玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

500kcalのカロリーを消費するのに必要な運動時間は!?

      2018/07/02

500kcalのカロリーを消費するのに必要な運動時間は!?

「1日500kcal分運動する」場合、どんなことをすればよいのかご存知でしょうか?

ご飯2杯分=500kcalのカロリーを消費するのに、必要な運動内容、運動時間は意外に知られていません。

実は、これだけのカロリーを1日で消費するのは、かなり大変なことです。

しかし生活や趣味に運動を取り入れると、楽しく継続的にカロリーを消費できます。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

食生活改善でニキビ対策?ストレスとの関係も考えよう!

大人になったら吹き出物と呼ばれるニキビ。 吹き出物もニ...

食事改善の方法と、味方になる栄養別レシピや料理のアイデア

食生活が乱れていると、健康にも支障をきたします。 体は...

食生活改善で便秘の解消!腸内運動は身体の内側と外側から

デスクワークが増える近年、頑固な便秘に悩む人が増えていま...

味噌汁の具に最適なほうれん草!その栄養と美味しい食べ方!

温かい汁物が恋しい冬になり、各ご家庭の食卓にも様々な具を使...

玄米ご飯をフライパン一つで作ることができる炊き方をご紹介

玄米を炊くということになると、土鍋や圧力鍋、玄米を炊ける炊...

体に良くておいしい!玄米ピラフを圧力鍋で作る時短レシピ

玄米は体に良いことはわかっているけれど、硬くてポソポソして...

食事改善にも有効なダイエット方法について詳しく知ろう!

ダイエットと食事改善は、表裏一体です。 ダイエットは、...

食事改善をして健康に!おすすめの方法と様々な仕方

産後、加齢、運動不足等、日々の生活で、体型や体調が変化し...

おいしくて体に良い玄米の炊き方で塩を入れるのはなぜなの?

体に良い玄米ですが、その炊き方は白米に比べて少し面倒で、手...

玄米80gのカロリーや栄養とダイエットに活かす方法とは?

玄米は薄皮に包まれている分、よく噛んで食べる必要があるた...

食生活改善と無理のないダイエットでさらに健康になろう!

ダイエットの基本は、摂取カロリーを消費カロリーよりも減ら...

じゃがりこチーズ味のカロリーが気にならなくなるイイ話

スナック菓子と言えば、ポテトチップスやかっぱえびせんなど...

玄米は圧力鍋を使うと炊くのに時間がかからない、って本当?

玄米は炊飯器で簡単に炊けますが、白米よりも時間がかかって...

断食を取り入れて体調改善を図りダイエットを成功させよう!

体調改善とダイエットの効果を高める方法として、断食が挙げ...

玄米の浸水時間を長くするのは発芽毒に関係してるって本当?

体に良いといわれる玄米ですが、下準備が大変ですよね。 特...

炊飯器や土鍋、圧力鍋を使って玄米4合を炊く時の水加減は?

カラダに良い玄米は、ご家庭でもカンタンに炊けます。 普...

自宅で味噌を手作りしよう!圧力鍋を上手に活用して時短調理

色、味、匂い。 作り方が変わるだけで、味もがらっと変わ...

玄米に虫が沢山湧いている場合に精米機を使用しても大丈夫?

玄米を精米しようとした時に、袋の中に虫が湧いていたことは...

砂抜きが大事な味噌汁レシピ!あさりを美味しく食べるコツ

日本人の食卓に欠かせない食材である、あさり。 酒蒸しや...

家庭食の定番!豚肉のソテーはソースでカロリーコントロール

豚肉と言えば安くて、美味しくて家庭料理には欠かせない食材...

スポンサーリンク


有酸素運動で500kcalのカロリーを消費する

例えば、500kcalを消費する運動を毎日すれば、何kg痩せられるのでしょうか?

また、どのような運動をすれば、500kcalのカロリーを消費できるのでしょうか?

毎日500kcalのカロリーを消費すると、1ヶ月で2kg痩せられます。

これは以下のような単純計算で算出しています。

500kcal×30日=15000kcal

15000kcal÷7000kcal(1kg痩せるのに必要なカロリー)≒2kg

ただしこれは単純計算であって、基本的にはよく食べ、よく運動をしてカロリーを消費しなくてはいけません。

今回はこの「運動」について、どのくらい行えば500kcalのカロリーを消費できるのかをご説明します。

500kcalはご飯2杯分とほぼ同じカロリーで、また軽食1食分とも似たカロリーです。

読み進めて頂くと分かるのですが、かなり大変なのです。

ところが運動を生活に取り入れたり、趣味に活かすと、いつの間にか500kcalを消費してしまいます。

運動のコツは、20分以上体に緩やかな負荷をかける有酸素運動です。

この有酸素運動を上手に取り入れる方法をご紹介します。

必要運動時間は計算できる

カロリー消費には、20分以上の有酸素運動が有効です。

しかし実際に何分以上運動すれば、500kcalのカロリーを消費できるかは、運動内容によって異なります。

そこで「METs」という運動強度指数を使って、運動時間を計算しましょう。

METsは座って安静にしているMETs1に対して、何倍の負荷がかかっているかを数値にしたものです。

例えば、ウォーキングはMETs4なので、安静時よりも4倍の負荷がかかっています。

計算式は、500kcal÷(METs×体重×1.05)です。

仮に、体重55kgの人が500kcalのカロリーを消費するために必要なウォーキング時間は、約2時間10分です。

500kcalを消費するためには、2時間も歩かなくてはならないのです。

これが前項で述べた、かなり大変であるという理由です。

しかし営業や店内・倉庫内作業の人など、仕事中によく歩く人であれば、簡単に達成できますね。

まさに生活に取り入れた運動であると言えます。

ウォーキングではなく、ランニングにして1時間運動するという方法もあります。

黙々と運動するのが苦手でも、テニスやサッカーやダンスならば、あっという間に1時間は過ぎますね。

このように500kcalのカロリー消費をするための運動は、色々な方法があります。

短時間の運動で500kcalのカロリーを消費する

ここでは、30分~1時間で500kcalを消費できる有酸素運動と、METs指数をご紹介します。

以下に当てはまる人向けの運動です。

・体力に自信がある人

・運動が好きな人

瞬発的に体を動かす激しい運動は、その分カロリー消費が多いです。

・ダンス METs指数は7

・登り坂をランニング METs指数は9

・水泳 METs指数は7

例えば体重が55kgであれば1時間、65kgであれば30分の運動で500kcalのカロリーを消費します。

大人数での球技運動は、楽しく500kcalのカロリーを消費できます。

・バスケットボール METs指数は8

・サッカー METs指数は8

・ラグビー METs指数は10

このように、体のコンタクトが激しい球技も、短時間でカロリーを消費できます。

もし上記に挙げた運動に興味があれば、ぜひ取り入れてみましょう。

長時間の運動で500kcalのカロリーを消費する

前項とは反対に、ゆっくりと身体を動かして、500kcaのカロリーを消費する運動です。

以下に当てはまる人向けの運動です。

・体力に自信がない人

・生活、趣味に運動を取り入れたい人

瞬発的に運動するよりも、カロリー消費は少なくなります。

その分長く運動すれば、同じだけのカロリー消費ができます。

以下は1~2時間で500kcalのカロリーを消費できる運動とMETs指数です。

・ランニング METs指数は6

・ウォーキング METs指数は4

・300m標高の登山(下山を含む) METs指数は6

・野球 METs指数は5

体重が55kgであれば2時間、65kgであれば1時間の運動で500kcalのカロリーを消費します。

掃除や通勤などに取り入れるのもおすすめです。

・大型犬の散歩 METs指数は5

・重いリュックを背負って歩く METs指数は5

・自転車に乗る METs指数は6

ゆっくりと身体を動かす運動を生活や移動に取り入れられると、楽に続けられますね。

効率よく500kcalのカロリーを消費する方法

第1項で、毎日500kcalのカロリーを運動で消費すれば1ヶ月で2kg痩せられます、とお伝えしました。

しかし同じ運動量でも、3kg痩せられる人もいれば、1kgも痩せられない人もいます。

これは、その人の基礎代謝量や筋肉量で差がつきます。

基礎代謝量とは全く身体を動かさなくても、安静時、睡眠時などに消費されるカロリーです。

内臓が動く、血流、爪が伸びるなどの身体活動にカロリーが消費されます。

ですから、基礎代謝量を増やせば、何もせずにカロリーが消費できるのです。

例えば同じ20代女性で基礎代謝量が1500kcalと1000kcalの人がいれば、消費量の差が500kcalも違います。

これはチャーハン1皿分のカロリーに相当します。

筋肉量もカロリー消費に関係します。

年代にもよりますが、体重の4割弱が標準です。

例えば同じ30代女性でも、筋肉量が体重の37%を占める人がいれば、一方で33%しかない人がいます。

筋肉が脂肪を燃焼させるので、筋肉が少ない人は上手に燃焼できず、体内に蓄積されていきます。

これが同じように500kcalのカロリーを運動で消費しても、結果が違う原因です。

次は、基礎代謝量と筋肉量を増やす方法を見ていきましょう。

運動以外のおすすめのカロリー消費方法

最後に、500kcalのカロリーを運動で効率的に消費するための、基礎代謝量や筋肉量の増やし方をご紹介します。

・体を温める

「健康のために体を温めましょう」という言葉を聞いたことはありませんか?

体温が35.8℃の人と36.8℃の人では、カロリー消費が違います。

体内が低温であると、カロリーを消費する細胞の働きが悪くなるからです。

体温を1℃上げると、基礎代謝量が10%上がります。

体温が36℃を下回っている人は、体温を上げましょう。

・タンパク質を摂る

タンパク質は体内の筋肉量を増やします。

良質なタンパク質は、鶏肉や大豆食品に多く含まれます。

良質なタンパク質を効果的に摂取するために、温かい鶏肉のスープを食べましょう。

下記のメニューはどれも簡単に作れますので、ぜひ取り入れて下さい。

・鶏団子とショウガのスープ

・ささみの豆乳スープ

・鶏味噌鍋

ちなみにこれらのスープは夕食、または500kcalのカロリー分の運動後に食べるのをおすすめします。

運動で壊れた筋肉は、タンパク質の補給でさらに筋肉が増強されます。

500kcalのカロリー分の運動量後のタンパク質摂取は、筋肉量アップに効果的です。

また消化がよいので、活動量の少ない夜の食事に適しています。

自分なりに楽しく続けられる運動方法を探す

ご紹介したものの中で、やってみたい運動はありましたか?

ノルマよりも生活の延長、1人よりも2人以上などの条件次第で運動を習慣化できます。

毎日にノルマを課すような厳しいスケジュールでは、500kcalを消費する運動は継続しづらいものです。

楽しく続けられる方法を探して、カロリー消費しやすい体作りをしましょう。

 - 健康管理