玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

きのこの旨味を引き出しおいしくパスタを作ってカロリーオフ

      2018/06/13

きのこの旨味を引き出しおいしくパスタを作ってカロリーオフ

カロリー低めのパスタを作るために、きのこを入れて作るという人は多いのではないでしょうか?

ただパスタやきのこそのものは味があまりないので、おいしく作れないという悩みをよく聞きます。

そこでパスタの種類別レシピを通して、おいしく作る方法をご紹介します。

和風、クリーム系、スープ系とざっくりの分類で簡単においしく作れます。

家にあるきのこでカロリーオフのおいしいパスタを作りましょう。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

カロリーゼロは万能ではない!どんな食品でも摂りすぎに注意

カロリーゼロの食品を利用したことがありますか。 小腹が...

カロリーは1日に摂って使って!健康で綺麗な女性を目指そう

皆さんはダイエットをしたことがありますか? 女性であれ...

カロリーはダイエットとは全く関係ないの?多面的に解説

カロリーを抑えればダイエットできるという話をよく耳にしま...

必要カロリーはそれぞれ違う?女性の一日に必要なカロリー

暑い日が続き、今年はいわゆる「酷暑」といわれています。 ...

カロリーが気になるなら牛乳とヨーグルトどちらがおすすめ?

カロリー制限中やダイエット中でも必要な栄養素はバランスよ...

豚肉は高カロリーそうだが、ダイエットに向いているのか

豚肉のダイエットが注目されているそうです。 しかし、豚...

外で食べるカロリーが高いご飯メニューとメリットデメリット

一食で最もカロリーが高いご飯と聞かれたら、それはビュッフ...

若人こそ一食のカロリーが大切!おかずだけで500kcal以上を

1日に必要なカロリーを推定必要エネルギー量と言います。 ...

栄養満点の味噌汁の作り方!ほうれん草の下茹での必要性は?

ほうれん草は、お野菜の中でも特に栄養価が高いと言われてい...

味噌汁の具にもやしを使うとこんなに良いことがあります

暑かったり寒かったり、天候の関係で価格の変動が激しくなっ...

冬が旬のぶり!ぶりの風味豊かな味噌汁のレシピとは?

お料理のメインになるぶりですが、味噌汁の具材にしてもとっ...

納豆に味噌や砂糖を加えると美味しい?!色々な納豆の食べ方

食卓に加えると、食べ応えも栄養も十分に発揮してくれる納豆...

牡丹鍋は味噌味が最強!その歴史と分布・作り方をご紹介

近年はジビエが流行したりと、ちょっと変わったお肉を食べるの...

離乳食の味噌汁はいつからOK?作り方と注意すべきポイント

生後5ヶ月頃から始まる離乳食、赤ちゃんが食べる練習をする...

実はおでんに味噌をつけるのが密かな人気!実際に食べてみた

肌寒くなってくると恋しくなってくるのがおでん。 近年、コ...

ふきのとうで作る「ばっけ味噌」が美味しい!保存のコツとは

山菜がスーパーに出回り始めると「春」を感じますね。 春...

文明開化の味?牛鍋のレシピ!醤油味も味噌味も簡単に!

牛鍋を食べられるお店は、現在減りつつあるようです。 そん...

自然薯はとろろ以外にもレシピが豊富!味噌汁にしても美味!

自然薯は、一般的にはとろろにして食べることが多いですよね...

トランス脂肪酸は危険?マーガリンに多いって本当?

近年、マーガリンはトランス脂肪酸が多いから体に悪いという...

トランス脂肪酸を含まない油を選んで健康生活を送りましょう

心血管系疾患リスクや、その他の健康被害に影響を及ぼすこと...

スポンサーリンク


パスタにきのこを入れるとカロリーオフできる理由

パスタ料理全般はカロリーが高くなりがちです。

パスタのカロリー自体が高い上に、パスタに味がなじみにくいため、オイルやバター、クリームなど高カロリーの味付けをしないとおいしく作れないからです。

そこでおすすめなのはパスタにきのこを入れて、カロリーオフして作ることです。

以下はきのこをパスタに使うとカロリーオフできる理由です。

①きのこ自体のカロリーが低い

どの種類のきのこも100gあたり20kcal前後です。

カロリーを気にせずに好きなきのこを入れられます。

②食感がありボリュームが出せる

シャキシャキとした食感があり繊維も含むので食べ応えがあります。

100gきのこを入れれば十分なボリュームで、しかもカロリーが低いのです。

③香りや旨味が高い

きのこは旨味のもとである、アミノ酸、グルタミン酸が豊富です。

裂いたり、火を通すことでさらに香り、旨味は増します。

しかしきのこパスタは「味がぼんやりとしてしまう」という声をよく聞きます。

確かにきのこ自体は味と呼べるものはありません。

他の食材との組み合わせや、調理の仕方でその旨味は引き出せます。

そこで、5つのレシピを通してきのこパスタをおいしく作ってカロリーオフする方法をご紹介します。

きのこパスタを麺つゆでカロリーオフ

きのこパスタの定番は和風ですね。

和風パスタを手軽に作れるのは麺つゆですが、味が濃いのでカロリーが高い印象があります。

ところが麺つゆのカロリーは、実はあまり高くはありません。

濃縮3倍タイプの麺つゆ大さじ1杯で、カロリーは18kcalです。

この麺つゆを使って、きのこと大葉の和風パスタを作ります。

【材料 2人前】

・パスタスパゲティ 200g
・えのき 1/3株
・しめじ 1/2株
・エリンギ 1本
・しいたけ 3個
・大葉 5枚
・おろしニンニク 小さじ1
・麺つゆ 大さじ2
・バター 10g
・オリーブオイル 適量

【作り方】

①パスタを表示時間通りに茹でます。

えのきとしめじは石づきを切り落としてほぐし、エリンギは薄くスライスします。

しいたけは軸をとって薄切りにします。

大葉は千切りをします。

②熱したフライパンにオリーブオイル、ニンニクを入れて香り付けをします。

その後、きのこ、麺つゆを加えて炒めます。

③ ②にパスタ、バターを入れてソースを絡めます。

④器に③を盛り、大葉を盛ったらできあがりです。

麺つゆはカロリーが高くないので、きのこパスタ作りに使いましょう。

このレシピで使った大葉のような薬味を使うと、味に変化がついておいしさが増します。

辛味を足してきのこのパスタをおいしく食べる

カロリーの低い味付けできのこパスタをおいしく食べるポイントは、辛味です。

このレシピでは柚子胡椒を使ってパスタの味を引き締めています。

柚子胡椒の辛味がきのこの旨味を引き出します。

【材料 2人前】

・パスタスパゲティ 200g
・しめじ 1株
・マッシュルーム 5個
・オイルサーディン缶 1個
・おろしニンニク 小さじ1
・豆苗 1パック

A
・柚子胡椒 大さじ2
・醤油 小さじ1
・顆粒コンソメ 小さじ1
・レモン汁 小さじ1

【作り方】

①パスタを表示時間通りに茹でます。

しめじは石づきを切り落としてほぐし、マッシュルームは薄くスライスします。

豆苗は根を切り落とします。

②熱したフライパンにオイルサーディン、ニンニク、きのこを入れて香り付けをします。

③ ②にAを入れて2分煮てから、パスタを入れます。

ソースがパスタに絡んだら、豆苗を入れて和えて、器に盛り完成です。

柚子胡椒は塩も多少含まれているため、カロリーが高くならないように控えめに使いましょう。

辛味があってカロリーが低い他の辛味食材や調味料は、大根、七味唐辛子、ショウガなどです。

こちらを使うのもおすすめですよ。

カロリーの高いベーコンときのこでパスタを作る

ベーコンを入れたパスタは人気ですが、カロリーは高めです。

カロリーの低いベーコンのパスタを作るために、きのこを入れましょう。

きのこ自体がカロリーが低いですし、旨味があります。

【材料 2人前】

・パスタペンネ 100g
・しめじ 50g
・まいたけ 50g
・スライスベーコン 40g
・おろしニンニク 小さじ1
・オリーブオイル 適量
・顆粒コンソメ 小さじ1
・バター 10g

【作り方】

①パスタを表示時間通りに茹でます。

しめじ、まいたけは石づきを切り落としてほぐします。

ベーコンは1㎝幅に切ります。

②熱したフライパンでベーコンを炒めて、後からニンニク、きのこを入れてさらに炒めます。

しんなりとしたらコンソメとバター、ペンネを入れます。

③器に盛って、最後にオリーブオイルを回しかけたらできあがりです。

ベーコンは味わいがあるので、カロリーさえ気にならなければ積極的にパスタに入れたい食材です。

きのこのような、低カロリーの食材を組み合わせて作ってみましょう。

クリームパスタをカロリーオフするにはこのきのこ!

クリーム系はパスタの中でもカロリーが高いパスタです。

きのこや魚介の旨味を利用して、生クリームや調味料の使用量を最小限にします。

ポルチーニは、トリュフ、マツタケに並ぶ世界3大きのこのひとつで、香りが豊かです。

生クリームに負けない旨味があるので、調味料を少なくしてカロリーオフできます。

【材料 2人前】

・パスタフェットチーネ 200g
・戻した乾燥ポルチーニ 5g
・ポルチーニの戻し汁
・エリンギ 2本
・鮭フレーク 50g
・おろしニンニク 小さじ1
・顆粒コンソメ 小さじ1
・白ワイン 30ml
・生クリーム 100ml
・オリーブオイル 適量

【作り方】

①パスタを表示時間通りに茹でます。

エリンギは薄切りにします。

②フライパンにオリーブオイル、ポルチーニとその戻し汁、ニンニクを入れて、火を通して乳化させます。

鮭、エリンギを炒めて、火が通ったらコンソメと白ワインを入れて沸騰させてアルコールを飛ばします。

③ ②に生クリームとパスタを入れて2分煮ます。

④器に③を盛り、仕上げにオリーブオイルを回しかけたら完成です。

きのこはポルチーニの他に、シャキシャキとした食感のエリンギを使いました。

クリームパスタは滑らかな味わいなので、食感のあるきのこを使うと食べ応えがあってカロリーオフのパスタが作れます。

カロリーの少ないスープパスタをおいしく作る方法

スープパスタはカロリーが少ない料理ですが、スープにしっかりと味付けをしないとおいしく作れません。

調味料をたくさん使うとカロリーが高くなってしまいます。

そこで旨味のあるきのこを使う他に、以下のような食材の特徴を利用してパスタのカロリーを少なくします。

・きのこから出る旨味
・野菜の甘み
・アサリのだし

【材料 2人前】

・スパゲティパスタ 200g
・えのき 200g
・アサリ 200g
・キャベツ 1/4株
・バター 10g

A
・水 1カップ
・酒 大さじ1
・醤油 大さじ1
・顆粒コンソメ 大さじ1

【作り方】

①パスタを表示時間通りに茹でます。

キャベツはひと口大に、えのきは石づきを切り落としてほぐします。

②フライパンにアサリとえのき、キャベツ、Aを入れて蓋をして中火にかけます。

③アサリの口が開いたら、パスタとバターを入れて1分中火にかけたらできあがりです。

他の具材から旨味が出るので、きのこは1種類にしましたが2~3種類入れてもカロリーが高くならずにボリュームが出せますよ。

冷蔵庫にあるきのこで気軽に作りましょう

ご紹介した通り、きのこは少ない種類でも、どんな種類でもおいしくパスタが作れます。

どのきのこもカロリーが低いので、難しく考えずに気軽に作ってみましょう。

使う調味料が少なければ、カロリーが低くなり調理時間も短くなります。

パスタ以外にも使えるので、2種類以上のきのこを常に冷蔵庫に入れておきたいですね。

 - その他食材