カロリー摂取!1日で高齢者はどれくらいのカロリーが必要?

意外と高齢者のカロリーはどれくらい必要かわからないものです。

何を重点的に食べた方がいいのか、この量でいいのかなど、悩みは尽きません。

少しでもその悩みを解消出来るように高齢者の1日のカロリー摂取や重点的にとった方が良い栄養などについてご説明致します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

1日の摂取カロリーが低いだけではないバランスの良い食生活

自分の年齢と性別の、1日に必要なカロリーをご存知ですか。毎日摂っている食事のカロリーが、必要...

ヨーグルトの種類をいろいろ変えることで得られるメリット

ヨーグルトを毎日食べているという人も、多いのではないでしょうか。そんなヨーグルトの種類を、こま...

糖分を取りすぎると身体がだるい!?砂糖には依存性がある!

砂糖が多く含まれている、お菓子やジュースなどを頻繁に摂取している人は、身体がだるいなどの症状が多く見...

一人暮らしで食事を作るのはめんどくさい!解決する方法は?

実家にいるときは、何も言わないでもご飯の準備ができていましたよね。しかし、実家を離れて一人暮...

朝食抜きが血糖値を上昇させる理由と朝食の正しい摂り方とは

よく朝食は食べないという方、いらっしゃいますよね。しかし、朝食抜きは血糖値が上昇しやすいってご...

植物油と植物油脂の違いって?体にいい油と悪い油の見分け方

油は体に良くないとよく聞きますが、本当にそうなのでしょうか。今回は油の必要性から、植物油と動...

甘酒に含まれる麹の効能とは?ビタミンなどの栄養価にも注目

甘酒は、飲む点滴とも呼ばれ、豊富な栄養成分が含まれている、日本古来よりの伝統的な飲みものです。...

甘酒をおいしく作るには、麹を多めに入れないといけないの?

甘酒を作るとき、材料の麹を多めにすれば酵素たっぷりのおいしい甘酒に仕上がります。しかし、それで...

牛乳はアルカリ性!アルカリ性食品を増やすと健康に良い?

酸性・中性・アルカリ性、理科の授業でやったのを、覚えている人も多いのではないでしょうか。アル...

離乳食にバナナを!バナナの黒い斑点が意味していることは?

皆さんの可愛い赤ちゃんも、離乳食開始のサインを出していませんか?離乳食開始のタイミングはいつなの...

様々な食べものに含まれている植物油脂とは一体何者!?

原材料表示を見ると、よく見かけるであろう植物油脂。皆さん、植物油脂が一体何なのかご存知でしょう...

「精製塩」のスーパーな効果!調味料以外にも役立つ凄いやつ

どこの家庭にでも、「塩」は調味料として常備してあるのではないでしょうか。「塩」は、調味料とし...

玄米茶は体にいい効能がたっぷり!血圧を下げるって本当?

お茶には色々種類がありますが、「玄米茶」を飲む機会はありますか?各ご家庭で飲むお茶といえ...

パスタの優れた特徴とは?トマトソースの栄養と簡単レシピ!

簡単に調理ができるパスタは日本人にも人気の食材ですよね。パスタにはどのような特徴があるか...

正しい食生活ならサラダ油のトランス脂肪酸含有量も怖くない

サラダ油は、どんな油が入っているかをご存知ですか?サラダ油という名称で販売されているもの...

スポンサーリンク

活動的な高齢者はカロリーを1日にどれくらいとればいいの?

70歳以上の高齢者は1日に男性であれば2200キロカロリー、女性で1750キロカロリーが必要とされています。

意外と高いです。

3食のバランスで行くと、男性であれば1食約700キロカロリー程度、女性で1食約550カロリー程度となります。

このカロリー摂取量がどういう方が該当するかというと、毎日のように外出をする方や働いている方が該当します。

男性の1食約700キロカロリーがどれくらいかというと、

・親子丼 1杯

・天そば大盛り 1山

・回転寿司 約7皿

となり、高齢者としてみれば多いです。

女性の1食約550キロカロリーは、

・定食(ごはん小盛り) 1膳

・天そば普通盛 1山

・回転寿司 5皿

男性と比べると、意外と少なく感じます。

もしここに間食を入れると、もっと少なくなります。

間食を入れたい場合は、朝のカロリーを200キロカロリー程度減らして、間食で調整するといいでしょう。

朝あまり食べない方は朝と昼のお米の量を半分にして間食をとると丁度良いです。

寝たきり高齢者の場合の1日に必要なカロリーは?

次は寝たきり高齢者の方や、1日中家からほとんど出ることのない高齢者の必要なカロリーについてです。

男性で約1800キロカロリー、女性で1500キロカロリーが必要とされています。

因みに高齢者福祉施設やデイサービス、配色サービスの食事のカロリーはこの男性と女性の中間値をとって1650キロカロリーや1600キロカロリー設定にしている施設が多いです。

もしかしたら多くの高齢者にとって一番身近な食事のカロリー量かもしれません。

寝たきりや動かないのにカロリーを消費するのか疑問の方も多いかもしれません。

しかし、人間には「基礎代謝」といって、息をしたり汗をかく際もエネルギーを使います。

エネルギーの原料はカロリーですが、動かないからと言ってときちんとカロリーをとらないと、筋肉量が落ちたり骨折しやすくなったりします。

高齢者の場合はそれが特に顕著です。

その為に、動かなくてもきちんとカロリーをとらなくてはなりませんが、いつも高齢者の栄養摂取がうまくいくケースばかりではないはずです。

その点については「具合が悪い高齢者の栄養摂取方法」にてお伝えいたします。

超アクティブな高齢者がとるべきカロリーは1日にこれだけ!

最近はアクティブに動く高齢者も多く、従来のカロリー摂取量だと1日のカロリーが足りない場合があります。

もし高齢者がアクティブに動く場合、男性2500キロカロリー、女性2000カロリーが必要とされています。

しかしどんなに動く高齢者でも、栄養面での過不足や体の負荷のかかり方が若い時とは違うので注意が必要です。

主にどんな点に注意が必要かというと、

・骨折しやすくなる

・筋肉が落ちやすくなる

・体調変化が目まぐるしい

等の点です。

動く分、このリスクがいかに鍛えていようと若い時よりは増えます。

この点は老化と共に起こる生理現象なので、受け入れが必要です。

この受入れが出来ることによって、栄養面でどんなところに気を付けた方がいいかなど、変化がつけやすくなります。

そうすることで健やかに過ごせることでしょう。

では、栄養面的にどんなことに気を付けるべきかを挙げていきたいと思います。

高齢者が意識した方が良い栄養について

それではカロリー以外で栄養面的に高齢者が気を付けた方が良いものとはいったいなんでしょうか?

高齢者が1日に特に気を付けた方が良い栄養素は以下の2つです。

①たんぱく質

たんぱく質摂取は十分に行う必要があります。

カロリーの中でも糖質よりたんぱく質を重点的にとった方が良いとされる説もあるくらいです。

このたんぱく質が十分にあると、骨折予防が出来ます。

なぜたんぱく質がちゃんととれていると骨折予防になるかというと、たんぱく質で出来ている筋肉は、骨を支えているからです。

このたんぱく量が少ないと何かの衝撃で筋肉が骨を支えられずに折れてしまうことが多々あります。

その為にたんぱく質は必要です。

②カルシウム

カルシウムは骨を作ります。

このカルシウムは高齢になればなるほどに体へ流出します。

骨が海綿状になってしまい骨折しやすくなることを「骨粗しょう症」といいますが、カルシウムを適度にとればこの現象の予防になります。

そして、意外に知られていませんが、日光浴をすると、体のカルシウムの素がカルシウムになるので日光浴も適度に行うとなお効果的なので、健康に気を付けながらお試しいただけたらと思います。

具合が悪い高齢者の栄養摂取方法

具合が悪い高齢者だけでなく寝たきり高齢者や1日家に居る高齢者には、時に食事が食べづらい場合があります。

そうした場合食事はどうすれば良いのでしょうか?

手軽にカロリー摂取出来て少しでも1日のカロリーを不足が少なくする方法があるのでよろしければお試し下さい。

①プリンを使う

プリンは卵と牛乳主体で出来ており、カロリー摂取とたんぱく摂取が同時に行えます。

のど越しも良く、具合が悪い時に適しているので、よく介護施設の職員さんが裏ワザで使っています。

②薬局で売っている高カロリー食品を使う

ここ最近、飲料メーカーなどから高カロリー高齢者用飲料が薬局で発売されています。

以前は市販されておらず施設ででしか手に入れられなかった商品ですが、日本の超高齢化傾向を受けて発売されるようになりました。

片手サイズで1mlで1キロカロリー設定のものが多く、大体200mlで200カロリーなので、少ない量で手軽にカロリー摂取が出来ます。

ただし、もし胃腸の調子があまり良くない場合は濃度が高いので、コップに入れてお湯などで薄めて飲んだ方が胃腸への刺激が少なく良いでしょう。

高齢者は1日の水分摂取が特に大事!

カロリーやたんぱく質、カルシウムなどの栄養のほかに、特に1日の栄養摂取で気を付けてほしいのは水分についてです。

水分は高齢者の体にはそもそも少なく、そのために肌のしわやたるみが出ています。

また、体の水分量が少ないということは、適切な栄養を確保し、いきわたらせる水分がないのでそのままお通じとして排泄されるか便秘になってしまうことが多々あります。

因みに男性が下痢、女性が便秘になる傾向が高いようです。

こうしたリスクを防ぐために水分摂取は必要です。

ちなみにアルコールは利尿作用があり、体の水分として保持されないので水分としては換算しないと言われています。

1日に2リットルは最低でも必要と言われているので、500mlのペットボトル4本に該当します。

特に下痢の場合は、体から水分を余計に出しているだけでなく、栄養摂取が出来ないまま外に出しているので、栄養分を水分で薄めて吸収しやすくした方が良いです。

一気に飲むときついので、こまめに飲むようにしましょう。

健やかなシニアライフを!

高齢者と言えども全員が1日に必要な栄養が同じ訳ではなく、多種多様な栄養やカロリーが個人個人で必要です。

高齢者の栄養摂取は、さまざまな状況が関係してきますので簡単ではありません。

1人で抱え込まず、周囲の方と協力しながら行いましょう。

そうすることで、周りの方と一緒に健やかなシニアライフを送れることでしょう。