺産に登録されて、もうすぐ5年です。和食は一食でバ...

食パンの朝食レシピ!おしゃれでSNS映え間違いなし!

朝食として食パンを食べている方は非常に多いです。バターを塗ったり、目玉焼きやベーコンなどの食材...

江戸時代へタイムスリップ!食事は将軍だけ特別だったのか?

現代の日本は、様々な食べ物を手にすることができる「飽食」の時代だと言われています。では、江戸時...

冷蔵庫に入っている生姜チューブの賞味期限切れてませんか?

みなさんのご家庭にある調味料の賞味期限は、すでに切れていませんか?調味料の賞味期限は、忘れら...

オーガニック野菜・フルーツの購入には宅配サービスが便利?

美味しい野菜やフルーツを手軽に食べられるとあって、オーガニック食材の宅配サービスが人気を集めてい...

味噌の手作りが楽しくなる保存容器、作る量やデザインで選ぶ

手作り味噌のよいところは、こだわりの原料で作れることです。そして、作る過程を楽しめることです...

日本が誇る和食料理に対し海外の反応から最高評価が見える

日本に旅行に来る外国人のお目当ては、観光やシュッピング、そしてグルメです。日本食と呼ばれるラ...

畑での野菜作りには石灰と肥料が必要?土作りの基本を知ろう

最近は、節約や食育のために家庭で野菜を育てている方も多いですよね。今回は、これから畑で野菜を...

よくある疑問!今川焼きと大判焼きの違いをご存知ですか?

縁日の出店やおみやげもので、よく見かける今川焼き。大判焼きとも呼ばれ、とても親しまれているお菓子...

醤油の値段は高い方がよい?意外に知られていない違いとは?

スーパーに並ぶ醤油の種類はたくさんあります。そして、値段に注目してみると200mlサイズ...

二人暮らしで掛かるガス代は?プロパンで料金を安くする方法

家族や恋人と、二人暮らしをしている人は多くいます。なかには、友達と二人暮らしをしているという人...

スポンサーリンク

自宅の冷蔵庫内の温度は何度?

夏になると、冷蔵庫に入れておいた飲み物や食べ物が、思ったほど冷えていないということがあります。

普段、あまり気にすることのない冷蔵庫の温度についてお話しします。

冷蔵庫の温度は、JIS規格できちんと決められています。

「室温が15~30℃において、冷蔵室内を0~10℃の範囲で調整ができること」

となっています。

一口に冷蔵庫と言っても、いろいろな扉や部屋に分かれていますよね。

それぞれ冷却方法や温度が異なるため、冷凍室・冷蔵室・野菜室などで分けられています。

また、冷蔵庫内の温度は、季節や使用条件などでも変化します。
夏と冬では、冷蔵庫内の温度が違いますよね。

夏は、温度が高い状態になりやすいと言えます。

冷蔵庫は、メーカーによっても設定温度が変わってきます。

カタログや説明書をよく読んで、ご自分のお家の冷蔵庫が何度の設定になっているのか、一度確認してみましょう。

冷蔵庫内でも、場所によって冷えやすい場所というものがあります。

冷気の吹き出し口は、冷えやすい傾向にありますが、反対にドアポケットは外気に触れやすいので、温度が高い場合が多いです。

冷蔵庫は温度が高い場所・低い場所がある

一般的な、冷蔵庫内の温度は、以下のようになっています。

★冷蔵室 3~6℃
いちばん大きいスペースで、おかずの残りや、すぐに食べるものを入れておくスペースです。

★ドアポケット 6~9℃
外気に触れる機会が多いため、温度が高いです。

★野菜室 3~8℃
冷蔵室より温度が高い、野菜専用の部屋です。
冷気により、野菜が傷まないようになっています。

★チルド室 0~2℃
冷蔵室よりも低い温度で、肉・魚・生クリームなどの乳製品や練り物など、悪くなりやすい食材を保存します。

★パーシャル室 -3~-1℃
最近流行りの、食材を微凍結状態にする部屋です。
完全に凍らないので、細胞が傷つかずに保存できます。
魚・肉などの保存に適しています。

★冷凍室 -20~-18℃
冷凍食材、アイスクリームなどを保存します。

★製氷室 -1℃
水が-1℃で凍るため、この温度設定になっています。

前項で、夏と冬では冷蔵庫内の温度が違うとお話しましたね。
ですので、夏と冬で、冷蔵庫内の温度設定を変えることをおすすめします。

冬は室温も低めになりますので、冷蔵庫の温度設定は「弱」でOKです。
夏は、「中」か「強」にします。

冷蔵庫の中身によって切り替えると、節電にもなりますよ。

ここで気を付けなければならないのが、エアコンです。

夏でも、エアコンを効かせていて、室温が高くなっていないのであれば、「強」にまですることはありません。

室温や、冷蔵庫内の状況によって設定温度を変えると、節電に繋がりますよ。

冷蔵庫の温度が高いと思ったら

冷蔵庫内の温度が高いと思ったら、以下の項目を確認してみましょう。

★冷蔵庫の周りに空間がない

冷蔵庫は庫内を冷やすために、熱を外に逃がさなければなりません。
そのために、冷蔵庫の周りの空間が必要になっています。

空間がないと冷蔵庫内に熱がこもり、温度が高い状態になってしまいます。
左右5mm以上、上部に40mm以上の空間を持たせましょう。

★扉の閉め忘れ

長時間、開けっ放しにしてしまうと、冷蔵庫の冷却能力が低下します。
特に、夏は温かくなりやすいです。

一度、冷蔵庫内が温まってしまったら、冷蔵庫をなるべく開けないようにして再度、冷蔵庫が冷えるのを待ちます。

★食品の入れすぎ

冷蔵庫内では、冷気がめぐるように空気が循環しています。
食品を詰め込みすぎてしまうと、冷気が循環しなくなり、温度が高くなってしまいます。

★冷気の吹き出し口がふさがれている

冷蔵庫内には、冷気の吹き出し口があります。
ここから吹き出した冷気が冷蔵庫内をめぐり、冷やしています。

ですので、食品などによって、ここがふさがれてしまうと、冷蔵庫内を冷やすことができなくなってしまいます。

★温かいものを入れた

最近の冷蔵庫の中には、温かいまま入れてもOKという機種もあるようですが、普通の冷蔵庫は温かいものを入れると、冷蔵庫内の温度が高くなってしまいます。

ほかの食品が腐ってしまうこともありますので、やめましょう。

それでも温度が高いなら

このような状態の場合、故障が疑われます。

★冷蔵庫内から水の音が聞こえない

冷蔵庫の側面に、耳を当ててみます。
正常な状態ですと、水が流れている音が聞こえます。

もし、水の音が聞こえない場合は、冷媒ガスが漏れてしまっている可能性があります。
購入した電器屋さんか、メーカーに問い合わせましょう。

★エラー表示

冷えなくて、おかしいなと思ったら、パネル部分にエラー表示が出ているかもしれません。

最近の冷蔵庫には、ほとんどパネルが付いていますよね。
何か表示が出ていたら、何の表示なのか確認しましょう。

故障の場合もあります。
上記と同じく、電器屋さんかメーカーに問い合わせてください。

また、以下のような使用条件の場合、冷蔵庫内の温度が安定しません。

★日の当たる場所に冷蔵庫がある

夏ですと、日光の影響を直接受けてしまいます。
冷蔵庫の周りの温度が高いと、冷蔵庫内の温度も高くなりますので、冷却力が低下します。

設置するときは、必ず日の当たらない場所を選びましょう。

★設置したばかり

新品の冷蔵庫を設置したばかりのときは、冷蔵庫の中が冷えるまでに時間がかかります。
すぐには冷えませんので、設置は余裕をもって行ってください。

夏場ですと丸1日、冬場でも3時間はかかると思ってください。

冷蔵庫の収納を工夫する

冷蔵庫の温度が高いと、食材もすぐに悪くなってしまいますよね。
温度を高くしないために、冷蔵庫内の収納を上手に行いましょう。

★トレイで仕分ける

冷蔵庫内は、大体3段くらいに分けられているだけですよね。
そのままですと、どこに何があるのかわかりづらいですし、奥に入ってしまうと取り出しづらくなってしまいます。

トレイを活用すると、食材を仕分けてしまうことができますし、奥のものも取り出しやすくなります。

★ラベル

冷蔵庫をよく使うお母さんは、どこに何が入っているか把握していますが、ほかの家族は冷蔵庫内のどこに何が入っているのか、よくわからないですよね。

誰にでもわかりやすくラベルを貼っておくと、冷蔵庫を開けている時間が短く済みます。
「すぐ使う!」などのラベルもわかりやすくていいですね。

はがしやすいマスキングテープを使うのがおすすめです。

★野菜室はかごで仕切る

野菜室は深さがあるので、下に何が眠っているのかわかりにくいですよね。
ですので、高さのあるかごを使って仕切ります。

かごに立てて収納すると、見やすくて取り出しやすいですよ。
かごごと洗えるので、清潔でもあります。

冷凍庫の温度も気にしよう

冷凍庫の温度が高いと致命的です。
そうならないために、一工夫しましょう。

★詰め替えて冷凍

冷凍食品は便利なので、お世話になっているというお母さんも多いですよね。
しかし、詰め込みすぎて奥に何が入っているかわからない、という状態になってしまっていることもあります。
そのようなときは、詰め替えて冷凍です。

買ってきた肉や魚を、トレーのまま冷凍していませんか?
そのまま冷凍すると、冷凍やけも起こしやすく、保存状態もあまりよくありません。

きちんと、ひとつずつラップしなおして、ジップロック袋などに入れて保存すると良いですよ。
こうすれば省スペースにもなりますので、冷凍庫の中が見やすく管理しやすくなります。

★立てて収納

詰め込んでしまいがちな冷凍庫ですが、奥の方まで見やすくするために、食材は立てて収納しましょう。
これだけで奥に何があるのか、すぐにわかります。

100円ショップなどで売っている仕切りを活用して、収納する食材の幅によって仕切れば便利です。

冷蔵庫、冷凍庫ともに上手に収納すれば、温度も高くなりにくく、節電にも繋がりますね。

冷蔵庫を点検してみよう

冷蔵庫に温度設定があるなんて、知らなかった人も多いですよね。

上手に活用できれば節電になりますので、一度、自宅の冷蔵庫の温度設定を確認してみると良いですよ。

冷蔵庫内をきれいに整理すると、料理しやすくなったり、無駄な食材が減って節約になったりします。
どうぞ、冷蔵庫の中を点検してみてくださいね。