玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

身長160cm、体重の平均は何Kg?男女別に解説。理想と違う。

      2017/08/26

身長160cm、体重の平均は何Kg?男女別に解説。理想と違う。

体重は、健康やスタイルを維持するために、重要なバロメーターとなります。

それでは身長160cmの男女別、体重の平均は何kgでしょうか?
また、体重をコントロールする方法を見ていきましょう!

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

チューブタイプのバターに含まれるトランス脂肪酸への疑問

チューブタイプのバターと聞くと、いつもは固く感じがちなバ...

自然製法でもトランス脂肪酸フリーのバターは存在しない?

2018年6月にアメリカでは、トランス脂肪酸の使用の規制...

味噌を詰める容器がガラスであるメリットと注意点とは?

味噌というと、スーパーで売られているパック入りの味噌が一...

麦味噌を作ってみよう!試しに2kgを容器に詰めてみよう

麦味噌をご存知ですか? 九州や愛媛県、山口県ではメジャ...

カロリーと脂肪の量がうまく絡む豚肉と部位の深い関係

肉の部位とカロリーは大きく関係します。 多くの人が、精...

カロリーの一日に必要な摂取量はどれくらいなのでしょうか?

飽食の時代と言われて久しい現代、生活習慣病に悩む人々も増...

お茶碗一杯分のカロリー消費にはどんな運動をどれくらい?

秋、食事が美味しくなる季節です。 ついつい箸が進み、食...

枝豆はカロリーが低くてダイエットに最適って本当なの?

夏から秋にかけての旬といえば、枝豆ですよね。 最近は芸能...

おにぎりと大福のカロリーと満足度の比較をしてみた結果…!

お弁当の定番はおにぎりという方も多いのではないでしょうか...

ドライトマトにはどんな栄養がある?カロリーはどれぐらい?

ドライトマトといえば、美容・健康・ダイエットに効果があると...

5kgダイエットするために必要な消費カロリーは?方法は?

年々、付きやすく、落ちにくくなってきました。 これは体...

食事が進まない2歳児!1日に必要とするカロリーの目安は?

かわいい盛りの2歳児は、「魔の2歳児」といわれるぐらいで...

自分のカロリー消費量を知ろう!1日の活動強度ごとに解説

あなたは、自分の体が1日にどれくらいのカロリーを消費して...

玄米の炊き方と、含まれるとされる「毒」との関係性とは?

玄米は健康に良い食品なので注目される分、「毒」を持ってい...

玄米を浸水のために冷蔵庫を使う時の注意点とポイントとは?

冷蔵庫はとても便利な家電で、玄米の保存にも浸水のためにも...

スープジャーで楽しむ!栄養満点な玄米のあたたかいリゾット

健康やダイエットのために、玄米はとても効果的です。 昼...

マクロビは玄米食がメイン!そこに潜む「危険」とは?

海外のセレブも導入していることで日本にも広まった「マクロビ」...

玄米を土鍋で炊く場合、水の量はどれくらい入れれば良いの?

健康ブームに乗って見直されている玄米ですが、炊飯器ではな...

私たちの生活に馴染深くて体に良い玄米やお茶の歴史を教えて

お米もお茶も、私たちの食生活の根幹をなす大変歴史ある食材で...

玄米の早炊き方法を色々紹介!玄米でいつもの食卓をご馳走に

玄米は精白米よりも、炊き方が面倒、普通の炊き方では固くて...

スポンサーリンク


身長160cmの男性の体重、平均はどのくらい?

体重について考える前に、まず身長の平均を見ていきましょう。

20歳以上の日本人男性の平均身長は、167.3cmであると言われています。
この平均身長から考えると、身長160cmの男性は平均よりも小柄であることが分かります。
日本人は比較的小柄な体格をもつ体質ですので、身長160cmの男性も珍しくありませんね。
芸能人やスポーツ選手でも、身長160cmの男性は見られます。

では、体重の平均はどのくらいでしょうか。

20歳以上の日本人男性の体重の平均は、66.0kgであると言われています。
その中でも、身長160cmの日本人男性の平均体重は約55kg程度であると言われています。
しかし、この平均体重は大まかな数字となっています。
なぜなら身長160cmの男性の統計をとることは難しく、平均値に偏りが生じている可能性があるからです。

また、同じ身長の男性でも体重の重たい方も軽い方もいらっしゃいますので、平均体重が良い体重であるとは限りません。
あくまで一つの指標として活用するようにしましょう。

身長160cmの女性の体重、平均はどのくらい?

では、次に女性についても考えていきましょう。

20歳以上の日本人女性の平均身長は154.2cmであると言われています。
このことから、身長160cmの女性は背の高いほうであることが分かります。

身長の高い女性は、流行のロングスカートやガウンなども綺麗に着こなすことができますし、女性の憧れとなるのではないでしょうか。
女性の憧れであるモデルさんでも、身長160cm以上の方が多く活躍されています。

では、体重についてはいかがでしょうか。

20歳以上の日本人女性の平均体重は、約53kgであると言われています。
その中でも、身長160cmの女性の平均体重は約54kgであると言われています。

身長は平均体重よりも約6cm高いにも関わらず、体重は平均と1kgしか変わりません。

女性にも、様々な体型の方がいらっしゃいます。
痩せ型の方、大柄な方、標準的な体型の方、すべての方を平均すると約54kgになるということです。

また、女性についても男性と同じことが言えます。
平均体重はあくまで一つの指標として活用するようにしましょう。

身長160cmでの体重、平均と標準は違うの?

身長160cmの男性の平均体重は約55kg、女性の平均体重は約53.0kgであると言われていることが分かりました。
そして、平均体重はあくまで一つの指標であることをお伝えしました。

では、本当に良い体重、目指すべき体重とはどのようなものでしょうか。

日本では、問題のない体重の範囲を「適正体重」と呼んでいます。
さらに、その中でも最も病気になりにくいとされている体重を「標準体重」と呼びます。
この「標準体重」が、私たちが目指すべき体重です。

これらの「適正体重」「標準体重」は、身長と体重を数値化したBMIという指数を利用して計算することが可能です。

BMI=体重(kg)÷身長(㎡)で計算します。

このBMIという指数が18.5~22.5となる体重を「適正体重」、BMI22となる体重を「標準体重」と定義されています。

BMIは簡単に計算することができますので、一度ご自身のBMIを計算してみましょう。
計算する際は、身長をメートルに換算することに注意して下さい。

身長160cmの体重、平均と標準との差はどのくらい?

先ほど、「平均体重」「適正体重」「標準体重」の違いについて説明しました。

では実際に、身長160cmでの適正体重や標準体重を計算していきましょう。

適正体重や標準体重は、BMIを用いて計算するとお伝えしました。
BMIが18.5~22.5になる体重が「適正体重」です。
先ほどの計算式にこの数字を当てはめると、適正体重は47.4kg~57.6kgであることが分かります。

その中でも、BMI22となる体重が「標準体重」でした。
BMI(22)=体重(??kg)÷身長(1.6㎡)となり、56.3kgと計算することができます。
よって、身長160cmの標準体重は56.3kgとなります。

ちなみに、BMIを用いた計算では、男女ともに同じ計算式を用いることができます。
男性でも女性でも、適正体重、標準体重が同じということになります。

つまり身長160cmの男性の平均体重は約53kgであり、標準体重との差は約3.3kgとなります。
身長160cmの女性の平均体重は約54kgでしたので、標準体重との差は約4.3kgであるということになります。

身長160cmの体重は平均して軽い!けれど、男女での違いがある!?

身長160cmの男性の平均体重は、標準体重よりも3.3kg軽いということが分かりました。
女性については、平均体重は標準体重よりも、約4.3kg軽いということが分かりました。

このことから、男女ともに、身長160cmの方には痩せている方が多いことが分かります。

ご自身の体重はいかがでしょうか?
標準体重は難しくても、適正体重の範囲内には入っていますでしょうか?

標準体重を維持できている方は、体脂肪率についても考えて見て下さい。

BMIを用いて計算する「適正体重」「標準体重」は、男女共に同じ計算方法を用いますので、男女で同じ体重を目指すことになります。

ところが、同じ体重でも男女では見え方が異なることが多いです。
その原因は、筋肉と脂肪の見え方の差にあります。

同じ重さの筋肉と脂肪では、筋肉のほうが2割ほど小さく見えることが分かっています。
さらに、男性は女性の約2倍、筋肉がつきやすい体質であると言われてます。

このことから、同じ身長・体重の男女では、男性のほうが小柄にみえる場合があります。

身長160cmの体重、平均体重は目指すべきではない!?

これまで、身長160cmの男女の体重についてお伝えしてきました。

男女ともに、目指すべき体重は標準体重で、56.3kgと計算することができました。
そして、平均体重は標準体重よりも軽いということが分かりました。

このことから平均体重よりも体重が重い方も、過度に心配する必要はありません。
平均体重ではなく、標準体重を目指していきましょう。

反対に、平均体重よりも体重が軽いという方は少し心配です。
特に、女性の痩せすぎは肌荒れや月経不順、低出生体重児のリスクが高まります。

痩せていることが美しいとは限りません。
平均体重よりも、標準体重を目指すように心がけましょう。

体重コントロールの基本は「食事」と「運動」です。
一日三食しっかり食事を摂り、お菓子やジュース類の摂りすぎに注意すましょう。

男性は、エナジードリンクや缶コーヒーを飲みすぎていませんか?
体重を増やしたい方は筋トレを、体重を減らす必要がある方は有酸素運動を、生活にうまく取り入れてみましょう。

体重はコントロールすることができます!

ご自身の体重について、正しい基準を理解して頂けたでしょうか?

食事と運動、日々の生活を少しづつ見直すことで、体重をコントロールしていきましょう。

 - 健康的なダイエット