電子レンジでプリンが5分で作れる!そのレシピをご紹介!

最近よく聞く、電子レンジを利用した「時短」レシピ。

料理の下ごしらえや野菜を蒸すのが定番ですが、実はデザートを作ることもできるのはご存知でしたか?

それも、手間がかかるイメージのプリンが5分で作れてしまうんです。

ぜひチャレンジして、美味しいプリンをデザートとして家族でいただきましょう。

とても簡単なので、子供でもお手伝いできるレシピですよ。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

バナナとキウイから考える果物の食べ合わせについて

果物を食べるときに、食べ合わせを考えたことはありますか。もちろん、昔から言われている天ぷらと...

ヨーグルトと牛乳を混ぜるだけ!自家製ヨーグルトとラッシー

ヨーグルトと牛乳の組み合わせ。聞くだけで腸に良さそうなイメージですよね。毎日それぞれを食べた...

オーガニックワインに合う料理とは?ワインの種類毎にご紹介

最近では、オーガニックワインが人気を集めているようです。初めに、オーガニックとな何なのか、に...

じゃがりこチーズ味のカロリーが気にならなくなるイイ話

スナック菓子と言えば、ポテトチップスやかっぱえびせんなど、食べだしたら止まらない物が多いですね。...

きび糖と上白糖の違いはあるの?2つの砂糖を比べてみよう

どの家庭にもある砂糖ですが、色や粒の大きさも様々です。スーパーで砂糖を買う時は、何を基準に買...

味噌を使って鍋や炒め物に!うどんのレシピをご紹介

もちもちとした歯ごたえのうどんは日本人に馴染みの深いものでしょう。ひと口にうどんといっても、...

牛乳や生クリームで作るお菓子のレシピは?

牛乳や生クリームで作るお菓子、美味しいですよね。お菓子の生地に牛乳や生クリームを入れることでコク...

甘酒を麹から手作りしたい!市販の麹はどこで手に入る?

甘酒には、酒粕でできたアルコール入りのものと、麹で作られたノンアルコールのものがあるということを...

意外にもカロリーが高い!気をつけたほうがいいフルーツは?

フルーツはヘルシーで、体にいい食べものです。だからこそ、ダイエット中に積極的に摂ろうと思います...

上白糖だけじゃない!?知って得する砂糖の違い

料理の紹介やお菓子のレシピを見ると、様々な種類の砂糖の名前を目にします。上白糖やグラニュー糖...

たけのこ+味噌+バターはおいし過ぎる禁断の組み合わせ!?

春を呼び込む食材のたけのこ。日本料理には欠かせない存在ですよね。実はたけのこって、味噌や...

離乳食初期から使いやすいバナナ。でも量が多くて余るもの。

栄養価の高く、調理がしやすく、離乳食初期から使用できるバナナは人気の食材ですよね!1年中いつでも...

夏の旬野菜ズッキーニと豚肉で作る簡単おかずとそのカロリー

見た目がキュウリに似ているため、その仲間と勘違いされがちなズッキーニ。実はカボチャの仲間なん...

味噌汁の定番具材であるわかめ!その適切な量と作り方とは?

味噌汁の定番具材のひとつであるわかめ。おいしいですが、いざ作ってみると、わかめの塩分で塩っ辛...

野菜ジュースレシピをご紹介!ジューサーで作るメリットとは

健康や美容のためにたくさん食べたい野菜。お手軽に多くの野菜の栄養素を摂ることができる方法の一...

スポンサーリンク

プリンを作るのは難しい?

プリンって、あまり家で作るおやつのイメージがないですよね。

いくつか理由がありますが、市販のもので十分に美味しいプリンが手に入る、というのがそのひとつです。

もうひとつは、「作るのはなんだか大変そう」というイメージがあるせいではないでしょうか。

プリンは蒸し料理なので、作ろうとするとせいろを用意して、水を張った鍋を用意して……と、なんだか大げさになってしまいがちです。

作ろうとは思っていても、結局は、最後にオーブンに放り込んですぐに出来上がるケーキなどを、おやつに作ることが多いという方もいると思います。

でも、実は電子レンジで簡単にプリンが作れるのをご存知ですか?

しかも、調理時間は実質5分なのでお手軽です。

とても簡単に作れるので、おやつのラインナップに加えてみてください。

赤ちゃんのいる家庭や、お腹をすかせた子供がいる家庭にぴったりのレシピです。

ママも食べられる二人分のレシピなので、子供の寝静まった夜に夫婦でデザートとして食べるのにも向いていますよ。

電子レンジでわずか5分!簡単プリンの作り方

では、ここに電子レンジでプリンを作る方法と材料を書いておきます。

非常に簡単ですので、すぐにチャレンジできますよ。

プリンカップ2個分です。

【材料】

・卵 1個
・牛乳 140cc
・砂糖 大さじ3
・カラメル用砂糖 大さじ1
・カラメル用水 小さじ1/2
・カラメル用お湯 小さじ1/2

①プリンカップにカラメル用の砂糖と水を半分ずつ入れ、軽くなじませてラップをせずに600Wの電子レンジで1分加熱します。

②取り出したカップにお湯を加えて混ぜ、冷ましておきます。

③ボウルに卵と牛乳と砂糖をいれ、よく混ぜておきます。

④カップに茶漉しなどを使って半分こにして入れて、ラップをせずに600Wの電子レンジで1分加熱します。

⑤粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やして出来上がりです。

固まっていないようでしたら30秒ずつ加熱時間を増やしましょう。

調理時間はわずかに5分です!

あっという間にプリンができますよ!

プリンが作れるならこれも…電子レンジで簡単調理

プリンが電子レンジで5分で作れる、ということは、似た料理も5分で作れる、ということですよね。

そう、茶碗蒸しも簡単に作れるのです。

茶碗蒸しの場合、だし汁を取ったりするのが面倒なイメージがありますが、これも粉末だしとお水を使用すれば、簡単に省略することができます。

プリンとは違って具材が入るので、具材をあらかじめ電子レンジ調理しておき、そこにだし汁と混ぜた卵を流し込んでチンします。

プリンより若干加熱時間を長く、様子を見ながら少しずつ足していってください。

そうすると、「す」の立たない美味しい茶碗蒸しを作ることができます。

おもてなしに何か一品欲しい…という時に、手軽にできて見栄えも良い茶碗蒸しは、おすすめの一品です。

もちろん、粗熱を取る必要もないので、さっと食卓に加えられることも嬉しい要素のひとつですね。

プリンも茶碗蒸しも、全体がボコボコしてきたらすぐに電子レンジから取り出してください。

取り出した様子を見て、加熱時間が足りないようなら少しずつ足す、というのを繰り返しましょう。

そうしないと、「す」が立って見た目があまり良くなく、舌触りも悪くなってしまいます。

5分で作れる電子レンジ調理の卵料理たち

プリンや茶碗蒸しが作れるのなら、他の卵料理も電子レンジで作れてもおかしくないですよね。

例えば、目玉焼きも電子レンジで作れます。

耐熱容器に薄く油を塗り、卵を割り入れて、表面を竹串などで刺した後にラップをかけて電子レンジに入れます。

加熱時間によって、お好みの黄身の硬さにすることができます。

また、油でなく、少量の水を入れた深めのお皿に卵を割り入れてチンすると、温泉卵のようになります。

この原理を利用して、ココットなども作ることができます。

茹でたマカロニ(これも電子レンジで調理可能。マカロニがかぶるぐらいの水を入れて表示の茹で時間プラス3分電子レンジで加熱)や野菜などを入れた器に、卵を割り入れてチーズをのせ、チンするだけです。

ぱっと見ても美しく、お腹の持ちも良いので、朝食にぴったりの一品です。

スクランブルエッグも電子レンジで気軽に作ることができます。

溶いた卵液を耐熱容器に入れて1分電子レンジにかけ、箸などでかき混ぜてまた1分チンするだけです。

なんだか卵と電子レンジの組み合わせで、無限に料理が作れる気がしませんか?

それも調理時間はだいたい5分以内なので、便利でありがたいですよね。

5分で作れる時短テクニック、そもそもなぜこんなに短い時間で作れるの?

プリンなどを電子レンジで作れるのは理解しましたが、そもそもなぜ5分で作れるほど簡単に調理ができるのでしょう?

電子レンジの基本的な仕組みは、食べ物内の水分子を振動させ、その摩擦熱で食品を温めるというものです。

その際、2.45GHzもの高周波の電磁波が発生しています。

これが、電子レンジに入れた食品を瞬時に温める役割を果たしているのです。

水分子を動かし、電磁波を発生させて温めるので、食品にもともとあった水分は圧縮されて蒸気になります。

そのため、プリンや蒸し野菜などの調理が簡単にできる、ということになります。

この仕組みを利用すれば、豆腐の水切りなども簡単にできるので、賢い主婦は電子レンジ調理を取り入れて時短を行なっているわけです。

厚手のキッチンペーパーに包めば切り身の魚やお肉なども調理できて、しかも栄養分を逃さずヘルシーに仕上がります。

ぜひ、電子レンジを活用した調理をしてみてくださいね。

電子レンジで作ったプリン、5分で作って5分で完食!調理のポイントまとめ

最後に、電子レンジでプリンを作る際に気をつけておきたいことをまとめます。

まずは、カラメルを混ぜる際にお湯がはねるので、気をつけて混ぜることです。

高温になっているので、水気を加えるとやはり砂糖がはねます。

手早く慎重に混ぜましょう。

次に、卵液をきちんと茶漉しなどで漉すことです。

これをやらないと「ダマ」になって、「す」が立ったり舌触りが悪くなったりと仕上がりに差が出ます。

そして、全体的にボコボコしてきたらすぐに取り出すことも重要です。

硬めのプリンが好きな方でも、できれば取り出し、その後少しずつ加熱時間を増やしてください。

その際は、30秒ずつ加熱するのがコツです。

容器が大きすぎたり、卵を泡立てすぎたりしても水分と卵が分離した状態になります。

気をつけて調理してくださいね。

これさえ気をつければ、5分でプリンは目の前です!

食べる際には冷蔵庫などで冷やしてから召し上がってください。

子供のいる家庭でも安心調理の電子レンジをもっと活用しよう

電子レンジ調理のメリットは、その便利さと安全さです。

火を使わず、目を離していても調理が進むので、赤ちゃんや子供のいる家庭ではとても便利です。

子供がいたずらでドアを開けても、すぐに調理を止めてくれるので、怪我をする心配が少ないのも嬉しいですね。

さらに今回ご紹介した、プリンを5分で作るレシピは、とっても簡単なので子供でも手伝うことができます。

子供と一緒に作ったプリンを食べたら、きっと「ママ、また作ってね」と言われること間違いなしですね。