玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

つけ麺などの麺類のカロリーは!?太りにくい食べ方について

      2017/09/15

つけ麺などの麺類のカロリーは!?太りにくい食べ方について

今や、全国に数え切れないほどの「つけ麺屋さん」があります。
有名店もテレビなどで特集されており、つけ麺の人気は根強いですよね。

そんな、つけ麺のカロリーってご存知ですか?

今回は、よく食べている麺のカロリーや、太りにくいつけ麺の食べ方をご紹介します。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

基本の味噌汁の作り方!味わい深い「昆布だし」を簡単に作る

味噌汁にはだしが必要不可欠ですが、普段どのようなだし...

カロリーは意外に低い?!ラーメンに含まれる糖質や塩分は?

醤油に味噌、塩といった定番のものから、個性的なラーメ...

ウェイパーを使った簡単鍋レシピ!味噌鍋の味付けはお手の物

野菜や肉、キノコといったたくさんの食材をバランスよく...

味噌は冷蔵より冷凍!気になるおすすめの味噌保存容器とは?

日本の食卓に欠かせない味噌は、どのご家庭にもたいていある...

うどんは炭水化物の中でも低カロリー?ダイエット効果は?

ダイエット中は炭水化物を控える方が多いですよね。 ...

ヨーグルトのホエーは低カロリー&高栄養!有効活用するには

ヨーグルトの上のほうに、分離した水分が溜まっているの...

「醤油チャーハン」の作り方!パラパラにする方法は?

健康に気を遣っていても、たまには香ばしさが食欲をそそ...

味噌の風味を長く楽しむ保存方法とは?常温でも良いの?

味噌は、ほとんどのご家庭で常備されている食品ですよね...

美味しい夏野菜!「ズッキーニ」の味噌汁レシピをご紹介!

「ズッキーニ」は、カリウムやビタミンCを含んでいるの...

食事改善で健康的にダイエット!大切なのは体脂肪率

ダイエットをしている人はどうしても体重に注目しがちだ...

カロリーゼロ甘味料の魅力とは?人気商品の特徴や用途を探る

1973年にお茶の間に初めて登場した、低カロリー甘味料「シュ...

米麹の甘酒はスーパーで買える!手軽な手作り甘酒もご紹介!

アミノ酸を豊富に含み、健康に良い飲み物として、甘酒は近年ブー...

オーガニックや無添加食品はやっぱり安心!おすすめ5選

現代はたくさんの食品に囲まれ食べることに困らない豊かな時代と...

1人暮らし向け電子レンジとオーブンレンジのおすすめ8選!

これから1人暮らしを始める方、1人暮らしで電子レンジやオーブ...

グルテンフリーなパンなら市販のアレルギー除去米粉パンを!

パン屋さんに並ぶさまざまな種類のおいしそうなパン。 そ...

甘酒や麹は市販の健康食品の中でも大人気!おすすめ理由詳細

今の食生活を改めて見つめてみた時に少し不安を感じることはあり...

味噌鍋にご飯を入れて美味しい雑炊を作るレシピをご紹介

味噌鍋を食べた後のスープを使って、うどんや雑炊を作ると美味し...

冬に食べたい味噌煮込み料理のレシピ!人気の食材は?

味噌煮込みの料理というと、恐らく誰もがイメージするのは愛知県...

味噌と豆腐でメインのおかずになる料理の作り方をご紹介

豆腐をそのまま使うだけでなく、より美味しく食べるために、豆腐...

バランスの良い食生活改善はダイエットだけでなく美容効果も

私たちは、食生活改善をすることでダイエットになり美容にも効果...

スポンサーリンク


つけ麺などの麺類のカロリーについて

つけ麺などの麺類はご飯と比較しても口当たりも良く、お腹にたまりにくいので、するっと沢山食べられると思います。

主食というよりも、何となく軽食的なイメージすらありますよね。

しかし、要注意なメニューでもあるんです。

麺料理は、よく噛まずに、ついつい早食いになってしまいますよね。

そして、麺料理はどんぶりを使うので、そのどんぶりひとつで食事を終わりにしてしまいがちで、野菜などの副菜を取らないことが多いのです。

その状態の食事が続くと、血糖値が急上昇して体脂肪が増加したり、糖尿病にもなりやすくなり、危険です。

また、さらっと食べられる麺類のカロリーは、実は決して低くはないのです。

大抵の麺類は、具や油脂類などの調味料を除いて、麺だけで1人前あたり300kcal以上あります。

ご飯1膳がおよそ200kcal、コンビニのおにぎりがおよそ180kcalです。
数値を見てもわかるように、残念ながら低カロリーとは言えませんよね。

麺が好きな人ほど、主食がご飯の時よりも、多く食べてしまいがちです。

その結果、1回の食事で摂取するカロリーが増加してしまうのです。

つけ麺のほかに、よく食べている麺のカロリーはどのくらい?

ここでは、つけ麺のほかに、普段からよく食べている麺のカロリーは、どのくらいなのか見ていきましょう。

☆うどん

■うどん乾麺 100gあたり348kcal
■ゆでうどん 100gあたり105kcal(1食200g袋の場合は、およそ210kcal)

☆そば

ゆでたそばは、標準的な1玉が160~180gです。

■そば乾麺 100gあたり344kcal
■ゆでそば 100gあたり132kcal(1食160g袋の場合は、およそ211kcal)

☆ラーメン

ラーメンの麺は、生麺で110~120gが1人前です。

焼きそば麺は、1人前150gくらいが標準です。

インスタントの袋麺は、90gくらいです。

■中華生麺 100gあたり281kcal
■ラーメン 100gあたりおよそ149kcal(1食110gをゆでた場合は、およそ198gで309kcal)
■インスタントの袋ラーメン 100gあたり458kcal(1食90gをゆでた場合は、およそ225gで412kcal)
■焼きそば麺 100gあたり198kcal(1食150gは、およそ297kcal)

☆そうめん

そうめんは油が使用されて作られているので、驚いたことにカロリーは高めです。

そうめんは1束が50gで、そうめんと冷や麦の1人前目安は100gです。

■そうめん・冷や麦乾麺 100gあたり356kcal
■ゆでそうめん 100gあたり127kcal(1食およそ300gで356kcal)

パスタ・春雨・ビーフンの麺のカロリーも要チェック

つけ麺などの他にもパスタ・春雨・ビーフンの麺のカロリーも、しっかりチェックしておきましょう。

☆パスタ

パスタは老若男女に幅広く愛されて、よく食べられていますよね。

パスタは、レストランでは使用される乾麺の量が、60~80gの場合が多いです。
カフェでは、単品で食べる場合は、乾麺の量が100g前後が多いとされています。

乾麺のパスタはゆでると、およそ2.5倍の重量になります。

■パスタ乾麺 100gあたり378kcal
■ゆでパスタ 100gあたり149kcal(1食約250gの場合は378kcal)

☆春雨

春雨は緑豆から作られたコシの強いタイプと、じゃがいものデンプンから作られた柔らかいタイプがあります。
CMでもおなじみな「スープ春雨」は、緑豆から作られたものです。
スープ類に使われる分量は20gくらいなので、1回に使用する量としては、カロリーは控えめとなります。

■緑豆はるさめ 100gあたり345kcal
■じゃがいものデンプンから作られたはるさめ 100gあたり342kcal

☆ビーフン

ビーフンは、うるち米から作られています。

例えば、五目焼きビーフンなどを作るにしても、1人前は40gくらいで1回に使用する量は少なめです。
ですので、料理としてのカロリーは、そんなに高すぎることはありません。

■ビーフン 100gあたり377kcal

いかがでしたか。

皆さんが、想像していた通りのカロリーでしたか?

つけ麺のカロリーと糖質量は?

いつも、私達が何気なく口にしている麺類のカロリーが、お分かりいただけたかと思います。

ではここで、大本命のつけ麺のカロリーと糖質量についてお話しましょう。

つけ麺は、スープが使われているラーメンと比較すると、麺がスープを吸収していないだけ、低カロリーに思われがちです。

しかしながら、実際にはラーメンよりも太りやすい食べ物なのです。

一般的なつけ麺のカロリーは、200gで約650kcalです。

300gだと、約880kcalになります。

1人前あたりのラーメンは、約420kcal、油そばは約600kcalです。

このように、ラーメンや油そばと比べてみると、つけ麺のカロリーの方が高いことがわかりますね。

つけ麺の糖質量も知っておきましょう。

麺が200gで約72g、麺が300gだと約110gです。

1人前あたりラーメンが約69g、油そばが約55gです。

なんと糖質量も、つけ麺が最も多いのです。

このように、カロリーや糖質量の面で見ても、つけ麺が一番太りやすいということがわかりましたね。

つけ麺がラーメンよりもカロリーが高くなる理由

つけ麺が、ラーメンよりも太りやすくなってしまう理由について、もう少し詳しく見ていきたいと思います。

☆つけ麺に使用される麺は太麺が多い

皆さんが、いつも食べているつけ麺の麺の太さを思い出してみてください。

どうですか。
実は、太りやすい理由に、麺の太さが関係しています。

ラーメンよりもつけ麺の方が、太麺が使われていることが多いのです。

細い麺よりも太い麺の方がカロリーが高く、糖質量が多いのは、一目瞭然ですよね。

さらに、つけ麺はラーメンと比較すると使用されている具が少ないので、ついつい麺を沢山食べてしまうことも理由として考えられます。

☆熱くないから沢山食べやすい

どのつけ麺屋さんでも、基本的には、つけ麺の麺は冷たいものが提供されます。

この麺の冷たさにも、太ってしまう理由が潜んでいるのです。

ラーメンは熱いので、フーフーしながら時間をかけて食べますよね。
それに対して、つけ麺の麺は冷たいので、さらっと食べてしまいがちです。

人が満腹感を感じるまでは、およそ20分かかります。

よく噛まずに急いで食べてしまうと、満腹感を感じられないまま必要以上に食べ過ぎてしまい、カロリーや糖質の過剰摂取に繋がるのです。

☆つけ麺のスープは濃厚

つけ麺のスープは、味付けが濃厚なものが多いです。

麺をスープにつけ過ぎてしまうと、摂取するカロリーも増加し、太ってしまう原因になるので、気をつけてくださいね。

高カロリーなつけ麺を工夫して食べる

ここまで読んでお分かりいただいたように、つけ麺は思っていたよりも高カロリーなのですね。

高カロリーになりがちなつけ麺を、なるべく低カロリーにする方法をお伝えしたいと思います。

☆麺は、あつもりを頼む

あつもりとは、麺が熱いもののことです。
麺が熱いと、食べるスピードが遅くなりますよね。

食べるスピードが遅くなると、満腹感を感じることができるので、無駄に食べ過ぎてしまうことがなくなります。

つまり、カロリーと糖質量を減らすことが可能なのです。

☆咀嚼の回数を、意識して増やす

人間の体は咀嚼回数を増やすことで、満腹感を感じます。

よく噛むことは、無意識ではなかなか難しいので、意識することが大切です。
可能ならば、ひと口で30回以上噛むようにしましょう。

そうすると、少量で満腹感を得られ、カロリーや糖質量を減少させるだけでなく、食事量自体も減らすことができるのです。

よく咀嚼することは、良いことだらけですね。

☆スープは飲まずに我慢

つけ麺のカロリーと糖質のほとんどが、麺とスープに含まれています。

スープを飲みたい気持ちを、グッとこらえましょう。
スープの代わりに、体内の血糖値を下げる効果が期待できる烏龍茶を飲むと良いですよ。

高カロリーなつけ麺の食べ方を工夫しよう

いかがでしたか。

つけ麺はカロリーが高くないと思っていた方も、沢山いらっしゃったのではないでしょうか。

ダイエットを頑張っていても、やっぱり美味しいつけ麺は食べたくなりますよね。

この記事でご紹介したようなひと工夫を凝らして、つけ麺を美味しく食べられると良いですね。

 - 健康的なダイエット