玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

味噌・豆腐・チーズの美味しいおすすめのレシピをご紹介

      2018/09/06

味噌・豆腐・チーズの美味しいおすすめのレシピをご紹介

昔から日本に存在する、味噌と豆腐は日本人の食卓に馴染み深いですよね。

また、今男女問わず人気のある食材にチーズがあります。

味噌や豆腐、チーズにはそれぞれ豊富な栄養も含まれており、一緒に食べることで身体にも良い影響がありますよ。

含まれる栄養素や、味噌・豆腐・チーズを使った美味しいレシピも一緒にご紹介します。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

美肌は食から!食生活改善でニキビや毛穴の開きを解消しよう

肌の悩みで最も多いといわれる、ニキビや毛穴の開き。 効...

「玄米or5分づき米」どちらを食べる?栄養面の違いとは?

栄養がたっぷり含まれたお米となると、玄米を選択して食べた...

食生活改善は妊娠した時がチャンス!妊婦が摂るべき栄養は?

食生活改善は、変えようと思ったとき、または変える必要にか...

玄米に小豆を入れて一緒に炊いたご飯にはどんな効果がある?

玄米は体に良いご飯として人気がありますよね。 これに小豆...

味噌を容器に入れるとき、保存に大事なことはなんだろう?

味噌を美味しく保存するためには、容器だけではなく、保存す...

玄米?それとも3分づき米?栄養面ではどちらを食べるべき?

玄米には栄養がたっぷりと含まれているので、体内に栄養素を...

一食700カロリーの食事を目安にカロリーをコントロール!

1回の食事を700カロリーに抑えることを目安にすれば、カロ...

昔なつかしいポン菓子のカロリーは玄米で作るとどれくらい?

スーパーのお菓子コーナーで、ポン菓子を見かけることがあり...

味噌を熟成して3年経ったものこそ、いい効果が得られる!?

「3年味噌」で、パソコンやスマートフォンの検索エンジンに...

硬い玄米に小豆を加えて土鍋で炊くと、ふっくらつやつやに!

体に良い栄養がたくさん含まれているといわれる玄米は、太り...

カロリーが気になる!お菓子対策はざっくり計算して意識する

大好きなお菓子をついつい食べ過ぎてしまって、あとから後悔...

玄米餅の作り方が簡単にできる炊飯器のもち米モードを紹介

普通のお餅は白米のもち米を使いますが、玄米餅はもち玄米を...

ダイエット中に気になるカロリー!一食分の摂取目安とは!?

ダイエットをする時、まず気になるのはカロリーです。 性...

栄養豊富で体に良い酒粕は、カロリーが高くて太るって本当?

飲む点滴と話題になった甘酒の原料である酒粕には、発酵食品...

体に良いと評判の大豆だけどカロリーが高くて太るって本当?

畑の肉と呼ばれ、昔から私たちの食卓には欠かせない存在だっ...

糖質のカロリーをエネルギーに!おにぎりの具で上手に消費

コンビニで簡単にお昼を購入しようと思い、おにぎりかサンド...

1000キロカロリーの一食は多い?摂ったら動いてしっかり消費

私たちが一日に最低限、何もせずに必要とするエネルギーを基...

雑炊のカロリーってどれくらい?ダイエットに向いているの?

冬の寒い日やお酒を飲んだ後にいただく雑炊は、体にしみわた...

アボカド一つの栄養とカロリーは?おすすめの使い方教えます

野菜売場にはアボカドがありますね。 大体一つずつ購入で...

例えばバナナ50gは?人気の果物の気になるカロリー目安!

バナナやりんごなどの果物は、みなさんが好んで食べるフルー...

スポンサーリンク


味噌・豆腐・チーズはどんな栄養があるの?

まず、それぞれどのような栄養があるのかを見ていきましょう。

<味噌の栄養>

味噌の代表食といえば、日本人ならみんなが大好きな味噌汁ですよね。

ほかにも、たくさんの用途が味噌にはあります。

味噌は大豆を発酵させることによりタンパク質が分解され、必須アミノ酸が全てが生成されます。

また、ほかにもビタミンやミネラル、食物繊維や炭水化物など、様々な栄養がギュッと詰まっている食品です。

さらに、大豆イソフラボンは女性必見の栄養素で、女性ホルモンと似た働きをしてくれるため、美肌効果等もあるといわれています。

<豆腐の栄養>

豆腐も日本人にとって味噌と同様、とても身近な食品です。

豆腐にはタンパク質が豊富に含まれており、同時にアミノ酸もバランス良く含んでいます。

ほかには脂肪も良く含むのですが、その中でも不飽和脂肪酸が多量に含まれるので、コレステロールを減らしたり、動脈硬化や高血圧予防にもなります。

<チーズの栄養>

チーズも近年流行しており、専門店も増えていて様々なチーズを食べる機会が増えましたよね。

チーズの注目すべき栄養素はなんといってもカルシウムです。

カルシウムといえば牛乳や小魚と思いがちですが、チーズから摂ればたくさん食べなくても大丈夫です。

日本人はカルシウム不足といわれていますので、積極的に摂るようにしましょう。

ほかにも、タンパク質やビタミンB2、ビタミンAも多く含むので、栄養豊富ですよ。

味噌・豆腐・チーズの種類をご紹介!

味噌、豆腐、チーズと一口にいっても、たくさん種類があります。

皆さんはどのくらいご存知ですか?

一部をご紹介します。

<味噌の種類>

~麹による分類~

・米味噌 大豆に米麹を加えて作ったもので、全国各地で生産されています。

・麦味噌 大豆に麦麹を加えて作ったもので、西日本が主な生産地です。

・豆味噌 大豆のみを主原料にしたもので、中京地方が主な生産地です。

~色による分類~

味噌に色の違いがあるのは、メイラード反応(原料の大豆などのアミノ酸が糖と反応することにより、褐色に変化すること)のためです。

時間が経つと色が濃くなります。

<豆腐の種類>

豆腐の種類は、絹ごし豆腐か木綿豆腐が代表的ですが、ほかにも種類がありますよ。

・木綿豆腐 豆乳を凝固させて崩した豆腐のことです。

・ソフト豆腐 木綿豆腐と絹ごし豆腐の中間の豆腐です。

・寄せ豆腐 木綿豆腐の工程中、型に入れる前の寄せた状態の豆腐です。

・絹ごし豆腐 柔らかでなめらかな豆腐です。

・充填豆腐 容器密閉後、加熱凝固されることで殺菌され、日持ちが良い豆腐です。

<チーズの種類>

・フレッシュタイプ 熟成されないチーズです。(マスカルポーネ、モツァレラ等)

・ウォッシュタイプ チーズを洗いながら熟成するチーズで、匂いが強いです。(ルイ、マルキ等)

・ハードタイプ 水分が38%以下の硬いチーズです。(ラクレットチーズ等)

・セミハードタイプ 水分を38~46%まで減らしたチーズでクセがないのが特徴です。(ゴーダチーズ等)

・青カビタイプ 塩辛さが特徴のチーズです。(ゴルゴンゾーラチーズ等)

・白カビタイプ もっちり、クリーミーが特徴のチーズです。(カマンベール等)

・シェーブルタイプ 乳牛でなく、山羊のミルクから作られたチーズです。(シャビ・レザン等)

・プロセスチーズ ナチュラルチーズを一度溶かし、固めたものです。(さけるチーズ等)

まるでチーズ?!豆腐の味噌漬け

豆腐や味噌、チーズが栄養豊富であることがわかりましたね。

それでは、それを使った料理を作ってみましょう。

少し前に話題になった、豆腐の味噌漬けをご紹介します。

本当のチーズを食べるよりカロリーが低く、ヘルシーですよ。

【材料】

・豆腐 1丁
・味噌 100g
・みりん 大さじ1と1/2~2

【作り方】

①豆腐は良く水を切っておきます。

②味噌とみりんは混ぜておきましょう。

③ラップに味噌とみりんを混ぜたものを塗ります。

④水を切った豆腐をキッチンペーパーでくるみます。

⑤味噌を塗ったラップに豆腐をのせ、くるみましょう。

⑥保存容器に入れて、2~3日ほど冷蔵庫で寝かせます。

豆腐がチーズのようにねっとりしっとりと変身しますよ。

チーズが好きで本当はたくさん食べたいけど、カロリーが気になるという方はぜひお試しください。

冷蔵庫で1週間~10日ほど保存可能です。

豆腐の水をしっかり切ることが、長く保存できるコツですよ。

豆腐でチーズグラタン

続いてのレシピはホワイトソースの代わりに豆腐とおからを使います。

変わり種のグラタンはいかかでしょうか。

【材料】

・絹ごし豆腐 120g
・おから 100g
・クリームチーズ 15g
・マヨネーズ 大さじ2と1/2
・味噌 小さじ1
・パン粉 適量
・シュレッドチーズ 適量
・塩コショウ 少々
・パセリ粉 少々

【作り方】

①絹ごし豆腐をボウルに入れて、なめらかになるまで練ります。

②おから、クリームチーズ、マヨネーズ、味噌を①のボウルに入れてよく混ぜましょう。

③塩コショウで味を調えます。

④耐熱皿に③を入れて、シュレッドチーズとパン粉をかけます。

⑤200℃のオーブンで10分程度、焼き色が付くまで焼いてください。

⑥焼けたら、パセリを散らして完成です。

野菜等の具は特に入っていないレシピですが、もし野菜や魚介類又は肉類を入れる場合は、塩コショウは濃いめに加えてくださいね。

おつまみにも!味噌チーズつくね

材料を混ぜて焼くだけ、簡単レシピです。

おかずはもちろんですが、おつまみとしても美味しく食べられますよ。

【材料】

・鶏ひき肉 250g
・絹ごし豆腐 1/2丁
・味噌 大さじ1
・マヨネーズ 大さじ1
・片栗粉 大さじ1
・とろけるチーズ 1枚
・サラダ油 大さじ1

【作り方】

①とろけるチーズ以外をボウルに入れ、なめらかになるまでよく混ぜてください。

②とろけるチーズは適当なサイズにちぎっておきます。

③フライパンにサラダ油を入れて温めましょう。

④ ①を手に取り、その中にちぎっておいたチーズを入れて形を整えてください。

⑤強火で2分程焼きます。

⑥焼き色が付いたらひっくり返して、蓋をし弱火で3分程更に焼きます。

⑦火がしっかり通ったら完成です。

つくねにかける調味料は醤油でも美味しいですし、さっぱり食べたいときはポン酢もおすすめです。

トースターで作る豆腐の味噌焼き

とても簡単に出来てしまうおかずをご紹介します。

マヨネーズ味なので子供も食べやすく、人気のレシピです。

凝ったものは作るのが面倒、でも、もう一品作りたいというときもおすすめです。

【材料】

・木綿豆腐 1丁
・ツナ缶 1缶
・味噌 小さじ2
・みりん 小さじ2
・マヨネーズ 小さじ1
・とろけるチーズ 適量
・パセリ粉 適量

【作り方】

①木綿豆腐は8等分します。

②豆腐鍋で2~3分煮て水を切りましょう。

③キッチンペーパーをしいたザルにおいて、更に水を切ります。

④ツナ、味噌、みりん、マヨネーズを混ぜて、豆腐の上にのせます。

⑤更にチーズをのせてトースターで焼き、チーズが溶けたらパセリ粉を散らして完成です。

豆腐1丁といっても、物によって多少サイズが異なります。

上に乗せる調味料が足りない場合は、少し多めに作ってくださいね。

味噌・豆腐・チーズを上手に使って美味しいごはんを!

ご紹介してきたように、味噌と豆腐とチーズは一緒にしても美味しく食べられる食材です。

味噌も豆腐もチーズも単体で使おうとすると、意外とレシピがワンパターンになりがちですよね。

今回ご紹介した、レシピを参考に、ぜひ調理をしてみてください。

 - その他食材