玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

ココナッツオイルは高カロリーで太る?ダイエットの真相も!

      2018/08/01

ココナッツオイルは高カロリーで太る?ダイエットの真相も!

ココナッツオイルは油の1種ですから、カロリーが高くて太るという印象もあることでしょう。

ですが、その印象とは裏腹にココナッツオイルでダイエットをしている方も見受けられます。

それはどういった理由からなのでしょうか?

この記事で、ココナッツオイルのカロリーやダイエット方法について探っていきましょう!

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

濃厚とろとろ茶碗蒸しを電子レンジで作る秘訣はチーズにあり

みなさんは、茶碗蒸しは好きですか? お店で出される茶碗...

電子レンジのターンテーブルにケーキ型をのせて手作りケーキ

小さい子どものため、ケーキを焼きたいという人のために、便利...

チューブタイプのバターに含まれるトランス脂肪酸への疑問

チューブタイプのバターと聞くと、いつもは固く感じがちなバ...

自然製法でもトランス脂肪酸フリーのバターは存在しない?

2018年6月にアメリカでは、トランス脂肪酸の使用の規制...

味噌を詰める容器がガラスであるメリットと注意点とは?

味噌というと、スーパーで売られているパック入りの味噌が一...

麦味噌を作ってみよう!試しに2kgを容器に詰めてみよう

麦味噌をご存知ですか? 九州や愛媛県、山口県ではメジャ...

カロリーと脂肪の量がうまく絡む豚肉と部位の深い関係

肉の部位とカロリーは大きく関係します。 多くの人が、精...

カロリーの一日に必要な摂取量はどれくらいなのでしょうか?

飽食の時代と言われて久しい現代、生活習慣病に悩む人々も増...

お茶碗一杯分のカロリー消費にはどんな運動をどれくらい?

秋、食事が美味しくなる季節です。 ついつい箸が進み、食...

枝豆はカロリーが低くてダイエットに最適って本当なの?

夏から秋にかけての旬といえば、枝豆ですよね。 最近は芸能...

おにぎりと大福のカロリーと満足度の比較をしてみた結果…!

お弁当の定番はおにぎりという方も多いのではないでしょうか...

ドライトマトにはどんな栄養がある?カロリーはどれぐらい?

ドライトマトといえば、美容・健康・ダイエットに効果があると...

5kgダイエットするために必要な消費カロリーは?方法は?

年々、付きやすく、落ちにくくなってきました。 これは体...

食事が進まない2歳児!1日に必要とするカロリーの目安は?

かわいい盛りの2歳児は、「魔の2歳児」といわれるぐらいで...

自分のカロリー消費量を知ろう!1日の活動強度ごとに解説

あなたは、自分の体が1日にどれくらいのカロリーを消費して...

玄米の炊き方と、含まれるとされる「毒」との関係性とは?

玄米は健康に良い食品なので注目される分、「毒」を持ってい...

玄米を浸水のために冷蔵庫を使う時の注意点とポイントとは?

冷蔵庫はとても便利な家電で、玄米の保存にも浸水のためにも...

スープジャーで楽しむ!栄養満点な玄米のあたたかいリゾット

健康やダイエットのために、玄米はとても効果的です。 昼...

マクロビは玄米食がメイン!そこに潜む「危険」とは?

海外のセレブも導入していることで日本にも広まった「マクロビ」...

玄米を土鍋で炊く場合、水の量はどれくらい入れれば良いの?

健康ブームに乗って見直されている玄米ですが、炊飯器ではな...

スポンサーリンク


高カロリーで太るイメージがあるココナッツオイル

ココナッツオイルはダイエットに有効だといわれているのをご存知ですか?

ココナッツオイルは、もちろん油ですのでカロリーが高くて太る要因になりそうなイメージも拭いきれませんよね。

では、ココナッツオイルのカロリーは本当に高いのでしょうか?

ココナッツオイル100gでおよそ921kcalとなっています。

胡麻油やサラダ油、オリーブオイル、米ぬか油、大豆油なども同じようなカロリー量となっているので、大差はありません。

油以外の食品や飲み物(100gあたり)とカロリー量を比べます。

・白米 およそ168kcal
・食パン およそ264kcal
・茹でたパスタ およそ149kcal
・チョコレート およそ558kcal
・オレンジジュース およそ41kcal
・赤ワイン およそ73kcal
・牛乳 およそ67kcal

このようにカロリー量を見比べてみると、違いが一目瞭然だといえますね。

ココナッツオイルに限らず、油は高カロリーだと判断できるでしょう。

これを見ると、ココナッツオイルは高カロリーだからダイエットには不向きな気がしてしまいますね。

ですが、ここで着目するべきなのはココナッツオイルを摂取することで期待できるダイエット効果なのです。

次項で詳しくご説明します!

太るのを予防!ダイエットにも使えるココナッツオイル!

先ほどお話しした通り、ココナッツオイルは油ですから高カロリーであることは間違いないでしょう。

そのように高カロリーであるにもかかわらずダイエットに用いられることがあるココナッツオイル。

どうしてかというと、ココナッツオイルを摂取することでいくつかのダイエット効果が見込めるからなのです。

こちらでその効果の例を挙げてみます。

◆脂肪の燃焼を促して太るのを予防する

そもそも、中鎖脂肪酸が豊富であるココナッツオイルは摂取後に余分な脂肪として体内にとどまることは少ない油だったのです。

ですから、高カロリーだからといって全て贅肉になってしまうなんてことはないでしょう。

さらに、ココナッツオイルの働きで注目したいのが「ケトン体を作り出す」ということです。

ケトン体は体内の脂肪をもとに形成されるので、脂肪燃焼につながります。

その結果、太るのを予防しつつ痩せやすい体質になりやすくなるといえますよね。

◆腸内の健康維持に役立つ

小腸内にとどまっている食品添加物などは腸内環境の悪化にもつながってしまうものですね。

それらによって腸の働きが弱まり、便秘の引き金ともなってしまうのです。

ココナッツオイルの作用のひとつには、それらをスムーズに取り除くことが挙げられるので腸を健康な状態へと導いてくれます。

それは、自然なお通じを生み出すことの助けにもなります。

高カロリーだけど摂取する価値あり!その他の効果も見込める!

実は、ココナッツオイルを摂取することで見込める効果は太るのを予防するなど、ダイエットに関するものだけではありません。

他にも期待できる効果は存在し、ココナッツオイルは健康や美容に良いものとされています。

◆免疫力アップの手助けになる

免疫力は風邪などの病原菌に対抗したり、怪我を治したりするには大切な身体の機能ですよね。

ココナッツオイルにも内包されているラウリン酸の抗菌・抗酸化作用は、免疫力をアップさせてくれます。

◆口臭対策になり、清潔な口内に近づける

先ほどココナッツオイルには抗菌作用があることはお話ししましたね。

この作用はお口の中の不快な臭いを消してくれるでしょう。

また、歯垢を落とすことにも役立つのがココナッツオイルです。

口内トラブルにもつながってしまいますから、できるかぎり口内はキレイにしておきたいものですね。

消臭効果を得たい方、口内を清潔な状態にしたい方は、ココナッツオイルで軽く口内洗浄を行ってください。

◆キレイな髪、弾力のある肌質へと導く

こちらの効果は特に美容を気にする女性のみなさんは嬉しいですよね。

ココナッツオイルの優れた抗菌・抗酸化・保湿作用で髪や肌に関するトラブルを予防します。

艶やかで美しい髪、弾力性に優れた肌に近づきたいのならば、ココナッツオイルは最適です。

このように、ココナッツオイルは健康や美容のためにも役立つ優秀なものです。

高カロリーだからとココナッツオイルを敬遠せずに、摂り入れてみると嬉しい効果が得られるかもしれませんよ。

ココナッツオイルでダイエット!そのやり方とは?

ココナッツオイルはダイエット・健康・美容と、幅広い分野で役立つ効果が期待できる優れものだということが分かりました。

ココナッツオイルは太るのを予防して体質を変えるための手助けもしてくれますので、ダイエットの一環としてココナッツを効果的に摂取している方も多いようです。

では、話題となっているココナッツオイルを使ったダイエットですが、実際のやり方はどのような感じなのでしょうか?

①飲み物にココナッツオイル大さじ3ほどをプラスする

こちらの方法は、特にココナッツの香りと風味をダイレクトに楽しむことができる方法となっています。

珈琲や紅茶にプラスするのがおすすめです。

ですが、デメリットとして飲む際に多少唇がベタつく可能性があるので、それが気になるという方は他の方法のほうが良いかもしれません。

②他の油の代わりにココナッツオイルを適用させる

普段の料理でサラダ油や胡麻油などのココナッツオイル以外の他の油を使用している方が大半かもしれません。

その場合は、ココナッツオイルを代用して調理してみてはいかがでしょうか?

③野菜サラダ用のドレッシングとして使う

こちらの方法でココナッツオイルを摂り入れている方もいるそうです。

ココナッツオイルはサラダにも合います。

代表的なダイエットのやり方として、3種類挙げてみました。

特に、大きなカロリー制限などは必要としていないので、ストレスをかけすぎることもなく始めやすそうですよね。

ご自身に合いそうなものから試してみてはいかがでしょうか。

逆効果で太るなんてことは避けよう!気をつけるポイント

ココナッツオイルダイエットのやり方について、一通りご説明させていただきました。

次に考えていきたいのが、ココナッツオイルダイエットを行う上で気をつけるべきポイントです。

効果的にココナッツオイルを摂取して、ダイエットを成功させたいというのが本音ですよね。

しかし、ココナッツオイルはカロリーが高めなので、間違ったやり方をしているとココナッツオイルの効果が上手く発揮されずに、逆に太る要因ともなってしまいます。

正しいやり方で行い、逆効果を生み出してしまうのを避けましょう!

◆過剰摂取は控える

カロリーの摂りすぎはダイエットに悪影響を及ぼすのはいうまでもありませんね。

このダイエットで推奨されているココナッツオイルの適切な分量は1日で大さじ3ほどを目安としています。

こちらの分量をしっかり守ってダイエットを行うのが成功への近道です。

◆ココナッツが体質的にNGである人もいる

ココナッツ自体を体が拒否しているという方もなかにはいらっしゃいます。

自分が合わないと気づいたら、体の不調を招いたり太る要因にもなりえますから、中止するほうが良いでしょう。

運動でカロリーを消費できればさらに効果アップ!

ココナッツオイルはダイエットに向いているものですが、さらに効果を高めたい場合には定期的に運動を行うのがおすすめです。

ココナッツオイルを摂取するとカロリーの消費率が通常時よりも高まりますから、運動との相乗効果を狙うと体脂肪を効率的に燃焼してくれるでしょう。

できれば定期的にスポーツやランニングなどを行えれば良いのですが、忙しい方や運動に苦手意識がある方にとってはなかなか難しいことかもしれません。

その場合は、一駅分歩いてみる、エレベーターではなく階段で移動する、掃除をして体を動かす、ストレッチやヨガ・体操などの軽い運動を行う、などが得策だといえます。

精神的、身体的に負担にならない程度の運動をして、なるべくストレスをかけないようにしましょう。

また、普段の生活を送るうえで、極端にカロリーを消費できていない方も注意が必要ですね。

重複しますが、ココナッツオイルは比較的高カロリーですから、逆に太る危険性も生み出してしまうかもしれません。

ですから、少しでも体を動かす時間をとることは、ダイエットをするうえで大切です。

正しくダイエットを行うことが大事!

ココナッツオイルはダイエット・健康・美容までを網羅する幅広い効果を持ち合わせていましたね。

もちろん、正しい方法でダイエットを行えれば問題は生じませんが、間違った方法をしてしまうと結果的に太る危険性もあるので、気をつけましょう。

目安量をきちんと守ること、自分の体質を見極めること、できるだけカロリーの消費を促すことがダイエット効果を引き出すためには重要です。

 - 健康的なダイエット