電子レンジで朝食レシピ!アレンジトーストで優雅な時間に

朝食はご飯派、パン派と分かれるかとは思いますが、パン派という方でトーストをよく食べるという方もいらっしゃるでしょう。

しかし、市販のマーガリンやジャムなどで毎日同じような味付けで、なんとなく味気ないなと感じてしまう場合もありますよね。

そこでこの記事では、忙しい朝でも電子レンジで簡単にできる、トーストを使った朝食レシピなどをご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

健康・美容効果満点!ピーマンに含まれる栄養とカロリーは?

独特な香りと苦みのあるピーマン。一般的な緑色のピーマンから、黄色、赤色まで色とりどりで、スー...

自宅で本格的な味を!味噌ラーメンのスープ、手作りレシピ

ラーメンは味噌・醤油・塩・とんこつ、などの、どの味が好きですか。面白いことに、お住まいの地域...

上白糖だけじゃない!?知って得する砂糖の違い

料理の紹介やお菓子のレシピを見ると、様々な種類の砂糖の名前を目にします。上白糖やグラニュー糖...

豚肉を使った健康効果のある味噌汁レシピ!厳選6種をご紹介

みなさんは、味噌汁は毎日食べていますか?冬には体が温まり、夏は水分と塩分補給になります。...

甘酒は酒粕と米麹の2種類ある?美味しい飲み方をご紹介!

甘酒は「飲む点滴」と言われるほど栄養が豊富で、近年、特に見直されている伝統的な飲みものです。...

旬のたけのこを美味しく味わおう!味噌和えのレシピ3選

たけのことは、みなさんがご存知のとおり、竹の芽の部分です。たけのこの成長は早く、10日もすれ...

味噌汁の定番具材であるわかめ!その適切な量と作り方とは?

味噌汁の定番具材のひとつであるわかめ。おいしいですが、いざ作ってみると、わかめの塩分で塩っ辛...

バナナが輸入される時は緑色?!熟し具合で味も栄養も変わる

そのまま食べても美味しいバナナ。店頭に並んでいるバナナは、どれも黄色のバナナですよね。で...

味噌は健康と美容に効果的!炒めても煮ても美味しいキャベツ

体に良い調味料と言えば、味噌だということは、ご存知の方も多いのではないでしょうか。それでは、...

味噌と牛乳を使ったパスタのレシピ パスタの種類もご紹介

パスタ料理というと、どんなものが浮かぶでしょうか。ミートソースやナポリタン、トマトやホワ...

バニラビーンズとバニラエッセンスの分量の違いと量り方紹介

お菓子には欠かせないバニラですが、よく見かけるのはバニラビーンズとバニラエッセンスです。同じバ...

じゃがいもと片栗粉を使った美味しいレシピを紹介します!

私達に馴染み深い野菜のひとつに「じゃがいも」が挙げられます。保存が効くので、1年中いつでも食...

てんさい糖と上白糖を比べる!甘さと成分の違い

砂糖には、一般に上白糖をはじめとするサトウキビから作られるものと、てんさい糖と呼ばれる甜菜を原料...

醤油おかきは自宅で手作りもおすすめ!様々な作り方をご紹介

醤油は古くから伝わる調味料ですが、香ばしいおいしさだけでなく、ギャバや大豆ペプチドなどが含ま...

砂抜きが大事な味噌汁レシピ!あさりを美味しく食べるコツ

日本人の食卓に欠かせない食材である、あさり。酒蒸しや、あさりご飯、お味噌汁など、あさりを使っ...

スポンサーリンク

ご飯派の人もトーストレシピに挑戦してみて!

みなさんの朝食は、ご飯派ですか?

それともパン派ですか?

その日の気分や都合によって替わるという方もいらっしゃれば、自分と家族で好みが分かれているというケースも少なからず存在しますよね。

とある統計によると、朝食がご飯という方は全体の42%、パンという方は49%というデータが発表されているようです。

こうみるとあまり大差はないかもしれませんが、朝食にパンを選んでいる方のほうが若干多いということが分かりますね。

しかし、全体はパン派のほうが優位でしたが、若い世代はご飯を選んでいるとのデータも存在しているので、世代で違ってくるともいえます。

今回ご紹介するトーストをアレンジしたレシピは、食パンを焼くトースターはもちろんのことですが、アレンジするための具材の調理は電子レンジで簡単にできちゃいます。

そのため、いつもはご飯派だという方にも試していただきたいものばかりですので、興味が湧いたら実践してみてくださいね。

朝食作りの幅も広がりますし、朝食のバリエーションをもっと増やしたい方にもおすすめしたいです。

パンについてのあれこれ!

トーストは、ご存知の通り食パンを焼いてこんがりときつね色にしたものですよね。

そこで、こちらではパンのカロリーや栄養素などについてふれていきます。

最初にカロリー面についてです。

商品によって多少のバラつきはあるでしょうが、食パン1枚でどのくらいのカロリーがあるのかみてみます。

例を挙げると、5枚切りの食パン1枚ではおよそ211kcal、6枚切りの食パン1枚ではおよそ177kcalあるといわれています。

4枚切りになるともう少しカロリーは高くなり、8枚切りになると少しカロリーは抑えられるので、食パンのカロリーを平均して200kcal前後だと考えるのが妥当ではないでしょうか。

日頃からカロリー計算をしているという方は参考にしてください。

カロリーが気になるけどトーストのアレンジをしたい方は、カロリーが高くならないようにアレンジレシピを選ぶと良いでしょう。

次に栄養面についてです。

パンに入っている成分といえば、炭水化物(糖質)ですよね。

他の栄養素も少なからず入っていますが、やはり主に炭水化物を摂取することを目的にするのが一般的でしょう。

栄養素の偏りが気になる場合には、トッピングの栄養も考慮したうえで選ぶのが賢明です。

次項からは、早速電子レンジを使ったトーストのアレンジレシピの手順をご説明していきます。

電子レンジでトーストのアレンジレシピ①定番のベーコンエッグ

ここからは、いつものトーストのアレンジレシピをご紹介していきます。

どのレシピも電子レンジとトースターだけでさっと作れるので、あまり時間をかけたくない朝の時間帯にもおすすめです。

【電子レンジを利用したアレンジトースト.1 定番のベーコンエッグのせ】

まずは、定番の材料を使ってアレンジしてみましょう!

カリカリに焼けたトーストとベーコン・卵は相性が良く、食欲をそそる一品です。

【材料】

こちらのレシピはトースト1枚分に合わせた分量でご説明していきます。

・食パン   1枚
・卵   1つ
・ベーコン   2枚
・醤油   お好み
・胡椒   お好み
・バター   お好み

【作り方】

①予め、食パンに切り込みを入れて、4等分など食べやすいサイズでちぎれるようにします。

②2分間を目安にトースターで食パンがこんがりとするまで加熱しましょう。

③トーストしている間に、ベーコンをそれぞれ2等分して、平べったい耐熱容器に広げて電子レンジで温めます。

目安は500Wで50秒間くらいですが、調整が必要です。

④③の上面に卵をのせて、破裂予防のために数回場所をかえながら卵黄を爪楊枝で軽くさします。

⑤再度電子レンジで卵白も固まるまで温めます。

ラップで覆い、目安は500Wで1分半くらいです。

⑥トーストにバターをまんべんなく塗り広げて、上面に⑤をおきます。

仕上げに、醤油や胡椒で味を足したら出来上がりとなります。

電子レンジでトーストのアレンジレシピ②和風トースト

引き続き、トーストのアレンジレシピのご説明をしていきます。

【電子レンジを利用したアレンジトースト.2 納豆たっぷり!和風トースト】

納豆といえば健康的な食品の印象ですよね。

ご飯だけではなく、トーストにも抜群に合いますよ。

健康志向の方にはおすすめしたいです。

【材料】

こちらのレシピもトースト1枚分に合わせた分量でご説明していきます。

・食パン   1枚
・醤油   小さじ1/2~1
・納豆   1パック全部使い切り
・ツナ缶   1/3ほど
・オクラ   1~2本ほど

【作り方】

①オクラを水でよく洗い、お好みのサイズにカットします。

このとき、食パンにも均等に切り込みを入れておくと、ちぎりやすくなって食べるのが楽になるでしょう。

②下準備したオクラを電子レンジで温めます。

このとき、オクラはラップで覆い、時間は500Wで30秒間くらいが目安ですが調整が必要です。

③納豆、ツナ、オクラ、醤油(パックに付いてきた納豆のタレも)を納豆のパックの中や他の器などに入れてしっかりと混ぜ合わせて味を絡め、食パンの上に均等にのせてください。

④食パンをトーストして焦げ目がついてきたら出来上がりとなります。

電子レンジでトーストのアレンジレシピ③カフェオレソース作り

こちらでは、トーストにのせると美味しい一風変わったソースのレシピをご紹介していきます。

【電子レンジを利用したアレンジトースト.3 カフェオレ風ソースのせ】

カフェオレが好きでよく飲むという方も多いでしょう。

珈琲のほろ苦さと牛乳のまろやかさが見事にマッチしたカフェオレをカスタード風味に仕上げてトーストに塗って食べたら、美味しいのでおすすめです。

【材料】

こちらのレシピは、卵1つ分を完全に使い切れる分量でご説明します。

・卵   1つ
・牛乳   200cc
・珈琲(インスタント)   小さじ1と1/2
・砂糖   大さじ2と1/2(お好みで調整)
・薄力粉   大さじ1

①耐熱性のある器に卵を割り、泡立てながらかき混ぜます。

②薄力粉、砂糖、珈琲、牛乳を①に順に投入していきますが、投入してからかき混ぜるという動作を毎回行いましょう。

また、薄力粉はダマができやすいので、ふるい入れる必要性があります。

③電子レンジで温めます。

目安は600Wで2分半ほどで、経ったら底の方までしっかりとかき混ぜてください。

④1分半ほど追加で電子レンジで温めます。

⑤ここで一度出してかき混ぜて、とろみがついてきたのを確認してください。

最後に1分半ほどを目安に、再び電子レンジで温めますが様子を見て調整します。

⑥完全なクリーム状になったら、出来上がりとなります。

フレンチトーストも電子レンジで完成!レシピのご紹介

上記までは、電子レンジを活用してできるトーストのアレンジレシピについてお話ししてきましたが参考になりましたか?

最後に、こちらの項では「フレンチトースト」を電子レンジで作る方法をお伝えしますね。

卵や砂糖がしっかりと染み込んだ甘いフレンチトーストも、食パンを使う定番のメニューで人気もあります。

【甘くて美味しい!フレンチトーストのレシピ】

こちらのレシピも食パン1枚分に合わせた分量でご説明していきます。

【材料】
・食パン   1枚
・バター   適量
・砂糖   小さじ2ほど(甘めの味が良い方は少し多めに)
・卵   1つ

【作り方】

①食パンを食べやすいサイズにカットしておきます。

②耐熱性のある器を用意して、底にバターを塗り広げて①の食パンを投入します。

③ボールなどの他の器を準備して砂糖、卵を投入して全体を泡立ててかき混ぜましょう。

④③の卵液を②に入れて、食パンにまんべんなく卵液を浸します。

⑤電子レンジで時間を調整しながら加熱しましょう。

目安は500Wで1分間くらいです。

卵液が固まったことが確認できたら出来上がりとなります。

トーストをアレンジして優雅な朝を!

いかがでしたか?

朝食として定番のトーストですが、さまざまな形にアレンジできます。

いつも同じような味付けで飽きてしまったな…なんて方はトッピングをプラスして、さらに美味しい朝食を作ってみませんか?

オシャレな朝食で朝の時間も優雅に過ごせたら良いですよね!