500kcalのカロリーを消費するのに必要な運動時間は!?

「1日500kcal分運動する」場合、どんなことをすればよいのかご存知でしょうか?

ご飯2杯分=500kcalのカロリーを消費するのに、必要な運動内容、運動時間は意外に知られていません。

実は、これだけのカロリーを1日で消費するのは、かなり大変なことです。

しかし生活や趣味に運動を取り入れると、楽しく継続的にカロリーを消費できます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

栄養素を重視した食事改善は痩せるだけでなく健康にも効果的

ただ痩せるだけでは、やり方によっては美しさや健康に悪影響を与える場合もあります。大事な栄養は...

タンパク質と炭水化物(糖質)の同時摂取はしない方がいい?

いつもの食事で、この食品はタンパク質で、あの食品は炭水化物だな…などと考えている方はあまりいませ...

味噌汁1杯分に含まれる塩分量ははたしてどれぐらいなのか?

どんな料理でもどれぐらい塩分が入っているか気になるものですよね。毎日味噌汁1杯を飲むと、塩分や...

オーガニック野菜は体に良いの?メリットと問題点とは?

健康に関心のある方は、オーガニック野菜に注目したことがあるかもしれませんね。オーガニック野菜...

毎日ラーメンを食べる人必見!ラーメン生活で体に起こること

日本人なら、みんな大好きなラーメン。ラーメン巡りが趣味という人も多く、毎日ラーメンを食べるとい...

甘酒と酒粕は体に入れるだけじゃない!パックしても効果あり

甘酒や酒粕は、栄養たっぷりの食材として注目されています。しかし、これらの食材の健康効果は、食...

カロリー控えめの味噌汁は5杯飲んでもいい?驚きの健康食品

1日3食に必要な栄養をとるため、「一汁三菜」という言葉があります。この言葉は、人がバランスの...

食生活改善に挑戦してみましょう!ニキビで悩む思春期の方へ

思春期の頃というのは、心も体も子供から大人に変わる時期となり、ニキビができるというのは恥ずかしい...

生クリーム(植物性)に含まれるトランス脂肪酸とは?

生クリームはスイーツ、他にもシチューやパスタなど料理にも使える、便利でおいしい食材ですよね。...

トランス脂肪酸とは?トランス脂肪酸がゼロの油はあるのか?

みなさんは、トランス脂肪酸はどのようなものかご存知でしょうか。トランス脂肪酸は摂りすぎると、...

健康増進を望むなら玉ねぎサラダを食べるべし!人気の理由

玉ねぎは、和食にも洋食、中華料理にも使われている人気の野菜ですね。玉ねぎを生のままサラダなど...

離乳食の味噌汁はいつからOK?作り方と注意すべきポイント

生後5ヶ月頃から始まる離乳食、赤ちゃんが食べる練習をする大切な時間です。赤ちゃんはまだ食べら...

順調だった離乳食!白米を食べないときのアレンジ方法とは?

離乳食が順調に進んでいたのに、急に食べなくなった!というお子さん、結構いますよね。順調だった...

味噌汁の塩分濃度は何パーセントなのか?計算方法もご紹介

日本の食卓に欠かせない味噌汁。しかし、塩分が高くて高血圧の人には良くないのではないかというイ...

体に良い食べ物の名前を発表します!ぜひご一覧ください

生活の中で、大切な要素であるのは「食べる」ということです。食べ物から体ができているのですから...

スポンサーリンク

有酸素運動で500kcalのカロリーを消費する

例えば、500kcalを消費する運動を毎日すれば、何kg痩せられるのでしょうか?

また、どのような運動をすれば、500kcalのカロリーを消費できるのでしょうか?

毎日500kcalのカロリーを消費すると、1ヶ月で2kg痩せられます。

これは以下のような単純計算で算出しています。

500kcal×30日=15000kcal

15000kcal÷7000kcal(1kg痩せるのに必要なカロリー)≒2kg

ただしこれは単純計算であって、基本的にはよく食べ、よく運動をしてカロリーを消費しなくてはいけません。

今回はこの「運動」について、どのくらい行えば500kcalのカロリーを消費できるのかをご説明します。

500kcalはご飯2杯分とほぼ同じカロリーで、また軽食1食分とも似たカロリーです。

読み進めて頂くと分かるのですが、かなり大変なのです。

ところが運動を生活に取り入れたり、趣味に活かすと、いつの間にか500kcalを消費してしまいます。

運動のコツは、20分以上体に緩やかな負荷をかける有酸素運動です。

この有酸素運動を上手に取り入れる方法をご紹介します。

必要運動時間は計算できる

カロリー消費には、20分以上の有酸素運動が有効です。

しかし実際に何分以上運動すれば、500kcalのカロリーを消費できるかは、運動内容によって異なります。

そこで「METs」という運動強度指数を使って、運動時間を計算しましょう。

METsは座って安静にしているMETs1に対して、何倍の負荷がかかっているかを数値にしたものです。

例えば、ウォーキングはMETs4なので、安静時よりも4倍の負荷がかかっています。

計算式は、500kcal÷(METs×体重×1.05)です。

仮に、体重55kgの人が500kcalのカロリーを消費するために必要なウォーキング時間は、約2時間10分です。

500kcalを消費するためには、2時間も歩かなくてはならないのです。

これが前項で述べた、かなり大変であるという理由です。

しかし営業や店内・倉庫内作業の人など、仕事中によく歩く人であれば、簡単に達成できますね。

まさに生活に取り入れた運動であると言えます。

ウォーキングではなく、ランニングにして1時間運動するという方法もあります。

黙々と運動するのが苦手でも、テニスやサッカーやダンスならば、あっという間に1時間は過ぎますね。

このように500kcalのカロリー消費をするための運動は、色々な方法があります。

短時間の運動で500kcalのカロリーを消費する

ここでは、30分~1時間で500kcalを消費できる有酸素運動と、METs指数をご紹介します。

以下に当てはまる人向けの運動です。

・体力に自信がある人

・運動が好きな人

瞬発的に体を動かす激しい運動は、その分カロリー消費が多いです。

・ダンス METs指数は7

・登り坂をランニング METs指数は9

・水泳 METs指数は7

例えば体重が55kgであれば1時間、65kgであれば30分の運動で500kcalのカロリーを消費します。

大人数での球技運動は、楽しく500kcalのカロリーを消費できます。

・バスケットボール METs指数は8

・サッカー METs指数は8

・ラグビー METs指数は10

このように、体のコンタクトが激しい球技も、短時間でカロリーを消費できます。

もし上記に挙げた運動に興味があれば、ぜひ取り入れてみましょう。

長時間の運動で500kcalのカロリーを消費する

前項とは反対に、ゆっくりと身体を動かして、500kcaのカロリーを消費する運動です。

以下に当てはまる人向けの運動です。

・体力に自信がない人

・生活、趣味に運動を取り入れたい人

瞬発的に運動するよりも、カロリー消費は少なくなります。

その分長く運動すれば、同じだけのカロリー消費ができます。

以下は1~2時間で500kcalのカロリーを消費できる運動とMETs指数です。

・ランニング METs指数は6

・ウォーキング METs指数は4

・300m標高の登山(下山を含む) METs指数は6

・野球 METs指数は5

体重が55kgであれば2時間、65kgであれば1時間の運動で500kcalのカロリーを消費します。

掃除や通勤などに取り入れるのもおすすめです。

・大型犬の散歩 METs指数は5

・重いリュックを背負って歩く METs指数は5

・自転車に乗る METs指数は6

ゆっくりと身体を動かす運動を生活や移動に取り入れられると、楽に続けられますね。

効率よく500kcalのカロリーを消費する方法

第1項で、毎日500kcalのカロリーを運動で消費すれば1ヶ月で2kg痩せられます、とお伝えしました。

しかし同じ運動量でも、3kg痩せられる人もいれば、1kgも痩せられない人もいます。

これは、その人の基礎代謝量や筋肉量で差がつきます。

基礎代謝量とは全く身体を動かさなくても、安静時、睡眠時などに消費されるカロリーです。

内臓が動く、血流、爪が伸びるなどの身体活動にカロリーが消費されます。

ですから、基礎代謝量を増やせば、何もせずにカロリーが消費できるのです。

例えば同じ20代女性で基礎代謝量が1500kcalと1000kcalの人がいれば、消費量の差が500kcalも違います。

これはチャーハン1皿分のカロリーに相当します。

筋肉量もカロリー消費に関係します。

年代にもよりますが、体重の4割弱が標準です。

例えば同じ30代女性でも、筋肉量が体重の37%を占める人がいれば、一方で33%しかない人がいます。

筋肉が脂肪を燃焼させるので、筋肉が少ない人は上手に燃焼できず、体内に蓄積されていきます。

これが同じように500kcalのカロリーを運動で消費しても、結果が違う原因です。

次は、基礎代謝量と筋肉量を増やす方法を見ていきましょう。

運動以外のおすすめのカロリー消費方法

最後に、500kcalのカロリーを運動で効率的に消費するための、基礎代謝量や筋肉量の増やし方をご紹介します。

・体を温める

「健康のために体を温めましょう」という言葉を聞いたことはありませんか?

体温が35.8℃の人と36.8℃の人では、カロリー消費が違います。

体内が低温であると、カロリーを消費する細胞の働きが悪くなるからです。

体温を1℃上げると、基礎代謝量が10%上がります。

体温が36℃を下回っている人は、体温を上げましょう。

・タンパク質を摂る

タンパク質は体内の筋肉量を増やします。

良質なタンパク質は、鶏肉や大豆食品に多く含まれます。

良質なタンパク質を効果的に摂取するために、温かい鶏肉のスープを食べましょう。

下記のメニューはどれも簡単に作れますので、ぜひ取り入れて下さい。

・鶏団子とショウガのスープ

・ささみの豆乳スープ

・鶏味噌鍋

ちなみにこれらのスープは夕食、または500kcalのカロリー分の運動後に食べるのをおすすめします。

運動で壊れた筋肉は、タンパク質の補給でさらに筋肉が増強されます。

500kcalのカロリー分の運動量後のタンパク質摂取は、筋肉量アップに効果的です。

また消化がよいので、活動量の少ない夜の食事に適しています。

自分なりに楽しく続けられる運動方法を探す

ご紹介したものの中で、やってみたい運動はありましたか?

ノルマよりも生活の延長、1人よりも2人以上などの条件次第で運動を習慣化できます。

毎日にノルマを課すような厳しいスケジュールでは、500kcalを消費する運動は継続しづらいものです。

楽しく続けられる方法を探して、カロリー消費しやすい体作りをしましょう。