ヨーグルトの種類をいろいろ変えることで得られるメリット

ヨーグルトを毎日食べているという人も、多いのではないでしょうか。
そんなヨーグルトの種類を、こまめに変えると良いと、ご存知でしょうか。

ヨーグルトの種類によって、ヨーグルトに含まれている菌が違います。
そのため、こまめに種類を変えると、様々なヨーグルトの菌を摂ることができるのです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

野菜ジュースに頼りたいけど、どれくらいの栄養がとれるの?

野菜ジュースの種類は沢山ありますが、種類によってとれる栄養が違ったり、とれる栄養の量が違ったり、...

ミキサーを使ってフルーツジュース作り!オレンジの栄養効能

形は丸くて、果皮の色が鮮やかなオレンジ色な果物といったら?もちろんそれは、小さい時からジュースや...

食生活改善でニキビをなくす!そのため摂りたいビタミンは?

ニキビをなくすためには肌に合ったスキンケア用品を使うことと一緒に、いつもの食生活改善も必要のよう...

糖分を取りすぎると身体がだるい!?砂糖には依存性がある!

砂糖が多く含まれている、お菓子やジュースなどを頻繁に摂取している人は、身体がだるいなどの症状が多く見...

砂糖の種類や使い方!砂糖やグラニュー糖の代用は何を使う?

料理に甘みをつけるのに欠かせない砂糖ですが、砂糖といってもたくさん種類がありますよね。白砂糖...

ビタミンcの飲料水はここが優れている!積極的に摂取すべき

体になくてはならないビタミンcですが、肌を綺麗にしてくれるとか、風邪にはビタミンcが良いとよく聞い...

生後9ヶ月~11ヶ月頃の離乳食、おかゆなどの量の目安とは?

数ヶ月前から始めた離乳食もいよいよ9ヶ月を迎え後期に突入!この時期の赤ちゃんは、食欲も出てき...

レモンのはちみつ漬けの効果!砂糖よりはちみつでつくろう!

レモンのはちみつ漬けといえば、学生の頃、部活動のときによくつくってもらったという方も多いのではな...

カロリー摂りすぎに注意!40代男性におすすめの体調管理法

健康診断の結果を無視できなくなってきた年齢、それが40代ではないでしょうか。若い頃に比べると...

妊娠中の時期別食事のカロリー目安とおすすめの食べ物とは!

妊娠中は、自分とお腹の赤ちゃんの2人分の栄養が必要なので、普段の食生活はとても重要になりますよね。...

離乳食に使う出汁は市販の大人用と同じ出汁ではダメなの?

初めてのお子さんの時には離乳食はすごく悩みますよね。離乳食なので、「薄味」が良く、その為に出汁...

ガムシロップと砂糖の違いは?甘くするなら、はちみつで代用

甘~い飲み物が好きな方って、沢山いらっしゃいますよね。甘い飲み物を飲むと、気持ちがホッと...

糖分を取りすぎると頭痛がしてくる!?玄米食でよく出来る?

###糖分を取りすぎると体がおかしくなるかもしれないというお話。特に頭痛が引き起こされる可能...

1日に摂取するカロリー量ではなく消費するカロリーを300に!

1日にわずか300キロカロリーしか食べない過激なダイエットで、3か月に10キロ以上痩せられると話...

カロリー計算のやり方を知って正しくカロリーコントロール!

健康のためには少しぐらい太っていた方がよいと、よく聞きますよね。しかし、そのさじ加減が分から...

スポンサーリンク

ヨーグルトの種類をこまめに変えるメリット

ヨーグルトには、それぞれ違う菌が入っています。
そのため、ひとつのヨーグルトをずっと食べていても、体には同じ菌だけが摂り入れられるだけです。

そこで、ヨーグルトの種類をこまめに変えることで、様々な菌を体に摂り入れることが大切になります。

ヨーグルトの菌には、腸内環境を整えてくれる効果があります。

毎日ヨーグルトを食べているけれど、便秘が改善されないといった人は少なくありません。
そういった人の多くが、いつも同じヨーグルトを食べている場合が、非常に多いのです。

便秘で悩んでいる人がヨーグルトの種類をこまめに変えてみたところ、長い間悩んでいた便秘が改善されることは珍しくありません。

ヨーグルトの種類をこまめに変えて便秘が改善されたのは、いろいろな菌が体に摂り入れられたからということも、ひとつの要因になるのです。

つまり、同じ腸内細菌ばかりではなく、様々な腸内細菌が腸にいるほうが、腸内環境が改善される可能性が高いのです。

いつも同じヨーグルトばかりを食べているなら、こまめにヨーグルトの種類を変えるほうがおすすめです。

ヨーグルトの種類を変えるタイミングは?

ヨーグルトの種類をこまめに変えるのが良いということは、お分かりいただけましたよね。

しかし、こまめに変えるとは言っても、毎日違う種類のヨーグルトを食べるのは良くありません。

確かに、毎日違う種類のヨーグルトを食べると、様々な腸内細菌は摂れます。
ですが、腸内の環境は毎日毎日変わるものではありません。

人によって、腸内環境が変化する期間は違いますが、だいたい2週間~4週間です。
そのため、ヨーグルトもだいたい2週間~4週間は、同じものを食べる必要があるのです。

新しいヨーグルトを食べ始めたときなどは、腸が活発になり、便秘が改善される人は多いのではないでしょうか?

だんだんと、その菌が腸内にいることに慣れてしまうと、最初のような効果が出なくなります。

また、もしかすると、その菌が自分の腸と相性が悪く、何の効果も出ないことが考えられます。
食べ続けていても何の変化も見られないのなら、新しい菌(他の種類のヨーグルト)を摂り入れてみましょう。

種類を変えるだけでヨーグルトの効果が上がる

ヨーグルトは、種類を定期的に変えるだけで効果が上がります。

このことを知っているだけで、買い物でヨーグルトコーナーにいる際、「そろそろ違うヨーグルトにするタイミングだ」と自分で気付くことができますよね。

また、忘れてしまいそうな人は、カレンダーなどにメモをすると、忘れなくて済むと思います。

さらに、ヨーグルトによって腸内に変化や効果はあったのかをメモしておくと、自分の腸内にどんなタイプのヨーグルトが合っているのかが分かります。

メモをすることで、他には、このようなメリットもあります。
それは、自分に合わなかったヨーグルトを、また買ってしまうということがなくなるというメリットです。

これは、意外とやってしまっている人が多いです。
せっかくヨーグルトを食べるなら、自分の腸内に合ったヨーグルトを選びましょう。

自分に合ったヨーグルトが分かれば、ヨーグルトの種類を変えるタイミングが来たときに、良い変化を出してくれるヨーグルトを見つけやすいでしょう。

ヨーグルトの種類①

人それぞれ、いつも買うお気に入りのヨーグルトがあったりしますよね。
美味しいから、安いからなどの理由で、そのヨーグルトを選んでいる人も多いでしょう。

何度もお話ししましたが、ヨーグルトは定期的に変えると、様々な菌を摂り入れることができます。
しかし、ヨーグルトの種類によって菌の違うため、その人の腸内に合う合わないもあるのです。

自分に合っているか合っていないか、そのヨーグルトを見て分かる人は、きっと少ないと思います。
ここでは、ヨーグルト選びの参考になるように、よく見るヨーグルトの効果を簡単にまとめています。

これからヨーグルトを買うときに、参考にしてみてください。

【明治ブルガリアヨーグルト】

名前の通り、ブルガリア菌が含まれているため、腸内環境をきれいにしてくれる効果があります。
LB81乳酸菌が豊富に含まれているので、美肌にも効果的です。

【雪印メグミルク ナチュレ恵】

ビフィズス菌とガセリ菌が含まれていて、強い整腸作用が期待できます。
内臓脂肪や皮下脂肪を減少させてくれるため、ポッコリお腹が気になる人にもおすすめです。

ヨーグルトの種類②

先ほどに続き、ヨーグルトの種類をまとめます。

種類を変えるなら、この中から自分に合いそうなヨーグルトを選んでみてはいかがでしょうか。

【明治ヨーグルトR-1】

1073R-1乳酸菌が配合されています。
この菌は、インフルエンザなどのウイルスに強いと、最近人気を集めているヨーグルトです。

【小岩井生乳100%ヨーグルト】

発酵に時間をかけているため、乳酸菌が強いです。
乳酸菌が強いので、免疫力UP、風邪予防に効果的です。

【グルコ朝食プロバイオティクスヨーグルト】

グリコならではの、ビフィズス菌が配合されています。
そのため、腸内でビフィズス菌BifiXが増え、整腸作用が強く、便秘改善が期待できます。

【ダノンビオ】

ダノンのビフィズス菌は、生きて腸まで届きます。
他のヨーグルトの菌に比べても、ダノンの菌は長く生きるので、強い整腸作用が期待できます。

【ダノンデンシア】

4個セットのうちのヨーグルトひとつで、1日に必要なカルシウムの半分が摂れます。
成長期の子供から、骨密度の低いお年寄りにもおすすめです。

ヨーグルトは1日どのくらい食べるのがいい?

ヨーグルトの種類は、2週間~4週間程度で変えるのがおすすめと、お話ししました。
そのヨーグルトを毎日食べるとすると、どのくらいの量がちょうど良いのでしょうか。

人によって、食べることのできるヨーグルトの量や、体に合った量は、それぞれ違います。
腸内環境を整えたいのであれば、最低でも100gのヨーグルトが必要です。

100gと言っても想像がつかない人も多いと思うので、あの大きな1パックのヨーグルトで考えてみましょう。

あのヨーグルト1パックは450gなので、100gだと1/4以下ということになります。

最低でも食べたほうが良い量は100gですが、おすすめは200g~300gです。
300gだと、大きな1パックのヨーグルトの7割くらいの量になります。

そう考えると、300gは食べ過ぎと思ってしまう人もいますが、そんなことはありません。
300gを食べるのは難しいと感じる人は、1回で食べる考えをしていませんか?

朝・昼・晩と100gずつ食べると、300gは普通に食べれてしまう量です。
腸内環境に効果的な量のヨーグルトを毎日食べ続けると、きっと体に変化が出てくるはずです。

ヨーグルトの種類を定期的に変えるのはいい

いつも決まったヨーグルトを食べているという人は多いですよね。

しかし、それはとってももったいないことです。
定期的にヨーグルトの種類を変えて、様々な菌を腸内に摂り入れていきましょう。

そうすることで、長く悩んでいた便秘も嘘のように改善されるかもしれません。