玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

1日1500キロカロリーの休日ダイエットメニューの作り方

      2018/06/14

1日1500キロカロリーの休日ダイエットメニューの作り方

「1日1500キロカロリーの休日ダイエット」をご存知ですか?

これは、体組成計に乗った時や健康診断で告げられる「肥満」に、うんざりしている方におすすめです。

1日のカロリーを1500キロカロリーのメニューにして、これ以上体重を増やさないようにしましょう。

しかも、休日だけで良いのです。

朝昼晩の食事にメリハリを付ければ、リバウンドしにくい習慣も身に付きます。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

豚肉の味噌鍋レシピは色々!自分だけのオリジナルレシピ作り

寒い時には、身体が温まる味噌鍋レシピは最高ですね。 豚...

豆腐に味噌マヨネーズを合わせ栄養効果を上げるレシピを紹介

豆腐は、手軽に摂れるたんぱく質食品です。 歯が痛い時や...

子どものころから食生活改善!痩せるだけではないダイエット

私たちのほとんどは、ダイエットと痩せるという言葉を同じ意味と...

食事改善でダイエットするには日本食を美味しく食べること!

ダイエット、人は誰でも一度は気にしたことがあるテーマではない...

食事改善で症状を緩和!アトピー性皮膚炎や喘息を楽にしよう

アレルギーと呼ばれるものに、アトピー性皮膚炎や喘息があります...

美味しい醤油うどんの作り方!人気の食材の組み合わせは?

日本人が古くから親しみ、食してきた「うどん」。 うどん...

味噌汁の具の定番!豆腐と油揚げに合わせる具は何がお勧め?

味噌汁の具といえば、豆腐に油揚げ・ワカメ・ネギ・大根・ほうれ...

食生活改善で健康的にダイエット!痩せ体質を作る生活とは?

健康的に痩せたいと思ったら、食生活改善をしましょう。 ...

食事改善のダイエットでは改善できない!低い運動量は要注意

食事改善をしても、ダイエットをするためには運動をすることも大...

ダイエットにはウォーキング!効率的にカロリー消費するコツ

年末年始などの家族の集まりがあると、つい食べ過ぎてしまいます...

カロリー摂りすぎが太るのはなぜ?太る仕組みの改善方法とは

カロリーを摂りすぎると太る、という言葉が一般的になったのは昭...

カロリーは1日にどれだけ必要?成人女性、年代別に解説!

あなたは、毎日の食事から摂取しているカロリーのことをどれだけ...

美味しいお味噌汁に合った味噌も具に合った種類もお好みで

和食では「一汁三菜」というのがあり、この汁はお味噌汁や澄まし...

体の芯からあったまろう!美味しい味噌風味鍋のおすすめ6選

日本人が古くから親しんできた鍋料理。 寒い冬には体をあ...

食生活改善でニキビをなくす!そのため摂りたいビタミンは?

ニキビをなくすためには肌に合ったスキンケア用品を使うこと...

おいしく作ろう!生姜と味噌をつかったアレンジおにぎり

おにぎりに生姜と味噌。 白米を圧倒しそうな具材ですが、...

食生活改善に挑戦してみましょう!ニキビで悩む思春期の方へ

思春期の頃というのは、心も体も子供から大人に変わる時期と...

味噌や納豆は優れた発酵食品!菌の力とその活用方法を解説!

私たち日本人は、優れた発酵食品に恵まれた食生活をしていま...

食生活改善して健康にも精神にも良い食べ方&食べ物を選ぼう

普段の生活でストレスを抱えている人には、どうやら落ち込み...

味噌汁の簡単な作り方はえのきで始めてみましょう

味噌汁は日本に昔から続く伝統料理です。 最近では味噌汁...

スポンサーリンク


1日1500キロカロリーにするメリットとやり方

最初に知っておくべきなのは、本来1日1500キロカロリーのメニューというのはカロリーが少なすぎるということです。

そのため、これは休日だからこそ可能なメニューです。

健康診断で告げられた肥満という結果に身に覚えがある人も、食べていないのに太ると思っている人も、この食事方法を実施すると最初は量の少なさに驚くでしょう。

ただ、たまに小食の日を作ると、体によいことがいくつもあります。

普段のストレスから解放される休日は、朝は遅く起きるので食べないという人も多いのではないですか?

ランチや間食もここぞとばかりに、ファストフードやお菓子を食べ過ぎてしまうケースもよくあります。

ところが、1日1500キロカロリーのカロリーオフメニューをやっていくと、食べ過ぎてしまうクセを直せます。

しかし、実際に1日1500キロカロリーを実践するにはコツがあります。

朝昼晩の食事に、メリハリを付けることです。

朝昼は炭水化物や肉類を中心としたメニューにして、夜は消化しやすい食事を摂るのが理想的な方法です。

1日1500キロカロリーを続ける期間は1ヶ月

この1日1500キロカロリーのカロリーメニューは、休日限定であり毎日ではいけません。

なぜいけないのかは、人間の基礎代謝量が関係しています。

基礎代謝量は、全く身体を動かさなくても消費するカロリー量です。

以下は男女別の平均基礎代謝量です。

・19~49歳男性 1523キロカロリー
・19~49歳女性 1192キロカロリー

1日のカロリーメニューを1500キロカロリーにすると、男性は基礎代謝量を割ってしまいます。

そのため、休日限定のメニューにしなくてはいけないのです。

そして、この1日1500キロカロリーのダイエットは、1ヶ月限定にしましょう。

例え休日でも、基礎代謝量ギリギリのカロリー量で1日過ごすのは身体によくありません。

よく食べ、よく運動をするのが健康の条件です。

1ヶ月以内であれば、集中してダイエットに取り組めます。

休日に1日1500キロカロリーにして、マイナス500キロカロリーを1ヶ月続ければ0.5キログラム痩せられます。

たったの0.5キログラムと思うかもしれませんが、ダイエットで最初にやるべきことは食習慣の見直しです。

おすすめの朝食のカロリーオフメニュー

朝食は、1日1500キロカロリーのメニューによるダイエットの柱です。

エネルギー源となる炭水化物をしっかり摂りましょう。

1日のはじまりである朝食のカロリーメニューのおすすめは、和食です。

エネルギー源であるご飯のお供には、味噌汁がよいでしょう。

味噌などの発酵食品には、消化酵素が含まれています。

午前中の活動に必要なエネルギー源を、酵素が健康的に消化してくれます。

味噌汁の具にイモ類を入れたいのであれば、朝の味噌汁に入れましょう。

イモ類も炭水化物を多く含みます。

朝に炭水化物を摂ればエネルギーに変わりますが、活動量が少ない夜に多く摂ると消化できずに脂肪に変わる恐れがあります。

こうして朝は炭水化物中心のカロリーメニューにして、1日を元気に過ごしましょう。

ご飯1杯とイモ類を入れた味噌汁の組み合わせで300キロカロリー前後にします。

和食の他におすすめなのは、野菜ジュースです。

小松菜やホウレン草などの野菜とバナナやりんごなどの果物を合わせて、3種類入れてジューサーで作りましょう。

生の酵素は胃腸の消化を促してくれます。

バナナは1本77キロカロリーと、果物の中ではカロリーが高めなので朝に食べるとよいでしょう。

カロリーオフメニューとしておすすめの昼食は?

午後は活動量が最も多いので、1日のカロリーメニューのボリュームを出したい人が多いと思われます。

炭水化物や肉を中心にして、野菜を上手に組み入れてしっかり食べましょう。

午後からのエネルギー源になりますし、しっかり食べると間食を防げます。

休日の1日を元気に過ごせるカロリーメニューは、やはり肉類です。

肉は、牛・豚の赤身肉を選ぶとカロリーが少ないですし、良質なタンパク質を摂れます。

鶏肉は皮を取り除くと、カロリーオフできます。

また、大豆にも植物性タンパク質は含まれています。

納豆や豆腐を昼食に食べましょう。

ただ、大豆食品は消化があまりよくないので、夜には食べないようにしましょう。

とは言え休日は、昼食を外に食べに行く人も多いのではないでしょうか?

自宅での食事はもちろん、外食先でもサラダを先に食べましょう。

先に水分を摂っておくと、その後に食べる炭水化物の糖質の吸収を遅らせることができます。

そして、昼食のカロリーは、3食の中でも最も多い700キロカロリー摂るのが理想的です。

このようにして昼食は、1日のカロリーの柱になるメニューにしましょう。

夕食におすすめのカロリーオフメニューはこれ!

活動量が少ない夜は、1日の締めくくりのカロリーメニューです。

消化がよいものを中心としたメニューにしましょう。

スープや汁物は、体温を上がり胃を温めるので、消化が良くなります。

消化のよい大根おろしやショウガを入れてスープを作るとさらに効果的です。

スープの味付けは、調味料に頼らずに食材の旨味を活かしましょう。

きのこ類はどれも100グラム当たり20キロカロリー前後で、かなり低カロリーです。

その上、食感もよく旨味があります。

しかし、朝や昼とは違い、夕食では最終的に1日分のカロリーを1500キロカロリー以下に収めなくてはいけません。

そこで、腹8分目で食事を留めるおすすめの方法があります。

それが、今の自分のサイズよりウエスト回りが小さいズボンを履いて食事をすることです。

お腹がきつくなったら残す勇気を持ちましょう。

そして、1ヶ月後にちょうどよいサイズになることを目指しましょう。

他に消化をよくする方法は、よく噛むことです。

消化を助け、満腹感を得やすいです。

ひと口入れたら30分以上はよく噛みましょう。

食事をゆっくり食べて、1日のカロリーメニューを満足感あるものにして下さい。

1日1500キロカロリーにするための置き換え食材をご紹介!

ところで、「休日はお腹いっぱい食べたいけど、カロリーは1500キロカロリー以内にしたい!」という人もいますよね。

そんな時は1日のカロリーオフメニューに、置き換え食材を使いましょう。

ご飯を多めに食べたい人は、しらたきご飯はいかがですか?

米と同量のしらたきを細かく刻んで、一緒に炊くだけです。

しらたきは100グラムで9キロカロリーとカロリーがかなり低いです。

米の量が半分になる分、カロリーも半分になります。

このように、1日1500キロカロリーのカロリーオフメニューでダイエットをするコツは、カロリーを半分にして、ボリュームアップすることです。

そのため、おからの活用も効果的です。

おからのポテトサラダやおからハンバーグなどは、ボリュームアップできて植物性タンパク質も豊富です。

また、夕食はご飯を食べずに、うどんを食べるのはいかがでしょうか?

ご飯1杯のカロリーは約250キロカロリー、うどん1玉は約260キロカロリーでほぼ同じです。

かけうどんであれば1食当たり500キロカロリー以内に抑えられますし、身体も温まります。

そして、うどんは消化がよく胃腸に負担を掛けないので、1日1500キロカロリーのカロリーメニューの締めにおすすめです。

カロリーオフメニューで今までの食事を振り返る

1日1500キロカロリーのカロリーオフメニューの作り方をご紹介しました。

食事量を大幅に減らすと、普段いかに多く食べているかが分かります。

また、「次からはもっとバランスをよくしよう」、「これだけ食べているのなら、運動もしないといけない」など、メニューのアイデアも膨らみますね。

休日や1ヶ月間限定の応急措置で得られるのは、減量以外にもあるかも知れませんよ。

 - 健康的なダイエット