世界の料理を作ってブログやSNSで披露しちゃおう!

日本のみならず、世界を見てみても素晴らしい料理が存在しています。
できることなら、各国すべての料理を食べてみたいですよね!

ブログやSNSがツールとなっている今、人気を集めているのは食べ物だったりします。
世界の料理を作って注目されてみませんか?

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

なぜトランス脂肪酸はアメリカで禁止なの?日本での対応は?

トランス脂肪酸の食品への添加がアメリカで禁止になったことを受け、日本でも禁止にすべき、規制を設け...

千葉県は農業産出額が全国でも上位!一位の食材もたくさん!

千葉県は、都心から近く、アミューズメント施設も多く存在し、ベッドタウンというイメージをお持ちの方も多...

オーガニックフードをギフトに贈ろう!その魅力とは!?

オーガニックフードを、大切な方へのギフトにしてみませんか。オーガニックは体に良いイメージがあ...

日本の農業が直面している問題点とは?どんな解決策がある?

今、日本の農業が危機にあると聞きますが、どんな問題があるのでしょうか。今回は、日本の農業が抱...

味噌を詰める容器がガラスであるメリットと注意点とは?

味噌というと、スーパーで売られているパック入りの味噌が一般的ですよね。ガラスの容器入りの味噌...

切れ味抜群の包丁が欲しいならブランドは日本のものを選ぼう

包丁は1本買うと、何年も使うものです。長く使うのであれば、こだわりの一品を選びたいですね。...

味噌の手作りが楽しくなる保存容器、作る量やデザインで選ぶ

手作り味噌のよいところは、こだわりの原料で作れることです。そして、作る過程を楽しめることです...

甘酒の味は米麹が影響してるの?苦手解消案をご紹介します!

お正月の風物詩でもある甘酒は、古くからある日本伝統の飲み物です。しかし、特徴的な味やニオイが...

そうめんの薬味や、つけつゆは関東と関西では違うものなの?

夏になると、食べる頻度が増えるのは、やはり「そうめん」ではないでしょうか?暑さで食欲が出ない...

生きた菌が作り出す醤油の微生物と美味しい味の関係とは!?

醤油は古くから親しまれてきた発酵調味料です。醸造品とも言われますが、発酵に必要な物がお酒やビ...

味噌を容器に入れるとき、保存に大事なことはなんだろう?

味噌を美味しく保存するためには、容器だけではなく、保存する場所も考えたいですね。そこで今回は...

トランス脂肪酸がアメリカで禁止の理由は摂取量が多いから!

摂りすぎると健康に悪影響を及ぼすといわれるトランス脂肪酸が、いよいよアメリカで禁止されることにな...

よくある疑問!今川焼きと大判焼きの違いをご存知ですか?

縁日の出店やおみやげもので、よく見かける今川焼き。大判焼きとも呼ばれ、とても親しまれているお菓子...

醤油は冷蔵庫での保存が基本、ドア裏がスッキリする収納も。

かつては台所のコンロ下に置いていた醤油は、今では冷蔵庫保存が定番です。なぜ、そしていつか...

塩や砂糖の適した収納場所は!?片付け上手になれる収納術

毎日の調理にかかせない調味料に、塩と砂糖があります。使用頻度が高い塩と砂糖ですが、どこに、ど...

スポンサーリンク

世界の主食①

パンや麺類など、日本の主食となる食べ物はたくさんありますが、日本の主食の代表と言えば、お米ですよね。
お米といっても白米ならず、健康志向の方のブログなどでお見かけする、雑穀米や麦飯を主食とされる方もいらっしゃいますよね。
では、世界の主食はどうなのでしょうか。
見ていきましょう。

☆韓国
日本と同じで、お米を主食にしています。
クッパやビビンバのように、食材を混ぜて食べる料理もありますよ。

☆中国
主食は一応お米ですが、春巻きや餃子など小麦粉を使用している料理があるので、それらを主食とする場合があります。

このことから少量もしくは無い場合もあります。
おかゆにして食べることも多いですよ。

☆アメリカ、フランス、カナダ
特にアメリカは色んな人種が住んでいるので、主食を定めるのは難しいですが、パンを主食にする場合が多いとされます。

お肉料理ではお肉を主食として、付け合わせにパンを添えることもあります。
パンと同じく、小麦で作られたパスタを主食にしている家庭も多いです。

☆イタリア
パスタ、パンが主食とされていて、ラザニア、グラタンなども主食としてラインナップされます。

世界の主食②

☆インド
インディカ米、またはトウモロコシや小麦粉で作ったナンを主食としています。
日本でも、インドカレーを食べるときにナンを選ぶ方もいらっしゃいますよね。

☆ブラジル
フェジョンと呼ばれる豆を煮て、パラパラのお米(陸稲を炊いた)に混ぜたものを主食としています。
1年365日食卓に並ぶ、いわば日本のご飯のように毎日食べられています。

☆スペイン
魚介のだしが美味しいパエリアが有名ですよね。
他の国とは違い、インディカ米に、ひと手間加えたものを主食としています。
他にも、ガーリックライスやバターライスなどが挙げられますよ。

☆イギリス、フィンランド、アイルランド
イギリスはあまり主食に対しての概念はなく、強いて挙げるならば、パンやジャガイモです。

他にも、お米、パスタ、シリアルなども挙げられます。
アイルランドの主食はジャガイモで、ジャガイモ料理がたくさんありますよ。

☆メキシコ
小麦粉で作られたトルティーヤを主食としています。
南では、トウモロコシを使ったトルティーヤが一般的です。

☆ソロモン諸島、パプア・ニューギニア
タロイモ、サツマイモなどのイモを主食にしいています。
オーストラリア米も一部で食べられていますよ。

パプア・ニューギニアの北西では、ヤシの幹から取れるデンプンで作る「サゴヤシ」と呼ばれているものが主食です。

☆ラオス
餅米を主食としています。
おかずが多いときは、お箸で食べるのが一般的です。

各国には様々な主食がありますね。

それでは、世界の主食に合う料理とレシピをご紹介していきたいと思います。

ぜひ作ってみて、ブログやSNSに上げてみましょう。

ブログで自慢できちゃう世界の料理~イタリア~

イタリアの家庭料理スカロッピーネは仔牛が主に使われますが、豚肉や鶏肉とも相性が良いです。

今回は、豚肉を使ったレシピをご紹介します。
簡単に作れるのに、とっても豪華に見えるスカロッピーネをブログで披露してみましょう。

☆世界の料理ポークスカロッピーネ~レモン風ソース~

【材料】(4人分)

・豚ロースとんかつ用 4枚
・塩こしょう 少々
・茹でたインゲン 10本
・バター 40g
・パセリみじん切り 大さじ2
・レモン 2個(4枚スライスして他は絞っておきます)
・白ワイン 60cc

【作り方】

1)豚肉に塩こしょうをします。
筋を切って、薄くなるまで叩き伸ばしていき、小麦粉を薄くまぶしておきましょう。

2)バターを入れたフライパンを火にかけて、1を焼いていきます。
焼き色が付いたらひっくり返して、インゲンを端で豚肉と一緒に焼いていきましょう。

3)豚肉に火が通ったら、白ワインとパセリを加えたら、塩こしょうで味を整えます。
アルコールが飛んだら、レモン汁を一気に回しかけていきます。

4)お皿に盛りつけて、フライパンに残っているソースをかけて、スライスレモンを添えれば出来上がりです。

ブログで自慢できちゃう世界の料理~フランス~

フランスの人気家庭料理のキッシュ・ロレーヌを作ってみよう。
ベーコンとチーズが特徴ですよ。

☆世界の料理キッシュ・ロレーヌ

【材料】(直径21cmのタルト型1)

-パイ生地-

●強力粉 40g
●薄力粉 85g
●バター(食塩不使用) 75g
●塩 小さじ1/3

・冷水 大さじ
・卵黄 1コ分
・卵黄 1コ分(塗る分)
・ベーコン  80g(塊)
・グリュイエールチーズ 100g

【A】
・牛乳 125ml
・生クリーム 125ml
・卵  2コ
・卵黄  2コ分
・ナツメグ 少々
・塩 小さじ1/3
・こしょう 少々

【作り方】

強力粉と薄力粉を合わせて、ふるいにかけましょう。
1cm角にバターを切って、冷蔵庫に入れておきましょう。

1)パイ生地を作っていきます。

ボウルに●を入れて、カードを使って細かくバターを切りながら混ぜて、サラサラした粉チーズのようにします。
冷水と卵黄を合わせて溶いて、1に加え軽くまとめたら、ラップをして冷蔵庫で一晩以上置きます。

2)型よりもひと回り大きくなるように、パイ生地をめん棒などで伸ばしたら型に敷いて、はみ出た生地をフチにひっかけます。

底にフォークなどを使い穴を開けて、冷凍庫で3時間~12時間くらい冷やします。

3)2の中に紙を敷いて(オーブン用)パイ用のおもりを入れておきましょう。
最初は220℃のオーブン、入れたら200℃に下げて、180℃まで下げながら15分焼き、紙とおもりを外して5分焼きます。

生地の表面に、卵黄(塗る分)と水小さじ1を混ぜたものを塗り、1~2分間180℃のオーブンで焼いて、卵で穴をふさぐように乾かします。

取り出したら、完全に冷めるまでおきます。

4)8mm角に切ったベーコンに熱湯をかけて、チーズは5mm角に切りましょう。
そして、3の上に散りばめます。

5)Aを混ぜたものをこして、4に約7割の量をやさしく流し入れます。

180℃のオーブンで約10分間焼き、残りをオーブンに入れたまま(やけどに注意)注ぎ、25~30分間焼き色がつくまで焼き上げて出来上がりです。

パイ生地に時間が掛かりますが、その工程もブログで紹介してみてはいかがでしょうか。

ブログで自慢できちゃう世界の料理~インド~

北インドの代表の料理といえばチキンマサラ。
ぜひ、ご家庭でスパイス効いたカレーを味わってみてください。

本格インドカレーを作って、ブログで自慢してしまいましょう。

☆世界の料理チキンマサラ

【材料】(2人分)

・鶏もも肉 200g
・玉ねぎみじん切り 1/2個
・しょうがみじん切り 半かけ分
・にんにくみじん切り 半かけ分
・トマトのザク切り 1/2個
・カシューナッツ 25g
・牛乳 50ml
・バター 10g

・サラダ油 大さじ1/2
・水 150ml
・塩 適量

●クローブ 3粒
●カルダモン 3粒
●ベイリーフ(ローリエで代用)1枚

▼パプリカ 小さじ1
▼コリアンダー 小さじ1
▼ガラムマサラ ひとつまみ
▼ターメリック ひとつまみ
▼カイエンペッパー 少々

【作り方】

1)カシューナッツを2~3分茹でて、牛乳と一緒にミキサーに入れて、ペースト状にしておきます。

2)鍋にバター・サラダ油を入れて、バターが半分ほど溶けたら●を加えていきます。

3)カルダモンが膨らんだところで、玉ねぎ・しょうが・にんにくを加えて、玉ねぎに色がつくまで中火で炒めましょう。

4)3にトマトを加え、潰しながら水分を飛ばし炒めます。
ペースト状になったら弱火にし、▼と塩小さじ1/2を加えて、焦げないように注意しながら、30秒炒め合わせていきます。

5)1を加えて中火でなじませます。
焦げやすいので、木べらで混ぜましょう。

粘り気が出てきて色づくまで炒めたら、鶏肉と水を入れて、強火でひと煮立ちさせます。
ひと煮立ちしたら、フタをして弱火で約10分煮て、出来上がりです。

ブログで自慢できちゃう世界の料理~スペイン~

メディアやブログでも話題のスキレット。
スペイン料理のアヒージョも、このスキレットで作ることができます。
お酒のおつまみにも合いますよ。

☆世界の料理アヒージョ

【材料】2~3人分

・赤生海老 1パック
・ブラウン・マッシュルーム 2パック
・ニンニクみじん切り 1片分
・ピュア・オリーブオイル 150ccほど
・ハーブソルト(塩でもOK) 適量
・パセリみじん切り お好み
・バケット お好み

【作り方】

1)海老を水で軽く洗います。
海老の頭を取って皮を剥き、せわたを取り、処理しておきます。

2)ボールに1を入れて、水を海老が浸かるまで入れて、重層小さじ1を入れて10分漬けます。
重曹水に漬けることで、プリプリの海老になりますよ。
しかし、20分以上は漬けないように注意しましょう。

3)10分経過したら取り出して、キッチンペーパーなどで海老の水気を取っておきましょう。

4)マッシュルームを1/2に切ります。

5)スキレットにオリーブオイル・ニンニクを入れて、焦げないように気を付けながら中火にかけます。

オリーブオイルの量は、全部の具材をスキレットに入れて、具材の半分まで浸かるの目安にしてください。

6)ニンニクが色づいてきたら、弱火にしてハーブソルトで味を整えます。

7)マッシュルームを入れて、火が通ったら海老を入れます。
海老に火を通しすぎると小さくなってしまうので、海老が色づいたら火を止めましょう。

8)スキレットにパセリを散らせば出来上がりです。

バケットにつけて食べるのはもちろん、野菜スティックやドレッシングとしても美味しく食べられますよ。

おもてなしにピッタリ!世界の料理

世界の料理と言うと、現地の食材でないと作れないイメージですが、日本の食材や調味料でも作ることができます。

お店で食べる各国のお料理も良いですが、ご自宅で世界の料理を作ってレパートリーを広げてみませんか?
普段の食卓だけではなく、おもてなし料理としてもピッタリですよ。