玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

今話題になっている玄米7号食ダイエットのやり方はこれ!

   

今話題になっている玄米7号食ダイエットのやり方はこれ!

ダイエットに関心がある人たちのあいだで、玄米7号食ダイエットが話題になっています。

玄米7号食ダイエットとは、食事制限ダイエットの1種で、基本的に玄米しか食べないというダイエット方法です。

このダイエット方法を実践し、成果を報告しているブログが沢山あり、玄米7号食ダイエットに対する関心の深さがうかがえます。

では、この話題の玄米7号食ダイエット、どういったやり方で試したら良いのでしょうか。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

ウェイパーを使った簡単鍋レシピ!味噌鍋の味付けはお手の物

野菜や肉、キノコといったたくさんの食材をバランスよく...

味噌は冷蔵より冷凍!気になるおすすめの味噌保存容器とは?

日本の食卓に欠かせない味噌は、どのご家庭にもたいていある...

うどんは炭水化物の中でも低カロリー?ダイエット効果は?

ダイエット中は炭水化物を控える方が多いですよね。 ...

ヨーグルトのホエーは低カロリー&高栄養!有効活用するには

ヨーグルトの上のほうに、分離した水分が溜まっているの...

「醤油チャーハン」の作り方!パラパラにする方法は?

健康に気を遣っていても、たまには香ばしさが食欲をそそ...

味噌の風味を長く楽しむ保存方法とは?常温でも良いの?

味噌は、ほとんどのご家庭で常備されている食品ですよね...

美味しい夏野菜!「ズッキーニ」の味噌汁レシピをご紹介!

「ズッキーニ」は、カリウムやビタミンCを含んでいるの...

食事改善で健康的にダイエット!大切なのは体脂肪率

ダイエットをしている人はどうしても体重に注目しがちだ...

カロリーゼロ甘味料の魅力とは?人気商品の特徴や用途を探る

1973年にお茶の間に初めて登場した、低カロリー甘味料「シュ...

米麹の甘酒はスーパーで買える!手軽な手作り甘酒もご紹介!

アミノ酸を豊富に含み、健康に良い飲み物として、甘酒は近年ブー...

オーガニックや無添加食品はやっぱり安心!おすすめ5選

現代はたくさんの食品に囲まれ食べることに困らない豊かな時代と...

1人暮らし向け電子レンジとオーブンレンジのおすすめ8選!

これから1人暮らしを始める方、1人暮らしで電子レンジやオーブ...

グルテンフリーなパンなら市販のアレルギー除去米粉パンを!

パン屋さんに並ぶさまざまな種類のおいしそうなパン。 そ...

甘酒や麹は市販の健康食品の中でも大人気!おすすめ理由詳細

今の食生活を改めて見つめてみた時に少し不安を感じることはあり...

味噌鍋にご飯を入れて美味しい雑炊を作るレシピをご紹介

味噌鍋を食べた後のスープを使って、うどんや雑炊を作ると美味し...

冬に食べたい味噌煮込み料理のレシピ!人気の食材は?

味噌煮込みの料理というと、恐らく誰もがイメージするのは愛知県...

味噌と豆腐でメインのおかずになる料理の作り方をご紹介

豆腐をそのまま使うだけでなく、より美味しく食べるために、豆腐...

バランスの良い食生活改善はダイエットだけでなく美容効果も

私たちは、食生活改善をすることでダイエットになり美容にも効果...

食事改善で便秘を軽減し、運動の継続で更に効果が見込める!

体に何らかの病的症状が見られた時、つい、薬に頼ってしまう傾向...

健康のためには食事改善!タンパク質はプロテインで補おう!

ダイエットやメタボリックシンドロームの予防のためには、食事改...

スポンサーリンク


玄米7号食ダイエットについてもっと詳しく知ろう!

玄米7号食ダイエットのやり方をご紹介する前に、このダイエット方法について理解を深めておくことは、とても大事です。

というのは、このダイエット方法はいわゆるファスティング(断食)ダイエットのひとつでもあり、正しい予備知識が無いと、かえって健康をそこなう恐れがあるからです。

そこでまず、7号食とは何か?というところからご紹介をしたいと思います。

7号食とは食事療法のひとつで、食事療法には1号食から順番に8号食まで存在します。

1号食は身体のことを何も考えない食事方法で、好きな物を好きなだけ食べるというやり方で、いろいろな病気の原因になりかねない、とても危険な食事方法です。

2号食は、4種類のおかずをご飯と共に食べる食事方法で、以下、おかずの種類が減るごとに、3号食、4号食と進んで行きます。

6号食でおかずが無くなり、主食とみそ汁のみになり、そして7号食で主食だけの食事となるのです。

8号食は完全な断食であり、7号食は断食の1歩手前という、とても厳しい食事方法となります。

この7号食を玄米で行うのが、玄米7号食ダイエットというわけですね。

大切なのは、玄米7号食というものが食事療法の1種であり、ただのダイエットというよりは、体質改善を促す食事方法なのだと理解することです。

これが玄米7号食ダイエットの正しいやり方!

では、玄米7号食ダイエットの正しいやり方について見ていきましょう。

玄米7号食ダイエットは、基本的に10日間という期限付きのダイエット方法です。

10日間という期間、玄米のみの食事をとることによって、体重を減少させると共に、体質そのものを改善することを目的としています。

この10日間、食事は玄米のみとなり、おかずもみそ汁も口にはしません。

水分補給は水、もしくはノンカフェイン、ノンカテキンのお茶のみとなり、たとえブラックでもコーヒーは禁止で、もちろんお酒は厳禁です。

ただし、玄米を食べる量には制限が無いので、お腹が減った場合に3度の食事以外でも玄米を食べることは許されています。

また、玄米を食べるときには、最低でも30回以上良く噛むようにしてください。

10日間の玄米7号食ダイエット期間の終了後は、6日間の回復食をとります。

この回復食とは、玄米のほかにみそ汁を食べるという食事のことです。

回復食の最初の3日間は、具無しのみそ汁をとり、後半の3日間は具入りのみそ汁をとります。

玄米7号食ダイエットの期間と、普通の食事との間に、この回復食をはさむことで、穏やかに身体の吸収力を回復させるというわけです。

いきなり普通の食事に戻すことは、身体にとって良くないだけでなく、リバウンドの原因にもなるので注意が必要です。

玄米7号食ダイエットのメリットはこれ!

玄米7号食ダイエットを行うことには、次のようなメリットがあります。

体重が落ち、痩せることが期待できる。

便秘を解消することが期待できる。

身体のむくみを改善することが期待できる。

その他、体質改善により、様々な臓器の調子が良くなることが期待できる。

では、それぞれについて詳しく見ていきましょう。

玄米のみの食事になるので、摂取するカロリーが減少し、結果的に体重は落ちていきます。

体重の減少が少ない場合でも、身体や顔のラインの余分な脂肪が減るので、スタイルがスッキリして見えるという効果もあるようです。

また、食物繊維が豊富な玄米を食べることにより、便秘の解消も期待できます。

このダイエット方法を試した人の中には、いわゆる宿便が出て、お腹がスッキリしたという人たちがいます、

この玄米7号食というダイエットのやり方は、余分なものを食べないという食事方法です。

そのため、刺激的な食べ物を口にすることも無くなるので、胃腸や肝臓が休まります。

これにより消化器官の負担が減るため、いろいろな機能が改善されていきます。

その結果、血液やリンパの流れも良くなり、むくみも解消されるというわけです。

毒素が身体に入ってきませんし、逆に便として排出されるので、体質が改善され、各臓器の調子も良くなります。

ただし、これらの効果には個人差があることも覚えておきましょう。

玄米7号食ダイエットのやり方はここが大事!

先ほどは玄米7号食ダイエットのメリットについて、ご紹介しました。

ちゃんとしたやり方を守ることにより、いろいろなメリットが期待できますが、断食の1種でもあるダイエット方法なので、注意をすべき点があります。

まず、デトックス効果により様々な毒素が排出されますが、その過程で身体に変調をきたすことがあります。

好転反応と呼ばれている反応なのですが、この反応にはかなりの個人差があります。

それまでの食生活は人それぞれなので、反応に違いがあるのが当然で、激しい反応を起こす人と、それほど反応が起きない人がいます。

便通が良くなりすぎて下痢になったり、頭が痛くなったりすることもあるようです。

この反応は一過性であることが多いのですが、あまりにも酷いときには、様子を見ることも必要です。

ただし、玄米7号食ダイエットを中止するとしても、いきなり普通の食生活に戻すのではなく、具無しのみそ汁から徐々に戻していきましょう。

毎日の体調の変化に気を配りながら、無理なくダイエットを行うことが大事です。

また、10日間というのは思ったよりも長い期間です。

途中で玄米に飽きることもあると思います。

そのときには、添加物の入っていない梅干しや、ゴマ塩を加えてみましょう。

このふたつの食材は、食べることが許されています。

いろいろな玄米7号食ダイエットブログを参考にしよう!

ダイエットを題材にしたブログは、沢山存在しています。

特に、ダイエットに成功した体験談には、学ぶ点が多くあります。

また、逆に失敗をしたという報告にも、ダイエットを成功に導くためのやり方のヒントが、隠されていることがあるものです。

そういったブログを参考にすることは、とても大事です。

それでは、玄米7号食ダイエットを取り上げているブログの幾つかを、見ていくことにしましょう。

Aさんは、玄米7号食ダイエットを10日間実行し、3.4キロの減量に成功しました。

その実施期間の全てにわたって、体重、体脂肪の増減と、お通じがあったか無かったかを記録しています。

また、日々の経過と感想をまとめ、玄米7号食ダイエットが成功した理由を述べていて、とても参考になるブログです。

Bさんは、30代の男性で、ダイエット終了時点で2.2キロの減量という結果でした。

彼は写真を多用し、玄米おにぎりや、途中で口にした食べ物なども紹介しています。

厳密な玄米7号食ダイエットではありませんでしたので、あまり体重が落ちていません。

こういったブログも、自分がダイエットに挑戦をするときの参考になるので貴重ですね。

この他にも、短期間だけ挑戦したブログや、完全にダイエットに失敗をしたブログなど、いろいろな話題があるので、自分に合ったブログを探してみると良いでしょう。

玄米7号食をアレンジするならこのやり方で!

玄米7号食ダイエットは、基本的に10日間にわたって行うダイエット方法です。

しかし、ダイエットの取り組み方自体は自由なので、無理なダイエットでなければ、自分なりにアレンジをすることも可能です。

たとえば、実施する期間を短めにするやり方があります。

実生活の都合上、どうしても回復食を含めて1週間以上できないという人もいるでしょう。

その場合は、ダイエット期間を4日間で、回復食を2日間で試してみましょう。

このやり方で、身体をリセットしているという体験者もいます。

また、玄米だけを食べることに飽きてしまったら、梅干しを加えた玄米炒飯とか、ゴマ塩をまぶした玄米おにぎりなど、少し手を加えてみるのも良い方法です。

ストイックにダイエットを続けることも大事ですが、ダイエットの秘訣はいかに継続をするかにあります。

自分の目的に合わせて、多少のアレンジを加え、継続することを最優先にすることも、ときには必要です。

どうしても玄米以外が食べたくなったら、具無しみそ汁を飲みましょう。

具無しのみそ汁でも、玄米だけの食生活を送っていると、とても美味しく感じるものです。

実生活の負担になっては、せっかくのダイエットも続きません。

上手に玄米7号食ダイエットと付き合っていきましょう。

玄米7号食ダイエットを取り入れた生活へ

ダイエット終了後には、リバウンドの心配があるものですが、玄米7号食ダイエットには体質改善の効果もあり、以前とは違う食の好みになっていて、リバウンドしにくかったという体験談があります。

しかし、もしまた体重が増えてきたときには、再度玄米7号食ダイエットを行い、身体をリセットしてみましょう。

短期間で行なえるダイエットなので、上手に生活に取り入れて、身体に毒素をため込まないようにしたいものです。

 - 健康的なダイエット