一度食べたら止まらない!インゲン豆を使ったレシピ

インゲン豆は、大豆などと同様で身近な豆です。

大豆は畑の肉とも言われるほど、高タンパク・高カロリーです。

そして、インゲン豆もタンパク質は豊富ですが、大豆と違い脂質が少ないです。

低カロリーなため、脂質などを抑えたい時に良い、優秀な食材なのです。

インゲン豆を美味しく頂くため、レシピをご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

初心者も挑戦しやすいジャガイモとサツマイモの栽培方法

ジャガイモは煮込んだり油で調理したり、茹でてそのままでも美味しいですよね。同じ根菜類であるサ...

イカをさばいて刺身を作ろう!イカのゲソを使った塩辛レシピ

お寿司のネタとして定番のイカ・・・。イカを使った調理法って、刺身、煮物、焼物、揚げ物など本当...

大根や人参の根菜類の栄養は?根菜類の味噌汁は栄養満点!?

冬になると美味しい根菜類は、栄養もあって食卓に並ぶ頻度も増えますよね。多くの方が日々とり入れて...

こんなに塩分の差が?醤油の塩分は1グラムにどれくらい?

醤油は、日本の様々な地方で、様々な料理に家庭や料理店等で使われています。それこそ、使わない地域...

味噌ダレで簡単味付け!味噌野菜炒めとアレンジ料理の作り方

旨味をたっぷり含んだ味噌で作る味噌ダレを使った料理は食欲をそそる一品です。例えば野菜炒めひと...

甘酒を麹から手作りしたい!市販の麹はどこで手に入る?

甘酒には、酒粕でできたアルコール入りのものと、麹で作られたノンアルコールのものがあるということを...

家庭菜園でスイカやメロンを栽培してみよう!作り方教えます

夏がやってくると、皆さんが楽しみにしているスイカとメロンの出番です。甘くてジューシーな、美味...

甘酒を『米麹』で作った場合の味の特徴とは!?調査結果報告

かつては、冬に飲むイメージがあった甘酒ですが、近年は1年中飲まれるようになってきましたね。特...

鮭の味噌漬けはパスタに合う?味噌漬けパスタのレシピ

そろそろ水が出てきて、今日食べたい鮭の味噌漬け。そうして、食べるつもりだったにも関わらず、な...

豚と味噌の相性は抜群!!栄養やおすすめの料理をご紹介!

大豆から作られる味噌は和食にもよく合いますね。また、普段の料理にも使う機会の多い豚肉にも味噌...

冬が旬のどんこ鍋とは?味噌を使ったどんこレシピをご紹介!

どんこ鍋は食べたことありますか?しいたけの傘が7分開きにならないうちに採取したもののこと...

カレーなどの料理に使う牛肉が臭い!臭みを消す方法とは!?

簡単に作れる家庭料理としてあげられるのは、やはりカレーやシチューではないでしょうか?小さいお子さ...

インスタント味噌ラーメンが坦々麺に!そのレシピをご紹介!

寒い時期は、体の温まるものが食べたくなるという方は多いのではないでしょうか?インスタント味噌...

ティラミスを自宅で簡単に!いろいろな作り方を紹介します!

イタリアンの定番スイーツ、ティラミス。作るのなんて難しそう、と思いますよね。でもティラミ...

サバの味噌煮の缶詰レシピ!サバ缶の栄養や他の缶詰もご紹介

スーパーやコンビニでよく見かける缶詰は、手軽に食べられておいしいと人気があります。種類も...

スポンサーリンク

インゲン豆に含まれるミネラル類

インゲン豆は大豆や落花生などに比べ、非常に脂質量が少ない食材です。

栄養も少ないと思われがちですが、そんなことはありません。

インゲン豆100gには、カリウム・カルシウム・マグネシウム・鉄・亜鉛など…
これらは全てミネラル類であり、人間に必要な五大栄養素のひとつです。

ミネラルは、人間の身体の組織を作る源となります。
体内でミネラルを作ることはできないため、体の外から摂取する必要があるのです。

このミネラルを気にして、サプリメントで補給する人も少なくありません。

しかし、サプリメントでミネラルを摂りすぎてしまっている人も多く、もちろん健康には良くありません。
反対に、このミネラルが不足していても、貧血や骨密度の低下といったような原因となってしまいます。

貧血や骨密度の低下で、様々な合併症が起こる可能性があるため、ミネラルは適度に必要なのです。

ミネラル類が豊富なインゲン豆を体に摂り入れるため、美味しく調理してみてはどうでしょうか。

次は、インゲン豆を美味しく食べるための、人気なレシピをご紹介します。

インゲン豆のピリ辛みそ炒め~レシピ~

最初にご紹介するのは、ピリ辛で美味しいインゲン豆のレシピです。

ご飯のおかずにしても良し、お酒のおつまみにしても良いメニューです。

さっぱりとしているので、食欲が落ちてしまいやすい夏に、ぜひ作ってほしい一品です。

〈材料〉

・インゲン豆 20本くらい
・ごま油 大さじ2
・みそ 大さじ1
・砂糖 大さじ1(はちみつで代用してもOK)
・豆板醤 小さじ1
・かつおだし 小さじ1
・白炒りごま 大さじ1

1)インゲン豆の両端を切り落とします。
食べやすい大きさにカットしてください。

2)熱したフライパンにごま油をひき、1のインゲン豆を、少ししんなりするくらいまで炒めます。

3)みそ・砂糖(はちみつ)・豆板醤・かつおだし・白炒りゴマなどの調味料を入れます。

4)調味料が、インゲン豆によくなじむまで炒めたら完成です。

みそが溶けにくくインゲン豆になじみにくい場合は、水を少し入れて、みそを溶かしましょう。

調理時間は10分程度なので、ササッと作ることができます。

フライパンひとつでできるため、洗物などの片付けが少なく済みますね。

インゲン豆のツナマヨ炒め~レシピ~

次にご紹介するレシピは、インゲン豆とツナマヨを使ったメニューです。

こちらのレシピも、ビールなどのお酒のおつまみとしてぴったりです。

〈材料〉

・インゲン豆 60本くらい
・ツナ缶詰 1缶
・マヨネーズ 大さじ4
・塩こしょう 適量

1)インゲン豆の両端を切り落とします。
4~5cmくらいの幅にカットしてください。
(小さな子供がいる場合は、子供が食べやすい大きさに切りましょう。)

2)熱したフライパンにマヨネーズをひき、インゲンを入れてください。
塩こしょうを少々したら、フライパンに蓋をして、中火で3分ほど加熱します。

3)インゲン豆がしんなりとしてきたら、ツナ缶を汁も全て入れて炒めます。

4)塩こしょうで味を整え、水気がなくなったら完成です。

ツナ缶の汁は捨てがちですが、このメニューでは、その汁も捨てずに使います。
そうすることで、とっても美味しいインゲンのツナマヨができます。

また、ツナマヨ炒めは大人だけでなく、子供も喜んで食べてくれるメニューとなっています。

調理時間も10分程度と短いので、何か一品足りないときに作るのもおすすめです。

インゲン豆のちくわウインナー炒め~レシピ~

そして、次にご紹介するのは、お弁当のおかずにもピッタリなメニューです。

夜ごはんに作っても良いですが、5分程度でできるため、時間のない朝にもおすすめです。
このレシピはとっても簡単で、さらに低コストのため、節約レシピとも言えるでしょう。

〈材料〉

・ちくわ 2本
・インゲン豆 8本くらい
・ウインナー 2本
・塩こしょう 適量
・油

1)インゲン豆の両端をカットします。
食べやすいお好みの長さに切ってください。
ちくわとウインナーを斜め切りにしましょう。

2)熱したフライパンに油を引きます。
インゲン豆を軽く炒め、少し火が通ったところでウインナーを入れ、さらに炒めます。
最後にちくわを入れて、軽く炒め合わせます。

3)ちくわに軽く火が通ったら、塩こしょうで味を整えて完成です。

ウインナーにもちくわにも味がついているので、調味料は塩こしょうで十分です。

お好みですが、唐辛子をかけても美味しく食べれます。

彩りも良いので、お弁当の隙間が空いたときは、ササッと作って入れてもいいですよね。

インゲン豆とじゃがいもの煮物~レシピ~

このメニューは、インゲン豆とじゃがいもの煮物レシピです。

さっぱりとしたインゲン豆と、ほっくりとしたじゃがいもは相性が良いのです。

〈材料〉

・インゲン豆 20本くらい
・じゃがいも 5~6個
・しょうゆ 大さじ6
・みりん 大さじ6
・砂糖 大さじ1
・酒 200cc
・水 800cc

1)じゃがいもの皮をむいて、ひと口大に切っておきます。
インゲン豆の両端をカットしてスジを取りましょう。
インゲン豆は二等分~三等分くらいの大きさに切ります。

2)しょうゆ・みりん・砂糖・酒・水の調味料を鍋に入れて、火にかけます。
煮立ってきたところへ、じゃがいもとインゲン豆を入れ、20分程度煮てください。

3)一度火を止めて、10分から15分ほど冷まします。
冷ますことによって、じゃがいもとインゲン豆に味がしっかりと染み込みます。

4)食べる前に、また火にかけて温めたら完成です。

お皿に盛りつけるときは、ほくほくのじゃがいもが崩れないように注意してください。

お好みで唐辛子をかけても美味しいです。

次の日は、煮物により味が染みていて、さらに美味しく食べられるでしょう。

インゲン豆と厚揚げのピリ辛炒め~レシピ~

最後にご紹介するのは、厚揚げとインゲン豆を使ったレシピです。

厚揚げに旨みが染み込んで、口に入れたときに、じゅわっと味が広がります。
健康に気を遣い、夜ご飯の炭水化物を減らす人は結構います。

厚揚げでお腹も膨れるので、そんな人にもおすすめな満足感を得られるメニューとなっています。

〈材料〉

・厚揚げ 1丁
・インゲン豆 20本くらい
・塩
・ごま油
・オイスターソース 大さじ1
・しょうゆ 大さじ1
・みりん 大さじ1
・にんにく(チューブ) 2cm
・豆板醤 小さじ1/2

1)厚揚げをざるに入れて、熱湯をかけて油抜きをしておきます。

2)厚揚げを食べやすい大きさにカットします。
3cm各くらいがおすすめです。

3)インゲン豆は両端をカットし、スジをとります。
熱湯に塩を入れて、2分ほど茹でたら半分に斜め切りします。

4)熱したフライパンにごま油をひき、厚揚げを入れて両面を焼きます。
インゲンを加えて、さらに炒めます。

5)オイスターソース・しょうゆ・みりん・にんにく・豆板醤を混ぜ合わせ、フライパンに回し入れます。

6)全体に味がなじむくらいに、ざっくりと混ぜ合わせたら完成です。

インゲン豆はどんな料理にも使える

インゲン豆は、炒め物・煮物・揚げ物など、どんなお料理にも使えるのです。

様々な料理に使えるなら、飽きずに食べれて、栄養も摂り入れやすいです。
綺麗な緑色は、お料理の見た目も鮮やかになりますね。

インゲン豆で、オリジナルのレシピを作ってみるのも良いかもしれません。