チョコレートと和菓子、カロリーと栄養を知る!

「お菓子」と言われるものは、「美味しい」「疲れが取れる」「カロリーが高い」「脂質が多い」という一般的な印象があります。

カロリーが似たり寄ったりするのは、使われている材料によります。

和菓子も決まっていますし、洋菓子も基本は一緒です。

チョコレートも、様々な形で洋菓子や和菓子にもなりますが、チョコレートの原料はそれしかありません。

ダイエットや食事に気を付けているとき、どうしても敵対感を持ってしまうお菓子ですが、心の安らぎや満たされた気持ちになることができるものです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

卵の栄養は黄身と白身で違うの?安心で安全な卵の選び方とは

卵は、昔から栄養価が高いとされている食材ですよね。黄身のほうが栄養がありそうなイメージですが...

味噌煮込みうどんの作り方いろいろ 簡単レシピやアレンジも

味噌煮込みうどんと聞いて名古屋を思い浮かべる方も多いでしょう。確かに、名古屋の味噌煮込みうど...

栄養豊富でホッとする味!味噌マヨネーズドレッシングレシピ

味噌とマヨネーズは、それぞれ完成された美味しい調味料ですよね。きゅうりに味噌だけを付けて食べ...

味噌漬けアレンジって意外に簡単!自宅でできる美味しい漬物

味噌漬けというと値段も高いですし、購入するにはちょっと手を出しにくいですよね。実は、味噌...

電子レンジでプリンが5分で作れる!そのレシピをご紹介!

最近よく聞く、電子レンジを利用した「時短」レシピ。料理の下ごしらえや野菜を蒸すのが定番ですが、...

トウモロコシ栽培は上級者向け!?受粉のコツをつかもう!

トウモロコシは鮮度が落ちやすいため、収穫したてを食べるのが、一番おいしい野菜です。もぎたてを...

お菓子作りに欠かせない小麦粉・砂糖・卵!栄養と役割とは?

小麦粉・砂糖・卵はお菓子作りをするときには無くてはならない材料ですよね!それぞれの材料の栄養...

パスタを電子レンジで!ペペロンチーノもたらこスパも!

最近電子レンジで手軽にできる調理が流行っていますよね。洗い物も少なく、火も使わないので子ども...

甘酒を麹のみで作るには?市販の麹のみで作られた甘酒は?

麹で作る甘酒は自然な甘さが美味しいうえ、ノンアルコールで栄養価も高く、子どもからお年寄りまで人気...

ヨーグルトと牛乳を混ぜるだけ!自家製ヨーグルトとラッシー

ヨーグルトと牛乳の組み合わせ。聞くだけで腸に良さそうなイメージですよね。毎日それぞれを食べた...

旬のたけのこを美味しく味わおう!味噌和えのレシピ3選

たけのことは、みなさんがご存知のとおり、竹の芽の部分です。たけのこの成長は早く、10日もすれ...

味噌漬けの作り方が知りたい!あんな食材も絶品料理に?!

みなさんは、味噌漬けの食材を食べたことがありますか?市販のものは食べたことがあるという方は多...

よりおいしくなる!味噌汁に合うナスの切り方とは?

日本の食卓に欠かすことのできない味噌汁。どんな食材にも合うので、旬の野菜などを入れて食べると...

もつ煮込みは味噌味が人気!おいしく出来る作り方のポイント

「もつ」は、低カロリーでコラーゲンが豊富なので、女性に人気の食材です。その調理として、もつ煮...

【レシピ集】ヘルシーな手作りお菓子で低カロリーを実現!

「カロリー摂取は控えたいけど、お菓子を食べるのはやめられない!」という方に、ヘルシーな手作り...

スポンサーリンク

チョコレートとは何か、カロリーはどれくらいなのか

チョコレートは、チョコ、ショコラともいわれます。

原材料はカカオの種です。

発酵や焙煎を施したカカオマスを主原料で、これに砂糖やココアバター、粉乳等様々な材料を入れて練り固めたりします。

チョコレートらしい味や香りは、カカオ豆を発生させることにより作られます。

・ビターチョコレート:カカオマスが40%~60%、場合によっては70~90%で、ミルクチョコレートより苦みが強いです

・ミルクチョコ

一般的なチョコレートで、乳製品(全脂粉乳、脱脂粉乳、クリーム粉乳)が入っています。

・ホワイトチョコレート

カカオマスがふくまれておらず、ココアバターにミルク、砂糖を加えます。

チョコレートのカロリーは、メーカーによって多少誤差がありますが、大きくは変わりません。

カカオマスは、カカオ豆から皮を取り、すりつぶしてペーストにしたもので、ナッツ類として分類されますので、豊富に「油脂」を含みます。

栄養素は、砂糖の炭水化物と脂質が中心になります。

各メーカーそれぞれですが、大体のカロリーは同じです。

板チョコ1枚50gあたり、ビターチョコレート(ブラックチョコレート)270~290kcal、ミルクチョコレート280~295kcalです。

糖質約30g、脂質約19g、タンパク質約3.3gです。

チョコレートは色々形を変え、混ぜ込んだり、練りこんだりして様々なお菓子へと変化します。

和菓子でも、チョコレートを使用したものもあり、メニューや量によって、カロリーは大きく変わります。

何を和菓子というのか、カロリーはどれくらい?

和菓子は、明治時代以降にヨーロッパ等海外より新しく日本に入ってきた「洋菓子」に対する言葉です。

餅菓子、羊羹、最中、落雁、煎餅、饅頭、求肥等が含まれ、また古くは奈良時代に遣唐使が中国から日本にもたらした唐菓子、江戸幕府の鎖国時代にスペイン・ポルトガル・オランダからもたらされた南蛮菓子(カステラ、金平糖、飴、ぼうろ、軽め焼き、ビスケット、かりんとう等)が当てはまります。

一般に日本茶(緑茶)に合わせることを想定され、茶の湯や年中行事、慶弔事における引き出物にも用いられます。

原材料は、伝統的なものは豆類の餡、米(米粉、もち米)、砂糖で、卵、小麦粉を使用するものもあります。

栄養素は炭水化物が中心になります。

また、小豆のような豆類といっても、大豆のようにタンパク質が多いわけでなく、食物繊維や炭水化物が多くなりますので、栄養素の中心になります。

和菓子の種類によって、脂質(卵が入る場合)が加わります。

カロリーは、大きさで大きく変わりますが、大まかに羊羹で90kcal、桜餅1つで100kcal、串団子1本110kcal、大福もち120kcal、おはぎ1個140kcal、カステラ1切れ160kcalとなります。

割と1個で満腹感を感じますので、少量でブレーキをかけることが可能です。

和菓子でも、洋菓子のようにチョコレートや生クリームが入ると、脂質が入りますので、カロリーが上がります。

チョコレートを使用した洋菓子・和菓子

チョコレートは、変幻自在に色々なお菓子に使われます。

洋菓子では、チョコレートケーキ、チョコチップを入れたクッキーやスナック菓子、ショコラティエが作る魅惑のチョコレートメニューがあります。

菓子ではないですが、パンなどもショコラデニッシュやチョココルネ、チョコチップメロンパンなど、菓子パンというカテゴリーでチョコレートを確認できます。

和菓子では、チョコレート大福、チョコどら焼き、チョコ饅頭など、いわゆるバレンタインに向けたメニューでよく見られたり、コンビニスイーツに並んでいたりします。

チョコレートは、製品をそのまま味わうこともあれば、濃厚なスイーツとして用いられ、メニューは無限大に広がります。

これだけ入っていると、気になるのはカロリーです。

当然、カロリーはチョコレート分が足されますし、チョコレートは先程述べたように、脂質を含みますので、カロリーは高くなります。

チョコレートがたっぷり濃厚なだけ、カロリーは増える傾向になります。

チョコレートのカロリーと食べる量

先程、板チョコのカロリーを示しましたが、具体的に確認してみます。

アーモンドチョコレート1粒25kcal、チョコトリュフ1個80kcal、マカダミアナッツ1個48kcal、生チョコ1個45kcalです。

1箱では、きのこの山453kcal、たけのこの里426kcal、アポロ275kcal、トッポ223kcalです。

ショコラティエが作るような高級チョコは、チョコレートに生クリームや砂糖を加えるので、1粒でも80kcal以上になります。

では、チョコレートの1回量は、どの程度が適切なのかと疑問が出ます。

1日の食事摂取量のカロリーは、年齢、体格にもよりますが、その10%が間食にあててもよいと考えられています。

一般的な女性で1600~1800kcalですので、160~180kcalが間食の目安になります。

それでいくと、1粒換算のものはアーモンドチョコレートだと6粒、チョコトリュフ2粒、箱菓子は半分以下になります。

和菓子と比べると、どんどん食べることができるので、やはり食べる量は注意が必要です。

和菓子のカロリーと食べる量

和菓子も、チョコレートと同じように食べる種類が違えば、大きくカロリーも異なります。

季節に合わせたものやその土地の銘菓、お土産や冠婚葬祭で出されるもの、また老舗の和菓子店の和菓子など様々です。

和菓子の種類によってカロリーが異なるので、羊羹1切れで90kcalのもあれば、カステラ1切れで160kcalのものがあり、差が大きく開きます。

また、饅頭や桜餅などのように餅と餡を使用していると、1個120kcal程度と、2個食べると軽く目安量を越してしまうものがほとんどです。

和菓子は大量に食べるものではなく、季節や習慣を味わうものとして、また日本茶に合うよう作成されたり、目で楽しむ要素もあります。

少量でも腹もちが良いので、ゆっくり味わって食べることがコツになります。

カロリーを気にして、いつ食べるのが良いのか

おやつとして食べるのであれば、体を動かす時間が良いでしょう。

夜、夕食後に食べるとあとは寝るだけになり、摂取したカロリーを消費できないまま身体を休めると、太る原因になります。

チョコレートも和菓子も、炭水化物が入っているので、体を動かす元になります。

体を動かしている日中のほうが、エネルギーとして使われやすいです。

体重1kgを減らすためには、約7000kcalを燃焼しないといけないとされています。

単純に考えると、板チョコで28枚、大福58個相当です。

毎日余分に食べれば、その分蓄積され、体重が増えていきます。

間食は毎日食べる習慣にしてしまうと、食べずにはいられません。

たまにの楽しみとして、量を決めて食べることをお勧めします。

毎日食べるという場合、そうしなければならない、食べざるを得ない環境が常にあるといわれます。

しかし、間食や甘いものを食べる習慣がない方もいます。

食べないといけない状況ではない方も多いのです。

甘いものはたくさん食べられる方もいますし、甘いものが苦手な方もいます。

食べないといけないわけではないですし、食べるなら、美味しく味わって食べていただくことがポイントになります。

和菓子は砂糖が入っていない日本茶と共に食べる、洋菓子を食べるときも無糖の紅茶・コーヒーを選択すると、甘い美味しさをより感じます。

食べるタイミングは、早い時間、いわゆる3時のおやつまでにしましょう。

夕食までの腹持ちの意味もあり、また体を動かしている時間だからです。

また、運動をする場合は運動前に食べたほうがいいです。

運動後は体を動かしたので、空腹を感じやすく食べ過ぎになります。

食べるタイミングも考慮して、おやつを味わって食べてくださいね。

甘いもので気持ちは満たされる

甘いものはダイエットの時は敵視されやすいですが、心の栄養でもあります。

有名なチョコレートは、美味しいと知っているから、もらったり買ったりするとそれだけでちょっと気分がいいです。

和菓子は、見た目を愛でる習慣もありますので、職人の技を感じ、美味しいお茶といただくと、ほっとすることもあります。

カロリーだけで見ると、おやつはカロリーが高く、量で考えると思ったより少なく感じます。

炭水化物と脂質は腹持ちが良く、少量で満足ができるものでもあります。

食べるタイミングや食べる量に気を付けて、美味しく味わいましょう。