「醤油チャーハン」の作り方!パラパラにする方法は?

健康に気を遣っていても、たまには香ばしさが食欲をそそる中華の定番メニュー「醤油チャーハン」を食べたくなることもあるでしょう。

しかし、ご自宅でも作る際、「お店のように美味しく作れない…」という方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、美味しい醤油チャーハンの作り方をご紹介します。

大事なポイントや栄養素の高い高菜を使ったアレンジレシピなども取り上げるので、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

トウモロコシ栽培は上級者向け!?受粉のコツをつかもう!

トウモロコシは鮮度が落ちやすいため、収穫したてを食べるのが、一番おいしい野菜です。もぎたてを...

珍しい形!ウチワエビで作る美味しい味噌汁の作り方

年中食べられている、子どもから大人まで人気のエビ。お寿司や揚げ物にしても、美味しいですよね。...

味噌・豆腐・チーズの美味しいおすすめのレシピをご紹介

昔から日本に存在する、味噌と豆腐は日本人の食卓に馴染み深いですよね。また、今男女問わず人気の...

ヘルシーな鶏肉!電子レンジで酒蒸しにしてみよう!

クセが少なくカロリーも抑えめなのが魅力の鶏肉を、料理酒で酒蒸しにしてみませんか?酒蒸しは電子...

豚肉の味噌焼きは驚きのカロリー控えめなダイエット料理

豚肉の味噌焼きは美味しくて、それだけでご飯がいくらでも食べられます。濃い味付けは、ご飯のおと...

オーガニックオイルを使ってみよう!食用オイルのおすすめは

『オーガニック』という言葉が、よく使われるようになりましたね。体に良さそうなイメージはあるけ...

野菜の種類とは?さらに緑黄色野菜と淡色野菜の違いとは?

緑黄色野菜や淡色野菜と聞いたことありますよね?栄養があるもの、栄養が少ないものという違いかな?...

野菜たっぷり!具だくさんのパスタは600g食べても低カロリー

パスタとは、イタリア語で、スパゲッティ、ペンネ、ラザニアなどを含む日本語で言う「麺類」を指します...

かぼちゃの収穫期間はどのくらい?かぼちゃを育てる方法は?

甘くて美味しいかぼちゃ。天ぷらやスープ、煮物など料理のアレンジも様々ですよね。また、ハロ...

バニラビーンズとバニラエッセンスの分量の違いと量り方紹介

お菓子には欠かせないバニラですが、よく見かけるのはバニラビーンズとバニラエッセンスです。同じバ...

ハーブで無農薬栽培を楽しむ。害虫対策に効くハーブと使い方

自宅で育てる植物は、無農薬で育てたいけれど、害虫対策が苦手という人は多いと思います。そのよう...

ピーマンと麹で作る味噌とは?作り方と美味しい活用術を紹介

子どもの苦手な野菜の代表であるピーマンですが、ビタミンCがレモンの約2倍も含まれていて風邪予防に...

酒粕甘酒の甘さは、砂糖でなくてもグラニュー糖で代用可能?

栄養豊富な飲みものとして人気の甘酒。酒粕で作った甘酒が好きな人も多いですよね。アルコール...

オーガニックフルーツジュースで贅沢な時間をいかがですか?

フルーツジュースは、1本数百円のものから数千円のものまでありますが、自宅ではどんなものを飲んでい...

ヨーグルトと牛乳を混ぜるだけ!自家製ヨーグルトとラッシー

ヨーグルトと牛乳の組み合わせ。聞くだけで腸に良さそうなイメージですよね。毎日それぞれを食べた...

スポンサーリンク

美味しい醤油チャーハンを作るポイント!

醤油チャーハンの作り方を見ていく前に、まずは、大事なポイントを把握しておきましょう。

●ポイント①:具材は少なめにする

具材の種類や分量を多くしてしまうと、水分が増えてベタッとした仕上がりになってしまいます。

具材はネギやチャーシューなど、2~4種類くらいがベストです。

水気の多い野菜を入れるときは、さらに注意してください。

●ポイント②:炊きたてのご飯を使わない

チャーハン作りに、炊きたてのご飯は向いていません。

炊いたばかりのご飯は水分量が多く、お米同士がくっつきやすくなるためです。

醤油チャーハンを作るときは、ご飯にも少し工夫をしてみましょう。

〈炊きたてのご飯は平皿に広げてから使う〉

炊きたてのご飯しかないときは、一度平皿に広げてください。

平らにすることで、程良く水分を飛ばすことができます。

〈電子レンジで温めた冷凍ご飯を使う〉

冷凍ご飯を電子レンジで温めますが、中まで完全に解凍しないのがポイントです。

半解凍のご飯なら、簡単にほぐすことができます。

〈冷えたご飯を電子レンジで温めてから使う〉

冷えたご飯のままではダマになりやすいのですが、加熱することでほぐれやすくなります。

ご飯の量にもよりますが、1~2分程度は電子レンジで温めてみましょう。

●ポイント③:強火で炒める

高い温度で調理すると、具材やご飯の水分を飛ばすことができます。

一気に熱を加えることが、お店の味へと近づけるポイントです。

醤油チャーハンを美味しく仕上げるために、是非とも覚えておいてください。

基本の醤油チャーハンの作り方!

それではここから、醤油チャーハンの作り方を解説していきます。

基本となる作り方は、以下の通りです。

●基本の醤油チャーハン

【材料(2人前)】

・卵 2個
・ネギ 半分
・チャーシュー 2枚
・ご飯 500g
・ゴマ油 大さじ2
・醤油 適量
・塩コショウ 適量

【作り方】

①材料の下準備をする

卵は溶きほぐし、ネギとチャーシューは粗みじん切りにしてください。

具材はなるべく小さめにカットしましょう。

卵においては、卵黄と卵白を混ぜすぎないようにするのがポイントです。

②フライパンにゴマ油を入れる

火をつけて温めておきます。

③「②」にネギとチャーシューを入れる

軽く炒めます。

④「③」に卵を加える

卵が少し半熟になるくらいまで炒めてください。

⑤「④」にご飯を加える

具材とよく混ざるように手早く炒めます。

⑥「⑤」に醤油と塩コショウを入れて味つけする

ご飯のまわりで醤油を焦がすようにかけると、香りが広がります。

~完成~

王道の醤油チャーハンが作りたいときは、上記の作り方を参考にしてみてください。

とても香ばしく仕上がります。

ピリ辛でくせになる!高菜の醤油チャーハン!

次にご紹介するのは、高菜の漬物を使う醤油チャーハンです。

高菜はビタミンCやビタミンB群、カリウムなどを含んだ栄養素の高い食材です。

高菜漬けには、もともと醤油の風味がついているので、味つけは少し薄めにしてみてください。

●高菜の醤油チャーハン

【材料(2人前)】

・卵 2個
・高菜漬け 80g
・豚ひき肉 80g
・ネギ 半分
・輪切り赤唐辛子 少々
・ご飯 500g
・サラダ油 適量
・ゴマ油 適量
・醤油 適量
・酒 大さじ1

【作り方】

①材料の下準備をする

卵は溶きほぐしておき、高菜とネギは粗みじん切りにしましょう。

高菜の塩気が強いときは、軽く水洗いしてから切ります。

豚ひき肉には、醤油と酒(分量外)を振りかけて下味をつけてください。

②炒り卵をつくる

熱したフライパンにサラダ油を入れ、卵を炒めてください。

炒り卵ができたら、お皿に移しておきます。

③ネギと輪切り赤唐辛子を炒める

フライパンにゴマ油を入れ、そこへネギと輪切り赤唐辛子を投入します。

香りが出るまで炒めましょう。

④「③」に高菜と豚ひき肉を加える

豚ひき肉がパラッとするまで炒めてください。

⑤「④」にご飯と炒り卵を加える

⑥「⑤」に酒を振ったあと、醤油をまわしかける

醤油をかけるときは、鍋肌へまわし入れてください。

~完成~

少し辛いですが、くせになる味わいです。

子供に大人気!バター醤油チャーハン!

続いては、バター醤油チャーハンの作り方をご紹介します。

鮭フレークとコーンを入れるので、子供にも喜ばれますよ。

●鮭フレークとコーンのバター醤油チャーハン

【材料(2人前)】

・卵 2個
・鮭フレーク 50g
・コーン 50g
・乾燥パセリ 少々
・ご飯 500g
・バター 大さじ1
・醤油 適量
・塩コショウ 適量

【作り方】

①材料の下準備をする

卵を溶きほぐします。

今回は鮭フレークを使いますが、もちろん鮭のほぐし身を使っても構いません。

ほぐし身を使用する際は、骨が入らないように気をつけましょう。

②熱したフライパンにバターを入れる

バターは軽く溶かします。

③「②」に具材を入れる

バターが溶けたら、卵と鮭フレーク、コーンを入れます。

④「③」にご飯を加える

卵が半熟になったところで、ご飯を投入して炒めます。

⑤「④」に醤油と塩コショウを入れて味をつける

お好みで味の調整をしてください。

⑥乾燥パセリを散らす

~完成~

乾燥パセリを散らすことで、見た目が鮮やかになりますね。

バターをプラスするため、ピラフのような味わいへと変化します。

具ナシ!シンプルすぎる醤油チャーハンの作り方

ここまで、いろいろな具材を入れてみましたが、「具ナシ」の醤油チャーハンにも挑戦してみましょう。

具が入っていないので、醤油の風味をダイレクトに感じることができます。

●具ナシ醤油チャーハン

【材料(2人前)】

・ご飯 500g
・マヨネーズ 大さじ1
・醤油 適量

【作り方】

①温めたフライパンにマヨネーズを入れる

マヨネーズが油の役割を果たします。

②「①」にご飯を加える

パラパラになるまで炒めましょう。

③「②」に醤油をまわしかける

醤油で味つけしたら、焼き色がつくまで炒めます。

~完成~

具材が入っていないので、下処理いらずでとても簡単です。

「これだけでは少し物足りない…」という方は、ネギやニンニク、ショウガなどの薬味をプラスしてみてください。

醤油チャーハンをパラパラに仕上げる作り方!

最後に、いつもよりご飯がパラパラになるチャーハンの作り方をご紹介します。

卵以外の具材は、お好みで変更してください。

●ご飯パラパラ醤油チャーハン】

【材料(2人前】

・卵 2個
・ハム 4枚
・ネギ 半分
・ご飯 500g
・サラダ油 適量
・醤油 適量
・鶏がらスープの素 小さじ1
・塩 少々

【作り方】

①材料の下準備をする

卵を溶いておき、ハムとネギは粗みじん切りにします。

②溶き卵に塩とご飯を入れる

卵とご飯がなじむように、よく混ぜましょう。

③フライパンを温め、サラダ油を入れる

④「③」に「②」を入れる

ほぐしながら炒めてください。

⑤「④」にハムと鶏がらスープの素を加える

ご飯と具材を一緒に炒めます。

⑥「⑤」にネギを加える

⑦醤油をまわしかける

~完成~

卵とご飯を混ぜてから炒めることで、簡単に美味しいパラパラチャーハンが作れます。

美味しい醤油チャーハンを作ってみよう!

今回は、醤油チャーハンの作り方をご紹介してきました。

美味しく作るポイントを押さえながら、自分なりにアレンジしてみましょう。

また、パラパラなチャーハンを作りたいときは、卵とご飯を混ぜ合わせておくのがおすすめです。

いつもと違う、ワンランク上のチャーハンを作って、家族や友人を驚かせてみてはいかがですか?