玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

チーズ料理はミモレットチーズを使って低カロリーでおいしく

      2018/06/13

チーズ料理はミモレットチーズを使って低カロリーでおいしく

よく、チーズはカロリーが高いと言われます。

フランス原産のミモレットチーズも、実際にはカロリーの高いチーズのひとつです。

しかし、このミモレットチーズだからこそ、最後にはおいしくて低カロリーな料理が完成します。

それでは、活用方法をご紹介します。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

砂抜きが大事な味噌汁レシピ!あさりを美味しく食べるコツ

日本人の食卓に欠かせない食材である、あさり。 酒蒸しや...

家庭食の定番!豚肉のソテーはソースでカロリーコントロール

豚肉と言えば安くて、美味しくて家庭料理には欠かせない食材...

体調改善を行うなら食事について毎日考える習慣をつけよう!

「最近なにかと体調がすぐれない」 そのような悩みがある...

食事改善とは、時間を見直して自己改善をするということ

食事改善というと、食事内容に気が向きがちです。 食べる時...

パニック障害を食事改善でストレスなく克服する方法

パニック障害を克服する方法として、すぐできる最も効果的な...

食事改善をしてダイエットに成功する女性になろう!

いくつになっても綺麗でいたい。 ダイエットに成功したい...

うつ病には食事改善が有効?感情をコントロールする食べ方!

近年、その患者数が増え続けているうつ病は、感情をコントロ...

食事改善で便秘を解消するために食物繊維を積極的にとろう!

食事改善で便秘を解消するなら、食物繊維を積極的にとってい...

女性の体調改善に豆乳!イソフラボンで女性パワーをアップ!

女性の体は一生を通じてはもちろん、大変短いサイクルで変わり...

食生活改善でダイエット達成には、バランスのよい栄養が大切

ダイエットで真っ先に考えるのは、食事のことではないでしょう...

食生活改善で痩せる!体重に左右されないきれいな身体作り

食生活改善で痩せる、とテレビや雑誌の記事を見て実行をして...

食生活改善をしてダイエットするなら運動も取り入れよう!

ダイエットには色々なやり方があり、その中から自分の目的に...

冬が旬のりんごとデコポン!カロリーは?適量はどれぐらい?

今は年中色々な食材が出回っていますが、美味しくいただくに...

玄米を炊く前の水につけ置きする時間はどれくらいがいいの?

体に良い玄米ですが、ご家庭で炊くのはちょっと面倒といいます...

圧力鍋で玄米を美味しく炊くために必要な時間を調べよう

健康のために玄米を食べようかなと考えてみるけど、以下のよ...

玄米をふっくらもちもちに!おすすめの炊き方は無水鍋!

今、テレビでも取り上げられている程有名になった玄米。 ...

玄米甘酒は体に良くおいしい!作り方は?鍋でも作れる?

甘酒には2種類あります。 酒粕から作った甘酒と米こうじ...

浸水しなくてもOK?玄米を圧力鍋を使って四合炊いてみよう!

健康に良い玄米はご家庭でも炊けます。 普通の炊飯器で炊け...

玄米は80gでも食べるべき食材?また糖質の体への影響は?

コンビニのおにぎり1個でも100gを超える重さになるので...

珍しい形!ウチワエビで作る美味しい味噌汁の作り方

年中食べられている、子どもから大人まで人気のエビ。 お...

スポンサーリンク


少量で味も締まるから低カロリーなミモレットチーズ

ミモレットチーズを使うと、低カロリーでしかもおいしく食事を作れます。

しかし、あまりその名をよく知られていないチーズでもあります。

知っている人もオレンジ色の見た目から、「料理に入れるとさらにカロリーが高くなりそう」という声もあります。

数あるチーズの種類の中で、なぜミモレットチーズがおすすめなのでしょうか?

その理由は次の通りです。

・ハードチーズならではの凝縮感

ミモレットチーズは、カロリーが高いハードチーズの一種です。

味や塩分が凝縮しているので、少量使いでも料理をおいしく作れます。

少量なら、最終的には低カロリーで作れますね。

・熟成の旨味

ミモレットチーズは熟成タイプがあり、長くなる程カロリーが高くなります。

6ヶ月熟成したものは、ナッツのようなコクがあります。

12ヶ月以上熟成されたものは、ほんのりとした苦味や酸味があります。

6~24ヶ月のものが流通しており、料理に合わせて選びます。

ミモレットチーズ単体ではカロリーが高い

ミモレットチーズは、カロリーが高いハードチーズの一種です。

チーズは、フレッシュ、セミハード、ハードの3種類があります。

フレッシュチーズは、非熟成タイプ、熟成が進むにつれてセミハード、ハードと呼ばれます。

ハードチーズは水分が少なく、味や塩分が凝縮しています。

ミモレットチーズも塩分が凝縮している分、カロリーが高いです。

例えばフレッシュチーズであるカッテージチーズは、100g当たり112kcalなのに対して、ミモレットチーズは340kcalです。

実に、フレッシュチーズの3倍以上のカロリーがあります。

ところが単体ではカロリーが高いミモレットチーズも、料理に使うとカロリーオフできます。

熟成が短ければナッツのようなコクとクリーミーさがあります。

反対に熟成が進むにつれて、クリーミーさはなくなりホロホロとした食感になります。

12ヶ月以上のものは、酸味や苦みも感じられます。

このミモレットチーズらしさを活かすと、調味料の使用が少なくても、とてもおいしく料理ができるのです。

ミモレットチーズを使ってサラダをもっと低カロリーに

ドレッシングを使わなくても、おいしくサラダを作る方法をご紹介します。

コクのあるミモレットチーズを使えば、少量使うだけででよいのでカロリーオフできます。

ドレッシングを使わないサラダは、味がぼんやりとしがちです。

しかし、ミモレットチーズの濃厚さが、サラダの味を引き締めてくれます。

【材料】

・ミモレットチーズ 20g
・レタス 1/2個
・きゅうり 1/2本
・スナップエンドウ 10本
・空豆 10粒
・ミニトマト 5個
・素焼きクルミ 5粒
・オリーブオイル 適量

【作り方】

①ミモレットチーズは、1cmのサイコロ状にカットします。

スナップエンドウと空豆を茹でます。

ミニトマトは半分に切り、きゅうりは輪切り、レタスはひと口大にちぎっておきます。

クルミは包丁でみじん切りにします。

②器に野菜、ミモレットチーズ、クルミの順に盛り付けて、オリーブオイルを回しかけたら完成です。

野菜とチーズの他は、オリーブオイルを回しかけるだけです。

このレシピのミモレットチーズは、熟成が短いものを使いましょう。

同じミモレットチーズでもカロリーが低いですし、ナッツのような味とクルミの相性がよくなり、おいしくなります。

朝食パン派もミモレットチーズで低カロリーに食べる

パンとミモレットチーズの定番の組み合わせですが、カロリーの高さが気になります。

そこでこのレシピには、イングリッシュマフィンを使います。

そして、スライスしたミモレットチーズと野菜だけで調味料要らずなので、カロリーオフできます。

【材料】

・ミモレットチーズスライス 2枚
・イングリッシュマフィン 2枚
・きゅうり 1/3枚
・レタス 1枚

【作り方】

①マフィンを2枚に分けて、トーストします。

きゅうりは長さ5cmの斜め切りに、レタスは半分にちぎっておきます。

②マフィンにレタス、ミモレットチーズ、きゅうりをのせてもう1枚のマフィンで挟んだら完成です。

マフィンは114kcalで、8枚切り食パン1枚とほぼ同じの低カロリーです。

なおかつ食パンよりも挟みやすい形状で、野菜をたくさん食べられます。

このレシピのミモレットチーズも熟成の短い、柔らかいものを使ってください。

マヨネーズもバターも使わないので、低カロリーにおいしく作れます。

ミモレットチーズときのこのリゾット

ミモレットチーズは熟成タイプがありますが、熟成期間が長くなる程、カロリーも高くなります。

その分味が凝縮しているので、チーズ自体の量が少なくて済みます。

このレシピでは、12ヶ月熟成タイプを使いましょう。

【材料】

・白米 1/2合
・ミモレットチーズ 30g
・しめじ 1/4株
・まいたけ 1/4株
・玉ネギ 1/4個
・顆粒コンソメ 1個
・パセリのみじん切り 10g
・おろしニンニク 小さじ1
・オリーブオイル 小さじ1
・水 1カップ

【作り方】

①米を研いで、1時間浸水させます。

ミモレットチーズは、おろし金ですり下ろして粉チーズにします。

玉ネギはみじん切りに、しめじ、まいたけは食べやすくほぐしておきます。

②フライパンにオリーブオイルとニンニクを入れて火を通し、香りがしたら玉ネギを入れて炒めます。

③ ②に米、きのこを入れて、米が半透明になるまで炒めます。

④ ③に水、コンソメを入れて蓋をして15分煮ます。

器に盛って、ミモレットチーズとパセリを散らして完成です。

熟成タイプならではのミモレットチーズの複雑味が、カロリーオフのポイントです。

チーズのコクはそのままに、ほのかな苦味が感じられます。

リゾットは、コンソメやバターなどの調味料を多く使うので、カロリーが高くなります。

でもミモレットチーズなら、調味料もカロリーも控えめでおいしく作れます。

オリジナルのミックスチーズを使ってピザを作る

おいしいピザ作りにかかせないのも、やはりチーズです。

ピザを作る時には通常ミックスチーズを使いますが、一方でカロリーの高さが気になります。

そこで、ミモレットチーズと低カロリーのチーズを混ぜて使います。

他のチーズで使うのは、リコッタチーズです。

ミックスチーズをこのレシピと同量使えばカロリーは250kcalですが、このレシピでは140kcalに抑えられます。

材料】

・薄焼きピザクラスト 1枚
・ミモレットチーズ 30g
・リコッタチーズ 50g
・グレープフルーツ 1個
・オリーブオイル 大さじ1

【作り方】

①ミモレットチーズは、粗い目のおろし金ですりおろします。

グレープフルーツの皮と薄皮をむいて、ひと口大に切り分けます。

②ピザクラストにオリーブオイルを塗ってミモレットチーズ、リコッタチーズ、グレープフルーツを散らします。

③予熱で200℃に温めたオーブンで、5分焼いたらできあがりです。

ミモレットチーズのコクと、リコッタチーズの酸味の相性が意外に合います。

そして、この両チーズに合わせたのはグレープフルーツです。

カロリーの高いミモレットチーズを、低カロリーのリコッタチーズとグレープフルーツでバランスを取っています。

ミモレットチーズを色々な調理方法で使う

ミモレットチーズの活用方法をご紹介しました。

チーズ料理には何気なく、スライスチーズやミックスチーズを使うことが多いのではないでしょうか?

ミモレットチーズの奥深さはその複雑味であり、活用するとおいしく低カロリーに調理できます。

すったり、溶かしたり、切って活用しましょう。

 - その他食材