玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

砂糖と炭水化物100gのカロリーと制限ダイエットについて

      2017/07/31

砂糖と炭水化物100gのカロリーと制限ダイエットについて

いろいろなダイエット方法があります。

全ての人の夢は、ラクして痩せたいですよね。

最近では、砂糖を制限した糖質制限ダイエットや、炭水化物抜きダイエットなどが話題になっているようですね。

ご飯100gのカロリーや砂糖100gのカロリーってどれくらい?と疑問に思うこともあると思います。

糖質制限ダイエットや炭水化物ダイエットをする際に、参考にしていただけるよう調査しました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

みんな大好き味噌ラーメン!野菜や○○を使って具だくさんに

ラーメンには、味噌ラーメン、醤油ラーメン、豚骨ラーメンな...

うまみアップ!味噌漬けレシピで魚をおいしく食べよう

スーパーマーケットの魚売り場でよく見かける、味噌漬けの切...

体に良い、ザ・日本の発酵食品味噌。味噌汁の作り方は簡単!

発酵食品が注目されています。 発酵食品は、含まれる微生...

味噌煮込みうどんのレシピは意外と簡単 八丁味噌料理もご紹介

味噌煮込みうどんと聞いて名古屋を思い浮かべる方も多いので...

野菜の味噌漬けの歴史と、その栄養がもたらす健康効果

日本人にとって野菜の漬け物は、飯の友として欠かせない存在...

自宅で本格的な味を!味噌ラーメンのスープ、手作りレシピ

ラーメンは味噌・醤油・塩・とんこつ、などの、どの味が好き...

神戸は味噌だれ!餃子のいろいろなたれレシピをご紹介!

餃子のたれというと、酢醤油が一般的です。 しかし、餃子...

名古屋めし「味噌カツ」のソースが自宅でも楽しめるレシピ

名古屋というと、その多彩なグルメを思い浮べる人も多いでし...

自宅で簡単に作れる!味噌ちゃんこ鍋のおすすめレシピ

これからの寒い時期には、鍋料理が食べたくなる人も多いので...

身体の芯から温まるもつ鍋味噌スープの美味しいレシピを紹介

寒い日が続くと身体の芯から温まるものが食べたくなります。...

旬のたけのこを美味しく味わおう!味噌和えのレシピ3選

たけのことは、みなさんがご存知のとおり、竹の芽の部分です...

美味しい味噌汁の作り方!もっと「ほんだし」を活用しよう

和食は、だしが要の料理です。 味噌汁も、だしがなくては...

味噌炒めの材料に嫌われ者の?ピーマンとなすを使ってみよう

子どもの嫌いな食べものと言えば「ピーマン」と「なす」が必...

美味しくてコクのある味噌鍋!スープのアレンジも豊富!

夕方以降に気温が下がる、寒い時期に食べたくなるのは鍋料理...

味噌鍋のおすすめレシピをご紹介!キャベツを入れて栄養満点

寒い冬に温まれる定番の料理と言えば、やはりお鍋ですよね。...

きゅうりの味噌和えのレシピ!低カロリーなのに美味しい!

みなさんは、どんな野菜がお好きですか? 食事のバランス...

醤油を薄めるには水よりお酢?知って得する料理と醤油の知識

煮物に使った醤油が濃すぎて、薄めるべくついつい水など足し...

醤油の違いは古来の製造方法をアレンジメントして生まれた

醤油には本醸造方式・混合醸造方式・混合方式の、主に3つの...

調味料の醤油にはjasマークがあるものとないものがある!?

日本人ならたいていのかたが口にする醤油。 醤油はふだん...

醤油醸造所が取り組む売上確保と伝統を守る姿をご紹介

2018年1月現在、醤油醸造所・メーカーの数は約1500...

スポンサーリンク


炭水化物とはどういうもの?

よく、糖質制限ダイエットや炭水化物抜きダイエットという言葉を耳にします。

しかし、実際に糖質が何なのか、わかっている人は少ないように感じます。
同様に、炭水化物が何に含まれているのか知っている人も少ないです。

糖質は甘いものや、砂糖のことなのでしょうか。
炭水化物と糖質の違いとは、何なのでしょうか。

まず、炭水化物です。

「炭水化物」とは「糖質」と食物繊維から成り立つ化合物のことを指します。

「炭水化物」=「糖質」+食物繊維

です。

炭水化物は、糖質と表示することが可能です。
その場合は、食物繊維の表示も同時に必要になっています。

ご飯やパン、麺類、イモ類などが代表ですね。

炭水化物のカロリーは高いので、ダイエットをしている人は気を付けていると思います。

ご飯100gで168kcalです。

炭水化物が多い食事ですと、もちろん摂取カロリーも過剰になってしまいます。

ご飯と焼きそばセットやご飯とお好み焼きセットなど、炭水化物+炭水化物の組み合わせは、やはり危険です。

メインを炭水化物にしたら、副菜はサラダや冷ややっこにするなど、バランスを心掛けるだけでもダイエットになりますよ。

砂糖100gのカロリー

糖質+食物繊維が炭水化物であるということが分かりました。

次に、砂糖についてお話したいと思います。

砂糖のカロリーと糖質は、このようになっています。

砂糖100gで、

糖質 99.2g
カロリー 384kcal

となっています。

ご飯1杯で235kcalと考えると、やはりカロリーは高いです。

しかし砂糖100gというのは、カップ1/2程度の量です。

通常の料理では、こんな大量の砂糖を使うことはないでしょう。

砂糖小さじ1杯で、約4gです。
このときの糖質は約4g、カロリー約15.4kcalです。

この程度のカロリーでしたら、あまり気にする必要はないと思います。

砂糖ゼッタイダメ!とピリピリせずに、コーヒーにスプーン1杯程度の砂糖であれば、自分を許してあげましょう。

砂糖はダイエットの敵と思われがちですが、糖分は体にとって、なくてはならない栄養素です。

全く摂らないというのも、体に良くありません。

過剰な摂取に気を付ければ良いわけですから、あまり思いつめたダイエットはおすすめできません。

砂糖と炭水化物を抜いたダイエットは体に良いのか

糖質は、砂糖の「糖」という漢字が名前に入っているので、甘くて血糖値を上昇させてしまうというイメージがありますよね。

しかし、血糖値を上げない糖質も存在します。

糖質の1種である「糖アルコール」です。
消化吸収されにくいので、血糖上昇が少なくなります。

キシリトールなどが該当しますね。

また、エリスリトールという砂糖代わりに使える甘味料もあります。

砂糖は、100gでおよそ400kcalです。

料理に使う砂糖の部分をエリスリトールに変えるだけで、カロリーを抑えることができます。

砂糖より甘みが弱いので、レシピの砂糖より少し多めに入れると、ちょうど良いとのことです。

糖質ダイエットや炭水化物抜きダイエットが、安全な減量法であるのかどうかは、長期的な検証をしてみなければ、わかりません。

糖質を抑えることで、血糖値が改善したり、減量に成功したという話はよく聞きます。
実践している人も多いです。

長期的に見て、糖質を抑えた食事が本当に体に良いのか、まだわかっていないといえます。

いろいろな方法のダイエットが、次から次へと現れては消えていきますよね。

ダイエットは流行りではなく、自分の体やライフスタイルに合うものを行う方が良いと思います。

短期的な結果よりも、健康的な食習慣を身に着ける方が、大切なことと感じます。

砂糖100gの代わりに違う甘味料を使う

先ほど、砂糖の代用甘味料であるエリスリトールについてお話ししましたね。

砂糖の代用になるものは、他にもあります。

よく使われるのが、ハチミツとメープルシロップです。

ハチミツ100gあたり

糖質79.7g
カロリー294kcal

メープルシロップ100gあたり

糖質66.3g
カロリー257kcal

甘味料と違って、大幅にカロリーが減るというわけではありませんが、砂糖よりもカロリーが低く、人工甘味料よりも健康的という理由で人気があります。

ハチミツは煮物などの料理によく合うので、砂糖代わりに使うと良いでしょう。

メープルシロップは風味が強いので、料理に使うのには、あまり向いていません。

コーヒーや紅茶に入れたり、お菓子作りに使ったりするのがおすすめですよ。

前項でご紹介したエリスリトールですが、カロリーゼロの甘味料ですが、メロン・ブドウ・梨などの果実や、味噌・しょうゆなどの発酵食品に含まれる天然の糖アルコールです。

天然の甘味料なので、人工甘味料が気になる人は、こちらを使ってみてはいかがでしょう。

甘味料の安全性については、いろいろな意見があります。
それでも気になるという人は、やはり天然のハチミツやメープルシロップを使う方が良いでしょう。

これらの調味料が糖質制限ダイエットや、炭水化物抜きダイエットの味方になってくれることと思います。

栄養ドリンク100gの糖質(炭水化物)がスゴイ

糖質制限ダイエットや炭水化物抜きダイエットをしていると言っている人でも、ペットボトルの飲料を飲んでいると思います。

ペットボトルの飲料は、砂糖が入っているから飲んでいないよ、という人にも落とし穴があります。

あなたがお飲みになっているかもしれない栄養ドリンクやヨーグルトドリンク、あのミネラルウォーターにも意外なカロリーがあるんです。

まずは栄養ドリンクですが、栄養ドリンクの主な成分は糖質です。

栄養ドリンク100gに含まれる糖質(炭水化物)について確認してみましょう。

2つの商品の糖質とカロリーです。

①糖質10.8g カロリー46kcal

②糖質19g カロリー79kcal

炭酸で、あまり甘さを感じないかもしれませんが、かなりの量の砂糖が入っています。

砂糖を摂取すると、体が元気になります。

カフェインも、もちろん入っていますので、砂糖+カフェインで、一時的にパワーが出るようにするのです。

どうしても栄養ドリンクが飲みたいときは、糖質オフの栄養ドリンクを飲みましょう。

糖質オフの栄養ドリンクは甘味料を使っているので、カロリーが低めです。

だた、糖質オフの栄養ドリンクはカロリーが抑えられているので、本来の働きである栄養補給という役割を考えると、少し物足りないかも知れません。

飲み物に含まれている砂糖に注意

おいしいヨーグルトドリンクにも危険が潜んでいます。

ヨーグルトドリンク100gあたり

エネルギー:65kcal
水分:83.3g
タンパク質:2.9g
脂質:0.5g
炭水化物:12.2g
食物繊維:0.0g

です。

ヨーグルトドリンクに含まれる砂糖の量は200mlにつき、スティックシュガー13~14本分とされています。

缶コーヒーの砂糖の量がスティックシュガー6~8本ですので、いかにヨーグルトドリンクの砂糖の量が多いか、お分かりになるかと思います。

たくさんの砂糖が入っていることで有名な炭酸飲料と、同程度の砂糖の量なのです。

そして驚くことに、ナチュラルミネラルウォーターで人気の商品にもカロリーがあるのです。

ナチュラルミネラルウォーターなのに、どうしてカロリーが?と思われるかもしれませんが、ご注意していただきたいのは、フレーバー付きのウォーターです。

最近では、いろいろなフレーバーのミネラルウォーターが発売されていますが、しっかりカロリーがありますので、要注意ですよ。

ちなみに、人気だという「なし」フレーバーの100mlあたりのカロリーは、17kcalです。

バランスの良いダイエットを見つける

炭水化物も砂糖も、食べなければ生きていけない栄養素ですので、どうぞ、ダイエットのやりすぎには注意してくださいね。

食事と運動のバランスを取ることが一番のダイエットと思いますが、誘惑が多い現代社会ですので、うまく自分の生活習慣に合ったダイエット法を見つけられるといいですね。

 - 健康的なダイエット