ヨーグルトの種類をいろいろ変えることで得られるメリット

ヨーグルトを毎日食べているという人も、多いのではないでしょうか。
そんなヨーグルトの種類を、こまめに変えると良いと、ご存知でしょうか。

ヨーグルトの種類によって、ヨーグルトに含まれている菌が違います。
そのため、こまめに種類を変えると、様々なヨーグルトの菌を摂ることができるのです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

カロリーゼロは万能ではない!どんな食品でも摂りすぎに注意

カロリーゼロの食品を利用したことがありますか。小腹が空いているけれど、太りたくないという人の...

食べものと運動の両方でカロリーコントロールを心がけよう!

痩せるために、一度はダイエットを試みたことがあるかたは多いのではないでしょうか。一度といわず、...

マーガリンよりバターの方がトランス脂肪酸の量は少ない

トランス脂肪酸という名前、既にご存知の方は多いと思います。『トランス脂肪酸=マーガリン』とい...

味噌汁の塩分濃度は何パーセントなのか?計算方法もご紹介

日本の食卓に欠かせない味噌汁。しかし、塩分が高くて高血圧の人には良くないのではないかというイ...

糖分が脂肪に変わるメカニズム。これを知ると食生活が変わる

糖分が脂肪に変わるプロセスとはどんなものなのでしょうか?ダイエットで甘いものを食べても、その糖...

体に優しいチョコレートの選び方!植物油脂の体への影響は?

世の中には、多種多様なチョコレートが売られていますね。チョコレートが好きで、よく食べてい...

カロリーの一日の摂取目安は?10代の体作りに必要な事は?

カロリーという言葉を聞いて、皆さんはどのようなイメージをお持ちになるでしょうか。摂りすぎると...

食事改善!アトピーのために食事に乳酸菌を加えると?

アトピー性皮膚炎は好きでなるものでもないし、好きでなりたい人は、まずいないでしょう。治したい...

若人こそ一食のカロリーが大切!おかずだけで500kcal以上を

1日に必要なカロリーを推定必要エネルギー量と言います。20代~40代の女性なら仕事や家事・育...

オーガニック商品を通販する時に参考にしたいおすすめ情報

現在、オーガニック商品にかかわらず通販での買い物が浸透し、増加し続けています。今回はオーガニ...

トランス脂肪酸とは?トランス脂肪酸フリーの油はある?

みなさんはトランス脂肪酸と聞くと、どんなイメージが浮かびますか?「体に悪い」「危険な食べ物」...

醤油のアルコールは悪者?添加物だらけで作られた醤油もある

日本の食卓に欠かせない醤油。ほとんどの日本人が毎日、口にしていると思います。毎日のことだ...

植物油脂に含まれるトランス脂肪酸の危険性と表示への疑問

植物油脂を使ったマーガリン等には、トランス脂肪酸が含まれていると、その危険性を問題視されてきまし...

外食メニューはバナナ5本のカロリーより高い?低い?

暑い夏ですが、水着を着るためにカロリーを抑えたダイエットを検討されている方も多いのではないでしょう...

離乳食期に利用したい!でもベビーフードしか食べないときは

離乳食をスタートさせた頃、何の味付けもしていないおかゆを美味しそうにもぐもぐ食べていた我が子。し...

スポンサーリンク

ヨーグルトの種類をこまめに変えるメリット

ヨーグルトには、それぞれ違う菌が入っています。
そのため、ひとつのヨーグルトをずっと食べていても、体には同じ菌だけが摂り入れられるだけです。

そこで、ヨーグルトの種類をこまめに変えることで、様々な菌を体に摂り入れることが大切になります。

ヨーグルトの菌には、腸内環境を整えてくれる効果があります。

毎日ヨーグルトを食べているけれど、便秘が改善されないといった人は少なくありません。
そういった人の多くが、いつも同じヨーグルトを食べている場合が、非常に多いのです。

便秘で悩んでいる人がヨーグルトの種類をこまめに変えてみたところ、長い間悩んでいた便秘が改善されることは珍しくありません。

ヨーグルトの種類をこまめに変えて便秘が改善されたのは、いろいろな菌が体に摂り入れられたからということも、ひとつの要因になるのです。

つまり、同じ腸内細菌ばかりではなく、様々な腸内細菌が腸にいるほうが、腸内環境が改善される可能性が高いのです。

いつも同じヨーグルトばかりを食べているなら、こまめにヨーグルトの種類を変えるほうがおすすめです。

ヨーグルトの種類を変えるタイミングは?

ヨーグルトの種類をこまめに変えるのが良いということは、お分かりいただけましたよね。

しかし、こまめに変えるとは言っても、毎日違う種類のヨーグルトを食べるのは良くありません。

確かに、毎日違う種類のヨーグルトを食べると、様々な腸内細菌は摂れます。
ですが、腸内の環境は毎日毎日変わるものではありません。

人によって、腸内環境が変化する期間は違いますが、だいたい2週間~4週間です。
そのため、ヨーグルトもだいたい2週間~4週間は、同じものを食べる必要があるのです。

新しいヨーグルトを食べ始めたときなどは、腸が活発になり、便秘が改善される人は多いのではないでしょうか?

だんだんと、その菌が腸内にいることに慣れてしまうと、最初のような効果が出なくなります。

また、もしかすると、その菌が自分の腸と相性が悪く、何の効果も出ないことが考えられます。
食べ続けていても何の変化も見られないのなら、新しい菌(他の種類のヨーグルト)を摂り入れてみましょう。

種類を変えるだけでヨーグルトの効果が上がる

ヨーグルトは、種類を定期的に変えるだけで効果が上がります。

このことを知っているだけで、買い物でヨーグルトコーナーにいる際、「そろそろ違うヨーグルトにするタイミングだ」と自分で気付くことができますよね。

また、忘れてしまいそうな人は、カレンダーなどにメモをすると、忘れなくて済むと思います。

さらに、ヨーグルトによって腸内に変化や効果はあったのかをメモしておくと、自分の腸内にどんなタイプのヨーグルトが合っているのかが分かります。

メモをすることで、他には、このようなメリットもあります。
それは、自分に合わなかったヨーグルトを、また買ってしまうということがなくなるというメリットです。

これは、意外とやってしまっている人が多いです。
せっかくヨーグルトを食べるなら、自分の腸内に合ったヨーグルトを選びましょう。

自分に合ったヨーグルトが分かれば、ヨーグルトの種類を変えるタイミングが来たときに、良い変化を出してくれるヨーグルトを見つけやすいでしょう。

ヨーグルトの種類①

人それぞれ、いつも買うお気に入りのヨーグルトがあったりしますよね。
美味しいから、安いからなどの理由で、そのヨーグルトを選んでいる人も多いでしょう。

何度もお話ししましたが、ヨーグルトは定期的に変えると、様々な菌を摂り入れることができます。
しかし、ヨーグルトの種類によって菌の違うため、その人の腸内に合う合わないもあるのです。

自分に合っているか合っていないか、そのヨーグルトを見て分かる人は、きっと少ないと思います。
ここでは、ヨーグルト選びの参考になるように、よく見るヨーグルトの効果を簡単にまとめています。

これからヨーグルトを買うときに、参考にしてみてください。

【明治ブルガリアヨーグルト】

名前の通り、ブルガリア菌が含まれているため、腸内環境をきれいにしてくれる効果があります。
LB81乳酸菌が豊富に含まれているので、美肌にも効果的です。

【雪印メグミルク ナチュレ恵】

ビフィズス菌とガセリ菌が含まれていて、強い整腸作用が期待できます。
内臓脂肪や皮下脂肪を減少させてくれるため、ポッコリお腹が気になる人にもおすすめです。

ヨーグルトの種類②

先ほどに続き、ヨーグルトの種類をまとめます。

種類を変えるなら、この中から自分に合いそうなヨーグルトを選んでみてはいかがでしょうか。

【明治ヨーグルトR-1】

1073R-1乳酸菌が配合されています。
この菌は、インフルエンザなどのウイルスに強いと、最近人気を集めているヨーグルトです。

【小岩井生乳100%ヨーグルト】

発酵に時間をかけているため、乳酸菌が強いです。
乳酸菌が強いので、免疫力UP、風邪予防に効果的です。

【グルコ朝食プロバイオティクスヨーグルト】

グリコならではの、ビフィズス菌が配合されています。
そのため、腸内でビフィズス菌BifiXが増え、整腸作用が強く、便秘改善が期待できます。

【ダノンビオ】

ダノンのビフィズス菌は、生きて腸まで届きます。
他のヨーグルトの菌に比べても、ダノンの菌は長く生きるので、強い整腸作用が期待できます。

【ダノンデンシア】

4個セットのうちのヨーグルトひとつで、1日に必要なカルシウムの半分が摂れます。
成長期の子供から、骨密度の低いお年寄りにもおすすめです。

ヨーグルトは1日どのくらい食べるのがいい?

ヨーグルトの種類は、2週間~4週間程度で変えるのがおすすめと、お話ししました。
そのヨーグルトを毎日食べるとすると、どのくらいの量がちょうど良いのでしょうか。

人によって、食べることのできるヨーグルトの量や、体に合った量は、それぞれ違います。
腸内環境を整えたいのであれば、最低でも100gのヨーグルトが必要です。

100gと言っても想像がつかない人も多いと思うので、あの大きな1パックのヨーグルトで考えてみましょう。

あのヨーグルト1パックは450gなので、100gだと1/4以下ということになります。

最低でも食べたほうが良い量は100gですが、おすすめは200g~300gです。
300gだと、大きな1パックのヨーグルトの7割くらいの量になります。

そう考えると、300gは食べ過ぎと思ってしまう人もいますが、そんなことはありません。
300gを食べるのは難しいと感じる人は、1回で食べる考えをしていませんか?

朝・昼・晩と100gずつ食べると、300gは普通に食べれてしまう量です。
腸内環境に効果的な量のヨーグルトを毎日食べ続けると、きっと体に変化が出てくるはずです。

ヨーグルトの種類を定期的に変えるのはいい

いつも決まったヨーグルトを食べているという人は多いですよね。

しかし、それはとってももったいないことです。
定期的にヨーグルトの種類を変えて、様々な菌を腸内に摂り入れていきましょう。

そうすることで、長く悩んでいた便秘も嘘のように改善されるかもしれません。