クッキーを可愛くデコレーション!バレンタインの準備は万端

2月14日は、何の日でしょうか!?

そうです、皆さんもよくご存知のバレンタインですよね。

女性の皆さん、バレンタインのプレゼントの準備は万端ですか?

バレンタインは、好きな人に秘めた思いを伝えるチャンスですよね。

彼への想いを伝えるためにも、手作りしたクッキーを可愛くデコレーションしてみませんか。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

大人なら知っておきたい!ご飯と味噌汁の正しい配置場所は?

毎日の食卓に登場する「ご飯」と「味噌汁」。あなたの食卓に置かれた、ご飯と味噌汁の配置場所は正...

刺激物とは一体どんな食べ物なの?刺激物一覧をまとめてみた

胃が痛い時や風邪をひいた時など「刺激物を避けるように」とよく聞きますよね。でも刺激物と言われても...

ドライフルーツを無添加で作る。オーガニック生活のススメ

生のフルーツが苦手でも、ドライフルーツであれば、食べやすいですよね。ドライフルーツは栄養価も...

1歳児が食事を投げるのはなぜ?すぐできる対策が知りたい!

1歳児の食事に関して多い悩みが「食器や食べ物を投げる」というものです。まだ善悪の判らない子ども...

ふきのとうで作る「ばっけ味噌」が美味しい!保存のコツとは

山菜がスーパーに出回り始めると「春」を感じますね。春を告げる山菜として人気が高いのがふきのと...

栄養満点の干し野菜を作ろう!乾燥ネットで簡単に作れます!

野菜の食べ方はいろいろありますが、まず干し野菜が頭に浮かぶ人は少ないと思います。干し野菜は、...

味噌の大豆つぶしにミキサー・ミル・フープロどれがいい?

料理を作り慣れてくると、味噌も手作りしたくなりますよね。味噌作りで意外に大変な工程は、大豆をつ...

食パンでお手軽&美味しい朝食を♪相性抜群の卵をフル活用!

忙しい朝食に重宝する食材と言えば”卵”ですね。そのまま焼いて目玉焼き、トロトロ食感のスクランブ...

醤油の値段は高い方がよい?意外に知られていない違いとは?

スーパーに並ぶ醤油の種類はたくさんあります。そして、値段に注目してみると200mlサイズ...

そうめんの薬味や、つけつゆは関東と関西では違うものなの?

夏になると、食べる頻度が増えるのは、やはり「そうめん」ではないでしょうか?暑さで食欲が出ない...

和食と洋食の違いとは?それぞれの特徴や栄養の違いとは?

和食と洋食、皆さんはどちらが好みですか?和食は洋食と違い、ヘルシーなイメージですよね。そ...

1歳半の我が子との食事。ごはんを投げるのには理由がある!

”魔の2歳児”なんて言葉がありますが、1歳半のうちの子、もう十分イヤイヤ期なのでは?と思ったことあ...

朝はパン派の人が食べる食パンの平均枚数はどのくらいなの?

朝は白米・味噌汁・おかずという、日本人の定番の朝食を食べたいところですが、朝はゆっくりごはんを食...

おいしい味噌を保存したい!タッパーを使う時の注意点とは?

味噌を保存する場合には、100均でも購入できて、手軽に使えるタッパーが便利ですが、保存容器として...

誕生日ケーキは生クリームとバタークリームどっちを使う?

誕生日ケーキと言えば、生クリームを使ったものが多いですが、バタークリームを使えば生クリームではで...

スポンサーリンク

日本のバレンタインデーの特徴

バレンタインには、手作りチョコレートやクッキーを、大事な人へプレゼントしますよね。

どれも可愛くデコレーションされていて、皆さんの女子力の高さに驚きます。

ところで、バレンタインの由来ってご存知ですか。

バレンタインデーの由来は、実は、3世紀のローマの人であるバレンタイン司祭の死を悼む、宗教的な行事なのです。

ここで、日本のバレンタインデーの特徴を見ていきましょう。

日本では最初は「夫婦の日」であり、チョコレートを添えて、メッセージを伝える日とされていました。

しかし、1970年代後半になると、今現在のような「女性から男性にチョコレートをプレゼントする」というような、日本型のバレンタインデーが根付きました。

のちに、1980年前半には、みなさんも一度は配ったことのある義理チョコや、男性が女性からのバレンタインの愛にこたえるホワイトデーが登場します。

以上のように、バレンタインデーは、日本独特の進化を遂げています。

本来の由来のような意味は薄まり、誰もが楽しめるイベントになっているのですね。

愛情や、感謝の気持ちを重んじる女性の心をガッチリとらえたことで、今日のような人気の行事になったと考えられます。

クッキーのデコレーションのためのアイシングレシピ

恋人たちの、愛の誓いの日とされているバレンタインデー。

今回はバレンタインのプレゼントに、手作りクッキーを作ってみましょう。

まずは、クッキーなどのデコレーションにも使われる、アイシングの作り方をご紹介します。

基本を覚えれば、アレンジも自由自在です。
カラフルで、とっても可愛いデコレーションを楽しんでください。

☆卵白で作るアイシングの基本的な作り方

【材料 作りやすい分量】

・粉糖 約100g
・卵白 約15g
・水 適量(用途に合わせて水で固さを調節)
・お好みのアイシングカラー 適量

【作り方】

1)
三角形の紙を巻き上げて、コルネを作ります。

2)
ボウルに卵白を入れて溶きほぐし、粉糖を加え入れ、ツヤが出るまで、よく混ぜます。
作る量が多い際は、ハンドミキサーを使いましょう。

3)
固さの違うアイシングを作る時は、別のボウルに少量ずつ取り分けて、固さを調整しましょう。
アイシングを固くするには粉糖を、ソフトにするには、水を少しずつ足します。

4)
それぞれのボウルに、つまようじや竹串の先端に取ったアイシングカラーで様子を見ながら、だんだんと色をつけます。

5)
アイシングをコルネに半分くらいまで詰め、空気が入らないように折り込み、コルネの先端をカットします。

コルネに詰めたアイシングは、使う時まで、乾燥しないように濡れ布巾で包むか、ラップをかけておきましょう。

デコレーションしやすい!アイシング専用クッキーの基本的な作り方

ここでは、アイシングの土台となる、クッキーの基本的な作り方をご紹介します。

この作り方で作ると、型抜きやデコレーションもしやすく、バレンタインのプレゼントにもオススメです。

【材料 5cm四方のクッキーを約20枚分】

・卵 25g
・細目グラニュー糖 70g
・薄力粉 160g
・アーモンドパウダー 40g
・無塩バター 60g
・塩 ひとつまみ

【作り方】

1)
薄力粉とアーモンドパウダーを合わせてふるい、バターと卵は室温に戻しておきましょう。

2)
ボウルにバターを入れ、ホイッパーでクリーム状になるまで、すり混ぜます。
そこに、グラニュー糖と塩を入れ、さらに白っぽくなるまで、よく混ぜましょう。

3)
溶き卵を少量ずつ加えて、よく混ぜます。

4)
ふるった薄力粉を一気に加え、粉気がなくなり、全体にしっとりするまで混ぜます。
手でも、生地がなめらかになるまで、こねましょう。

5)
ラップに包んだら冷蔵庫で、30分くらいねかせます。

6)
ベーキングシートの上に生地を置き、3~5mm厚のルーラーを置きます。

7)
上から、めん棒にくっつかないように、ベーキングシートをかぶせましょう。

8)
めん棒で、同じ厚さに伸ばします。

9)
もし生地がダレていたら、冷蔵庫で休ませましょう。

10)
生地が、しっかり冷えた状態で型抜きをします。
細かいクッキー型を使う時は、小麦粉を少しつけてください。

11)
型抜きしたものを、170度に予熱したオーブンに入れ、10~12分くらい焼きます。

12)
生地が冷めないうちに、ヘラなどで表面を押さえ、焼成で膨らんだ生地を平らにしたら、出来上がりです。

バレンタインにオススメなクッキーデコレーション

先ほど手作りしたクッキーを、あっという間に可愛くしちゃうデコレーションのやり方をご紹介します。

バレンタインデーにプレゼントにしたら、きっと喜ばれますよ。
目玉焼きプレートを作っちゃいましょう。

【材料】

・丸型、スプーン、フォークに型抜きされたクッキー
・チョコペン(白、オレンジ、緑、黄色、赤など)お好みで

【作り方】

1)
チョコペンを、湯せんで溶かしましょう。

2)
丸型のクッキーをお皿に見立て、白のチョコペンで卵の白身をかきます。
この時に、真ん中は空けておきます。

3)
5分くらい時間をおいて、チョコの表面が固まったら、黄色いチョコペンで卵の黄身をかきましょう。

4)
オレンジのチョコペンで、ウインナーを作ります。
チョコの表面が乾ききる前に、ウインナーのカーブの内側から外に、爪楊枝を使って切り込みを入れます。

5)
ブロッコリーは、緑のチョコペンで2本線をかき、その上にチョンチョンと置くようにチョコを出すと、立体感を表現することができます。

6)
お皿に見立てた丸型クッキーに、チョコで作った卵焼き・ウインナー・ブロッコリーを飾り、スプーンとフォーク型のクッキーを並べれば、可愛い目玉焼きプレートの完成です。

バレンタインは子どもも一緒に!

幼稚園の女の子の中にも、バレンタインに手作りしたチョコレートやクッキーを渡している子は、多いと思います。

ここでは、小さな子どもでも簡単にできる、クッキーのデコレーション方法をご紹介します。

市販のクッキーと、マーブルチョコレートを使います。

マーブルチョコレートは、日本で最初の粒状でカラフルな糖衣チョコレートで、人気がありますよね。

子どもと一緒に、楽しく作ってみてくださいね。

【材料】

・プチのバタークッキー 1袋
・マーブルチョコレート 好きなだけ
・カラースプレー 好きなだけ
・アラザン 好きなだけ
・板チョコ 1枚

【作り方】

1)
板チョコを細かく割ったものを、ボウルに入れて、ゆせんして溶かします。

2)
クッキーに、溶けたチョコを塗りましょう。

3)
チョコを塗ったら、マーブルチョコレートやカラースプレーを使って、自分のイメージしたようにくっつけて、デコレーションします。

4)
オーブンシートを敷いたお皿に並べて、冷蔵庫で冷やし固めたら、完成です。

普通のクッキーに、ほんのひと手間加えるだけでも、簡単にオリジナルのクッキーに変身させることができるのですね。

テクニック教えます!喜ばれるバレンタインクッキーの渡し方

可愛くデコレーションした手作りクッキーを、普通に渡すだけでも良いですが、せっかくなのでテクニックを駆使して、さらに男性のテンションを上げちゃいましょう。

☆照れながら渡す

照れて、恥ずかしそうにしている女性に、たいていの男性はグッとくるものです。

☆渡すタイミングを計算する

バレンタイン当日の男性の中には、朝からソワソワして落ち着かない方もいますよね。

チョコがもらえないまま、時間は経過していきます。

終業時間が近づき、男性が諦めた時こそが、渡すタイミングです。

なぜなら、男性がガッカリした気持ちの時に渡すことで、テンションはマイナスから頂点まで一気に上昇するからです。

じらし効果によって嬉しさが倍増するので、渡すタイミングを可能な限り、引っ張りましょう。

☆しおらしさを演出する

お菓子作りは苦手だけど頑張ったよ・・・そんなしおらしい一言にも、男性の心はキュンとなります。

☆お菓子の袋の中は、可愛くラッピングする

外側の袋は、男性が持っていても恥ずかしさを感じないシンプルなデザインでも、袋の中身はピンクなどの女の子らしいラッピングだと、男性的にはツボなのです。

なぜなら、女の子らしいのに、気遣いもできるという印象を与えることができるからです。

添える手紙に、良い香りをつけておくと、さらに良いでしょう。

イベントは楽しむことが大事です

いかがでしたか。

今や、国民行事にも近いバレンタインデー。

大事な人や感謝を伝えたい人に、気持ちを込めて、可愛くデコレーションしたクッキーなどの手作りお菓子を作ってみませんか。

一生懸命作った、あなたの思いが届きますように・・・。